気ままに♪遊歩と小生物の日々

北部九州海沿いの小さな城下町で小動物(海系、カメ系)と共に楽しく暮らしています。

深海魚テンガイハタ!

2013-05-31 10:22:50 | 生物、自然
今朝は曇り、気温低め。高島の渡し船に乗る人たちが城内橋を急ぎ足でやって来る。昨日は作業服、ボンタンと言うのかな?の中年若年の3人が並んで橋の上から水面を見ているので、何がいるのかな?と寄っていくと、「なんも無いですよ。」と先に言われてしまった。なんかな~と思って、と釈明したけど、向こうは何度か見かけて物見高いワタシのことを認識しているのかもしれない。油断大敵?

海は今日も静か。昨日カキの間に逃げ込んだヤツがいるかもと行ってみたら、案の定またピョッと隠れるヤツが。今日は正体を見極めるぞ、と気配を消してしばらくじっと待つ。しーんとした海でも、かすかに生物の音がそちこちで。何匹かの小さいカニが隙間からそうっと出入り。ヤドカリは歩き回る。カキが時々潮吹き。砂底にはハゼの子。出た!とたんにワタシを認識してパニクり、いくつかの隠れ場所にもぐろうとあせってやっと別のカキ穴に逃げ込んだのは7,8cmくらいのコチだった。飼ってみたいけど取るのは無理だなあ。

そのまま水の中をそうっと歩いていくと、あっ、見たこと無い赤い横縞の稚魚!あっという間に深みの海草林に逃げた。稚魚だと成魚と違うやつ多いからわからないな。
波打ち際で砂にあわててもぐり込んだのは3,4cmくらいのコウイカの赤ちゃん。へー、こうやって隠れてるんだ!掘ってみたけどやっぱり取れなかった。
さらに進むと、お、何かの金属部品かな?と、近寄ったら…大物見つけ!!
なな、なんと!!深海魚じゃん!

透明の背びれはピンクがかって縁がきれいなピンク。よく見ようと網で砂浜にそうっと押していった。引っくり返したら裏にはもう肉食の貝とグソクムシみたいのがへばり付いてる。
ピンクのヒレをひらひらさせて泳ぐ姿はきっと優雅だろうなあ。

帰って調べたらテンガイハタというもので、2mを越える長さになるらしい。ああすてき!これだから海はやめられない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足食われた~、掃除機

2013-05-30 16:01:36 | 日記
曇りの海。凪ぎ、水はけっこう冷たい。ヤドカリのチビたち、ハゼのチビたちいっぱい。石垣の防波堤、今日は少し引いてるので入ってみた。カキがぎっしり付いた岩の隙間にしゅっと黒い魚影が。と、すぐに、カニのハサミのようなけっこうでかいのが一瞬出て引っ込んだ。侵入者を追い出そうとしたのか?ヤツラは何だろう?木の枝を拾ってきて穴を突いてみたけど手ごたえなし。中はけっこう入り組んでるみたいなのであきらめた。カキに逃げ込むのはほかにも、黒くて長いカエルウオ的なのが。時々見るけど、正体は残念ながらまだわからない。
浅瀬を歩いてるとコウイカ♪残念ながらすでに足は食べられてる。1時間早かったら取れたかも?生きてるコウ貝一匹、けっこう大きい?海の家のおばちゃん、要るかな?とりあえず店の周りに置いておこう。

帰ってからトイレの出窓に置いた観葉植物の場所換えしてると、濡れ手がつるっと滑って陶器の鉢がガシャーン!タイルの床で粉々、土も飛び散った。仕方ない、大きなかけらは手で拾い、百均のほうきちり取りセットで土を集めて取る。あとは掃除機で丹念に吸い取った。土汚れはいやだから、ついでに掃除機の手入れ。取説を見ながら吸い口、フィルターなど順番にはずしてみたら、うわ~!やっぱ、少なくとも2年分のチリホコリが…。説明通り水洗い。蛇腹になったフィルターは、けっこう長いこと水洗いしてポンポンとたたいたら、まだ真っ黒な汁が…!いかん!さらに水を流してポンポン。かすのような黒い点々が出てくる。窓の方に透かして見たら、まだまだ黒く残ってる。ひぇ~!さらにさらに時々透かして見ながらやっと明るく透けるまで洗い終えた。ぜーんぶ洗えるとこは洗って水切りして外に干した。たまにこういうことがないと掃除苦手ズボラ人間はなかなか掃除機の手入れまでしないよねー。よかったよかった。キレイ好きの皆様は多分きちんとやるんでしょうねえ。
後で植木鉢探して植え替えしよっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恵みの雨♪

