山と葉っぱと猫が好き
ヘタレなりに独学で女性単独登山を楽しんでます。
悩んでくじけて、いつも一人で起き上がる。
山がわたしを育ててくれる。





[2013年11月再編集]

(1)【茶臼山編】→ (2)【縞枯山編】→

【 坪 庭 ・ 下 山 編 】

坪庭の入り口がよくわからなかったので、ロープウェイ駅前まで来ました。


 11:45 坪庭・ロープウェイ山頂駅(2237m)
この時ちょうど、到着したばかりの便から大勢の観光客がワァ~っとなだれ下りて来ました。
あわあわあわ…(←人混み嫌い)

行く先行く先、人のかたまり。自分が乗り物を使う立場だったら何でもないことでも、何時間もかけて人のいない山道を歩いて来た身には、こたえます。

坪庭をのんびり周回とか、どうでもよくなりました。展望台のような高台まで上がってみたけど、そこも人が大勢いたので全然落ち着けませんでした。


縞枯山の縞枯れ現象はここからも見えなかったので、茶臼山の展望台以外からは視認できないようです。


さっきまでは北横岳まで登って行くか悩んでたけど、今の時間から登って麦草峠まで戻れるわけもなく、止めることに決定。
時間をかけ過ぎなんですよね~何をするにも。
坪庭からの眺め

北横岳から三ツ岳まで続く山稜が眺められます。
いつかあの上を歩いてみたい。その時はロープウェイを利用しないと無理だろうなぁ

 坪庭から見る北横岳
   
  あの山も針葉樹ばっかりですね。坪庭はもう少し早く来れば低木の紅葉が見れたかな?今日はもう枯れています。

北八ヶ岳ってどの山もなんだか似た感じがして、際立って目立つ独特な感じがありません。
全体的に、見た目も登山道の様子も地味な印象でいっぱいでした。

いや~それにしても坪庭は面白いところですね。溶岩台地なんですって。

昔から蓼科に遊びに行く度に、気になっていたんですけど、ロープウェイ代がもったいなくて、なかなか上まで来れなかったんですよ。
4時間半も山道を歩いて、やっと見に来れたぞー


それにしても、見渡す限り観光客。
登山の格好をしてる人が一人もいないので、プカプカはちょっと浮いていました…

一人だけストックを持っているのが妙に恥ずかしい
かつての、登山なんて考えもしなかった頃のわたしだったら、
「この人、なんでこんな所で大げさな格好してるんだろう」と思って変な目で眺めたでしょう。
まさか周りの山を登ってここまで来る人がいるなんて、思いもしなかったはずです。
あの頃のわたしと同じように、そういう事がわからない人って多いんです。わたしの周りの人は大抵そうです。

でも、そうじゃない人もここにはいました。
「これから山を登るんですか?」
見ると母と息子のような2人連れの方が、話し掛けて来てくれました。
(わかってもらえたことがとってもうれしかった)
 「いえ、あの山の更に向こうの向こうから、登ってここまで来たので、これからまた戻るんです」
 「えぇ~っすごいですねぇ!」

すごく人懐こそうで感じのよさそうな人たちなのでしばらくお話をしていて、
わたしが「ここからロープウェイに乗って駐車場まで帰れたら」と話すと、
息子さんはとても親切にご自分が持っている観光誌でバスルートを調べてくれようとしました。
ロープウェイを下りて麦草峠まで行けるバスルートがあるとは思えなかったし、
そんな手間をかけさせるのが申し訳なかったので、それはいいです、いいです!と遠慮しました。

名残惜しい方たちだったけど、その場で別れ、元きた道を戻りました。
人混みでもこういうすてきな出会いがあるからすてきですよね。




 12:30雨池峠 (2235m)







下山はさっきと同じ行程を繰り返すので、まず登りから始まります。
この道は晴れていても薄暗いです。
まだ正午過ぎなのに、なんだか心細い暗さ。

苔に差し込む光がきれい…
 
すれ違いに下りてくる方に、ハァハァしながらあいさつをして道を譲ります。
「どういうコースで周ってるんですか?」 と尋ねられ、ピストンであることを説明しました。
すると、「おや、戻ってるんですか」 反応がちょっと意外風なニュアンスでした。
ふいに「私の辿ってるコースって一般的じゃないのかな?」と初めて疑問を持ったのでした。
[2013年追記:この時の相手の反応は正しかった。(1)に書いたように、ピストンで歩くことは一般的ではなく、
  麦草峠に戻るなら五辻経由で周回をたどるのが普通なので、変わった行程だなと思われたのでしょう]

