島人の生活第三章

宮古島のちっちゃな民宿プキの家の楽しい日常を綴ってます。
プキの家に遊びに来たい人も旅の想い出に浸りたい人もご覧あれ!

マブヤー&ガナシー登場!

2012年03月31日 | NEWプキの家

たっぷりのんびり遊んだヒデちゃんファミリーのプキ旅行も、ついに最後の朝を迎えてしまいました。

だからなのか何なのか、今日は久しぶりの嵐の朝。風はピューピュー横殴りの雨も吹きつけ夕方の飛行機までインドアな感じで過ごそうということで、まずはパパが子供達につかまりマンガの読み聞かせを。

頑張ってます!

Dsc004424

このままお昼になってしまうのではなかろうかというくらいの勢いでしたが博物館に行って来ますということで、荷物は後で取りに戻りますってことで身軽に出発となりました。

僕も例の如く新しいプキの家に行かねばなので、ここでお別れ最後の一枚を。

外は嵐ですから!

Dsc004434

そろそろ内部の作業が始まるっていうのにまだサッシにガラスが入ってないから心配していたんだけど、風が収まる気配は一向にありませんがなんとか雨は止んでくれて一安心。

現場に到着すると、新たにやって来た大工さんが早くも作業を初めておりました。実は昨日現場監督が大工さんを連れてきて、この人に頼もうと思うけどいいか!?って聞かれて、なんていうか答えようもないっていうか本人目の前に この人は大丈夫なの!?なんて聞けるはずもないし、前の大工さんは 腕のいい大工さん!と紹介されたのに、今回は この人も悪くはないよ!ってかなりトーンダウンした感は否めませんが、だけど今日話しながら作業を見守る限り大丈夫そうで安心しました。

下地用の木材が届いてます!

Dsc004504

やっぱり木はいいです、落ち着きますね。まあこれは下地材だから実際仕上がったときに目に触れる部分ではありませんが、この下地の上もフローリングで仕上げるので建物自体はコンクリートだけど、結構木がたくさん使われてる感じに見えるのではなかろうかと思ってます。

そしてこちら左官作業は内部はあとシャワールームを残すのみで、外壁の左官は来週一気に仕上げてしまうということなので、今日は大将がひとりで屋上の補修作業と窓庇のモルタル塗りに汗を流してます。その横で僕はせっせと工作していて、何を作ってるのかというと珪藻土を塗るための木鏝を手作りしているのです。珪藻土の仕上げ用はちょっと特殊で底が平らじゃなくて宮古では売ってるところがないので、普通の平らな木鏝を買ってきてサンダーで削ってそれっぽく作ってみました。

作業時間5分で850円の木鏝が市販品なら4000円位するマイ木鏝に変身、大将に出来映えを見てもらったら大丈夫っぽいということで、ちょっと上がっておいで!というので足場を上がったら作業している窓庇にモルタル広げて、今作ったばかりのマイ木鏝でパターン付けして・・・

バッチリでした!

Dsc004524

ところで今日は午後から石屋さんがダンプいっぱいの石を持ってきてくれることになってるんだけど全然来なくて、なので電話したら 今日は行けないよ明日行くから!って軽く言われちゃって、まあこんなことはよくあることで。それともうひとつタイルなどネットで注文していたものが届くから受け取ってと監督に言われていたから待ってたんだけど、こちらも全然来ないから監督に電話したら もう届いてませんか!?って、確かに荷物は届いたけど受け取ったのはタオル掛けにガラスの棚板って小物だけで、タイルとか重量物は届いてないけどって言ったら それのことだったみたい・・・って、まあこんなこともよくあることだから気にしない気にしない。

ちょうどその頃プキの家では荷物取りに帰ってきたヒデちゃんファミリーが、すっかりその気に・・・

マブヤー&ガナシーに変身!

Dsc073514

だけどそれも束の間マブヤーはお絵描きに夢中、そしてガナシーとマブヤー&ガナシーの母は、それはそれはどっぷりと・・・

夢の中に!

Dsc073554

そんなヒデちゃんファミリーが飛行機に乗って宮古島を後にしたら、僕もやるべきことを終えプキの家に。だけどその前に汚れた格好で申し訳ないですがちょっと寄り道してお店に入り買い物したら、今夜は少し遅くなりましたが・・・

メグミさん誕生日おめでとう!

Dsc073584

バタバタしていてお祝いもできなかったので、ほんの少しだけどケーキ買ってきてお祝いです。メグミさんの誕生日に合わせてお手紙やプレゼント送ってくれたり、グリーティングカードやメールを戴いたプキの家ファンの皆さんありがとう。

今夜はちょっとだけ心も体もひと休みして・・・

また明日から頑張ろうっと!


この記事をはてなブックマークに追加

どちらも青空の伊良部島へ!

2012年03月30日 | NEWプキの家

早くもユミカさんノビシロくんは最後の朝、とはいえまだ宮古には滞在するので 今日は伊良部島に行って来ます!ってことでまだまだいっぱい楽しまねば。そしてこちらヒデちゃんファミリーも伊良部島に行くんだということで準備が出来たらタクシー呼んで、迎えが来る前にみんなで撮ろうと急いだらその前にタクシー来ちゃって、だけど運転手さんが気を利かせてエンジン止めて、三脚にカメラセッティングしてる僕に近付いてきては 最近のはスゴイな! でしょ!?って会話したら、シャッターボタン押して・・・

どちらも伊良部島楽しんでおいでよ~!

Dsc073294

というわけでまずはヒデちゃんファミリーをお見送りですが、すっかり子供達と仲良くなったノビシロくんも、手を振り走り出す車を・・・

見送ってます!

