島人の生活第三章

宮古島のちっちゃな民宿プキの家の楽しい日常を綴ってます。
プキの家に遊びに来たい人も旅の想い出に浸りたい人もご覧あれ!

もはや素人とは呼ばせない!?

2012年05月31日 | NEWプキの家

雨です、猛烈に雨です、土砂が振ってるくらいの雨なのです。

それでも残りわずかの珪藻土塗りを頑張らねばと、ヤマちゃん先生と2人いつものように壁に向かって並んで鏝を走らせてますが、材料を準備してるメグミさんの姿を見てふと気がついた。今まで雨の日も確かにあったけど、こんなに猛烈な雨が降り続けるのは初めてなんだね。一袋練り終わる度にバケツや道具を洗うんだけど、今日はカッパ来てそれでもびしょ濡れになって洗ってますから。

早く止まないかなあ・・・

Dsc014854

今日で終わらせるよということで頑張って、まずは玄関部分の天井に始まりリビングの一番大きな壁、そして客室の壁を1枚に洗濯機置き場の壁にトイレの壁2カ所に収納の横の壁に奥の壁。そしてついに最後の場所を塗り終わり、木鏝でパターンつけたら・・・

ヘッドカットで終了です!

Dsc014864_2

パイプがいっぱい並んだこの場所は洗面カウンターの下の壁で、そしてヘッドカットに使ってるのは日本地図が描かれた下敷きを半分に切ったものなのでした。

まだ一部、工事の手直しが入るから玄関の壁は塗れないし、それと別にも少々後で塗る部分が残ってはいるものの、今の時点でやるべきことは全てやり終えました。左官屋の大将にも塗装屋のカツヤにも、素人2人だったら10日はかかるかな!って言われていたのが1週間で終わることが出来ました。まあ確かに初期の頃の仕上がりはいかにも素人な感じも漂わせていたけど、後半は仕上がり具合といいスピードといいもはや素人の域を脱したと言っても過言ではないのではなかろうかと思ったり思わなかったり。

そんなわけで壁と天井が完成したリビングの姿はこちら。

写真じゃわからんね!?

Dsc014884

珪藻土が思いの外余りそうなので、最初にやった完全なる失敗作の壁2枚をやり直すことに決め、なので残念ではありますが重ね塗りする準備をしたり、午後からはその他細々系の作業をしております。

すると僕を訪ねてやって来た人達が、っていうか助けに来てくれた人達が。それはエアコン工事をお願いしているカガワさんと、それからそのお知り合いの大工さん。外のテラス屋根やウッドデッキの工事を本当ならヤマちゃん先生と一緒にやる予定にしていたんだけど、工事がここまで遅れたらさすがにそこまで手が回らないというか、そこまでしていたらオープンに全然間に合わないってことで建築屋さんに依頼して、だけどビックリするような見積りが出てきたからこりゃダメだってことで設計士さん経由で助けを求めたってわけなのです。

現場を見ながら色々と相談して、基礎はこんな感じで台風に耐えるよう柱や梁はどうやってデザインはこうで、そして大工さんと一緒に僕も制作に携わりたいんだとお願いしたら、全て理解してくれたようで有り難くそして心強く思いながら、まずは図面を書いて持ってこようね!ということでお願いするのでした。

とにかく今日は頑張った甲斐あって5月中になんとか珪藻土塗りが終了したから嬉しくて、なので今夜はちょっとお祝いしなきゃということで少し早めに切り上げて帰ることに。こんなに明るい内に帰るのは久しぶり、といっても6時過ぎなのですが・・・

プキマウンテンよまた明日!

Dsc014894

まだまだこれから僕らの前にはたくさんの壁が立ちはだかってくるだろうけど、とりあえずはひとつの壁を乗り越えた、いや塗り終えたとここに報告しておきましょう。

今夜は飲んで倒れます!


この記事をはてなブックマークに追加

オバアの味噌汁のよう!?

