よっしーの今日もフルートブログ♪

よっしーです♪
フルート教室の日々の出来事などなど。
♪過去の演奏会の録音はブックマークからどうぞ♪

グレード試験♪終了

2017年03月06日 | レッスン日記

今年度のグレード試験に挑戦したのは
中学生1年生の生徒さんが一人でした。
地元のエリザベト音楽大学でやっているグレード試験を受験しました。

今までに受験したのは高校生とか、中学生でも音高受験者だったので、
自力で受けてきてね!と
なるべく手取り足取りにならないようにしてきましたが、

さすがに、中学1年生を一人で会場に送り込むのは鬼かも、、、と思い、
ついて行きました。


が、新しくなった校舎で私も迷い、
あまり役にはたたなかったような(^_^;)


今回の受験者~管楽器受験者は
中学生の生徒さんを含めて全部でたったの2名でした。
ちなみに、私が受けに行った時は、
管楽器だけで30人は越えていたので、今回はとても少ない人数のように思いました。


緊張した~
と、あとで感想を言っていた生徒さんですが、
本番はしっかりとおる音で演奏できていたのではないかと思います。

終わって、みんなほっとしました。



グレード試験というのは、合格してもそんなに役に立つものではありません。
YAMAHAのグレードだと何級以上だと先生の資格がもらえる、、や、
エリザベトのグレードだと6以上で専攻の入試が免除などありますが、
それだけでほんとうに先生になれる訳ではありません。
「一定のレベルの曲を仕上げることができたことがある」という証明がもらえ、かつ、充実感とか満足感とかが得られるものだと思います。


が、
試験は、発表会とはぜんぜん違うもの、
緊張感も違います。
なので、特に、趣味以上を目指してる生徒さんにはどんどん挑戦してみるよう奨めてます。
まずは、緊張感に耐えられるか??
ということで。

ひとつ乗り越えることができました。
よかったよかった。

さて、中学生の生徒さんには、
試験が終われば次の目標が待ち構えてます。
ふぁいと~(^-^)/

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 合格おめでとう | トップ | 音の良し悪しは楽器じゃない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レッスン日記」カテゴリの最新記事