Dsc073324

初めての宮古島をすっかり気に入ったというユミカさん、今度は新しいプキの家楽しみにしてます!ってことで、こちらもフェリーの時間に合わせて出発するのを見送るのでした。

その後はスイッチ切り替えて今日も現場へ向かうヒロユキさんですが、今日はちょっと行き先違って、やって来たのは・・・

スケールのでっかい砂遊び!?

Dsc004374

いえいえこちらは採石場で庭に使う石を入手しようとやって来たんだけど、聞いたらここでは僕の欲しいものがなかったので、直接山で採掘している所を紹介してもらって現場へ見に行くのでした。

それから建築現場へ向かうとちょうどお昼、何にもしてないけどとりあえずは大将と一緒に弁当食べたら作業開始。残り少しの天井作業をやったら1時間と経たずに終了で、最終チェックをお願いしたら これだけやってれば仕上げはバッチリよ!って大将の太鼓判をもらい素直に嬉しく思ったり。そしてこちら大将にも嬉しいことがあったんだそうで、新車を買ったんだ!っていうからどんなのかと思ったら・・・

新旧揃い踏み!

Dsc004384

車っていえば確かに車だけどさあ、まさかネコ車だとは。だけど昨日は新車のお祝いしたんだそうな、島ならではというか大将ならではというか。

そんな新車がいきなり活躍することに。バックに見えてるのはミキサー車、今から厨房と勝手口の土間打ちということで、コンクリートをタップタプに入れては何往復も運びます。そして運んだならば・・・

ジャジャジャ~っとね!

Dsc004394

その後僕は石屋の社長と打ち合わせして、明日の午後現場に運ぶから立ち会うこととなりました。

今日も一日バッチリ晴れてくれて、観光タクシーで伊良部島を楽しんできたヒデちゃんファミリーはさらに日焼けしちゃってますが、なぜなんでしょう、楽しかった今日一日を語ってもらおうと思ったらヒデちゃん全然教えてくれません。

だけどしばらくそこから話しがそれたらやぱり聞いて欲しくなったみたい、立ち上がって独演会の如く・・・

身振り手振りも交えながら!

Dsc073354

早いもので今夜が最後の夜だからいつまでも起きていたいんだけど、躾なのかママが寝たいからなのかやっぱりいつも通りの時間には二人揃って おやすみなさい!って元気に挨拶して眠りについたら、こちら夕方から大あくびしていたパパさんも最後の夜なのに電池切れで、今夜は早くにお開きとなりました。

僕もゆっくり休ませてもらいます!


この記事をはてなブックマークに追加

季節はずれの・・・

2012年03月29日 | NEWプキの家

ここんところずっと晴れ続きの宮古島。今日もまた青だけが広がる空の下、ヒデちゃんファミリーは自転車に跨るパパをみんな揃ってお見送り。

行ってらっしゃい!

Dsc004274

なんでも今日は別行動なんだそうで、パパはお家から持ってきた折り畳み自転車で池間島を目指し、ヒデちゃんカズくんはママと一緒に宮古馬に乗りに植物園を目指しますが、昨日張り切って泳いだ子供達は海は大丈夫だったんだけどその後砂に埋まって遊んでいて、それを落とすために冷たい水をいっぱい浴びたせいで風邪引いちゃって、まあちょっと鼻垂れてるだけだから大丈夫かな。

一方のユミカさんノビシロくんは、レンタカー借りてドライブにお出掛けなんだけど、11時にお迎えに来てもらうの!って遅すぎじゃないってことで、朝から電話して早くに来てもらったら張り切って出発です。

そんなみんなを見送ったら僕はまた今日も現場に急行し、せっせと天井の仕上げに汗を流してます。そして先日コンクリートを打設していた浄化槽はバッチリ仕上がってっていて、もう完全に固まってるから・・・

100人乗っても大丈夫!?

Dsc004314

天井の仕上げは最後のひと部屋が一番の難所となり苦労しまくってますが、それでもなんとか左官作業は全て完了し、あとは乾いてから削りをして終了なので、今日で9割方完成といったところでしょうか。それにしても本当に、本当に新しいプキの家はトラブル発生装置なのでしょうか、現場監督から驚くような言葉を聞かされることに。大工が忙しいって断ってきた!

先日から連絡がつかないとかなんとか言ってたんだけど、ようやく連絡取れたと思ったら断られるって、っていうか大工のいない建築現場って・・・

そんなわけで青空の下たっぷり遊んできた人達も、作業に汗を流した人も嫌な汗流した人もみんな揃って乾杯したら、夜の街にひとり出掛けていたパパさんが子供達にお土産買って帰ってきました。すると 今からしようしよう!って一気にテンション上がったらもう誰にも止めることは出来ず、季節はずれではありますが・・・

花火大会です!

Dsc072984

今夜はちょっと冷えるからみんな上着を羽織って外に出たら、お子ちゃま達が仲良く順番に火を着けてもらい鮮やかな色に顔を染めて、そんな姿をユミカさんは泡盛飲みながら眺めてます。

だけどそれも最初だけで、しばらくすると花火してるのはヒデちゃんだけでカズくんは花火には目もくれず、ひたすら夢中で・・・

メガネ覗いてます!

Dsc073164

このメガネをかけて花火を見ると、光のひとつひとつがドラえもんに見えちゃう優れもの。ユミカさんは初めて見るらしく、昨日のマジックショーの時と同じ顔で不思議そうに見ては感心しております。

たっぷり楽しんだら電池切れの子供達は眠りにつき、つられて大人達も寝ちゃったら、残されたユミカさんと共に泡盛飲みながら楽しい語らいの時間を。同年代のニオイをプンプン漂わせるユミカさんと腹のさぐり合いみたいな年齢当てクイズをやってみたり、同じ職業つながりからサナエさんの話しになり、無茶振りガイドで作ったフォトエッセイのページめくりながら、あの日の苦労を楽しく語っては・・・

笑っちゃってます!