2012年05月30日 | NEWプキの家

今日も朝から全速力で駆け抜けるようにハイペースで珪藻土を塗り進めてますが、早くから電気屋のタテツさんが作業の進行具合を見にやって来て、結構進んでるじゃないか!と。そして作業してる僕らの姿を見ながらちょっとおしゃべりしてたんだけど、かなり上達はしたけどまだまだ細部の仕上げがプロのようにはいかなくてって言ったら、その方が味があっていいさ、オバアの味噌汁みたいなもんだよ!ってみんなして意味不明な感じだったんだけど、食堂で食べる味噌汁よりもオバアの手作りのみそ汁の方が洗練された味でなくても愛情たっぷり美味しいもんさというわけです。

そんなチーム味噌汁で頑張ってる珪藻土塗りもいよいよ終わりが見えてきた感じで、だけどそんなふうに思って油断していたら目の前に危険がいっぱい、今日の僕は2回も脚立から足を踏み外して落ちてしまったからね。しかも1回は落ちる瞬間足が折れる映像が、スローモーションで見えたからね。

ひたすら塗って塗って塗って早くも夕方終わりの時が近付いてきましたが、残った材料で最後にこの壁を塗れるんじゃないってことで微妙だなとは思いつつも塗り始めたら、案の定最後は本当の本当にギリギリで、もうバケツの中も空っぽですけど・・・

最後は強引に!

Dsc014764

今日も順調快調に作業が進み気持ちよく終えることが出来ました。ヤマちゃん先生が帰ったらその後は今日塗った場所のマスキングを剥がしたりと最後の作業をやってますが、これをやらないと明日スタートが遅れちゃうので欠かすことは出来ないのです。

そして本日最後の壁はこちら、プキの家で一番大きなリビングの掃き出し窓がある場所で、この窓全部を覆っていたビニールを剥がすと一気にお部屋が明るくなり、久しぶりに見るその景色は・・・

やっぱりいいのです!

Dsc014814

それにしても工事の方は遅れに遅れているわけですが、そのおかげというかなんというか、この時期ならではそして宮古ならではと言ったらいいのか日が長いから夜8時近くまで電気もない状態で作業出来るのは本当に有り難いことで、おかげで僕らの作業はスイスイ捗っているってわけなのです。他の工事もこれくらいの頑張りを見せてもらえると有り難いのだけれども。

帰ってシャワー浴びたらまた夜の部のお仕事が待っているわけですが、パソコンのキーボードたたく僕の手は、それはもう完全に宿のオーナーのそれではなく・・・

労働者そのものです!

Dsc014914

シャワー浴びたのになんでそんなに汚れてるかって、それはゴシゴシ洗っても取れないからなのさ。とりあえずは珪藻土塗りが終わるまではこんな感じかも。予定よりかなりいいペースで来てるから、明日もまた頑張ってみようかね。

それにしても自分でも思うくらいだからきっとみんなもそうなんだろうけど、分かっていても口にはしない大人な対応をお願いしたい。

近頃プキの家の日記が面白くない・・・

なんて言わないでね!


この記事をはてなブックマークに追加

入り乱れてます!

2012年05月29日 | NEWプキの家

週明けからまた張り切って壁塗りしてるプキの家ですが、あまりに集中してやってるもんだから写真もほとんど撮らないまま、そして基本的には同じ作業の繰り返しなので、やっぱり面白味に欠けるというかなんというか。

なので書きようもなく昨日は日記お休みしちゃいましたが、頑張ってましたとだけ報告しておきましょう。

こんな感じで!

Dsc014604

狭いエリアを攻めるときはヤマちゃん先生と入り乱れるように作業してるんだけど、二人が離れた場所でやるとメグミさんが材料を渡すのも大変だし、塗りつけの後僕がパターン付けをするのでそれもまた大変になっちゃうわけ。

逆に広い壁なんかだととってもやりやすくて、二人並んで上から下へ塗り進め、一番下まで来たら・・・

のんびりしてるみたい!?

Dsc014654

写真では全くといっていいほど伝わらないけど、かなりのハイペースで作業は進んでいるのですよ。

そんなわけで天井は今日で全て塗り終えたから後は壁を全部やっつけるだけ、これで辛かった首と肩の痛みも少しは和らぐのではなかろうかと思ってます。天井を塗るときはかなり首に負担がかかるから、痛みというかコリというか、酷いときは痺れて電気が走ったみたいになって、この夏の電力不足を一気に解消できるんじゃないかと思うくらいのビリビリ状態になっちゃうのです。

午後からは突然の来客が、三線仲間のシマジリさんが様子を見にやって来て、せっせと壁塗りしてる僕に どこでこんなの習ったか!?って、どこで習ったもなんで出来るも関係ない、やるしかないからやってるわけ!と答えておきましたが、自分も家の車庫を塗ってみようかなと興味津々覗いて帰りました。

そんな今日の作業もいよいよラストの1袋となりまた細かい場所を塗ってますが、トイレの奥の壁をヤマちゃんが塗りつけそいつが乾かない内に僕が追っかけでパターン付けをするもんだから、さらに入り乱れた感じに・・・

狭いところは大変です!

