もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

COLEMAN Model523 (GIストーブ)

2017-07-15 10:03:23 | ぷ♂の日記
今回ご紹介するのはこれ。
IMG_6598.jpg
COLEMAN Model523

第二次大戦時、米軍が屋外での医療器具煮沸用に用いたストーブです。

実はこれ、過去にご紹介したM-1941を二つくっつけた構造になっているので、
結構大きくかさばります。
ですので、安定するように、ゴトクがストーブ安定用の足にもなっており、
また付属の風防もかなり大きめ。

IMG_7198.jpg
しかしそのおかげで、かなり大型のバットを使用でき、
様々な医療器具の煮沸に役立ったと思います。

IMG_7195.jpg
なお、バットはそのまま収納ケースを兼ねております。

そしてケースのふたには
IMG_7194.jpg
医療の象徴であるアスクレピオスの杖が刻印されております。

とはいえ、一般ストーブのバーナー部を流用しているので、
同じ医療用でも、以前ご紹介の527などと比べると火力は段違いなうえに、ツーバーナーですから、
たとえば、カレーとご飯を同時に作ることも可能です。
(名医アスクレピオスさんに杖でぶたれるか?(=^^=)ゞ)

またストーブやケースだけでなく、風防も少々凝った作りになっております。
IMG_7203_20170713165147c97.jpg
一見普通の折りたたみに見えますが…

IMG_7204.jpg
左右に引っ張るとスライドして広がり、
小さなスリットが出てきます。

で、使いやすい長さにしてからそのスリットに、
IMG_7202.jpg
こうしてフックをひっかけ固定できるので、
設置場所の自由度が上がるだけでなく、強風にあおられても結構平気っぽい。

また予備パーツも豊富で、専用のパーツ袋の中には、
IMG_7200.jpg
ガスケット、ヴァポライザーなどの消耗品はもちろんのこと、
フィラーキャップまで付属します。

こういう細かなところがいかにも軍用ですね。


とはいえ、基本構造は1941と全く同じなので、
慣れてさえいればメンテもサクサク進みます。
IMG_6658.jpg
こういうのは、一応パーツを左右に分けて管理します。
(ごくたまに、左右で癖の違うときがあるのですよ。)

バルブの方は状態が良かったので無理に引き抜かず、
タンクと併せ、液剤による洗浄で済ませました。
IMG_7048.jpg
で、古くなったグラファイトガスケットを新しいものと交換。
これで渋かったハンドルやレバーの動きが格段に良くなります。

ついでにゴトクの裏側もきれいに拭き掃除。
IMG_7163.jpg
お!こんなところに予備パーツ!

銀色のケースの中には、ヴァポライザー、ニードル、グラファイトガスケットなどが入っております。

で組み付け完了。
IMG_7186.jpg
組み付け前に、各ネジ部には耐熱グリスを塗っておきます。

気持だけかもしれませんが、焼きつき防止に役立つような気がするのです。

そして圧漏れテストに合格したらば…

IMG_7173.jpg
ファイヤ~!

テスト燃焼は上々で、15分程度安定して燃え続けましたが、
向かって左のバーナーの方がやや火力が強い感じ。
この手のツーバーナーて、いつもこういうばらつきが出る気がするのだけど、
古いものだとどうしてもそうなるのかな?

というわけで、動画はこちら。

ピンボケですみません。
(しかし、カメラまで老眼かよ!)

よし!一応これにて作業完了。

でもこれ、バイクで運ぶには大きすぎるから、
当分はガレージの飾りになる予感…

放出するか…?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スタバの豆大福? | トップ | モゴナイト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。