 13:10 縞枯山 山頂

 13:30 縞枯山展望台
ふたたび縞枯山の展望台に寄り道しました。雲が多いので太陽が出たり隠れたりしてるけど、南八ヶ岳は見えてました。



そんでまた下り、
そんでまた登り。








 14:00茶臼山 山頂→展望台

今朝は雲ばかりで展望がよくなかったけど、
強風でどうなったかちょっと楽しみにしていた展望台へ再び立ち寄りました。


  おお~っっ 八ヶ岳が雲に隠れず見えてます。
   
南アルプスも薄っすらと。朝より雲がなくなってます。   
  美ヶ原の方角です。左の木の生えてない場所、あの辺が五辻なのかなぁ?
やっぱり風が強い茶臼山展望台。突風がおそってくる瞬間があるので、怖いです。

岩陰の日なたで風を避けつつ日向ぼっこ。ここで30分位景色を堪能して休憩しました。
(坪庭で休憩する予定が混雑でできなかったから)



16時前には下山完了したかったので、ちょっと急ぎ足。
 15:05 中小場
ここで最後の展望です。茶臼山の姿を眺めてすぐ進みます。
 15:24大石峠旧跡
段々辺りは薄暗くなって来ました。(こわいよー)
 15:37登山口到着
着いた~

【休憩91分・全行程8時間12分(492分)】

今年登山をはじめて、今回で10回目です。
日光白根山 菅沼コース 」の時以来、悩みだった膝の痛みですが・・・
びっくりしたことに、膝が全然痛くありません。登る前は家の階段の上り下りも痛かったんですよ。
今日は痛みを感じる度に、つま先をブンブンと前方に力強く蹴って、膝の関節がポクポク言う運動をしたんです。
平地を歩く時もその要領で、ブンブンと強く空を蹴るようにして膝を伸ばして歩きました。
(以前、そうやって歩くといいよと教えていただいたので)

そのおかげなのか、最近は下山で悩みだった膝痛の症状がなく、
膝に衝撃を与えないように意識して下っていた効果もあると思うけど、楽に下りることができました。

山登りの翌日にはいつも筋肉痛がひどかったのに、今回は何の痛みもありません。
一体どうしたことなの?登ったら治るなんて。

ユニクロスパッツの効果なのかなぁ。それともグルコサミンとコンドロイチンを服用してるからとか。
膝伸ばし運動と終った後のストレッチ体操の効果もあるよなぁ…
いろいろやってみて全部が効果あったってことですよね。
それに今回の山は高低差がそんなにないし。

あと、三ヶ月で10コの山を歩いてちょっとは成長しはじめたってことで


【レポート おしまい】

(1)【茶臼山編】→ (2)【縞枯山編】→

縞枯山には2008年1月の積雪期にも登りました→縞枯山 積雪期 【北八ヶ岳】

***********おまけの温泉話***********
最近は山帰りに立ち寄る温泉のことを書いてなかったので、久しぶりにちょこっと。

北八ヶ岳の近くではありませんが、一般道を走って帰る途中に西下仁田温泉「荒船の湯」に初めて入りました。
まだ新しい清潔感のあるきれいな施設でした。
入浴したのは夜ですが、女湯の露天風呂にはありがちな「目隠し」の柵が立てられていないので、
昼間は眺めが期待できそうでした。と言っても山間の温泉なので目の前の山が見える程度だと思います。
空は半屋根なので、星空も見れました。

お湯は「加温・加水・循環・塩素消毒」となっており、塩素臭が強いのがちょっと残念でした。
肌触りも普通で、温泉というより「成分が良い銭湯風呂に入った」と思えば、
開放的で、空気はおいしいし、得した気分になれました。