Dsc004354

そして言葉や文章を操る仕事をしているユミカさんなので、話しの流れから久しぶりにナゾかけをする事になり、お題は「コピーライターとかけまして」ということで、今までの盛り上がりは一旦ストップしばらく考え中となり、まずは僕から素人なりの答えを。

コピーライターとかけまして、へそくりとときます。その心は・・・・どちらも「カクシゴト」です。

さあお次はユミカさんの番、そして出た答えは・・・

誰にも言わず墓場まで持っていきます!


この記事をはてなブックマークに追加

バトンタッチのワンコ達!

2012年03月28日 | プキの家

アヤネちゃんファミリー最後の朝は別れの朝、もちろんお別れのお供といえば・・・

三線なのか!?

Dsc003814

その後はアヤネちゃんリオちゃんヒデちゃんカズくんと、子供達みんな揃ってピアちゃんのお散歩って、なんだか昨日の再現してるような雰囲気です。

では名残惜しいではありますがそろそろ出発しなければということで、レンタカーに荷物満タン詰め込んだら、みんな揃って別れの一枚を。

次は秋の宮古に来れるかな!?

Dsc072624

今回もたっぷり楽しんだ分余韻も別れの辛さもより一層って感じで、秋の旅行は別の場所を予定していたのが完全に新しいプキの家に傾いてきてる感じもアリアリだから、帰って家族会議開いてみんなで相談してくださいませ。まあその前に僕らが新居にお邪魔しちゃうかもしれませんが。

そんなアヤネちゃんファミリーを見送ったら、ヒデちゃんファミリーは泳ぎに行って来ますってことで早くも水着に着替えて張り切って出発。そして僕もまた出発なのですが、今日は建築現場ではなくキビの報告会をやるから来いよと誘われたので、こちらのものを戴きに・・・

ヤギ汁ですね!

Dsc003984

久々のヤギ汁はやっぱりクセがあるけどクセになる味で、具は100%ヤギ肉でその上にヨモギを散らしただけの極めてシンプルな料理なのですよ。お腹もいっぱい元気モリモリになったらその後はあれやこれやと用事を済ませ、そのままお客さんを迎えに空港へ。

青空の宮古島に到着のお客さんは、宮古初上陸のユミカさんと初飛行機のノビシロくん。もしかしたら ヤギ臭くないですか!?って言われちゃうんじゃないかとドキドキしていたんだけど、ユミカさんも 酒臭くないですか!?って言われるんじゃないかとドキドキのオリオン飲んだ酔っぱらいさんなのでした。

プキの家に到着したら、すっかり看板犬の風格さえ漂わせるピアちゃんと、かなりビビリのノビシロくんが・・・

ご対面!

Dsc004004

仲良くなっておくれよとの想いはあれど現実はなかなか思うようにいかず、残念ながらピアちゃん看板犬を卒業する時がやって来ました。トライアスロンのオーストラリア大会に出場していた飼い主さんが帰ってきてピアちゃんを迎えに来ちゃったので、ノビシロくんとほぼ入れ違いでシッポフリフリ大喜びでお家に帰っちゃうのでした。

そして日が西に傾き始めた頃、ノビシロくんのお散歩に行くのかと思いきや、バッチリお着替えのユミカさんは・・・

マラソンランナーに変身!

Dsc004204

旅先でも欠かさず走っていい汗かいて、帰ってきたらまたオリオンが美味しいんだそうで。

そして今夜のプキの家は、仲良く海を楽しんできたお子ちゃま達が、今度は仲良く並んで・・・

お絵かき大会です!

Dsc004234

そしてヒデちゃんが 手品するから見て見て!って言うんだけど、今朝のマジックショーがあまりにもショボかったからなめてかかっていたら、意外にちゃんとしてるっていうか、ちゃんとし過ぎてユミカさん・・・

全然タネがわかってないし!

Dsc072714

これは飛行機でもらった不思議な絵本、決して子供騙しとは侮れないそいつを不思議そうに見ているユミカさんに、一生懸命説明してあげてるヒデちゃんなのでした。

さあ明日も晴れの予報、初めての宮古を楽しむ人も、まだまだ遊び足りない人達も、それぞれみんな・・・

いっぱい遊びなよ~!


この記事をはてなブックマークに追加

お散歩大好き!

2012年03月27日 | NEWプキの家

本日も晴天なり、昨日観光ガイドを楽しんだアヤネちゃんファミリーは今日はイノッチのカヤックツアーということで、お迎えがゆっくりだからまずは朝のお散歩行ってきますってことで、もちろん散歩のお供といえば・・・

マイ三線!

Dsc003114

海辺でいっぱい弾いたんだろうね、ゆっくりとお散歩楽しんできたら泳ぐ準備して、それでもまだまだ余裕だからアヤネちゃんリオちゃんは2回目のお散歩に出発です。

2回目のお散歩はピアちゃんのお散歩で、リード持ったらサトウキビ畑の道を・・・

散歩のお供はありません!

Dsc003194

予定の時間にイノッチが迎えに来たら青空の下元気いっぱい出発するのを見送ると、僕もそろそろ行きますか。

僕も出発は青空の下だったんだけど、やって来たのはコンクリート屋根の下、新しいプキの家建築現場です。先日からやってる屋根の補修作業もようやく後半戦に入り、左官屋さんの邪魔にならないように段取りしながら、本日のメインは先日コテで塗った部分にヘラを当ててよりフラットにしていきます。

今日もまた粉が舞う!

