パンプキンズ・ギャラリー

パンプキンヘッドの日々の創作活動やあれこれを記したブログです。イラストなども多く、見て楽しめるかもしれません。

【同人作品制作裏話】ベルキュリア

2016-11-08 10:29:54 | 同人作品制作裏話
 今日の同人作品制作秘話は、11年前の作品であり、初めてのデジタルゲームである”Vel-kyuria”です。

 

 ベルキュリアを作った当時のことを思い浮かべると、色々ありましたなぁ、と感慨深げ。

 その年ねぇ、というか、それより一年も前からなんだけどぇ、ちょっと心臓を病んじゃってねぇ。

 で、なんだかんだで、その年の1月に容態が悪化して入退院を繰り返し、3月に逝っちゃった(テヘ)☆

 ……いや、まぁ、ここでこうバカな文章書いていられるんですから(幽霊とかゾンビじゃないよ)、一応無事黄泉返りはできたんですが、まぁ、そんな一大事があったりして、体力がごっそりと持っていかれたので、以前ほどの行動もとりにくくなってしまっていたのです。

 で、家にいることも多くなったので、暇やねぇ、ということで、ネットで何か楽しめるものでもないかなぁ、と思って探し当てたのが無料で楽しめるフリーゲームというもの。

 まぁ、このフリーゲーム。

 アマチュアのゲーム作家さんたちなどが作っている自作ゲームがメインでして、その出来も玉石混合ですが、面白いものや、これ参考になるわぁ、というものもあったりで、楽しんでいたのですが、その中に桜井ヒカルさん(現在はヒカルという名前で活動中)の”歌恋(かれん)”というものがあったのです。

 それが絵も可愛くってお話も面白いので、他の作品はどんなのだろう、と思って幾つかプレイしていたりもしました。

 で、その中で短編ですが”秘密の花園”というものもあったりしたのですが、これは確か18禁か15禁だったと思うけど、短編だけどマルチエンディングだったし、色々参考になるなぁ、と思い、これを参考にして何か作れないかなぁ、と思い立ったのが、その年の8月。

 それから1日でシナリオをこさえて、あとはCGを描けばいいや、ということでCGを描きはじめ、BGMはどうしよう、ということでネットで無料で使える音楽サイト様の音楽を使わせていただいたり、ツールはどれがいいかなぁ、と考えてネットで検索した結果”Live Maker”というのがスクリプト文章を使わないでコマンド選択とフローチャート制作だけでできるや、ということでそれをDLして色々揃えました。

 それから3か月後の11月終盤。ついにマスターアップにまでこぎつけました~☆

 

 ゲーム内容は、魔導召喚学を学ぶ大学生”御手洗シンジ”が主人公の物語で、日ごろ皮肉を言われている召喚学教授であるウォーレン教授への反発から、その鼻っ柱を折るためだけに魔界の姫君”ベルキュリア”を召喚し、自分の力を認めさせてやる、という、あまりにも利己的な考えから”ベルキュリア”の召喚を実施し、召喚してしまうのですが、この召喚した”ベルキュリア”が全く使い物にならない!

 しょうがないから魔界に帰そうか、という段になって、帰し方がわからない、というマヌケな事態となってしまい、なんとか4日間で帰し方を見つけてどうにかしないと、自分たちの単位などにも影響が出るし、どうしよう!?

 という、墓穴を掘りまくりな主人公のテンヤワンヤを描いた作品です。

 基本構造は先程書いたように”秘密の花園”の基本構造を参考にし、それを純愛寄りで、”真・女神転生”の要素も入れたりした魔物召喚ものとしてみました。

 

 それで公開後はウキウキと反応を見ていたのですが、あまり反応がない……

 ゲームを公開しているベクターさんでは一時期恋愛AVG部門で5位になったこともあるし、3000DLいっている割には静かだな……

「アラ、どうなっているのかしら?」

 なんて思っていてしばらく放っておいたのですが、ネットのあるフリーゲーム紹介サイトの評価を見てショックを受けることになりました。

 とあるフリーゲーム紹介サイト様で評価が5段階中1というのを見て、酷く落ちこむこととなってしまいました。

「もしかして、DL数が多かったっていうのは、この数字を見て怖いもの見たさでDLしたのかな……」

 そんなことを思い、自分のゲームはつまらないんだ……

 そんなふうに自虐の道に落ちこみました。

 そしてそれから8年近く、デジタルゲームの制作からは離れることとなってしまいました。

 その間に作っていたのが、アナログゲームやイラスト同人誌などですが、経験も重ね、色々な出来事もあり……

 そしてある日、再びこのサイトを見た時、当時はただ評価数字しか見ていなかったのですが、冷静にコメントを読み、その内容が否定的ではなく、むしろ好意的だったことが記されていたのを見て、心の中に何かが弾けるのを感じたのです。

 この評価数字1というのは、もしかしたら……

 そして再度デジタルゲームを作りはじめる決意が固められました。

 そして作りはじめたのが中編規模の容量を持つ”ディルダウィッチ”だったのです……

 そのお話はまた今度。

 どちらにせよ、この”ベルキュリア”が、現在展開中の魔物召喚もの”デーモニックブレス”の原型となったのです。

 そんな今に通じる昔の思い出話。

 そんなわけで、今回はここまで。
ジャンル:
ネタ帳
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【小説】彼女の事情 | トップ | 【ゲーム紹介】超懐ゲー・メ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

同人作品制作裏話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。