2013-05-29 16:43:21 | 日記
昨日はたっぷりと雨。庭はカラカラ、一日待てば降るとガマンしてたから助かった!ケッケッケッケッ♪とカエルが高らかに歌う。雨に加え風が強かったから海には行かなかった。少し雨脚が弱まったところで車でパンを買いに。運転が上手いほうではないので遠出と悪天候と夜は運転しないことにしてる。バゲットとイチジクフランス、相方にくるみアンパン。それからスーパーのポイント5倍デーに。野菜、菓子、納豆、鮮魚にピッカピカの飛魚が入ってたので夕飯決定♪塩焼きだな。
一日雨なのでカーテン縫ったり室内ちょこちょこ整理。外に出られないカメたちは出してくれえ~とカメコーナーを落ち着きなく動き回る。ガマンせえ!

今朝は曇り。Tシャツにアームカバー、マスク、サングラス、帽子、首にタオル、背中に手網の入ったバッグ、島ぞうり、海水ボトルと計量カップ、小網持って散歩に。やっぱりアヤシイおばさんかな。時々橋の上ですれ違う勤め人らしい若い女性がニヤリ?と笑う。あー、今日はクマノミのTシャツだった。
お城の石段の途中、藤棚の鉄骨にぶら下がってるのは…久しぶりだなあ、悟空おじさん!「あー、来よったねー?」「来てますよー。」「久しぶりやん。このごろは反対の方に行きよるもん。今日はパン買うけん。」「あー、Aコープのほうの?」奥さんがそこのパンがお気に入りらしい。「ん。このごろうちの方のスーパーが無くなって。苦情の出てね、バスが出るごとなったけど。」「不便ですね。ちょこっと買いたいときにねえ。奥さんはどうですか?」声だけは大きい奥さん、病弱でもう何年も散歩に出られない。「まあまあ変わらず。」おじさんは二人分元気でねと思いつつ別れた。

浜に下りる石段から松林の側溝の水溜りを見たけど、今日はカエルの顔が見えない。いつもひそかに目玉と鼻先を水面に出しているけど。

昨日日が照らなかったから水温は少し低い。ハゼの子供はけっこう増えてきてよかった。モゾを取りながらジャブジャブ歩いた。裸足で砂浜も気持ちいい。
帰ったらたまった洗濯しなくちゃ。乾くかなあ。

写真は一週間前の鳥島と高島。今日はもっとかすんでる。雨の前は数日ずっと基準値大幅越えpm2.5で、ほとんど島や山の姿が見えなかったから、今日はまだマシだけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の写真が続きますが…。おしゃべり日?

2013-05-25 12:46:35 | 日記
梅雨前のこの時期はいちばん花が多いのかな。散歩道、濠の石垣にオウチ(センダン)の木の花がいつもよりずーっと長くいっぱい咲いている。薄紫の霞みたいで風情があるけど、大木になるので家には植えられないね。

昨日は前日に浜のトイレ横で足を洗った時に忘れて植え込みに手網を置きっぱなしにして帰ってきた(どうせ持っていく人はいないだろうと思ったし)ので、いつもと逆コースで浜に出た。
置いた場所には見当たらないので、あーやっぱり誰か持ってったか、と思いつつ遊歩道をスタート時点まで歩いてからまた同じ道を戻ってきた。先のほうを眺めたら、お、久しぶり、投球練習おじさんじゃないの。手を振ってあいさつ。「おー。このごろあのおばちゃん(いつものおばさん)見らんよ。」「一週間ぐらい前会ったよ。」「海外旅行でも行ってとらすかな?あ、あの、アイルランド人(奥さんがこちら出身)ね、この前来とった。去年来んかったから何週間かおるて言いよった。」「へー。」「そうそう、あの、貝ね、白い(と手振り)…」「アオイガイ?」「アイルランド人の見つけてさ。」「今年は異常に多いですよね。ワタシも何回か生きとるの、取ったもん。」「へー、面白かねーと思って調べたさ。貝殻は自分で作るてね。」「そう、メスだけね。」「模様が葵のご紋に似とるて、ほんなごて、そう見えるね。」「面白いね。試合は?」「おー。なかなか勝てんけどね。負けることに意義がある。(笑)」「ははは!」おじさん、数ヶ月ぶりに会ったけど、少し年取ったかな?ま、こっちもだけどね。