北八ヶ岳まで行っておいて、なんで蓼科温泉に入らなかったんでしょうね。
こういうこと時々やるんですよねわたし。
今日は温泉はやめとこうと思って、帰り道の寒さで急に入りたくなるの。





7年前ぶりにレポート再編集しました。旧型ディスプレイに合わせてレイアウトしていたため、
写真と文章の位置がガタガタで見るも無残だったのを、どうにか修正できました♪
写真もいくつか新しいものを使用して、文章も修正して、読みやすくしてあります。
また、このレポートで歩かなかった周回コースの地図も作っておきました。



コメント ( 12 ) | トラックバック ( 0 )


« 茶臼山・縞枯... 予告編:瑞牆... »
 
コメント
 
 
 
おつかれさまでした (あき)
2006-11-04 00:30:49
茶臼山展望台からの南八ッの景色がいいですね~ また行きたくなってしまいました
そろそろ山も静かになってきてますね‥ 小屋じまいのニュースに寂しさを感じます(あまり泊まる機会はないのですが) この近辺は冬もなかなかよさそうなので時期を見て再訪を考えてます 
 
 
 
> ◆あきさんへ◆(2)(3) (プカプカ)
2006-11-04 00:47:08
(2)と(3)のお返事ここに書きますね~っ
山の上でみかんの皮をむくと、その瞬間の芳香がなんともさわやかで気持ちいいんですよ~。味と栄養だけでなく香りでも気分をスッキリさせてくれます。

 八ヶ岳がひとつの山だと思ってた頃は蓼科とかあちらに遊びに行っても、どれがどれってあんまりわかってなかったけど、今はなんだか特別な山に見えますね。シンボルになってる理由がよくわかります。
 あきさんだったら八ヶ岳北から南まで全部縦走してしまいそうですね、山小屋一泊くらいでいつか実行してしまいそう

山に登っていると普通の観光気分の時と比べて秋の終わりと冬の始まりが異常に早く感じちゃいますね…
でも、私の暮らす関東地域の山は小さいですけどまだ秋です。だから私の秋山はまだ終ってないのです~!

あきさん、雪のある冬山はくれぐれも気をつけてくださいね。きっと大丈夫だと思うけど。
 
 
 
よかったよかった。 (Mr.Kuro)
2006-11-04 01:49:39
プカプカさん。頑張っていますね。

始めの頃の山行きに比べると格段に体力が増しているんでしょうね。
8時間の行程を歩けたという事は大したものです。
私は今年の山行きで8時間も歩いたことないですもん。
好きこそ物の上手なれといいますが、誰でも興味があることには
のめり込んでしまいますもんね。
膝の方も大分良くなっているようだし、あまり無理をしないで
山には行ってくださいね。といってももうすぐ冬ですから
行動は限られてくるとは思いますが。
そしてブログの方もかなり、パワーアップされていますね。
写真もふんだんに掲載されていますし、それに相変わらず天気には
恵まれているようですし。(羨ましい。)

私の方は当分山行きはお休みになると思いますので(冬には山には
行かないので)これからの季節は体力づくりと趣味を兼ねての
走りこみです。

そして今日は一日限定のお宝画像も見れましたことでよかったよかった。
 
 
 
> ◆Mr.kuroさんへ◆ (プカプカ)
2006-11-05 01:50:17
そうなんです、始めた頃だったら大変だった岩場も今ではグイグイっと(私なりに)登れるようになったんですよ。
 8時間とか、いつものんびりしてるし景色を眺めて休んでばかりいるから経ってしまうんです。
ずっと歩いてるわけじゃないからそんなにすごくないかも。
kuroさんは冬山はお休みなんですね。走るのが好きだといつでもできていいですね。冬は特にマラソンにはちょうどよさそう。

私は冬も、雪が積もらない山へ登りに行きたいって思ってます
 
 
 
蓼科の山々 (kawa)
2006-11-05 15:21:36
素晴らしいですね、眺めが。だから、山登り、止められないんでしょうね。

>ロープウェイ
10月は、時間がなく、ピラタス蓼科のロープウェーのところまでしか行きませんでした。ロープウェー料金はどこも高いので、時間がたっぷりあること、遠くの山が見える時でないとね。(意外とケチです)。次回山頂へ、楽しみは後に。
 
