島人の生活第三章

宮古島のちっちゃな民宿プキの家の楽しい日常を綴ってます。
プキの家に遊びに来たい人も旅の想い出に浸りたい人もご覧あれ!

まだまだ続くよ停電は!

2017年09月14日 | NEWプキの家

そんなこんなで夜は明け、まだまだ暴風雨は続き残念ながら停電解消の雰囲気もないままに、ひとまずお目覚めのメンバーとおはようの挨拶交わしたら外に出て建物の外周とお庭を見て回り被害の状況確認してから、いつも通りとはいかないけれどなんとか今出来る限りのって朝食を準備してます。

出来たよ~!って声かけテーブルに運んだらそこに座ってるのはエリコママさんレイカちゃんだけで、エリコリッキーはどうしたと思ったら、横殴りの雨の中ハムのトイレに出ていたようで。

窓の外にはずぶ濡れさん!

昨夜の時点では島の3分の2が停電してるって情報だったのがどうやら9割停電ってさらに被害拡大してるようで、これはもう本気でマズイことになってるなって肌で感じながら、レイカちゃんは夕方の飛行機飛ぶかどうか確認したりエリコ達はどうして過ごそうか相談したりそれぞれに。

まだ風が強いとはいえ車出せない状況じゃないからワンコ達もストレス溜まってるし洗濯物も溜まってるし出掛けてきますよと、みんな一緒にランチしてきますよとお出掛けなのでお見送りをとお外に出たら、昨日自分で撤去したから分かっちゃいるけど・・・

看板の足がない!

車押して揺さぶり運転席のリッキーをビビらせたりしては くれぐれも安全運転でね!って笑いながら見送ったらひとまず目の前の事ひとつひとつ片付けてって、そして氷を入手しようとマッチャーズまで行ったらお店のみんなと そっちは大丈夫だった!?って声掛け合ったり情報交換したりして、そしてお客さんがいて大変だねと特別に残り1個の氷分けてもらえたり。

そんな帰り道はちょっとだけ周りの様子を見てみようと車走らせて、プキビーチにやって来たら道路まで砂は吹き飛んでるし防風林は無惨な姿だし、まだ海は荒れ狂ってるからいつもの姿とは全く違う表情で・・・

怖いくらいに大荒れのプキビーチでありました!

そこからの帰り道はさらに酷い景色となっていて、つい先日まで雨不足で大変って被害が出ていたサトウキビだったけど、恵みの雨かと思っていたらさらに被害拡大となる暴風雨で思いっきり横倒し、たっぷり実をつけていたバナナの木も、もう何もかもが・・・

目も当てられない姿に!

そして集落内はあっちでこっちで切れた電線がぶら下がり風に揺られて行く手を阻むような状態で、見るのも辛い被害の状況に心痛めつつプキの家へと戻ってくるのでした。

そこからは段取り考えでもまとまらないままにバタバタと目の前のことを順番に片付けてって、そしてお昼過ぎになってみんな順番に帰ってきたら 街の中も凄かったよ!って木は倒れ信号は点かずお店はもちろ停電でほとんど閉まってるし大変だったようで。だけど飛行機はなんとか飛んでるからレイカちゃん今日こそ帰れるねって身支度したらちょっと早めに出発するねって、まだまだ風が強くて三脚立てられないから自撮りでいきますかと、見るも無惨な姿になったヤシの木とモンパの木をバックに並んだら・・・

それもまた旅の思い出よ!

というわけで出発のレイカちゃんに運転気をつけてねって、次は12月やな!って言葉交わしたらみんなで手を振り見送るのでした。

そこからはみんなお疲れ気味なのでダラダラ過ごしたりしてるし僕はひとり外に出て窓に張ったネットを洗ってから撤収作業したり物干場を綺麗にしたりとせっせと労働に勤しんでたら、メグミさんとそれからエリコも登場 みんな寝ちゃったし手伝うことある!?って あるある!ってすぐさま返事して、庭中に散らばってる落ち葉拾いをお願いすることに。それからしばらくして おはようございます!ってリッキー登場またお手伝いさんがひとり増え、最後はエリコママさんもお庭に出てきたら 起きたら誰もいないからビックリしたわよ!ってそいつは失礼しましたと、そしてまたひとり・・・

お手伝いの連鎖は続くのです! 