Dsc003544

目も痛いし肩も痛いし大変ではあるけれど少し慣れてきたかも、これが下地の最後の行程だから気を抜かず手を抜かず丁寧にだけど素早く仕上げていきます。

すると電気屋さんが設計士さんがそして水道屋さんもやって来て、ここ最近は左官屋の大将と二人っきりってことも多いんだけど今日の現場は賑やか活気に溢れてます。電気屋さんは作業の確認だけして帰ったけど、水道屋さんは浄化槽の土間打ちでツルハシ持っては穴を掘り、その後木で枠を作りあとはコンクリ流すだけ・・・

なのかな!?

Dsc003554

3時の休憩も取らずにご苦労さまです。僕は4時には現場を離れて帰らなきゃなのでラストスパート頑張ろうと思ったらコンタクトを落としてしまうというハプニングに見まわれ、この汚れた手で粉まみれの目に再び落ちたコンタクトを入れるのはどう考えても無理だし、天井の作業は脚立に乗ってだから危ないということで強制終了となりました。最後は現場の皆さんに後はよろしくと挨拶し、休まず作業してくれてる水道屋さんにドリンク手渡したらプキの家へと帰りますか。

帰ってしばらくしたらカヤック楽しんできたアヤネちゃんファミリーが戻ってきて、サンゴもお魚もいっぱい見れたよ!って真っ赤に日焼けした笑顔で熱く語ってくれて、リオちゃんはシュノーケルデビューを無事飾ったということで、これからはもっと本格的に宮古の海を楽しめるね。

そんなわけで楽しくおしゃべりしながらシンヤさんフジミさんが早くもオリオン飲んでいたら、お久しぶりのヒデちゃんファミリーが元気いっぱいやって来ました。ヒデちゃんカズくんもちょっと大きくなって、だけどピアちゃんを見てギャーギャーわめいて大騒ぎ。

ではアヤネちゃんとリオちゃんにとっては、本日3回目のお散歩に・・・

張り切って行ってらっしゃい!

Dsc003674

ヒデちゃんファミリーにとっては最初の夜もアヤネちゃんファミリーにとっては最後の夜で、早起きして来た一家は明日を楽しみに早々と倒れ、残りわずかの時間を惜しむ一家はあくまで寝ることを拒み、泡盛飲みながらシンヤさんとフジミさんと共に最後の夜は面白トークを展開しております。

だけどここぞというところで噛みまくりだったりトークのオチがイマイチだったり、空気というか間というかその辺を理解せずのタイミングを外した発言に突っ込み入れられまくりのシンヤさんは、可愛そうにどんどんその大きな体を小さくしていき、とどめは 毒舌やなあ!の一言を「ドクジタ」って言ってしまい、猛烈に突っ込まれまくってるけど本人的にはちょっとウケたと感じたらしく、その後何度もドクジタドクジタ言っては 今それいらんのんちゃうん!?ってまたフジミさんに突っ込まれてます。

そんなフジミさんもついには倒れたら、最後は二人で意識朦朧の中それでも眠ることを拒み続けるシンヤさんと共に、結局今夜の終了は3時半・・・

明日はフラフラ確定です!


この記事をはてなブックマークに追加

三線と監督と痛かったことと・・・

2012年03月26日 | NEWプキの家

本日も快晴、昨日より少しだけ気温も高く半袖を選んで後悔はなさそうな感じ。そんなプキの家の朝は メ~ン!ドォ~!ってアヤネちゃんシンヤさんの剣道対決の声が響いてます。

モンちゃんファミリーは朝の飛行機なのでボチボチ準備してますが、お別れ前にアヤネちゃんからプレゼントがあるそうで、モジモジしてるのを頑張って手渡したのは一生懸命描いたモンちゃんの絵です。では観光ガイドに行くアヤネちゃんファミリーも帰り支度のモンちゃんファミリーもほぼ同時に準備が整ったら、みんな揃ってお外に並んで・・・

次は夏か秋の宮古島で!

Dsc071554

では僕らも出発、本日のメインイベントは言わずと知れたシンヤさん念願の三線購入なわけですが、宮古木工芸に行ったら若き三線職人マサキが工房の中を案内してくれて、原木から順を追って三線制作の作業工程を見せてくれてます。

そして徐々にテンション上がる中たくさんの三線が並べられたお店の方に移動したら、いきなり最初に一番高い三線弾かせてもらって、そこから念願のマイ三線との出会いを求めて1本ずつ音を確認しながら弾いていき、もちろん僕も一緒に弾いたり聴いたりしてはチェックしております。

そんな姿を傍らでフジミさんが見守ってますが、やっぱり出会う運命だったのか、シンヤさんも僕もこれだと思う1本を見つけたら、やっぱりこれだよね!って同じ三線を気に入ってしまったのでした。なので ホンマにこれでいいの?本当に買うの!?って隣で言い続けていたフジミさんも納得し、家族が1本の三線を中心に・・・

ひとつになってます!