またスタート地点に戻って、手網が無いのはしょうがないな、もう5年くらい使ってるし、元はと言えば拾ったやつだしと浜に出ようとしたら「今からね?」と、海の家のおばちゃん。台車にゴミ袋乗せて愛犬キクちゃんをお供に立ってる。「いや、昨日網を置き忘れてさ。そこで足洗った時に。」「うちにあるよ。」「えっ!?ほんと?」「(通りがかりの人が)持って来らしたけん。子供ののごたるねて。あんたんとや?(あんたのね)名前書いとかにゃ。」家に戻って持ってきてくれた。「わー、よかった!ありがとう!助かった!」やっぱりあったね。「ついでに、そこのバケツば、取ってきて。よう下りきらん。」おばちゃんは足が悪い。階段下の砂浜に転がってる青いバケツを取って来るとこんどは「そこの棒ば持って来て。」ボート横の折れたオールを取ってきて渡した。「これ、折れとう。」「金具の当たるとこは折れる。この木は樫の木、固いと。今んとは外材とか、先はプラスチック。(遠くを見るように)子供んころ、こやんして(一本の櫂を左右に漕ぐ身ぶり)ボートで鳥島まで行ったもん。したら、親の大騒ぎしてさ、ボートは無い、子供はおらんて。帰ってきてそら怒られたよ。」「鳥島、面白そう。」「ボートで行ったらよか。いろいろおるよ。あっちの方、浅瀬になっとって、アサリもね。」おばちゃん、遊歩道のコンクリ柵に腰を下ろし、キクちゃんをなでながらいろいろ語る。「あー、あたしも海に入りたか。胴長でさ。」昔の胴長は1万円くらいしたとか、ボートを載せて引く台車のタイヤは○万いくらとか、キクちゃんの服は母親のおさがりでちと大きいから縮めてやらにゃとか。そのうち、いかん、9時前にゴミ出さにゃ!と立ち上がった。そこの水、使ってよかよ、と足洗いに店の前の水道使用許可ももらった。ワタシもボトルの水汲んできて同じ道を行くと、こんどは長男のバンド仲間のFさんがゴミ出しに「大漁ですかー?」。この時間はいろんな人に会うなあ。さらに、花おばさんとも。

昨日は息子の嫁ちゃんが久しぶりに楽器(小型エレベース)持って遊びに来た。近所の美味しい昼弁当食べに行って戻ってからおしゃべり。それから楽器出して一緒にちょっと遊んで。魚屋で買っておいた鯛とイカ(どっちも魚屋さんで下ろしてある)をお土産に夕方帰って行った。

にぎやかな1日だったね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋久島から来ました。

2013-05-24 18:10:42 | 日記
火曜日、福岡でサックスのレッスンの後ぶらぶらと新天町のギャラリーをのぞいたら、面白い動物モチーフの焼き物が並んでた。国籍不明ぽい鹿?山羊?龍?シーサー?あ、犬猫も。ユーモアのある表情、形、釉薬の色、なんか気に入って。屋久島の生活を描いたマンガのコピーが置いてあって、面白くて読んでたら、「お好きなんですね。」と作家さんに声を掛けられた。屋久島に窯を作り移り住んで30年、福岡で展示会をするのは初めてらしい。奥様がイラストレーターでマンガを描いてるとか、持って行ってください、よかったら前に描いたのもありますよとごそごそ数冊出してくれたので、喜んでいただくことに。作品についてなど話ができた。で、どれにしようかさんざん迷ってやっぱり最初に目が合ったこの作品を買うことにした。ふふふっ、このすっとぼけた顔とぽってりした体がいい。実は酒器なんだけどお酒飲めないワタシは花瓶に。試しに水入れて口から出してみたらちゃんといい恰好に水が出るんだよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加