パンプキンズ・ギャラリー

パンプキンヘッドの日々の創作活動やあれこれを記したブログです。イラストなども多く、見て楽しめるかもしれません。

【ゲーム紹介】ウォーカーギャリア

2016-12-03 19:02:30 | ゲーム紹介
 今回ご紹介するのは、すっごく古いアナログゲームで、アニメ”戦闘メカザブングル”が原作のボードシミュレーションゲーム”ウォーカーギャリア”。

 

 あれはそう……まだコンピューターゲームなんてまともになかった時代でありますよ……

 世間のゲーム好きな子たちは、ボードゲームやカードゲームなどのアナログゲームで遊んでいたのであります。

 そしてこの”ウォーカーギャリア”は、当時のロボットアニメ”戦闘メカザブングル”をテーマにしたもので、ツクダホビーという、今現在はメガハウスと呼ばれている会社から出されたものでした。

 この前身には”ブルーゲイル”という、これも”戦闘メカザブングル”を題材としたボードシミュレーションゲームがあるのですが、この”ウォーカーギャリア”はその正統発展形のゲームで、アニメ後半の展開が可能なように、ウォーカーマシン(ザブングルにでてくるロボットの総称)やランドシップ(ザブングルにでてくる母艦の総称)の追加や荒野だった戦闘マップを雪原に変えたり、追加装備としてスキーなどのアイテムやキャラクターユニットを入れたりとした、前よりも豪華な作りとなっています。

 そしてこれが戦闘で使う記録シート。

 

 このゲームでは、ウォーカーマシンやランドシップのダメージは記載制となっており、ダメージを受ける都度マス目にチェックを入れていき、マス目が埋まるとその機体は破壊されたことになります。

 そしてこれがウォーカーマシンやランドシップを表すユニット群。

 

 こういったプラスチックのカウンターに入れて保存するんです。

 このゲームでは、敵も味方もほぼ同じ機体を使うので、各機体は二色の色分けをされており、敵と味方で別々の色を使うために、ユニットが混同することを防ぐ仕様となっています。

 

 マップはこんな感じ。

 この”ウォーカーギャリア”はアニメ後半の雪原シーンを再現しているので、全面雪原ばかりです。

 マップは3枚入っており、全部を広げてあわせるとかなり広い戦域を再現できますが、まずこんな広い戦域を使うことはないと思います(理由としては射程が短いのと移動速度があまり早くないので、全域使うと接敵に異様に時間がかかり、結局マップの端っこで固まって戦うことになるので)。

 ゲームのユニットはこんな感じ。

 

 1へクス(六角のマスをへクスと呼びます)に入るきるのはウォーカーマシン、2へクス使っているのはランドシップです。

 これらユニットはウォーカーマシンとランドシップでは若干動かし方が違うのですが、それは今回は割愛。

 ウォーカーマシンの一例としてこんな感じになります。

 

 色とりどりのユニット群☆

 これらが各ウォーカーマシン一機を表しています。

 使用する能力値はそれほど多くないので、小学生でも大丈夫な作りでした。

 ランドシップはこんな感じ。

 

 これらが並ぶとちょっと壮観です。

 これらのユニットを使い戦闘を行っていくゲームです。

 各ユニットには火力という能力値があり、それが1倍、2倍、3倍以内と距離が遠くなるごとに命中率が低下していく仕組みとなっており、1倍はサイコロ2個で8以上、2倍は9以上、3倍は11以上で命中でした。

 ランドシップはウォーカーマシンとは倍率も命中率も異なり、距離は遠くまで飛びますが、その分命中率が悪い作りをしています。

 ダメージは攻撃したユニットの火力-攻撃されたユニットの装甲で、上回った分ダメージが行く仕組みとなっていますが、これには欠点があり、例えば火力2のユニットが装甲2のユニットを攻撃しても、どんなに命中してもダメージがでない!という惨事も起きました。

 今にして思えば、これを解決するには、命中値以上のサイコロの目を加算するようにすればいいんではないかな、なんて思っています(例えば8以上で命中のところを、サイコロが11をだせば+3ダメージ)。

 さらにこれにはパイロットであるキャラクターユニットの命中、防御の修正値が入り、主人公であるジロンなどはすごく強いキャラとなっていました。

 戦闘風景はこんな感じ。

 

 こうやって二つの部隊が対峙し、戦闘を行います。

 

 大概近距離まで接近しての戦いとなります(火力=射程=命中率なので、高火力機体以外はどうしても接敵せざるを得ない)。

 こうしてシナリオの勝利条件を満たしたものが勝者となります。
 
 こんな感じで作られているゲームなんですが、実はその数十年後、うちがこれを参考にして作り上げたのがこれなんです。

 

 ”メタル・パレード”。

 うん、うちの企画”スペースウォーリアー”に登場する作業ロボット”アクト・モビル”の戦闘を描いた自作のロボットバトルゲームなんですが、かなりこの”ウォーカーギャリア”の影響が強いんですよ。

 

 ただゲーム中書きこみとか面倒だった記録シートは廃してダメージマーカーや替えたり、より広範囲に展開できる仕組みを入れたりと色々しました。

 

 まぁ、この話はまた別の機会に。

 そんなこんなで、懐かしいロボットシミュレーションゲーム”ウォーカーギャリア”のお話でした。

 ユニットもマップも記録シート(これは旧来のものをフォトショで取り込んで綺麗にしたものをプリントしてます)はあるので、自作のルールを作って遊んでみるのもいいかも(ちゃんと”ウォーカーギャリア”のルールブックもありますよ)。

 ここまで読んでくださってありがとうございます☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ゲーム紹介】超懐ゲー・メシアプログラム

2016-11-09 20:56:08 | ゲーム紹介
 今回ご紹介するのは、すっごく古いアナログゲームの”メシアプログラム”です!