Dsc071704

それじゃあこれで!そう言っては満面の笑みを浮かべるシンヤさん、そして最初は渋っていたフジミさんに 今の気分はどう!?って聞いたら、とっても嬉しい!って心から喜んでいて、そして 私も舞踊習ってシンヤの三線で踊りたい!ってなんて素敵なご夫婦なんでしょうか。

そんな幸せ気分満載のバモスさんは、早くもお昼になったからランチをということで食堂目指して走ってますが、到着して車降りてフジミさんがトランク開けようとしたら空気が一変、バキッ!って思いっきり壊してくれちゃって、まあすぐに直ったので問題ありませんが、よく同じ所をやられて壊れやすくなってるような気がするのは気のせいではないような。

お腹がいっぱいになったら、次に目指すはとっても楽しみにしていた新しいプキの家。その姿が見えたら歓声がおこり、そして今日も左官屋さんがせっせと作業する中お邪魔して一通り見学したら、その後はせっかくですからプキの家初の・・・

三線弾いちゃってます!

Dsc072034

三線も上等だしコンクリートの壁は反響するからいい感じにエコーがかかり、これには左官屋の大将も お兄さん上手だねえ!ってリズムに合わせて作業もはかどってるでしょうか。

そんな左官屋さんの作業をみんなで興味津々見てますが、その中にひとりだけ素人ではない、左官屋さんより上目線からじっと作業を監視している人が。材料を練る職人の手元をジッと見ては腕組みして、厳しい表情を崩さない・・・

現場監督リオちゃんです!

Dsc00264_24_2

ミキサーを持つ職人さんも若干緊張気味に見えたりしてますが、現場監督リオちゃんの厳しい目は若手の職人さんだけではなく、熟練の職人大将にまで・・・

やりにくそうだね!?

Dsc002654

誰が教えたわけでもないのに、作業をしている姿を見てる間ずっとこんな感じのリオちゃんにみんな大笑いしては写真撮りまくって、職人さん達も苦笑いしてはまたせっせと作業を進めてくれてます。

では作業のチェックが済んだら足場を上がり屋上へ。さっきまで厳しい表情の現場監督だったリオちゃんもすっかり元の姿に戻り、アヤネちゃんと一緒に石ころを手に笑顔で・・・

お絵描きしてます!

Dsc072264

ひとつお断りしておきますが、プキの家の屋上で落書きは塗装するまでの期間限定ですから、その後は絶対真似しちゃダメだからね。

ではそろそろ次なる場所へと行きますか。といっても車に乗って数十秒、本日最後のポイントはプキビーチでございます。プキビーチで泳ぐんだと張り切ってるアヤネちゃんファミリーですが、今日はまあ昨日より暖かいとはいえちょっと足先浸けた時点で僕はギブアップ、だけど子供達はやる気満々テンションマックスです。そんな中ひとりシンヤさんだけは全然別の場所に向かい、岩を上ってその先で・・・

新しいオモチャ手にした子供です!

Dsc072494

やっぱりいい三線は音の響きがすばらしく、屋外でこれだけ離れていても風や波の音に負けずにその音色を響かせてます。なのでちょっとミスったら お父さん間違ってるで~!ってアヤネちゃんに突っ込まれております。

心ゆくまで三線を楽しんだらシンヤさんも一緒に海に入り、僕は膝までフジミさんは足先だけ浸けて貝殻拾ったりして楽しんでます。今日はかなり潮が引いて遠くまで歩けるくらいの状態だから逆に近くに魚がいなくて、だけど頑張って探していたら ニモがいたぞ~!ってシンヤさんが子供達を呼び、嬉しそうに楽しそうにお魚観察していたら、背後から ゴッ!!って鈍い音が。

さっきの写真、三線持ったシンヤさんが立ってる岩の下がえぐれてるでしょ。これは波と潮の満ち引きで削られたもので、これと同じような岩ノ下でしゃがんでいたフジミさんが頭上の岩に気づかず立ち上がった瞬間思いっきり頭ぶつけちゃって、だけど痛がってはいるけどたいしたことないんだろうと笑いながら近付いていったら頭から顔にかけて思いっきり流血してるし、それを見てアヤネちゃん大泣きしてるしさあ大変。しばらくして血は止まり傷口を見ても浅かったからとりあえずは大丈夫でしょうってことなんだけど、あの瞬間は本当にビックリしちゃいました。子供の頃よく見たプロレスみたいだったからね。

そんなわけで濃密な楽しさ詰め込んだ観光ガイドはこれにて終了。帰ってシャワー浴びたら待ちきれないとばかりオリオンで乾杯して、もちろんシンヤさんは自慢のマイ三線をメグミさんにも披露したら、今夜は三線祝いでぶんみゃあにやって来ました。

念願のマイ三線に!

Dsc002774

いっぱい飲んで踊って楽しんで、帰ってきたらまた飲み直して、だけど今日の僕は限界を超えていたみたい。目一杯の状態で走りっぱなしの毎日に体力はすでに限界越えしていたようで、まだみんな楽しそうにしてるのに早々とダウンしてしまいました。

明日には完全復活するからね~!


この記事をはてなブックマークに追加

思いっきり遊ぼう!

2012年03月25日 | プキの家

今朝は予報通りの青空が広がり昨日よりは幾分風も収まって、日射しのポカポカも加わりちょっと暖かい朝となりました。

そんなガイド日和の朝ですから、準備が出来たらエイゴロウくんレイカちゃモンちゃんを車に乗せて目的の伊良部島へと一直線に、の前に郵便局で早くもお土産送ってから港へ向かい、モンちゃん人生初のフェリーに・・・

乗り心地はどうよ!?

Dsc068184

日射しはあるものの海上は風が結構あって、僕は張り切って半袖Tシャツで来ちゃったもんだからプルプル震えて早くも後悔しておりますが、途中からは外海からの波もかなり入ってきて大揺れに揺れる船の甲板でフラフラと行ったり来たり僕らも波任せに揺れながら、なんとか伊良部島に上陸するのでした。

するとバモスさんも波しぶき浴びて潮だらけになっていて、なので船から降りるときにホースの水をジャブジャブかけてくれるんだけど、一方からしかかけてくれないから助手席側は残念ながら潮だらけのまま。

そんな青空の伊良部島、まず最初に向かったのは崖の下にある井戸で、絶景の海を眺めながら石段を下りたら疲れた体にいいんだってことで苦い苦い葉っぱを囓ってみたり、そして深い深い井戸を覗いては・・・

モンちゃんちょっとビビッてる!?

