子ども文庫ぷくぷく

お話会や家庭文庫のご案内のほか、おすすめの絵本や遊びetc.親子で楽しめる情報をお届けします

『きつねのおきゃくさま』

2016-12-28 | おすすめ絵本


『きつねのおきゃくさま』

文 あまんきみこ 絵 二俣英五郎 
サンリード

お腹のすいたキツネがやせたヒヨコを太らせてから食べようとします。
ヒヨコはそうとは知らず、キツネのことを慕い「やさしいお兄ちゃん」と呼びます。
キツネは初めてそんな風に呼ばれたのでうれしくてぼうっとなってしまいます。
その後もヒヨコはやせたアヒルやウサギを連れて来てはキツネのことを
「しんせつなお兄ちゃん」「神様みたいなお兄ちゃん」と紹介します。

4匹で暮らしていると、オオカミがヒヨコたちを食べにきます。
しかしキツネが勇敢に立ち向かいます。

4匹はどうなってしまうのでしょうか。

キツネの本来もっていたやさしさや他の仲間たちを守ろうとする勇敢さに
誰もが胸をうたれる作品です。(♣︎)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 『落語絵本 まんじゅうこわい』 | トップ | 12月のお話会便り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL