山と葉っぱと猫が好き
ヘタレなりに独学で女性単独登山を楽しんでます。
悩んでくじけて、いつも一人で起き上がる。
山がわたしを育ててくれる。




2008年1月第3週の平日は登り初めに北八ヶ岳の縞枯山へ行ってきました。
当初の予定では北横岳に登る予定だったんですが…

今回は車中で眠る寒さがつらい為、自宅で仮眠をとってから夜明け前に出発して高速道路をフル走行しました。
ETCの早朝夜間割と通勤割を併用です。ありがたやありがたや…

登山開始はピラタス蓼科ロープウェイに乗って標高稼ぎ。始発は9時の為、のんびりできました
普段は真夜中に車を走らせて、陽が昇る前に仮眠所に到着してしまうパターンですが、
今日は数年ぶりに朝陽に照らされた山々を眺めながらの走行でした。
も~カンゲキドライブです。

何がすごいって、中央自動車道を甲府過ぎから諏訪湖まで上って行く間、
常に左手に見える南アルプス、そして右手に見える八ヶ岳…
朝陽を浴びて光ってました。ペッカペカーでした。

山登りを始めるまで冬にこの辺に走りに来ることなんて全然なかったから、冠雪量の多い冬山景色は初めて見る気がします。いっつもこんな景色を眺めている地元の方々、いい所に暮らしてますねぇ…

ロープウェイ山麓駅前まで路面は凍結もなくほとんど乾いていて、
全くスタッドレスの出番なし…(またかいな)
夏タイヤでも充分走れるじゃないか。
 (せっかくスタッドレス買ったのにブツブツ)
冬山ってこんなもんなんですか?
 山麓駅前駐車場は舗装部分はほとんど乾いてました。


縞枯山コースデータ

縞枯山にはおととしの秋に麦草峠から茶臼岳経由で縦走した事があります。秋の縞枯山レポはこちらから→


9:20 山麓駅ロープウェイ乗車→→9:27 山頂駅

スキー場のスキーヤーに紛れてロープウェイに乗車。7分ほどで到着した山頂駅を降りると坪庭は一面雪で覆われて、夏秋の溶岩台地の面影をどこにも残していません。
 うわ~初めて来る場所みたい…

当初の目標北横岳(上写真左)は、駅前を左(北)に向かって登って行きます

 今日はお正月に買ったばかりのワカンを初使用。ワカンデビューですよ~
多くの足跡が右の縞枯山方面に続く中、とりあえずトレースが確認できるので北横岳方面へ進んでみました
ワカンの使用感を試すようにゆっくり歩いていくと、ちょっとトレースの乱れがあちこちに。
どこが正規ルートなのかわかりにくいなぁ…方位磁石で確認しながら足跡を辿ります。
樹氷にうっとり見惚れながら樹林帯に入って行くと、途中でぱったりとトレースが消えていました。
どうやらここまでトレースをつけた方々もこの場所で先に進むのをやめた様子です。
数日前の3連休は月曜がいい天気だったので踏み跡に期待してたんですが、北横岳は人気がなかったんですね~



雪山初心者にとってトレースは命綱同様。残念だけど北横岳は諦めます
 縞枯山に変更しよっと。ここなら一昨年の秋にも歩いたばっかりだし。
でももし途中でトレースが消えていたら、その時は付近で雪遊びでもして帰ろう。


↑右が縞枯山↑

うひゃー 芸術だなぁ…

縞枯山荘へ続く道は雪も硬くて全然サラサラしてません。スキー板や靴やスノーシューなどのトレースがしっかりとついているし、道はわかりやすく広くて平坦です
アイゼンだけでも歩けそうですが、時々ワカンを付けていてもふくらはぎまでズポーっとはまる箇所もありました

 それでもワカン大活躍~っ
…ただ、どうもガニ股歩行に慣れないです…

プカプカはちょっと疲れてくるとすぐ内股になってしまう癖があるので、そんな時ワカンでワカンを踏みつけて転んでしまうのでした。
ドテー ドテーと何度転んだことか…
(おかげで翌日、首がムチウチのように痛くて周りませんでした)