Dsc068704

お次は展望台からの眺めを楽しんだり、そして本日のメインイベントはモンちゃんを思いっきり走らせてあげたいってことで、ちょうど休日の野球場は誰もいなくて特大のドッグランと化しておりましたので、ここを独り占めに・・・

好きなだけ走ってちょうだい!

Dsc068864

レイカちゃんはここぞとばかり望遠の白レンズに交換し、ボールとフリスビーを投げるエイゴロウくんとそれに向かってダッシュするモンちゃんの姿を追いかけるカメラは、数え切れない程のシャッター音を野球場に響かせております。

そんなわけでモンちゃんが疲れて走れなくなるまでたっぷり遊んだら、早くもお昼になったのでビーチ近くの食堂でランチタイムです。もう真っ昼間だっていうのに、あんなに一緒に走ったっていうのにそれでもまだ寒くて、なので僕は宮古そばの温かいスープを飲んでは 生き返るわぁ!って真冬のコメントを口にしたりして、食後はまた目の前のビーチでモンちゃんと共に走っては体温めたり海に足をつけてはまだまだ泳ぐには早過ぎるってことを再確認してみたり。

そんな伊良部島最後のポイントは、残念ながらタッチ&ゴーが見れませんでしたので、モンちゃんを飛行機に見立てまして・・・

飛んでるようには見えないね!?

Dsc070174

その後本当の最後に行ったのは巨大な岩のてっぺんへと続く道で、だけどあまりに人が入らなすぎて草ボーボーで道がなくなっていて断念。そして本当の本当に最後の場所はフェリー乗り場のすぐ手前で、衝撃的な現場に遭遇してしまうのでした。

ちょうど僕らの車の前をお姉さんが歩いていて、肩に掛けたカバンから何か落ちたのに僕が気づいたんだけど、よぉ~く見たらとんでもないものだったので声を掛けることが出来ず、なのでレイカちゃんに落とし物しましたよって声かけてもらったのです。そしたらお姉さんがレイカちゃんの指さす方へ歩いて行くんだけど、まだ落とし物にも自分のしでかしたことにも気づいてなくて怪訝そうな顔して歩いてきて、そしてようやく落とし物を発見したらそいつを2度見して しかも!!って声あげて、それが僕らツボにはまっちゃってだけど笑うことも出来ず、お礼も言えず無言で早足に立ち去るお姉さんを見送ってから爆笑するのでした。まあ何を落としたのかは秘密ということで。

帰りも寒い寒いフェリーに耐えて、ようやく街まで戻ってきたらお二人さんのリクエストで・・・

どこで何を!?

Dsc070374

どこで何をと問われたならば、カフェでジェラートをと答える他なく、美味しい美味しいって食べてる姿見てるだけでも震えてきそうですが、食べ終わったら案の定二人してプルプル震えちゃって、なのでバモスさんに乗り込んだらヒーター付けて冷えた体を温めるのでした。そして観光ガイドの最後は前浜ビーチでまたモンちゃんと共にダッシュして、体の芯から温まったらプキの家へと帰りますか。

それからしばらくして久しぶりのお客さんが、必要以上に賑やかに登場です。神戸旅行での飲み会以来本当に久しぶりのアヤネちゃんファミリーが登場ですが、プキの家が大好きなのにワンコが苦手な一家なので、置物のように大人しいピアちゃんを見てはビビリまくりのテンション上がりまくりです。

大騒ぎだね!

Dsc002204

今夜の僕にはやるべきことがあって、みんなで乾杯したら早速それを実行に移しているのですが、何かというとずっと以前からシンヤさんが今度来たら一生物の三線を買うんだって言ってたのが、お家も建てたしつい最近新車も買っちゃったからフジミさんからストップがかかっていて、なので 三線買えるかどうかはアヤオにかかってるから協力よろしく!って言われていたのです。(ちなみにアヤオとは僕のことです)

なので今回は全面的にシンヤさんの応援に回ろうとプッシュし過ぎなくらいにプッシュして、レイカちゃんやエイゴロウくんも巻き込んでフジミさんをその気にさせようとしてるんだけど、なのに本人が不用意な言葉で台無しにしたりして、だけどやっぱり一番は言葉よりなにより三線弾くことで伝わるだろうってことで張り切って弾いてます。

すると曲が終わったら泡盛のグラスを奥様から旦那様に・・・

OKの証か!?

Dsc071244

最終的には猛烈プッシュの甲斐あって どうせ一生物のを買うんだったら早い方がいいもんね!と言っちゃうまでになり、本当に気に入ったのに出会えたらという決め事だけして明日のガイドで買いに行くこととなりました。

そんなわけで大喜びのシンヤさんだけど、明日は果たして運命の三線と出会えるのか・・・

僕も楽しみにしております!


この記事をはてなブックマークに追加

遅れて登場!

2012年03月24日 | NEWプキの家

嵐の予報は残念ながら当たっちゃったけど、まあ雨が降ってないだけマシってことで、寒い寒いではありますが強風に吹かれながらモンちゃんとピアちゃんのお散歩にレイカちゃんとメグミさんが出発です。

近所のワンコも登場です!