Dsc014714

そんな共同作業で生み出される珪藻土の塗り壁は、細部はやっぱりプロとの違いを感じざるを得ませんが、それでも最初から比べたらかなり上達していい感じに仕上がるようになってきました。

珪藻土の仕上げパターンも色々あるけどその中から僕が選んだのは、こんな感じのパターン仕上げです。

いかがでしょう!?

Dsc014524_2

これは木ゴテランダムヘッドカットという少々手の込んだパターンで、まずは金鏝である程度平らになるよう材料を配ったら、その後すぐに例の手作り木鏝で自由な感じのランダムウエーブを描き、さらにその後下敷きで軽く表面の毛羽立ちを押さえてあげると柔らかい表情に仕上がってくれるのです。もちろん細かい場所ではチビ木鏝も活躍してくれてますよ。

キッチリしたラインや同じ模様が連続するパターンは素人がやると粗が目立つし、上下左右の方向性のないパターンは特に天井に向いてるし、表面が荒れた感じの方が表面積が増えて調湿効果も一段と上がるらしいし、なにより見た感じが気に入ったってのが一番です。まあ普通の金鏝でのラフ仕上げだったら1行程で済むところを、金鏝-木鏝-ヘッドカットと3行程で手間暇かけないといけないから大変ではあるんだけど、これがいいと思ったんだからしょうがない、最後まで頑張るのみです。

なんだかんだでもう半分は来たんじゃないかなと思うんだけど、なんだかもう頭も体もいっぱいいっぱい過ぎてよくわからん状態です。

さあ明日も頑張って・・・

ひたすら塗りまくります!


この記事をはてなブックマークに追加

二日酔いにはやや辛い・・・

2012年05月27日 | NEWプキの家

昨夜は若干飲み過ぎたような気がしないでもないですが、疲れてダウンしてしまったのが幸いしたか猛烈な二日酔いというほどではなくギリギリセーフな感じ。それでもちょっと遅めの朝を迎えたら、日曜日も何も関係ないですから張り切って現場に向かいます。

今日も珪藻土塗りはひと休みして、昨日下地を準備しておいた厨房と浴室のペンキ塗りを早速開始しちゃいましょう。

頑張ってますよ!

Dsc014474

それにしても厨房の方はまだ良かったけど浴室を塗ってるときはなかなか辛く、何が辛いって二日酔いに塗料の臭いがこもる空間はたまらなくて、それでもまだ近頃は水性で性能のいい塗料があるから助かってます。これが油性の塗料じゃないとってことになったら、それこそ本当に大変だからね。

そんなわけでなんとか1回目の塗装を終えたら早くもお昼だけど、あんまり食欲もわかないからジューシーおにぎりと、それからこちら・・・

懐かしい感じのかき氷!

Dsc014544

見た目も懐かしい感じなら味もそのまんま懐かしい味で、だけど昔と違うのは、アイスが上の方しか入ってなくてケチケチな感じになっちゃってたこと。まあ二日酔いさんにはその方がありがたいのですが。

午後からは他の作業も入れつつ塗装が乾くのを待って、そろそろいいかなってことで2回目に突入です。ネズミ色だったモルタル壁は薄~いピンクがかったアイボリー系の塗装を施され、するとなんということでしょう、電気点けたみたいにパッと明るくなりました。

とってもいい感じ!

Dsc014564

今日はまた帰ってからの作業が大変なので、塗装が終わったらノルマ達成早めに切り上げて帰りますか。予報が外れて雨降りじゃなくなったから僕は最後にお庭の水撒きを、メグミさんは道具を洗ってくれてます。

今日はこれにて終了です!

Dsc014554

実際には肉体労働の部は終了というのが正しいのかも。

なんとかこの1週間で珪藻土塗りを終わりにしたい、そう思ってるのですが予定通り行ってくれるかどうか。僕らの頑張りとヤマちゃん先生の体調次第といったところでしょうか。

明日からまた気合い入れて頑張ろうっと!


この記事をはてなブックマークに追加

溜まってますから・・・

2012年05月26日 | NEWプキの家

今日はヤマちゃん先生が用事でお休みということで、僕ひとりで珪藻土塗っても効率が悪いから別の作業をしようと思っておりますが、だけど段取り考えたらどうしても今日の内にやっておかねばならぬ壁があることに気づいたので1袋だけ塗ることに。明日厨房と浴室のペンキ塗りをやってしまいたいから、ペンキ塗った後に汚れをつけないよう先に浴室と接する壁の珪藻土を塗ってしまわねばということなのです。

そんなわけで必要な場所を塗り終えたら残った材料で小さい壁を塗って1袋終わったら、その後は明日ペンキ塗りをするための下処理として、メグミさんと共に厨房と浴室の壁にシーラーを塗っていきます。塗った感じあんまり綺麗には見えませんが、まだ下地の段階なので・・・

ムラがあってもいいんです!