 

「なんや、これ? こんなの知らんわ!」

 というあなたは正しい!

 というか、こんな古いの知っている方が稀だし、むしろ知っているあなたは凄い!

 というのもねぇ、これ日本でTRPGやゲームブックというアナログゲームのジャンルが流行る前の代物で、しかもバンダイが出した”DOシリーズ”というゲームシリーズの一つなのですよ~。

 で、この”DOシリーズ”は、”幻魔大戦”とか原作ゲームもあったのですが、これはオリジナルのSFがテーマのものなのです。

 基本設定は、戦争か天災かなんらかの原因でかは知らんけど、人類文明崩壊後の世界が舞台で、そこで世界各地に冷凍睡眠されている健康体の少年少女たちを目覚めさせるために、衛星軌道上に設置されている装置から、プレイヤーキャラクターである”メシアメンバー”達が地上に降下し、それぞれのミッションを遂行する、というものなのです。

 で、この”ギゼ・シティ”では、名前からわかるかもしれませんが、エジプトに降下したメンバー達の冒険を扱った内容となっています。

 ゲームは、付属しているこのマスターブックを元に進行されます。

 

 ここにはキャラクターの説明からアイテム、装備の説明、遭遇する敵やNPCの説明に戦闘やトラブル解決のルールが記載されており、後半部分はシナリオが掲載されています。

 

 シナリオはパラグラフ化されており、それに沿ってGMがメッセージを読み、プレイヤーたちがそれに対処していきます。

 この選択次第ではストーリー分岐が発生し、違うルートに突入したりします。

 でもゲームブックというよりは、どちらかというとルートがある程度決まっていて、選択肢が限られているタイプで、電源ゲームのAVGに近い感じです。

 

 シナリオは4つのパートに分かれていますが、GMがゲーム進行を管理しやすいよう、各パートのマップが入っていたりします。

 これにキャラクターチットも入っているので、どのキャラがどこにいるかも把握できたりして便利です。

 そしてこれがキャラクターシート。

 

 キャラクターは既に設定されており、それが四人で行動することになるのですが、途中はぐれたり色々あったりで、死んじゃったり拉致されたりと様々な事件に遭遇したりします。

 また各キャラクターは専門分野が違っていて、あるキャラは重火器が得意だけど、あるキャラは治療ができるなどがあり、さらに特殊能力などもあって、ちょっとしたヒーロー感覚も味わえます(ただこの特殊能力は選択ルール)。

 そして凄いのはこれ! 遭遇する各施設や敵、NPCのイラストが描かれたカード群!

 

 これをプレイヤーたちに見せながらゲームを進行させます。

 このイラストによって、今まで見たことがない敵や施設の存在についてプレイヤーたちが想像できる手助けをしており、それは現在の電源ゲームシーンにそのままつながっているなぁ、と思います。

 うちがアナログ、デジタル関係なく、イラストを多用しているのは、幼少期にこのゲームに触れた経験が原風景にあるからです。このゲームによってゲームにおけるイラストの重要性を感じ、だからゲームにイラストを多用しています。

 現在の技術からみると、確かにルールは大雑把だし、シナリオは分岐はあるけど基本的には提灯分岐で、最終的には少年少女たちの覚醒で終わる、というものですが(バッドエンドやその他エンドもあります)、これは今でも度々持ち出してはシナリオやカードなどを見返したりしています。

 ”スペースウォーリアー”の原型の一つともいえ、実はここで使われている武器のイメージがそのまま”スペウォー”の一部の武器のイメージでもあるんです。

 そんなこんなの懐かしいゲーム”メシアプログラム”。

 今は中古でしか手に入んないけど、もし見かけたりして興味があったら、手に取ってやってくださいな☆ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ゲーム紹介】幼馴染は献身的!

2016-10-29 09:17:27 | ゲーム紹介
 フリーゲームAVG”幼馴染は献身的!”よりヒロインの花音ちゃんと、主人公の幼馴染の夜々ちゃんを描いてみました。

  

 花音ちゃんは可愛い感じに、夜々ちゃんは献身的(ゲームをプレイすれば意味はわかるかな?)な表情な感じに描いてみました☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ゲーム紹介】妹のろい

2016-10-28 12:26:04 | ゲーム紹介
 お知り合いのフリーゲーム制作者さん、向風鈴gさんが作られたAVG”妹のろい”に登場するヒロイン、さゆちゃんを描いてみました~☆

 

 シスコンヤンデレ気味の主人公に優しく接してくれるいい子です☆

 少し切ないハートフルな短編AVGなので、そういうのが好きな方はどうぞ☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加