Dsc001643

僕は27℃まで上がった昨日から10度も下がって寒いからお散歩行かなかったというわけではなく、昨日で終わったかと思っていた現場の作業に今日も行かなきゃだから準備していたので、みんなが帰ってきたら入れ替わりで出発しなきゃです。

レイカちゃんは雨が大丈夫そうなのでレンタバイク借りてお出掛けしますってことなので、バイクが来るのを待ってる間に僕が出発となり、モンちゃんと一緒にデッキでお見送りを・・・

頑張って来ます!

Dsc00195_24

昨日サンダーで磨いてブロワーかけた天井を、今日はモルタル塗って型枠の凸凹を消す不陸調整をする事となっております。

道具は左官屋の大将が貸してくれるということだったんだけどコテ板がないということで、じゃあちょっと待てよ!ってその辺に転がってたベニヤ板と棒っ切れを持ってきたら、ノコギリで刻んで金槌で釘をトントンカンカンと・・・

その場で作ってくれてます!

Dsc001974

パパッと簡単に作っちゃう姿を感心しながら見ていたら、いつも現場ではこんなもんさ!ってやっぱり職人さんは凄いなあと改めて思っちゃいます。そして材料も調合して練ったらモルタルが完成、モルタルを塗る面に予め密着を良くするシーラーを吹きかけたら、材料を板に取りコテで平らになるよう薄く薄~く伸ばしては押さえていきます。

お見事ッス!

Dsc001994

ハイじゃあこんな感じで!って選手交代ですが、また今日も大将と同じようには動いてくれない手と格闘しながらも作業開始。だけど昨日のサンダーがけで肩も首も思いっきり筋肉痛だから、早くもプルプルし始めちゃってる軟弱者のヒロユキさん。

するとしばらくして応援隊がやって来ました。

見物人の間違いか!?

Dsc002014

颯爽とバイクに跨りやって来たのはレイカちゃん。だけど今日のこの天気ですから 寒いヨォ~!!ってプルプル震えつつも、前回来たときはまだ更地だった新しいプキの家を興味津々見たり左官職人ヒロユキさんを激写してみたり。

その後も全身の痛みや辛さと戦いつつ頑張ってコテを握り続け、だけども今日で全てを終わらせることは出来ず続きはまた明日、いや明日も明後日も時間が取れないからまた後日ということで、日が傾きライトで照らしながら作業する皆さんに挨拶して現場を後にするのでした。

というわけで今日もまた全身ボロボロで帰ってきたら、こちら今日はレイカちゃんがバイク移動だったからお留守番していたモンちゃんと遊んでるっていうか、モンちゃんで遊んでるっていうか・・・

届きそうで届かない!

Dsc067834

手足の長いモンちゃんだから届きそうな感じがするんだけど、微妙に微妙な距離感に苦労しているその姿を笑いながら見ては写真パシャパシャ撮ってます。

そしてそして今日は新たなお客さんが来ておりまして、それは仕事の都合で1日遅れでやって来たエイゴロウくん。昨夜そんな話題になったのでみんなで食べたいなって言ってたら、それを聞いてお土産に買ってきてくれたのでみんなで有り難くいただいてます。

フランツのプリン!

Dsc068064

モンちゃんもちょっとだけお裾分け&器に残った最後をペロペロ綺麗にお掃除隊してくれてます。

さあ明日からはついに晴れマークが並び、そして明日は観光ガイドなので、南の島をたっぷり感じる1日にしてみたいと思っておりますよ。

明日はキビ刈りではなく・・・

観光で伊良部島に上陸です!


この記事をはてなブックマークに追加

家造りは大変です!

2012年03月23日 | NEWプキの家

昨日左官屋の大将に言われたとおり、今日は朝一番に現場にやってきて天井磨きをすることとなりました。いつものキビスタイルに防塵マスクと防塵メガネを装着したら準備万端、今日の相棒サンダーさんを手にまずは大将の手本を見せてもらってますが、まあ手際のいいことよ。

そのまま最後までお願いしたい!

Dsc001314

もちろんそんなこと思っても口に出せはしないから、選手交代やってみるけどやっぱり大将のように素早く綺麗にはいかないもんだね。まあスピードは仕方ないとして、何事も下準備が大事ですから時間は掛かっても念入りにやらねばです。

天井全てをサンダーかけて型枠合板のアクを落とすんだけど、激しくうなりを上げるこのサンダーがまあパワフルで、その分大きなモーター使ってるから重いし天井に向けて力入れないと削れないから肩と首が早くも激しく悲鳴を上げてます。お昼は大将と二人でリビングで海を眺めながらお弁当食べつつおしゃべりしてますが、天井のサンダーかけ、この作業は本当に大変だねって言ったら いつも新入りにはまずこれをやらせるんだ!ということだそうで、これで半日も持たずに逃げ出す人もいるらしく、使い物になるかどうかを見極める作業になってるみたい。もちろん僕は逃げ出したりしませんよ!って自分のお家だから当たり前か。

最高気温27℃の炎天下、舞い散る粉塵と汗とで全然視界が効かないし、メガネしててもコンクリートのカスが目に入るしマスクしてても喉が痛くなってくるし大変だけど、それでもなんとか夕方まで頑張って無事全ての天井をピカピカに磨き上げるのでした。

ちょうどその頃監督がやってきたから挨拶したら、なぜなんでしょう僕の姿にビックリした顔して、その後は大将と共に墨出ししてます。

壁の垂直を見ております!

Dsc001324

とりあえずこれで天井の下地は終わったと思ったら、まだあと一行程あるよ!って大将、さあ明日の僕は左官屋さんだ!

とその前に、なぜ監督が僕の顔見てビックリしていたのかと申しますと・・・

こんな姿だったからさ!

