オオノキ~日々・日常~

春が来てぇ、夏も来てぇ、秋が来るぅ~。
冬はぁ~、ふんふんふ~ん~

かもすぜ~。

2008年11月08日 21時50分19秒 | Weblog

今日、前々から行きたかった上野の国立科学博物館でやってる
「菌類のふしぎ~キノコとカビの仲間たち~」に行ってきましたよ。
↓一応アドレス張っとくので今日ある方はご覧下さいな。

http://www.tbs.co.jp/kinruiten/contents/top/index-j.html
(申し訳ないですが恐らくケ~タイでご覧な方はさがしてください。)

いやぁ、「もやしもん」ってすごいな。マンガは普通に面白いしねぇ。
特にお酒が好きな方とかは呼んだら
「ほっほ~。こりゃ、今度の飲みでつかえるなぁ。」
ってのが盛りだくさんですよ。
もちろん、未成年でも楽しめちゃうぜ。

本来なら難しい「菌」の話ですが、ちびっ子でも解ってしまうほど解りやすく展示されていました。

ちびっ子多かったよ。てか人入りすぎでしたね・・・。
そんで、なんか目の前にいた中学生の集団がウザくてねぇ。
「関係ぇねぇ話して盛り上がってんだったら帰れ!」の一言かな。

もちろん、何もしないでそいつ等をほっとく訳ないじゃない。
人ごみに紛れてカカト踏んだり、仲間われさせるように仕向けたりと
最終的には程よい位バラバラに別れてくれたんでスムーズに見れましたよ。
ざぁまみろ。

いやぁ、大人気ない高校生だこと。

さて、本題に戻りまして。

博物館の入り口で、お金払えば音声ガイドっての貸してくれるんですよ。
「何かハイテクだなぁ」とか思いつつ展示されてるのを閲覧。
多分、興味ない人はとことん、つまんないと思います。
でも、少しでも興味ある人は言ってみるといいとです。
光るキノコとかキノコで作った絵とか「マジでっ!」ってのがたくさんあります。
ほら、ちょっと興味持ったでしょ?・・・違うか。

でも、出口に着く頃には頭良くなった気がしますよ。多分。
大学生とかもたくさんいて感動してましたよ。
「ウチの教授こんなことしてくれんよ」とか笑って話してました。

そんなこんなでね、理科大好きっ子とか可愛いの好きっていう人でも皆、頭良さそうにして帰ってくることが出来るスゴイ所です。
まぁ、でもほんとに全部理解して来たならその人は将来、理系だな。(そりゃそうか)

上野の周りには「アメ横」とか「秋葉原」があるので行ってみてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホリデイ | トップ | 県民 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL