劇団ぷにぷにパイレーツ座長日記

劇団ぷにぷにパイレーツ座長・石崎一気が、演劇、パントマイム、音楽等、舞台芸術の情報を、毎日発信!

抽象的な衣装

2017-06-15 08:34:08 | 演劇
第35回公演「夢のあとに」で着用する衣装について、真剣に考えなければならない時期がやってきました。
今回の公演の登場人物は、これまで以上に抽象的な存在です。
どこの誰で、何歳で、どんな仕事をしているのか、作者の僕でさえまったく分かりません。
可能な限り具体性を排除した、普遍的な人間を設定しているのです。
そんな人物に、どんな衣装を着せたら良いのでしょう?
要は、抽象的な衣装ということですが、抽象的な衣装って何?
また、今回も頭を悩ませることになりそうです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考える | トップ | どうやるか? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む