Dsc014074

その後はリビングのこれまた下地処理をということで、こちらには珪藻土用の下地材を塗っていきます。

今日のところはここまで、下処理ばっかりだからこれといった面白みもないので写真は以上。だけど地味にしんどかったりもするわけで、作業の後はもちろんこれ・・・

オリオンです!

Dsc014084

今夜は久しぶりに浜の会の集まりがあって、いつもは久松の海辺で飲むんだけど今回はぶんみゃあでの飲み会となってます。なぜならメンバーに泡盛メーカー関係者が3名もおりまして、そして只今ぶんみゃあではキャンペーンでブラウンが格安で提供されているのです。

そんなわけでオリオンさんは一杯だけ、その後はメンバーもマサ坊師匠もオススメのこちら・・・

ブラウンです!

Dsc014094

周りのお客さん達にも宣伝しなきゃということらしく、早くも空いたボトルを下げずにそのままテーブルに並べて飾ってますが、その数が恐ろしいペースでどんどん増えていってます。

そして宣伝部長役のタケさんは早々とステージの前で踊りはじめて場を盛り上げ、その後も隣のテーブルの女性グループにボトルを1本プレゼントしたり、菊之露のTシャツが気に入られたようで一緒に写真撮られまくって嬉しそうな顔してますが、残念ながら・・・

バックプリントですから!

Dsc014314

来月にはハーリーもあるしそんな話しもチラホラ出たりもしてますが、今年は僕らもそうだし他のメンバーも日程的になかなか難しいらしく、初めての欠場ということもあり得るかも。

そんなこんなでオトーリは回り続け踊りの輪も回り続けてますが、僕は知らぬ間にダウンしていたようで。

疲れが溜まってますからね・・・

Dsc014404

最後は起こされお店の外に出ると、タクシーに乗り込んだ女性グループの面々に ヒロユキさん今度は泊まりに行くからね~!って握手されちゃってますが誰なんだか何なんだか理解不能状態なんだけど、どうやら僕がダウンしてる間に隣のテーブルと合体したようで、僕が何者でなぜ倒れてるのかって話しになったみたい。

ちょっと恥ずかしいではありますが、ぜひぜひ遊びにいらっしゃい。そしてそして・・・

あの日の僕を笑うがいいさ!


この記事をはてなブックマークに追加

あの姿を目指して!

2012年05月25日 | NEWプキの家

珪藻土塗り初日の昨日はなかなか上手くいかずに惨敗の1日となり、だけど今日からは皆さんの目に留まる場所をやっていかねばならぬので失敗は許されないということで、昨日お願いした大将が珪藻土塗りのスペシャリスト、マエダさんと一緒に朝から来てくれました。

ちょうど材料も練り上がったところで、だけど思いの外柔らかくなりすぎちゃったからどうしたものかと思ったら、こんなもんで大丈夫、もっと柔らかくてもいいよ!って、僕らの塗ってたのはあれでもかなり固かったみたい。柔らかい材料は鏝にも乗せにくいし本当に扱いが難しく、だけどちょっと塗ってみるからと材料を乗せたマエダさんの鏝は、キャンバスに絵を描くが如く滑らかに伸びやかに壁一面を隙間なく撫で、その軌跡には珪藻土がスーッと伸びていき僕らの時とはまるで別物のよう。

惚れ惚れしちゃいます!

Dsc013864

デモンストレーションということで金鏝で一面塗ったら、この後木鏝で仕上げたいんです!ってマイ木鏝を手渡すと、昨日僕がやったのとは全然違う滑らかな動きで頭に描いていた通りのラインを見事に描くその様に、また惚れ惚れしながらみんなで見とれているのでした。

そんな凄技に見とれたら、その後は昨日やってみて要領や進め方が分からないことなんかを大将にも聞いたりして、昨日僕らがやった試し塗りの現場を見てもらいながら的確なアドバイスをもらってます。

有り難き幸せ!

Dsc013974

頑張るから完成を楽しみにしててね!ってことで感謝の気持ちを込めた手土産を担いで帰ってもらったら、ここからはあのマエダさんの華麗なる手さばきを目標にヤマちゃん先生と共に気合いも充分塗り始めます。

するとやっぱり気になったのか、集中してる僕らは最初気が付かなかったんだけど、背後からじっと見つめる目標の人は、これなら大丈夫!そういい残してその場を立ち去るのでした。

バッチリ仕上げてみせますから!