縞枯山荘を過ぎて雨池峠の分岐標に突き当たったら、右手に曲がって樹林帯を登って行きます

ここでまた忽然とトレースが途絶えたので戻って確かめると、樹間が開いた登山道らしき道が踏み均されていたのでそちらに進みました
展望の全くない薄暗い樹林帯の中、角度のきつい斜面を直登します。この辺の雪質は硬くて、ズボる心配は全くありません
最初は滑ったらどうしよう、と怖かったけど、ワカンと軽アイゼンをダブル装着したおかげで普通に登ることができました

傾斜がどんどんきつくなってくると
ようやく上の方に空が見えてきます。
あそこに出れば山頂だ…
一歩一歩ゆっくり。

枯木の尾根に出ました。気分最高~
樹間から見える山並がとてもきれいです

11:30
縞枯山山頂

うわぁ、前にここに立って写真を撮った時は「山」の字の所に私の頭があったんですよ
1mは積もってますねぇ



 そして、ついに出会えた霧氷(むひょう)ですっっ
 言わせて下さい…むっひょ~~ きれいだーっ


ここからちょっと尾根を歩いて行くだけで縞枯山展望台があると知っていたので、尾根道を進んで行きました。
15~20分も歩くと茶臼岳方面と展望台の分岐看板があります。そこから1~2分で展望台です

縞枯山展望台
去年の秋にここに来た時は、まるで金峰山の山頂のように大きな岩がドスドス積み重なったすごい所をよじ登って岩の上まで出ました。
今日は岩の隙間を埋めた深い雪のおかげで
サクサク歩くだけで気軽に奥まで進めます

ここの眺めがもう最高で…
360度の大展望なんですよ~っ

今日はカメラのバッテリーを充電してくるのを忘れてしまい、おまけにザックに入れておいた予備電池もバッテリー切れ…
ピントを合わせたり露出をいじったりしてるとすぐに電源が落ちてしまうので“電源を入れたら迷わずすぐ撮る!”って感じで、露出もアングルも考える余地がありません。おかげで個人的には満足のいく写真があまり残せませんでした…





八ヶ岳ですよっ
近いですよっ
うほほー




浅間山と
黒斑山

ついこの間はあそこにいたんだな~









荒船山
のクジラの形がよーく見えます
(妙義山は撮り損なって左に見切れちゃった)
         北アルプス南部から中央アルプスにかける展望ですよ~




御嶽山ですねぇ
この形、ついに覚えたぞ!山座同定の役に立ちそう。







御嶽山の右手に乗鞍岳ですねぇ
あー冬はあの辺車が入れないんだよなぁ…近くで見たいなー




中央アルプスですねぇ

寒さでカメラの調子もおかしくなってきました。





金峰山ですよーっ
富士山は…ここからは見えないみたいです


茶臼岳と八ヶ岳

この写真撮ってる時は茶臼の頭の上に南アルプスが見えてることに気付かず…多分北岳・鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳のどれかが見えてるんですよね


あーなんで今頃気付くかなぁ。今年の夏には絶対全部登るぞ!

さてお昼休憩……あー…風強いなー…展望台…めっちゃ寒いんですけど…ひゅごごご
ででででも、今日は雪山の為に新調したばかりのダウンジャケットを着ているし、フリースも重ね着したし、足先には靴用カイロを入れてあるし、タイツ履いてるし、体にもカイロを貼ってあるし、しばらく何とかなりそうです。
 これであったかいラーメンでも食べれば… …? ……… お湯が沸きませんが…

どんなに岩陰に隠れようとも強い風がビュービュー、渦を巻くようにお鍋に吹きつきます
風除けをまだ買っていないので身を挺して防御してみましたが無駄なあがきでした
バーナーがずっと弱火状態でなんか火力もいつもより出ない。テルモスに熱湯入れて持って来たけど…
 みるみる冷めていくぅぅ
エイクソーっと野菜投入。ラーメン投入。いつまで経っても沸騰しない…
次第に体が凍えて来ました。寒くて辛抱強く待ってられない、ていうか多分もうこれ沸騰しないと悟ったプカプカは、半生野菜の入った半生のぬるいラーメンを口に突っ込みました。
 「あ~………まずーい…
の、残せない…どうあっても完食せねばならん。むご・むぐ・むぐぐ
置いておいただけのペットボトルの中の水は凍っていました。恐るべし雪山。
 おかげで帰ってすぐにバーナー用の風除けシート買いに走りましたよ
しかし火力が弱くなってしまったのは何でかなぁ。寒いとこうなのかなぁ。バーナーが安物だから?
 すっかり体も冷え切ってしまったので一時間で退散しました。

山頂直下を再び降りようとした時、なんか片足のワカンがカパカパするのでテープを締めなおそう…
と ふと見てビックリ。なんと足裏部分を支える太いテープが2本切れてます。
どうやら同時装着していた6本爪アイゼンでやってしまったようです…
    ぐわーん!買ったばかりなのにー!
ちゃんと着けたつもりなのに、歩いている内に装着がゆるんで歯とロープが擦れてしまったみたいです。
そんなぁぁぁ…一体どう工夫すればよかったって言うんだぁぁぁ
(購入したお店の人に相談したら、通常はよっぽどのことがなければアイゼンとワカンはダブルで使わないそうです。そんなこと知らなかった…雪山の本にもダブル使いもありって書いてあったし)

ワカンショックにがーんがーんと包まれたままぼんやり下山。
でもそんなこともいつの間にか忘れさせてくれるのが山なんですよねぇ~
いつの間にやら気分ルンルン

ロープウェイのチケットははじめから片道だけ買っていました。帰りは山麓の駐車場まで徒歩で下山です
山頂駅の脇に「冬季登山道」の標識があり、
そこからスキー場の脇を通ったり樹林の中に入ったりしながら下ります。

ツボ足ではまった穴がいくつも見られますがみんな最近のものではないみたい。
雪がよーく締まってるのでアイゼンもいらない感じです
 

一旦スキー場を左に横切るように
ルート案内があったので進むと、
広々とした気持ちのよい場所に出ました。
左手には八ヶ岳、


目の前にはアルプスがよく見えます。
いい気持ちだな~
 







雪はどんどん浅くなり、岩もゴツゴツ見え始めます。
そろそろ疲れて来たなーって頃に丁度よく山麓駅前に到着しました
ロープウェイで降りて来てしまったら得られなかった満足感と
心地よい疲労感。

今日はずっと天気がよくてよかったなぁ

帰りは蓼科温泉に立ち寄り湯して帰りました。
++++++

ワカンは早速修理中です。たった一度の使用で修理費¥2000以上かかりました
もうアイゼンと併用なんかするもんかーっ

←お気に召したらクリックしながら一言「あ ぽちっとな」



コメント ( 18 ) | トラックバック ( 0 )


« 黒斑山 積雪期 三ッ峠山 花と富... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (tabibito)
2008-01-21 10:27:32
ご、ごめんなさい。
私が前に余計なことを言ったせいですかね…

長時間、ダブルで使ったことがなかったので、
ワカンのテープが切れるということは考えていませんでした。
私はワカンを付けたままだと歩きづらいので、
必要ないなと思ったら、すぐ外してしまうのです…
(ワカン単品では、ほとんど使わないというのは、そういう意味でして…)

今まで意識していませんでしたが、私もワカンとアイゼンを
ダブルで使う際には気をつけます。
すみませんでした。
 
 
 
ガスボンベは? (比呂志)
2008-01-21 11:14:26
ガスボンベ、冬山用使ってますか?普通のガスボンベだと気温が下がればガスがでません。北海道では平地でも冬山用が必要です。
 
 
 
Unknown (へっぽこ山ちゃん)
2008-01-21 14:49:42
むっひょ~!
お約束の叫びですが、みんなで声をそろえて言ってみたいですね。
風除け早速買っちゃいましたか。
冬場は気温が低いのでガスが気化しにくいので専用ボンベでないと調理にはきついですね。
炎の熱を缶に伝える金具が付いたものもあったりしますが、ボンベの下に断熱マットを敷くだけでも随分違います。
自己流でボンベを暖める人もいますが、やりようによっては危険も伴いますのでボンベを保温するだけでも効果はあります。
ワカンは、残念なことをしましたね。
私のレポのほうに回答して長文になったのでご質問については、そちらを見てください。
雪の乗鞍岳を間近に見るには春に開通直後の野麦峠がオススメです。
中央道からの山座同定レポ作りましたので良かったら見に来てください。
 
 
 
なぜいつも (茶柱)
2008-01-21 21:30:00
プカプカさんが出かけるときは天気がいいのでしょうか。
オイラが行くときは狙っても毎度いいとは限らないっすよ。
急登部で雪付が少ない、もしくは固いときアイゼン履くと切ってしまいますね。雪が深い急斜面を直登するときにワカンのみはいいのですが・・・
ガスは低温用ガスを使っていないとすれば、比呂志さん・へっぽこ山ちゃんさんのおっしゃる通りかと。
ガスは種類により沸点と容器内圧力が違います。
ブタンは沸点0℃・圧力1.5kg、イソブタンは沸点-11℃・圧力2.5kg、プロパンは沸点-40℃・圧力8.5kgです。
低温時はブタンにプロパンを配合したガスを使わないとブタンだと低温時着火性も弱く圧力が下がり火勢が
弱くなってしまい寒冷地での使用には適しません。
ただし本来はブタンの方がハイカロリーなんですがね。プリムスのガスですと上位から250U、250T、250W、そしてノーマルが250G(ブタンのみ)です。オイラは冬山の場合250Tを持っていきます。そして普段は家庭用のブタンガスをつめかえています。

 
 
 
ペッカペカー (現地レポ)
2008-01-21 22:59:12
こんばんは

凛とした冬景色、ペッカペカーでとってもいいですね~。北八ツに行こうかなぁっ、ていう頃だったんですが、見たところまだ雪が少ないのかしら?
プカプカさんの「現地レポート」ぶりに、私もちょっとあせっています!?(←最近、繁忙でなかなか山に行けない「現地レポ」です

冬の八ヶ岳周辺の道路ってカッチカチーなので、気をつけてくださいね(雪がないのに越したことないですよ~)
 
 
 
プカプカより (◆tabibitoさんへ◆)
2008-01-21 23:27:08
あれいやだ、tabibitoさんを責めるつもりなんて全然ないんですよぉぉっ
あんな書き方したらご自分のせいかと思ってしまいますね、返って気を使わせてしまってごめんなさい
ブログ的に面白くしようとこんな風に書いたけど、自分の使用方法に問題があっただけだとわかってるのでtabibitoさんが謝ることなんて何もないですから、気になさらないで下さい、ほんとに、どーかどーか…

どんな時に着けていつ外すっていう頃合がまだよくわかってないんですよ。
早く慣れたくて着けっ放しにしてたのが良くなかったんですよね、あと不精者なので着け外しを面倒がったのも災いしました。これも自己責任ですね~っ
失敗ってほんとにいい勉強になります。意味のある事だと思います。
 
 
 
プカプカより (◆比呂志さんへ◆)
2008-01-21 23:28:09
使用したのは登山用品店で売ってる一般的なガスカートリッジですが、「冬山用」とは書いてなくて「-10℃でも着火」って書いてある物でした。
冬山専用のガスってあるんですねぇ 冬季はカートリッジも専門のものを選ぶって知りませんでした。
 早速買って来ましたよ~
 
 
 
プカプカより (◆へっぽこ山ちゃんさんへ◆)
2008-01-21 23:32:55
声をそろえて「むっひょ~」って言ったら楽しそうですね~。私はいつもささやくような小声で「むっひょー」てつぶやいてます(笑)

断熱マットも売ってたので一度手に取ったんですが、お値段がバカ高いので戻しちゃいました…。修理の終わったワカンを引取に行った時、ボンベ保温用のカバーも発見しました。\1200位。何でもかんでも一度に買えないので何か自分で工夫できるか考えてるとこです。

ガスカートリッジもちゃんと「冬山用」に買い直してみました。ただ、バーナー純正じゃないとお奨めはできないと店員さんに注意を頂きました…
黒斑山では問題なかったんですけどねー。縞枯山の強風・冷風が気温を一層低くしてくれたんですねー。

 ワカンはいい勉強になりましたよ、失敗してみないとわからないことってたくさんありますからね~。
回答と山座同定レポ、拝見しに行きますね。
 
 
 
プカプカより (◆茶柱さんへ◆)
2008-01-21 23:33:43
ふむふむ、ブタンがハイカロリーでプリムスだと250Wで…
ってわかるわけないじゃないですか!
プカプカを誰だと思ってますか、プカプカですよ?(←?)
そういう専門的な知識は得意そうな人に教えてあげて下さい(涙)

当日の雪質は凍ってるって程ではないんですが、確かによーく締まって固めでした。
まさかこんな事態になるとは思わなかったので、平坦な道を歩いている時もずっとつけっ放しだったんですよねぇ。
外したり着けたりするタイミングとかその重要性とか、そういう知識がまだなかったもので…
でも失敗したおかげで誰も書いてないことを学ぶことができてよかったですよ。修理代はお勉強代ですねっ
 
 
 
プカプカより (◆現地レポーターさんへ◆)
2008-01-21 23:37:41
 現地レポさんお久しぶりです~
カッチカチーは怖いです。
そうかぁ、雪がないのに越したことはないのかぁ…
なんか安物のタイヤにしとけばよかったかと後悔しちゃいまして。ツルツルルンのアイスバーンで一度怖い目に遭わないと学ばないようです(←いつも失敗しないと気付けない)

現地レポさんは冬の間スタッドレス履きっぱなしですか?
私は付け替えが面倒なので履きっぱなしなんですが、毎日乾いた路面を走っていると、タイヤが消耗していくのがもったいないような気がして…山に行く時位機能性を感じたいって思っちゃうのです

北ヤツの積雪量はどうなんでしょう。あまり写真が撮れなかったので状況をお伝えできませんでした。
ちなみに下の方の雪の少ない写真は随分下山した辺りで撮りました。
 
 
 
Unknown (チャマ)
2008-01-21 23:59:08
地元が山梨なので、毎週、白峰三山、鳳凰三山、甲斐駒、八ヶ岳を見ています。冬の景色は最高ですよね!
プカプカさんの行動力にはいつも驚かされます。
今度プカプカさんのレポを参考に縞枯山に行ってみま~す。(ワカン購入計画中)
 
 
 
プカプカより (◆チャマさんへ◆)
2008-01-22 00:10:18
そっか、チャマさん山梨県民ですもんね!
やだーいつもこんな景色見て暮らしてる人がここにいたーっ
う・ううう・うらやますぃぃ…
ほんとに早く引越ししたいです。千葉からはせいぜいビルの上から天気のいい日に富士山や丹沢山塊や筑波山が見えるだけ…地べたで生活してると何も見えない山無県です。

私、行動力ありますかね?どうなんだろう…もっとすごい友達もいるので自分なんてまだまだだと思ってます。すごい冒険家になりたい!

縞枯山はロープウェイが利用できるから楽でいいですけど、湯の丸山とか篭ノ登山の方が眺めがよいそうですよ~
くれぐれもワカンとアイゼンの併用には気をつけてくださいね
 
 
 
ぐはっ! (Shucream)
2008-01-22 23:12:30
プカプカさん、いつの間にワカンなんてゲットしたんですか!
って正月って書いてあるやん。
ワカンショック!

