パンプキンズ・ギャラリー

パンプキンヘッドの日々の創作活動やあれこれを記したブログです。イラストなども多く、見て楽しめるかもしれません。

【ゲーム制作】ケイト・ブエルの小さな冒険その2

2015-10-11 05:58:35 | ケイト・ブエルの小さな冒険
 今日は昨日に引き続き、現在制作中の超短編RPG”ケイト・ブエルの小さな冒険”(略称”ケイト”)より、ザコモンスター一覧。

 ”ケイト”では、6体のザコモンスターが登場します。

 それでは弱い順に。

 

 これは最弱モンスターの”ウェアラット”。体長30cm程度の大型ネズミです。

 まぁ、本当に弱く、いわゆるザコ中のザコ。

 

 これは次に弱い狼さん”オルタウルフ”。体長2m程度の大型狼です。

 これはウェアラットよりは少しは強いかな、という程度。

 

 これは少し手強くなる”スライム”さん。

 少なくとも、某RPGのスライムよりは強いと思う。

 

 そしてこれは動く植物”ローパー”さん。

 この辺りから少しずつ手強くなってくる。初期キャラだとまずい感じ。

 

 これはかなり手強くなる警備ロボットの”ガードドロウその1”。

 これは打たれ強い方で、攻撃力こそそれほどではないけど、タフなタイプ。

 

 こちらは多分最強ザコの”ガードドロウその2”。

 こちらはガードドロウその1とは違い、とにかく攻撃力重視のタイプ。 

 先日の記事を見て、”ケイト”ってファンタジーじゃないのかよ?と思う人もいるかもしれないけど、あくまで”スペースウォーリアー”世界の話なので、スペオペ的要素が入っているため、ロボットとか普通に出てきます。

 そんな感じで。

 とりあえず数値的なものもまだだし、用意する素材もまだまだ必要なので、本当この”ケイト”はできるかどうかはわかんないのですが、とりあえずこうやって素材さえ用意しておけば、たとえこの”ケイト”がお流れになっても別の企画での流用も可能ですし、作っておいて損はないです。

 まぁ、短編ADV”ベルR”の作業を優先しますので、”ケイト”はいつ上がるかわからないのですが、とりあえず出来てくれると嬉しいです☆

 そんな感じで。

 というわけで、今日はここまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ゲーム制作】ケイト・ブエルの小さな冒険その1

2015-10-10 10:57:27 | ケイト・ブエルの小さな冒険
 今日は、ADV”ベルR”と同時進行で制作をしている超短編RPG”ケイト・ブエルの小さな冒険”より、ゲーム中に使うキャラクターイラストをば。

 この”ケイト・ブエル~”(略称”ケイト”)は、初めてのRPG制作ということもあり、可能な限り簡略化し、また最低限の機能のみでプレイできるように、と考えられているRPGです。

 最初から大きなものを作ろうとすると挫折する危険性も高まるので、1プレイ時間1時間程度を目途に設計しようと考えているので、正直、そんなに凄いものを、という意識はありません。とりあえず目指すは完成、という感じで。

 それでゲームには、こんな感じのキャラクターイラストが使われます(以下参照)。

 まずは主人公から。

 

 彼が主人公のケイト・ブエル。名前だけ見ると女の子のようですが、16歳の活発な冒険男子。

 まぁ、この子が主人公として活躍します。

 そして仲間となるのはこの子。

 

 ケイトの友達のマーソン君。17歳になるエスパー(この世界ではほぼ魔術師と同義)の男の子で、非常に冷静で物知りのインテリ少年。

 そしてケイト達がベースキャンプとする街”ダンジョン・ヒルズ”にある”外民区”と呼ばれる地域で商売をしている人たち。

 まずは道具屋のお姉さんから。

 

 獣人族ガンバント人のお姉さんで、年齢は20代はじめから半ば。非常に面倒見がよく、ケイトにとってもお姉さんみたいな人。

 そして冒険の依頼を受ける冒険者ギルドの受付嬢のお姉さんはこちら。

 

 半魚人人種のメロウ人のお姉さん。ケイトトはあまり親しくなく、あくまでビジネスライクに接する人。

 そしてケイトの冒険を陰ながらサポートしてくれる武器屋のおっさんはこちら。

 

 まぁ、おっさん。基本的に豪快系で、結構気さくな人。冒険のあれこれも教えてくれる。

 このほかにもゲーム進行に関わりがあって公開できないキャラなどもいますが、まぁ、それはゲーム完成後にでもプレイしていただければ、と。

 そんな感じの立ち絵がゲーム画面上に現れる予定ではあるのですが、まぁ、今のところ試作段階のものを作れるかどうかはわかんないので(RPG制作が初めてなのと、制作ツールである”ウルフRPGエディター”を使うのも初めてなことから)、とりあえず立ち絵は各自止め1枚だけでもたせようか、と。

 まぁ、もしうまく完成したら、Ver1.1以降に立ち絵による芝居動作を入れてもいいし、とりあえずはリスクを最小限にして完成を目指せたら、と思います。

 そんなこんなで、”ベルR”と同時制作していきますが、まぁ”ケイト”の方はいつ上げる、という予定はないので、マッタリやりますわ。

 もしお蔵入りしたとしても立ち絵などは流用できますし、クオリティとかあまりこだわんなきゃなんとかなるでしょう。

 というところで、今日はここまで。明日にはザコモンスター一覧を掲載します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加