Dsc014024_2

今日はまず僕らの部屋の天井を仕上げ、その後は客室の天井を2カ所、その頃にはもう昨日までの僕らとは別人のようにいい感じに仕上げて行き、次に客室の壁に取りかかると今まで天井ばっかりやってたから呪縛から解放されたように生き生きと鏝を滑らせ、その姿はまるでプロの左官職人のよう。な気分。

でもちょっと気を抜くと材料が固くなり仕上がりが滑らかでなくなったりして、かなりシビアな感じではありますが、要領が分かってきたからスムースに作業は進み楽しく気持ち良くとってもいい感じ。

お昼からはまた天井塗りということでシャワーに脱衣室をそれぞれ2カ所、ヤマちゃんと二人同時進行で塗り進め、お願いします!って声掛ける度にあっちへこっちへ材料を配るメグミさん。そして本日最後は廊下の天井をということで、塗ったところが乾くと塗り継ぎした部分がムラになるから小さいスペースを区切って二人で塗り進め、片方が終わった時点で僕が木鏝を手にパターン付けして回り、その後さらにひと手間加えて仕上がりのレベルアップを目指します。

チームワーク命です!

Dsc014054_2

昨日は顔に材料ぶちまけたヤマちゃんを笑って見てたけど、今日は僕が頭に思いっきり乗せちゃって、真っ白な珪藻土はしばらくしたらガチガチに固まって、帰ったらシャンプー3回はしないと落ちないだろうなあと思いながらもそんなこと気にせず全力で塗り続けるのでした。

まだまだ手際の悪い部分も仕上がりのムラもあるけれど、今日で珪藻土塗りの手応えを完全に掴みました。きっと完成した姿を見たら、プロに頼んだんじゃないの!?って部分と やっちゃったね!って微笑ましい感じの部分とが混在した感じの壁や天井になってるだろうけど、それもまた成長の軌跡と笑って楽しんでもらえれば、それはそれでプキの家っぽくていいんじゃないかなあと思ってみたりも。

昨日は珪藻土を4袋分、今日は6袋分塗れたから、この分だと・・・

来週中には終われるかも!?


この記事をはてなブックマークに追加

真剣だからこそ面白い!

2012年05月24日 | NEWプキの家

さあ今日こそはいよいよ珪藻土塗りが始まりますよ。

ヤマちゃん先生とメグミさんと僕と三人現場に集合したら、まずは材料の練り方をマニュアル見ながら全員で確認していきます。新しいプキの家で使うことになった珪藻土は、これもまた色々探してこれだというのに辿り着いた一品で、通常の珪藻土より調湿性能に優れしかも空気を綺麗にしてカビの発生を防いでくれるという高温多湿の宮古島にピッタリな珪藻土なのです。そのために特殊な材料を調合しないといけないから、まずは全員で材料の練り方を確認してるってわけなのです。

では早速塗り始めちゃいましょう。

まずは練習がてら自分達の部屋から塗ろうということで、ヤマちゃんと二人並んで鏝を滑らせます。

さてさてうまく塗れるかな!?

Dsc013574

塗るのは塗りやすいんだけど思いの外乾燥が早く、一旦平らにならしてから木鏝でパターンを付けるつもりなんだけどその時間さえ与えてくれない感じで、パターン付けしようとしたらすでに乾き始めていてザラザラボロボロと崩れてくるような感じ。なのでこれは何か問題がある、っていうかとりあえずどうにもならないのでそのまま金鏝でラフに仕上げちゃって、最初の壁1面目は完全なる失敗に。

それを踏まえて次なる壁に挑みますが、そろそろ次の材料を練らなきゃということで、僕ら二人が塗ってる間にその周りを補助して回ってもらわねばならぬメグミさんなので、練り作業も段取り説明してやってもらうことに。

頑張って!

Dsc013494

そんな2面目は最初よりはマシっちゃあマシだったけど、窓周りの細かい部分がどうにもこうにもならなくて、面が入り組んで作業が進まないのにどんどん材料が固まっていっちゃって、最後は水でゆるゆるにした材料でならしてなんとか仕上げたけど、これまた失敗な感じの2面目の壁なのでした。

さすがにこれではダメだってことで、こんな時のためのホットライン、僕の左官の師匠である大将に電話してアドバイスをもらうことに。だけどやっぱり現場に来て見てみないことにはなんとも言えず、とにかくもう少し水を足して様子を見てというアドバイスをもらい、今日は無理だけど明日の朝見に行くからそれまで頑張って!ということで、今日のところは自分達で試行錯誤しながらお客さんの目に触れない場所からやっていくことに。

なので休憩の時間もヤマちゃんと二人、ああでもないこうでもないと言いながら・・・

どうやろうか意見出し合ってます!

