goo

久しぶりの散歩。

昼間でも気温が低かったので、実に久しぶりに散歩!本人もいそいそ歩きました。

病院ではけっこうフレンチブルドッグに会います。きょうも元気な2歳児。なにか草むらに入って魚の骨?を食べちゃったらしいです。異物の誤飲やこうした食べてはいけないものを食べさせるのは、飼い主の責任です。聞くところ常習犯?

この子を散歩している飼い主さんの様子がたまたま眼に入りました。するとやはり散歩の歩き方が犬まかせなんですね。

「この子、すぐ食べちゃって困るんですゥ」っていう場合、だいたい「この飼い主、すぐ食べさせちゃてるんですゥ」ですね。誤飲はお腹を切らなくてはならないケースがあるので要注意です。

ウ〜ル〜の胆嚢炎もゆっくりですが、ひとまず快方のようです。食欲も排尿・排便など絶好調です。

ところが時々、飽きるのか?お残ししたり、食いつきが悪いときがあります。

すこし、電子レンジで加熱して香りをだすとか、トマトなどを細かくして生食に混ぜたり粉ミルクを少し混ぜたりと変化をちょっと付けると食べることがあります。あまり使いたくないのですが最終兵器?で、クスリを飲ませる時に使うこんな「おくすりちょーだい」という香りの付いた甘いペーストを混ぜると効果的なようです。

時々わがままなヤツです・・・

 

—— 08/12/2017年  通院メモ (Hanapecha 動物病院)   ———————————————— 

前回のフォロー 黄疸はまだ白眼・口内・内股などやや黄色い。尿もまだ黄色いが、黄疸の指標(ビリルビン)が4.2 から3.9(mg/dl )に改善されている。肝障害の数値 ALTとALPは依然高い数値だが、ASTが251から234(IU/l) GGT は101から96(IU/l)に改善。 CRP(炎症性タンパク)の数値は前回1.7から今回2.1(mg/dl )とまだ炎症が消えきっていない状況を示す。基調として改善傾向にはあるので投薬を継続。旅行なども踏まえ念のため、9月2日までの分のクスリを出す。その間、何らかの変化あれば連絡すること。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 胆嚢炎のその...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。