劇団ぷにぷにパイレーツ座長日記

劇団ぷにぷにパイレーツ座長・石崎一気が、演劇、パントマイム、音楽等、舞台芸術の情報を、毎日発信!

IT

2017-11-07 07:18:38 | 映画
”IT”と書いてあったら、”アイティー”と読む人の方が多いかもしれませんね。
しかし、ホラー好きの僕は、まず、”イット”と読んでしまいます。

「IT」は、モダン・ホラー小説の帝王、スティーヴン・キングが1986年に発表した代表作です。
その「IT」が久々に映画化されたので、見てきました。
タイトルは、「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」!

一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。
相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。
悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。
“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。
しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。
不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。
自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……。
何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。
ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。
真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた…。

この際、ストーリーはどうでもよろしい!
この映画、僕がことし見た作品の中では、文句なしにナンバーワンです。
とにかく、演出が素晴らしいんです。
緊張感のないシーンは、1秒たりともありません。
化け物が出る怖さだけでなく、登場人物たちが心に抱える闇の恐怖を、見事に映像化しています。
そして、なんといっても、”それ”の登場シーンが抜群です。
一体、何パターンの登場があったのでしょうか?
良くあれだけアイディアを思い付くものだと、感心してしまいました。
しかも、映像が美しいんですよね!
下品で汚らしいホラーなんて、最悪です。
日本の怪談だって、幽霊は必ず美形でしょ?
恐怖は美とセットでなければならないんです。
その点、「IT」は申し分ありません。

「IT」を鑑賞された僕以外のお客さんも、大満足だったようです。
上映中、映画館の椅子が揺れる、揺れる!
後ろの席の人が、思わず、僕の椅子を蹴ってしまう!
「やめてー!」という声が、方々から聞こえてくる!
そして、絶叫!絶叫!絶叫!
上映終了後、「俺は全然怖くなかったよ」と彼女に語っている男性を多く見かけましたが、恐怖の裏返しだと思います。
これだけ、お客さんが画面に集中している映画は久しぶりです。

ホラー好きの皆さん!
こういう作品は、映画館で見なければ勿体ない!
是非、劇場でご覧ください!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラヴェル | トップ | 難しい脚本 »
最近の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事