 
 
膝が痛まなくて良かったですね (せっかちなカタツムリ)
2006-11-06 00:39:20
膝が痛まなくて何よりでした。普段の鍛錬の成果ですか?
ここはあまり展望はないけれど、苔むした針葉樹の森がいいですね。時間もコースも気にせずに、気ままに歩きたい所ですね。
展望台からの南八ツの写真、苔の登山道などみんな上手に撮れて気持ちが和みます。
麦草峠から高見石・ニュウ・黒百合平・天狗岳などのコースもいいですよ。
 
 
 
コメントありがとうございます (プカプカ)
2006-11-06 00:56:06
> ◆kawaさんへ◆
そうですね、今までは山登りをしないで眺めのいいところを探して来ましたけど、こうして登ってみて初めて、もっとすごい景色があるんだって知ってしまいました。今までのままでは多少限界を感じていたんですよ。だからいずれこうなる運命だったのかも
ロープウェイ代金そうですよねー、わざわざ天気が悪くて展望のなさそうな日までお金払いたくないですよね。
ケチじゃなくてそういうのを「無駄使いしない」「倹約」って言うんですよ~

> ◆せっかちなカタツムリさんへ◆
鍛錬…ちょっとサボりまくりですよ。(笑)
山の中は結構暗くて時々不安になることもありました。なにしろ他に人がいないもので…(大体いても抜かれてしまうし)
私もカタツムリさんみたいに雪の時期にも行ってみたいです。
高見石とか天狗岳のコースも考え中なんですよー。もう下調べは済んでます。時期はいつにしようかな~

 
 
 
こんにちは☆ (のんすけ)
2006-11-06 10:03:18
8時間の山行お疲れ様でした。

自問自答のプカプカ会議もそうなんですが、私も大の人ごみ嫌いなんですよ本当にプカプカさんと私はよく似てますね

膝痛はツライですよね。私も疲れると膝に溜まるので、CW-Xタイツを欠かせません。
あと自分の場合は、体重減らせばいいんだろうな~と思ってます
サプリも効きそうですね。二つとも市販で買えるのでしょうか?

私も千葉県人デスよん。また遊びにきます♪♪
 
 
 
「倹約」 (kawa)
2006-11-06 23:56:56
そういっていただけるとうれしいですね。
確かに、ケチだったら、年に9回も、1泊旅行をしないですね。
 
 
 
コメントありがとうございます (プカプカ)
2006-11-08 03:40:40
> ◆のんすけさんへ◆
おおっ のんすけさん!来てくれたんですね~っ
なんと千葉県民なんですか!ステキだーまさかそんな身近な所に住んでおられるとは!
しかものんすけさんも“大”のつく人ごみ嫌いなんですか、ますます親近感が…
 私もね~、一番問題なのは体重ですよぉ!
脂肪がなくなればどれほど膝に負担がかからなくなることか…

サプリは市販で買えますよー。
私が飲んでいるのはDHCのサプリなので格安です。
20日分が700円未満で買えちゃうので、遠慮なくガブガブ飲めます(←いけません正しく飲みましょう)。

> ◆kawaさんへ◆
そうですよ!
自分が必要と思うことには投資を惜しまず、無駄なことには使わない。
それが倹約ですよ~
kawaさんのそういうところがとっても素敵だと思います。
 
 
 
八ヶ岳大好老いさん (ノビタ)
2006-11-12 11:51:06
こんにちは
 北横岳に行けずに残念です
 この次は、北横岳に来てください
 山頂から眺める景色大好きです
 泊まりがお奨めでし
 御来光 北アルプスにしずむ夕日
 本当にすてきですよ
 冬の北横いいですね。
 
 
 
> ◆ノ ビ タ さ ん へ◆ (プカプカ)
2006-11-14 05:49:52
ノビタさんは北ヤツの近くに住んでらっしゃるんでしょうか?
HP拝見しました。かっこいい八ヶ岳の写真がいっぱいあるじゃないですか~!
八ヶ岳に登りたい時はノビタさんのところでいろいろ教えてもらえそうですねっ♪

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。