上野 成就院 やすらぎ修行会「プチ法話」

御大師さまのご縁日である毎月21日。成就院では「やすらぎ修行会」を行っております。
ご参加お待ちしてます。


第七十五回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/7/21    

2017-07-17 08:14:54 | 第71回~第80回
  愛犬モモと散歩していたときのこと。犬連れのおばさんから、「あら、雑種なのにかわいいわね。どこかでもらってきたんでしょ。お金がかからなくて良かったわね」と言われ、超イラッときました。

 そもそも犬の純血種とは何なのか。『日本犬の誕生』(勉誠出版)を読んでみました。

 洋犬の純血種とは、優れた資質を際だたせようと犬を選別し繁殖させて作出されたもの。「ダックスフンド」は、穴に潜り込んでアナグマを狩るため、地低く足が短い体型であり、猟犬「ポインター」は、獲物の前に立ち片足をあげるポーズである「ポインティング」をすることによってついた名前です。警察犬や盲導犬として活躍するドーベルマンは、税金徴収を仕事としていたドーベルマン氏が警護のための犬種を生み出したため名付けられたとのこと。

 日本犬の純血種とは、明治になり犬種の交配が進む中、はるか古より「日本人」によって飼育されてきた「日本犬」がいるに違いないと考えられ、性質が「勇敢」で「忍耐強く」、純潔であると思われる犬を山間部の猟犬の中に探し歩き、そうして「日本犬」が見出されました。改良を重ねることで作出された洋犬に対し、日本犬は「雑種」を引き算することにより作り出されたのです。

純血種の犬が高級で有能で壮健であるという物語は、社会が共有することで「価値」となりました。でも、それぞれの犬が交換不可能な固有の存在として「いま/ここ」にある。それが貴いこと。モモは、「ブランドもの」ではなく「ブレンドもの」です。「モモ」という固有の犬種です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第七十四回「やすらぎ修行会... | トップ | 第七十六回「やすらぎ修行会... »

第71回~第80回」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。