Dsc013714

建築関係全般なんでもやるよというヤマちゃんも左官だけは手を付けたことがないらしく、昨夜は夢の中で左官しとったよ!とか 今朝は緊張して早くに起きてしもうたわ!って、大変な思いをさせてしまって申し訳ないが、ぜひぜひ力合わせて頑張ろう。

2面目の壁の後は収納の壁を、ここでようやくちょうどいい材料の水分量というか固さを見つけることが出来、やっとまともな感じで塗り始めることが出来ました。続いてはその勢いに乗って厨房の天井を、だけどこの天井ってヤツが本当に大変で、上を向いての姿勢は苦しいし鏝の感覚も難しくなるから上手く平滑に伸ばしづらいし、それでもなんとか木鏝でのパターン付けまで出来るようになってきました。

本当は今日のところはここまでにして残りの時間で他の作業をとも思ったんだけど、もうちょっとで終わりというところで材料が足りなくなっちゃって、ならばもう一袋練るしかあるまいというわけで、今の僕らなら行けちゃうんじゃない!?ってことで客室の天井を塗ることに。

それにしても本当に天井の珪藻土塗りは・・・

キツイっす!

Dsc013824

最初の塗りやすさ優先の固さから仕上がり重視の固さに変更したから、柔らかくて結構材料がポタポタ落ちるわけ。そしてそれが天井ということになれば上を向いての作業になるわけで、ポタポタの先は床ではなく自分自身だったりもするわけです。

つまりはそれってどんな感じなのって聞かれたならば、こんな感じだよって答えるわけで・・・

罰ゲームではありません!

Dsc013854

ポタポタと顔に落ちるのも気にせず黙々と塗り続けてるヤマちゃんだけど、真剣だからこそ面白すぎてメグミさんと二人爆笑しちゃって手が止まってますが、なんとか僕の方は顔には落とさず笑われずに済みました。

最後はヤマちゃんも顔洗って帰ってから、残った材料でトイレの天井も一面終わらせ本日の作業はようやく終了です。最初はどうなることかとハラハラしたけどなんとか形になってくれて、明日は朝から大将が教えに来てくれるからもっといい感じで仕上げられるのではないかと思ってます。

今日は初日ということもあって壁3面に天井3面終わらせるのがやっと。使った材料から計算するとまだ10分の1も進んでないことになるけど、明日からはもう少し効率良く進められるかなと思ってます。

どっちにしてもまだまだ先は長いのです。そしてそして・・・

早くも首がコリと痛みで悲鳴あげてます!


この記事をはてなブックマークに追加

明日こそはいよいよ!

2012年05月23日 | NEWプキの家

昨日はなんとか目標の下地処理を完了する事が出来ましたので、いよいよ今日は待ちに待った・・・

下処理2回目行っちゃいましょう!

Dsc013404

これが昨日までで完了した状態。マスキングテープの上からマスカーでビニール養生して、コンクリート面はシーラー処理、そしてボード面はジョイント部分とビス穴をシーラーの後パテ処理を1回。

今日の作業はまず1回目のパテ処理した後をバリ取りして回り、メグミさんには昨日の残りのシーラー塗りを、そしてヤマちゃん先生には2回目パテ処理前にジョイント部やコーナーの強度を上げるファイバーテープを貼っていってもらってます。

そしてまずは僕のバリ取り作業が終了したので2回目のパテ処理をテープ貼ってるヤマちゃんの後を追っかけてやっていくから、まずはちょっとお手本で塗ってみてよ!ってことで、ヘラを操ってパテを塗っていくヤマちゃんなのですが・・・

苦戦しております!

Dsc013424

元々ファイバーテープはボードの繋ぎ目を止めるものだからコンクリートとの相性はあまり良くなくて、塗ってると浮いてきてずれちゃうみたい。なので慎重に慎重に作業を進めてるけど大変そうで、一面終わったら こんなもんかな!?って僕にバトンタッチされてもド素人の僕に果たして出来るものなのか不安たっぷり。

それでもやるっきゃないってことで、僕はヘラではなく鏝を手に、天井のモルタル塗りをした辛かったあの日のことを思い出しながら、大将直伝の技を駆使してやってみますか。すると意外というかなんというか、最初こそ鏝の扱いがぎこちなかったり材料の伸び具合に対応しきれなかったりしたけれど、慣れてきたら結構いい感じに塗れて来てるじゃあないですか。

ヤマちゃんもテープ処理が終わったらパテ処理に加わって、メグミさんもシーラー塗りが終わったけどさすがに左官は難しいから庭仕事をしてもらうことに。お昼をのんびり休んだら、午後からはリズムに乗って鏝板から材料を取る ジャッ、ジャッ!っていう音が小刻みに響かせ職人モードに入ったら、気になってヤマちゃんが見に来たから熟練の技風の動きをしてみたんだけど、これがなかなか様になっていて 上手いなあ!って言われた次の瞬間失敗しちゃったりして、だけどなんていうか・・・

左官楽しい~!

