もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

小さな もこちゃん

2011-08-25 10:40:44 | ありがとう
黒い小さなプードルの もこちゃん。
もこちゃんはとても小さかったので、いつも他のわんこたちを見上げていました。
だから何か言いたい時も上を向いて一生懸命。

小さくて可愛らしい もこちゃん。
もこちゃんは小さかったので、お母さんやパパの顔から遠かったのです。
だから顔を見るために、いつも上を向いてきちんとお座り。

でも、どうしてもみんなにきちんと言いたいし、
お母さんやパパの顔を近くで見たい。

そこで もこちゃんは、ひらめきました。

「小さくて届かないのなら、届くところまで登ればいいぎょ!」

その日から もこちゃんは、椅子はもちろん、箱、クッション、階段、衣服…
何にでも、よじよじと登りはじめました。
そしててっぺんまで来ると、得意げな顔をしてこういうのです。

「どうだぎょ?もこも大きくなれたぎょ♪」

こうして高いところに登ることを覚えた もこちゃんは、
より高く、より高くと、どんどん上っていってしまいました。

そして気がつくと、ある日雲の上に出て、
なんとまあ虹の橋のたもとまで!

「よし、ずいぶん高く登ったぎょ♪でも、まだこの橋をわたると上に行けそうだぎょ…」

もこちゃんはそう思いましたが、少し下の様子が気になったのでちょっと覗いてみました。
でも、ずいぶん高く登ってしまったので、目を凝らさないとよく見えません。
だから一生懸命見ていると、やっと小さな小さなお母さんやパパやほかのわんこたちが見えてきました。
するとまあなんと!みんなは、もこちゃんの写真を手にして泣いているではありませんか。

実は もこちゃん、小さくて可愛らしいのですが本当はおばあちゃんだったのです。
だから、一生懸命登っているうちに、
気がつけばつい天国にまで昇って行ってしまっていたのです。

「これは困ったぎょ…、みんな泣いているし、これ以上登るともっと見えにくくなるし…」

そこで もこちゃんはしばらく考えてからこう思いました。

「よし!みんなが泣き止むまでここで待つことにするぎょ。
そして、今度はみんなを泣かせないように、
一人で行かずに、この橋はみんなで昇っていくことにするぎょ♪」


しかし、そう決心したものの、もこちゃんは少し不安になりました。

「一人だと寂しくて退屈だぎょ。何よりお腹が減ってきてしまうぎょ…」

するとそのとき、

「大丈夫ですよ。一人じゃないし、お腹も空かないですよ。」

と優しい声。

「ん?あなたは誰だぎょ?」

「私は らん。」

「らんちゃん?うちの名前は もこだぎょ。」

「知っていますよ。」

「え?なんでだぎょ?」

「ここからずっと見てましたから。」

「もこビックリだぎょ!」

「実は、私たちもここでしばらく待っているんですよ?」

「私たち??」

「そう、私たち。」

そう言いながら振り向いた らんちゃんの視線の先には、
もこちゃんの知らないたくさんのわんこやハムスター、小鳥などがいました。
でも、もこちゃんにはその時にはもう分かっていたのです。

「この子達は、初めて会うけれど、みんな もこのことを知っているし、
もこも実はこの子達を知っているぎょ。
下にいるとき、いつもいつもおうちのどこかにいてた子たちだぎょ。」

そして、こうも思いました。

「だから、もこもおんなじで、今でも、おうちのどこかにいて、
いつもいつもみんなの周りにいるんだぎょ♪」



そういうわけで、小さい もこちゃんは今もおうちのどこかにいます。
いつものように、クッションの上や、椅子の上。
もしかしたら布団の中か、オシッコシートの上。
なんせ、小さい もこちゃんですから、ありとあらゆる場所に入り込めるのですから!




だから…



小さい もこちゃんのお話は「おしまい」にはならないのです。

絶対に!







~ひとこと~

先週、うちの大切な家族であったもこが天国に旅立ちました。
ですので先週は沈んでおりましたが、今週は随分気持ちの整理が済み、
弱冠穏やかに思い出せるようになりました。

そういうわけで、今回のお話は私の気持ちのひとつの区切りなのでありました。
(*^人^*)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しむ権利  ぷ♂ | トップ | 台風&ネコ襲来! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モッピ~)
2011-08-25 20:06:37
同じ子は2人として居ない。。。
だからこそ 辛くて悲しくて 恋しくて
会いたくて 抱きしめたくて
どうしようもなくなるんですよね きっと
悲しみは時間解決してくれると昔から言うけど
そんなに簡単なものではないと思います
でも少しづつ気持ちの整理がついていらっしゃるようなので
少しホッとしました

虹の橋は アタシも信じてるので きっと沢山のお友達と一緒に 食べたり走ったりして アタシ達を待ってくれてると思います

寒かったり暑かったりするので 体調など崩されないように
なさってくださいね
モッピ~さんへ (ぷ♂)
2011-08-26 12:47:53
こんにちは。
昨晩も、寝る前の歯みがきガムの分配で、
おや?なんだか犬の数が少なくない?

思えば、いつも最前列でおねだりしていた子でしたから。
またお風呂から出たときも、
脱衣所のいつもの定位置につい目が行って。
小さいけれど、やはりその存在感は大きかったのだなぁと夫婦でしみじみ話しました。
こんな感じで、どの子として同じ子はいないくて、
それぞれそれぞれが、かけがえのない子なのだと…

でも最近はそのもこだけの暖かさを懐かしく思い出せるようになりました。
無論寂しいですが、そういう暖かさを感じれるので、辛さは随分軽くなりました。

思えば毎回こうして過ごしていましたよ。
で、そのたびにいつか再会できる虹の橋のたもと、
そこに思いが行きます。
本当にまたみんなと会いたいな。

いつもありがとうございます。

モッピ~さんたちもお体に気をつけて、
残る夏を楽しくお過ごしくださいね。
♡→ܫ←♡
Unknown (ままるー)
2011-08-29 01:26:43
もこちゃん
旅立たれたのですね
月並みな言い方になってしまいますがでも
本当に本当にもこちゃんは幸せでした
もこちゃんのご冥福を
心よりお祈りいたします

ゆっくりゆっくり元気になってください
ままるーさんへ (ぷーどる♂)
2011-08-29 18:08:16
こんにちは。

はい、丁度お盆の最中でした。
聞くところによると、お盆のつきに亡くなる子は、
すべて天寿を全うする子だそうで…
そう思うといよいよ、もこは精一杯頑張ったなぁと思います。

こちらは、やっぱり
「数が足らないなぁ…」
と、そういう会話をしてしまいますが、
随分落ち着いてまいりました。
ですので、大丈夫だと思います。

何より、ほかの子たちが元気一杯力をくれますから。
どうもありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。