Dsc001334

写真じゃ分かりづらいかもですが、頭のてっぺんから全身コンクリートの粉塵浴びて真っ白で目は真っ赤っか、とてもとても建築中のこの家の施主だとは思えない姿となっていたのでした。もう肩も首もパンパンだし目も喉も痛いし、本当に家造りって大変なんだね、みんなこんな思いをしてお家を建ててるんだね。

そんなわけでまだまだ終わらぬ天井の下地作業ですが今日のところはここまでということで、帰って汚れた頭をシャンプーしてシャンプーしてシャンプーして・・・・5回目でなんとかキレイになりました。

そして日が暮れた頃、お客さんが賑やかに登場です。

ピアちゃんとご対面!

Dsc001364

というわけでやって来た本日のお客さんは、半年ぶりのレイカちゃんモンちゃんです。なんだかひとり足りないような気がしないでもないですが、まあ細かいことは気にせず今日のところは楽しんじゃいましょう。

とりあえずは久々の再会と作業お疲れさんということで乾杯したら、もう今すぐにでも倒れてしまいそうですが、楽しくおしゃべりしたり 新しくレンズ3本も買ったんだ!ってことでカメラいじらせてもらったり、そして僕のカメラも・・・

レンズキャップが気になるね!

Dsc067564_2

今日は快晴の最高気温27℃という作業には暑すぎるくらいの1日だったけど、今夜からいきなり猛烈な風が吹き荒れ雨も降り大荒れの天気となっております。

明日はバイク借りて出掛ける予定のレイカちゃんだけど、もしこのまま明日も嵐だったらどうするのって聞いたら その時はワンピース読んで過ごす!っておっしゃっておりますので・・・

ぜひそうならぬよう晴れをお願いいたします!


この記事をはてなブックマークに追加

現場は楽しい!

2012年03月22日 | NEWプキの家

今日は朝からバタバタとやるべきことを片付けて、お昼からは確認しておかねばならぬこともあったりなので、メグミさんも連れて現場へ行くことに。

数日ぶりに来た現場はサッシの取り付けも一部枠待ちの部分を残して終わっていて、すでにモルタルも詰められ今日は外部の左官をせっせと頑張ってくれてます。

青空の下いい汗かいてくれてます!

Dsc001114

左官ってのは見ていて気持ちいいくらい簡単にスイスイ塗っちゃうもので、実際僕みたいな素人がやってもこうはいかないんだろうけど、本当に職人だなあと感心しながらただただ眺めております。

それにしても端から順番にやってないっていうか、なんだか違和感を感じるこの段取りとそれから壁面を見てもちょっと変な感じで、ちょうど3時の休憩になったから持ってきたドリンク手渡してはお話しして違和感の理由を聞いてみることに。するとやっぱり新しいプキの家はトラブル発生装置だったのか、実は一昨日ノアちゃんファミリーを乗せた飛行機が飛び立った後、それまで予報に反していい感じに晴れていたのが夕方突然プールひっくり返したような雨が降ってビックリしていたんだけど、新しいプキの家も同じ状況の中、塗りたての左官下地が乾く前に猛烈な雨に打たれて流れてしまったんだそうな。

なので昨日は一旦全部剥がして作業のやり直しとなったんだそうで、だから妙に違和感を感じたんだね。

壁の仕上がりが均一じゃないでしょ!?

Dsc001134

だけども今回新しいプキの家には腕のいい左官職人さんが来てくれてるので心配無用。休憩の後は左官屋の大将と外部の仕上げについて相談してますが、まあなんていうんでしょうか、細かい話しになると専門的すぎて全然わからないので工法についてはもうお任せしますって感じ。

そして先日ヤマちゃん先生にやってもらった天井の仕上げですが、見た目的には大丈夫だけどそのままではダメだって指摘されてしまいました。型枠のバリ取りだけしてもらったんだけど、合板のアクが出てるからこのままじゃシーラー塗っても仕上げ材が乗らないということで、対処としては全面サンダーで磨くしかないということのようです。なので サンダーは貸してあげるから自分でやってみな!ってことで明日の僕は急遽天井を磨くこととなっちゃいましたが、これまた初めての電動工具で初めての作業。ノアちゃん共同作業しに来ないかい~!

というわけで、左官屋の大将・・・

頼りにしてます!

Dsc001194

新しいプキの家では珪藻土を壁や天井に塗ろうと思っていて、まあ何事も下地が大事ですから大将の有り難いアドバイスを参考に頑張って磨いてみたいと思っております。

その後は他にも少々トラブルありで対応したりして、今日のところはここまでってことで現場を後に。

それから向かったのはミドリいっぱいの場所で、たくさん並んだ苗木の中から元気そうなのを選んだり選んでもらったりしております。

ご協力ありがとう!

Dsc001234

これは新しいプキの家の庭に植える木を、ちょっと気が早いんだけど一部仕入れにやってまいりました。職員のお兄さん達に手伝ってもらったり色々と聞きたかったことを相談に乗ってもらったり、それからオマケまでつけてもらったりして、とりあえず必要な分を車に詰め込んだら・・・

花屋の車みたい!?

Dsc001254

まあ苗木なので花はひとつも付いてないから、どっちかっていうと造園屋の車みたいってところでしょうか。ご覧の通り敷くもの持ってこなかったので車の中汚れまくりですが、まあ数日前までキビ刈りで使っていた車だからどっちみち洗車しなきゃだし、とどめを刺してくれたって感じで。

色々大変なこともあるんだけど、それでもなお言えるのは・・・

現場は楽しい!


この記事をはてなブックマークに追加