Dsc013464

ここまではまだ下処理だからまあいいんだけど、本番仕上げ塗りは一発勝負だから失敗は許されないしやり直しもきかないから、本当に気合い入れて行かねばなるまいと思ってます。

とりあえず今日のところは思いの外早くに目標達成、これで2回目のパテ処理まで終わったから、明日は明日こそは珪藻土の仕上げ塗りに入ることができます。そんなわけで久々に6時には作業を終了し明日に備えて早めに帰ったら、なにげに集中しすぎて今日は全然写真撮ってないやということに気づき(実際今までの3枚しか撮ってなかったからね)そしたらちょうど宅急便が来てこんなものが届いたので一応撮ってみました。

いかがでしょう!?

Dsc080314

これは外玄関と外部に使う照明で、色々探したり考えたりした結果、新しいプキの家ではマリンランプを使うことといたしました。真鍮製のマリンランプなので、木の玄関ドア同様単に古くなっていくのではなく宮古島の日差しや風を浴びて経年変化を楽しめるのではないかと思ってます。

では明日こそ本当に・・・

いよいよですよ~!


この記事をはてなブックマークに追加

下積みみたいな毎日です!

2012年05月22日 | NEWプキの家

昨日でようやく養生も終わり、今日からいよいよ珪藻土塗りの下地に取りかかることが出来ます。いよいよ仕上げ塗りでないところが辛い現実なわけで、本当に下地下地で下積みみたいな毎日ですがここが正念場、張り切っていきましょう。

メグミさんには昨日塗った梁だけがまだ養生終わってなかったからそれをやってもらって、僕はボード壁のジョイント部分をシーラー塗りしていきます。

丁寧に塗らなきゃね!

Dsc013344

そしてヤマちゃん先生にはコンクリートの壁と天井に、こちらもシーラーを塗っていってもらってます。

まずは刷毛で隅を塗っていき、その後はローラーで縦と横と2回塗ったらムラなく仕上がるってわけで、暑い中ではありますが・・・

よろしくです!

Dsc013324

玄関ドア以外、窓も換気口も全て養生して塞いじゃってるから熱気ムンムン、しかも壁と天井一面にシーラー塗ってるから湿度もどんどん急上昇して不快指数マックスです。

養生が終わったらメグミさんにもヤマちゃんにやり方教えてもらってシーラー塗りを手伝ってもらい、ボードの下処理が終わった僕は今度はボードのジョイントやビス穴をパテ処理しなきゃなので、電動ドリルに小さな撹拌羽根を取り付けたら・・・

材料練ってます!

Dsc013354

さっきまでの刷毛とバケツをヘラと鏝板に持ち替えて丁寧に塗り進め、午後からもみんなで汗だくになりながら、しかも湿度を抑えるために持ってきた除湿器回しながらだからさらに気温も上がっちゃって大変ですが、そんな中 お邪魔しま~す!って聞き覚えのある声が。

ちょうど近くまで来たからと立ち寄ってくれたのは、お世話になってる不動産屋のチーさんです。興味津々中を見て回ったり、やっぱりいい眺めだね!ってお庭も楽しんでます。その隣には見知らぬ人が一緒に来ていて誰だろうと思ったら息子さんだそうで、そんな初めましての息子さん、只今絶賛再生中のモンパさんに近付くとせっかく出てきた新芽を食い荒らす毛虫を発見して払い落としたら、土ごと持って・・・

畑に投げてます!

Dsc013374

ナイス!虫嫌いの僕は、そんなふうに手で持って捨てれやしないからね。また落ち着いたら飲みましょう!ってチーさんから嬉しいお言葉頂戴しましたが、果たしていつになったら落ち着くのやら。

その後は観光協会の方々も差し入れ持って様子見に来てくれたりして、なんとか今日中に切りのいいところまで終わらせようと頑張ってます。そしたら作業の段取りでほんの少しだけ勝手口のドア空けたら蚊がいっぱい入って来ちゃって、顔の周りで飛び回っては刺そうとしてくるから手で払おうとしたら、あろうことか自分の鼻を思いっきり爪で削っちゃって鼻の頭から流血しちゃってます。

そんなこんなで色々ありつつ僕の方は目標だった1回目のパテ処理まで終了し、コンクリートのシーラー塗りはあと少しってところまでで終了です。

今日もまた梅雨らしからぬ綺麗な夕日が西の空に輝き、そんな時ふと思うのは・・・

ビール飲みてぇ~!

