劇団ぷにぷにパイレーツ座長日記

劇団ぷにぷにパイレーツ座長・石崎一気が、演劇、パントマイム、音楽等、舞台芸術の情報を、毎日発信!

なんでもOK

2017-07-09 08:05:34 | 演劇
作品の概要が決まり、稽古が進んでくると、公演の細部までイメージできるようになってきます。
第35回公演「夢のあとに」で着用する衣装をどうするかが、徐々にはっきりしてきました。

今回、大赤字になるのは間違いないので、なるべく費用を掛けたくありません。
新たに衣装を買い足さずに済ませたいのです。
幸い、本公演は抽象的な作品が多いので、何を着ても大丈夫です。
しかし、衣装に具体性を持たせないのも、意外に難しいものです。
また、大道具も小道具も使わない舞台なので、せめて衣装ぐらいはもっともらしいものを選ばなくてはなりません。
そこで、これまでコレクションしてきた衣装用の洋服を引っ張り出してきて、色々組み合わせてみたり、試着したりしてみました。

その結果、「今回の衣装は、地味であればなんでも良い」ということが分かりました。
素材の質感にだけこだわって、ほとんど印象に残らないようなシンプルな色合いにすることにしました。
あくまで動きを見せるのが主眼の公演なので、動きやすければなんでもOKなのです。

衣装は大体決まりましたが、まだまだ考えなくてはならないことが沢山あります。
作・演出・出演に加えて制作まで担当すると、本当に忙しいです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意識の流れ | トップ | 超短編 »
最近の画像もっと見る

演劇」カテゴリの最新記事