…?
しかも初日にしてやられてしまったんデスね。

それにしてもプカプカさん、スゴイですね~。
めちゃくちゃ雪あるじゃないですか。
ボクには無理デス、寒くて。
装備を整える余裕がありません。

芸術ですね!むひょう。
青と白で癒されました!
ありがとうございマス
 
 
 
真っ青 (やまや)
2008-01-23 14:36:01
またまたお邪魔です。

やっぱり北八はこの位の時期から4月位までが面白そうですね。
私は一泊二日でアイゼンと坪足で渋ノ湯~茶臼山~白駒池~中山~天狗岳~硫黄岳~黒百合平へ戻り下山しました。今年初めてライトニングアッセント(スノーシュー)を買いましたので近々蓼科山や縞枯山付近を歩いてこようと思っています。プカプカさんのレポ参考になります。

それにしてもまたまた素晴らしい天気・展望です。この分だと今年は晴れ女(乙女?)になれそうですね。

素晴らしい写真いっぱいありますよぉ~。
次回の雪山レポ楽しみだな~
 
 
 
プカプカより (◆Shucreamさんへ◆)
2008-01-23 22:58:26
そぉーなんですよ。初日でワカンショック。
寒さに耐えられないと雪山はきっついですよねぇ…晴れてれば歩いている間は何てことないんですけど、休憩中がとにかく問題です。
ゆっくり景色を楽しみたいけど、じっとしてると寒くてつらい…
シューさんは私のイメージだと皮下脂肪が極端に少なそうなので、きっとキビシイでしょうねぇ^^

雪山は楽しいけど、やっぱり新緑の季節が待ち遠しいです
早く夏のアルプスに挑戦したいです~
 
 
 
プカプカより (◆やまやさんへ◆)
2008-01-23 23:33:09
またまたどうもです。こんなレポでやまやさんの参考になりますか?
 この辺は針葉樹ばかりだから夏も秋もあまり色味に変化が感じられないし、冬の方が面白いですね。手軽に登れるのが初心者にはうれしい所でした
 一泊二日はテント泊したんですか~?冬の天狗とか硫黄とか行ってみたいなぁ…でも冬季は登山口が遠くなるんですよね、私にはキビシイな。

晴れ女…去年は自信をなくしました(-_-;)事前の悪天で諦める回数がほんと多かったです。行ったら雨って体験もあったし…そのせいか晴れたなぁって印象も薄くなるんですよね。
今年は登ろうと思った山の雲を飛ばすような晴れ女になりたいもんです
 
 
 
Unknown (ゆきぽん)
2008-01-24 23:42:06
北八ヶ岳の雪景色は独特ですね。
厳冬期に行ったことはまだ無いのですが、行ってみたいな。
あの針葉樹林(何ていう木?)が雪をかぶった姿はクリスマスケーキの上みたいで美味しそうです。

ガスの火力寒いとたしかに弱いですね。
最近モンベルでガスボンベに着せるお洋服を買ったんですよ。こんなの↓
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1124315

あっ!モンベルの回し者ではないので・・念のため。
私も人に勧められて買ったのですが、まだ雪山で使ってないので、効果のほどは分かりません。
じゃあ勧めんな!!って感じですね。

ワカンのあの横ベルトが切れちゃったのですか。
アイゼン+ワカンは普通のことだと思っていたし
それがワカンの良さだと思っていたけど。
もうちょっと丈夫なベルトにしてもらわないと困りますよね(;_;)
 
 
 
プカプカより (◆ゆきぽんさんへ◆)
2008-01-25 23:36:06
     ※長くなります
カートリッジカバー、モンベルだと安いですねっ
自分で作れないかと思ってたんですけど…面倒だから買っちゃおうかなぁ

ワカン&アイゼン併用って私も普通だと思ってました。
後日引取に行った時エキジャパのメーカー回答があったそうですが、「併用するならワカンの上にアイゼンをつけてはどうか」とあくまで推奨ではなく“提案”だそうです。
メーカー側としては推奨は出来ないって何度も言われました。保障できない破損って事ですねぇ

修理に出す時にもう少し切れにくい素材のベルトで出してないのか聞いたんですけどね、ないそうです。
「普通に使ってれば切れないから」だそうで。
どんな素材もアイゼンの歯が当たれば切れるって言われました。
最初から併用禁止って言ってくれてたら…って少し泣き言言ったりしましたが、あくまで使用者の責任だって事が言いたい様子だったのでもういいやと思って素直に受け入れました~。こんな時クレーマーに変身できない自分が悲しい

私のこの失敗が少しでも多くのエキジャパワカン使用者のお役に立てるのであれば本望ですよぉ
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。