キリのいいところまでやったらみんなありがとうって、そこからは電気のない中夕飯の準備を暗くなる前にやらなきゃ大変と頑張って、みんなは順番に水しか出ないシャワー浴びたりしてたらエリコから突然の一言にビックリ レイカちゃん帰れないってよ!

もう飛行機飛んでる時間だよねって、モンちゃん空港で預けたって連絡あったって言ってたよねって、だけど飛行機遅れて那覇での乗り継ぎが間に合わず今日中にお家に帰れないと。帰れないんだったら那覇にいたってしょうがない、居酒屋プキの家に帰らなきゃ!ってことでレンタカーも返したしエリコとリッキーが迎えに行ってくるよってことなので暗くなるから運転気をつけてねって。

そして日は暮れ真っ暗闇が訪れたら あれれなんであっちが!?って思わず駆け出しプキマウンテンの頂上から眺めると伊良部島に灯りが見えるし向こうが先ですかってエリコママさんと言いながら、でも着実に停電解消に向かってるってことでいいじゃないって。そして振り返ったらロウソクの灯りがともるリビングは フランス料理店みたいね!ってとってもとってもいい雰囲気で。それからしばらくしてレンタカーが無事に帰ってきたら、お久しぶり~!って・・・

再び参上のレイカ&モンちゃんです!

もうホンマ大変やったんよ!ってハイテンションでしゃべりまくりのレイカちゃん、タプーちゃんので良かったらどうぞってモンちゃんのご飯もうないよねって言ったら 実はあと1日分あってん!って もう完全に確信犯やん!って笑ったらチェックインっていうかまさか戻って来るとは思わずお部屋そのままだし何も変わってませんが 物干しロープがなくなってる!ってメグミさんが片付けてたから ゴミ箱もそのままやのにそこだけ!?って言ってはまた笑ってます。こんな中でもみんなで笑ってるってことがプキの家っぽくていい感じ。

ではヘッドライト装着気合い入れて夕飯の仕上げして、とはいえこんな状況でいつも通りの夕飯作れるはずもなく、突然ひとり増えたしイレギュラーだらけですが、だけども今出来る精一杯のおもてなしをと頑張って出来上がった料理をみんなのところに運んだら 台風なのに豪華だ~!って大喜びで、みんな笑顔でグラスを手に・・・

今夜も元気に開店です!

せっかくプキの家なのにサーバー使えず缶ビールで乾杯は寂しいけれどしょうがない、この状況で冷えてるだけで幸せだねって言いながら今日もいっぱい頭も体も使ったし美味しいねって、プキユキさんこんなのどうやって作ったの!?って言いながら食べてるみんなの美味しい笑顔がロウソクの向こうに照らされてるだけで幸せだねって。

いっぱい食べたら二次会はマッチャーズの貴重な氷をグラスに転がし泡盛飲みつつ話は尽きず、全然風が弱まる気配もなくノロノロ台風はまだそう遠くへは行ってないようで、まだまだ停電解消は遠そうだねって言いながら、ママさんが先に休んだら 今夜こそは勝つからね!ってまたあの時間が始まります。

あの時間でございます!

だけど昨日と違うのは、最後の勝負でエリコと僕との一騎打ちとなりまさかまさか負けちゃってさ、庭仕事とかいっぱいお手伝いしてくれたしまあそれはくらいはね、気持ちよく眠ってもらうためにそれくらいはね、サービス業の鏡ですからそれくらいはね。なんて言い訳はせず素直に 悔しい~!って言いながら・・・

真っ暗闇のお部屋で叫び1日が終了です!


この記事をはてなブックマークに追加