気ままに♪遊歩と小生物の日々

北部九州海沿いの小さな城下町で小動物(海系、カメ系)と共に楽しく暮らしています。

日暈(にちうん)だって。

2017-05-16 19:12:12 | 生物、自然
昨日月曜日、相方が休みなので朝からヨット♪曇りで風が無い。走り出したと思ったらまたたゆたったり。それでも糸島半島方面へセイリング。平日なので学生のヨットも少ないし、漁船も。陸上の建物を、あれ、何だ?ブーゲンの森のハウス?とか遠くの山を、天山かなあ?とか。「なんか、イノシシでも泳いで来んかなあ?」島が近くに複数あるここは泳いで渡ることがあるからね。「何バカなこと!無い!」「あー、上がってきたら困るか。」「イノシシぜ。太刀打ちできんて。」「この、デッキブラシで…」「あり得ん。」ちぇ。でも、大小のミズクラゲはプカプカ浮いてた。
ぼーっと眺めながら、1時間半くらいで戻ることに。ふと見上げた空にまあるい虹の輪!珍しいねえ。途中でまた風が止み、相方が、エンジンかけるか、と。ワタシとしてはのんびりでもいいから帆走したかったのに、やかましいのをガマンしてハーバーに向かった。途中ハーバーの親分さんが運転するモーターボートが近づいてきて挨拶。大きなカメラ2機ぶら下げた取材らしい男性一人乗せて。時々止まってはお城や高島の写真を撮ってる。
ハーバーに近づいたら、相方が「早く帰りたいて言うから。」「えー、早くとは言うとらんよ。エンジンかけるから、トイレに行きたいのかと思った。」桟橋に付けたら「トイレ!」とさっさと下りたので、ほーら、人のせいにして、と。ま、いいけど、そうならそうと言えばいいのに。その間、ワタシは手網とバケツ出して這いつくばって桟橋に群がる稚魚2匹をすくった。


前日はこんないい天気でけっこう吹いた。


今朝の拾い物。こんどは前よりもっと大きい殻。また来るかな、今年は。

海の家のおばちゃんのカメの水替え、エサやりに行ったら、甥っ子さんが来てて、おばちゃんの様子、今後の方針など、何をどうしていいやら、といろいろ話してくれて。これからまた病院に行って相談、報告するって、家が遠いから大変だねえ。生き物の世話はしますけど、あんまり家の方はさわれないから、と言うと、無理されんでください、と。
早く元気になって戻ってきてねえ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花盛り♪ | トップ | アヤメ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。