Dsc013394

だけどそうはいかないのです。お楽しみは車運転して帰ってシャワー浴びてから、だけど1杯だけにしておかないとその後作業出来なくなっちゃうからね。

明日はいよいよですよ!


この記事をはてなブックマークに追加

ようやく完了の巻!

2012年05月21日 | NEWプキの家

5月21日は金環日食の朝、全国的に皆さん朝から空を見上げていらっしゃるのでしょうけど、ちょうどその頃僕はひとり現場へと車を走らせてましたので、見てないっていうか見れないっていうか、以前の皆既日食の時もメガネがなくてちゃんと見れなかったのに今回も準備してなかったから(そんな暇あったら作業してるし)見れず終いとなってしまいました。

だけど一応写真くらいはと、だけどまともには撮れないから雲に隠れてうっすら見える瞬間を狙って車から撮ったら、太陽は写らなかったけど・・・

 三日月型の光が!

Dsc013134

さすがのテクニックと誉めてくださるな、完全なる偶然のたまものですから。

ところで昨日の日記が飛んじゃってますが、別に作業をサボってたわけじゃあないのですよ。日曜日だしヤマちゃん先生は来ないからメグミさんと二人で一日中頑張ったんだけど、やり直しの分も含めずっと養生ばっかりしてたから、まあなんの面白みも変化もないことよ。日曜日だから誰も来ないしね。帰ってからもやるべきことが常に山積してるから、ちょっとサボりで日記をお休みしてみました。

今日はメグミさんには細々した用事や買い物をお願いしたのでひとりで現場に向かい、こんなものを作ってみました。

それはそれは・・・

 チビ木鏝!

Dsc013094

珪藻土の仕上げ用に以前加工して作った木鏝、ちょっとサイズが大きかったのでカットして、切れっ端の方も細かい作業に使えるかもということで、ミニサイズも作ってみました。実際こいつの出番があるかどうかは分かりませんが。

そして今日はヤマちゃんが、朝から化粧梁の仕上げを頑張ってくれてます。

いい感じに仕上がってきました!

Dsc013154_2

僕の方は、不具合があって一旦持ち帰ってもらっていた建具が昨日手直し完了して帰ってきたので、そいつをペーパーで磨いてその後ワックス仕上げをしております。

もう手慣れたもの!

Dsc013164_2

今朝から分かってはいたんだけど、梁の仕上げをやり終えたら 悪いけど今日は帰るわ!ということでヤマちゃんがリタイヤ。朝からダメダメな顔して来て、だけど自分にしかできない作業だけでもして帰らねばと頑張ってくれたのです。ゆっくり休んでね!

というわけでひとり黙々と作業していたら、お昼からはメグミさんも合流して養生作業を今日で終わらせようと頑張ってます。

そしてこちら養生が終わる前にお願いと頼んで来てくれたのは、玄関のやり直しがあるから中途半端で作業をストップさせられちゃってたタイル屋さん。

ご苦労様です!

Dsc013204

今出来る範囲のことをやって帰ってくれたけど、またもう一回は来てもらわねばならぬのです。

夕方養生も先が見えてきたので、ヤマちゃんが仕上げてくれた化粧梁に塗装をしていきます。使用した塗料は玄関ドアと同じ怪しげな泥水のような塗料ですが、昨日塗装屋の社長も この玄関ドアいい色だな!って言ってたように化粧梁もいい感じの色合いに変化していってくれるんじゃないかと期待しております。

塗りたてはこんな感じ!

Dsc013254

コンクリ屋根にシルバーグレーに染まった渋い色合いの梁が重く感じられますが、徐々に色が変化していくはずだし珪藻土が塗られたら一気に雰囲気変わるはず。それともちろん青く縁取られたように見えてるマスキングテープも外しますので、そんな意味でも雰囲気変わるはず。

夕方にはギリギリなんとか全ての養生が完了、明日からは珪藻土塗りの下地へつ移ることが出来そうです。窓も全部養生したから風も通らず西日がきつくて大変だけど、それでもなんとか作業できるのはやっぱり屋上&外壁塗装のおかげかと。

さあさあ明日からも頑張るよ~!


この記事をはてなブックマークに追加