上野 成就院 やすらぎ修行会「プチ法話」

御大師さまのご縁日である毎月21日。成就院では「やすらぎ修行会」を行っております。
ご参加お待ちしてます。


第八十二回「やすらぎ修行会」プチ法話 2018/2/21

2018-02-22 12:29:45 | 第81回~第90回
 「一時保護所」にお勤めの方が、モグモグ食堂に来てくれました。子供の脇にそっと座ると、魚の骨を取ってあげたりと食事の世話をしてくれます。ごく自然なふるまいで感心しました。「一時保護所」とは、虐待や育児放棄など、社会的養護を必要としている子供を緊急的に預かる施設です。

 施設で暮らす子供の中には、七歳というのに平仮名が読めない子がいるそうです。でもマクドナルドのメニューは読める。マクドナルドで食事を取るのが常なので必然的にメニューが読めるようになる。また、上下すべての歯が虫歯という子もいるとか。歯磨きをまったくしていないのでしょう。

施設職員は、子供たちと一緒に食事を取ることが常だそうです。隣に座ると「こんにゃくだよ。プルプルした感じだね」「にんじんは赤い色できれいだね」「ピーマンのにおいは嫌いかな」「お魚を一度食べてみよう。おいしいよ」など声をかけながら、話をしながら食事を取る。ファーストフード、コンビニ弁当しか食べてこなかった子供たちは、野菜や魚、肉という食材そのものをよく知らない。

食べ物をただ飲み込むという行為はおよそ「食事」とは呼べません。食事とは「おいしいものだ」と子供たちに知ってもらうのが大切な仕事。「おいしさ」を認識してくれれば、食事そのものが楽しみとなり、仲間と食べる喜び、作ってくれる人への思い、いろいろな料理への興味・関心、そして自ら料理をしようという思いなどが次から次へと湧き起こり、自らの世界が広がっていくに違いありません。

食事とは毎日の営み、生きる力の源です。毎食毎食、楽しくおいしく頂きたいですね。

この記事をはてなブックマークに追加

第八十一回「やすらぎ修行会」プチ法話 2018/1/21  

2018-01-22 08:14:20 | 第71回~第80回
 檀家さんで毎月熱海から電動車椅子に乗ってお参りに来る方がいらっしゃいます。その方は、10年ほど前に脳梗塞になり、左半身が不随となりました。リハビリに励みましたが、お医者さんから「絶対元どおりにはならない」と宣告された。なかなか現実を受け入れることが出来ず、それまで、ダイビングに旅行にと活動的に過ごしていましたが、ついつい引きこもりがちになってしまいました。

 ある時、出来ないことは人にお願いしようと思い切り、食事はヘルパーさんに任せ、買い物はアマゾンで、車椅子を収納できるリフト付きの車を購入し出かけることができるようにしました。活動範囲がぐっと広がり、心も軽やかになりました。昨秋は独りで北海道旅行に行き周囲を驚かせました。

北原佐和子さんは、ある雨の日、車の中から体の不自由な方が傘をきちんとさすことも出来ずにいるのを見て、送って差し上げたいとお声掛けをしたそうです。その方は、介助は不要と、ドアに手を掛けシートに手を添えて体を支え、ゆっくりと車に乗られた。家に着いた時も、玄関脇にある金網を両手で掴んで体勢を整え、そしてゆっくり中に入って行かれた。

 その姿を見て北原さんは、「今まで自分の足で立っていなかった」と思ったそうです。アイドルとしてデビューしてから、周囲の人が日々の環境を整えてくれた…。対してその方は力の限り尽くして生きていらっしゃる。その気づきが、介護の仕事へと導いてくれたとそうです。今は女優と介護の仕事と二足のわらじで頑張っていらっしゃいます。

自らの足で立っている方は、その姿で、私たちに「学び」の機会を与えて下さっているのですね。



この記事をはてなブックマークに追加

第八十回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/12/21

2017-12-16 08:20:23 | 第71回~第80回
 御縁がつながり「子ども食堂にて」という映画を成就院で撮ることになりました。映画撮影を見学するのは初めの経験。結構、淡々とシーンを撮り進めるものなのですね。

事前に香盤表なるものが配付されます。撮影の順序や出演者の出入りなどが書かれたスケジュール表です。これを見れば一日の流れは一目瞭然。役者さんは出番に合わせてやって来て、撮り終わると帰る。次の出番があればずっと待つ。中には10時に撮ると19時まで待ちという方もいました。考えれば当たり前ですが、ワンシーンを撮るのに集まっては、すぐ別れしてしまう。
 
 待ちの長い時間には、セリフを確認していたり、スマホで次の仕事の連絡をしたり…。思ったよりさっぱりとした雰囲気でした。でも、カチンコが鳴り本番になるや、優しい里親、虐待を受けた子ども、優しく接する食堂スタッフへと変身します。いらついて強い言葉を投げかけたり、涙ながらに訴えかけたり…。現実以上にリアルな人生模様が目の前に立ち現れました。役になりきることが出来るのは、この「時」のはかなさを共有しているからなのでしょうか。

 出演された五大路子さんがクランクアップした時のこと。五大さん曰く「このメンバーで集まるのは今しかない。スタッフの方も一緒に入って撮りましょう」と。にこやかに写真に収まりました。今ここに集っているありがたさ、そして、すぐ別れてしまう寂しさ、「一期一会」をしみじみ味わった一日でした。

 私たちの日常もまさに此くの如し。「一期一会」を噛みしめて、御縁の結ばれた方々と、燃えるように「今」を過ごしたいものです。

この記事をはてなブックマークに追加

第七十九回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/11/21 

2017-11-23 07:57:26 | 第71回~第80回
人間の身体所作は、生産の様式によって決定するといわれます。遊牧民の場合は、飛んだり跳ねたり俊敏に動作を行うのに対して、農耕民の日常は、大地をしっかりと踏みしめ、ぐっと力をいれ大地を耕し、収穫物を刈り取ります。身体に刻み込まれたリズムも同様です。バレーと能の挙措動作やリズムの違いを見ればイメージがわくでしょう。

気仙で活動を始めたころ、地元に伝承される節付きのお念仏を教えていただきました。鉦を叩きながら「南無地蔵大菩薩、南無阿弥陀仏、南無観世音菩薩」と哀切を湛えた調べでゆったりお唱えします。海辺に座り、海に向かってお唱えすると、不思議と行方不明だったご遺体が上がってくるそうです。そのことが記された新聞記事を眼にしたのが御縁が結ばれるきっかけでした。

 習って不思議だったのは、耳で聞いた音がそのまま出せないこと。西洋音階で音楽を習ってきた私たちは、何とも曖昧な音階や、揺れながら次の音へ移るその軌跡を発することがてきません。また、おばあさんたちに「早い、早い」と注意されました。ゆっくり唱えようとしても、ついつい早くなってしまいます。お念仏のリズムは、田植えやワカメを干す動作を行うときと同じなのでしょう。

私たちが営む日々の時の流れは、嵐の後の川のように、うねりぶつかりあいながら、激しく流れ去っていく。以前と比べますますその速度が増しているように感じます。ですから、お念仏のリズムを妙に遅いと感じてしまう。

 体に刻み込まれているリズムを今さら変えることはなかなか難しいですが、たまにはゆるやかなリズムにゆったり心も体も任せきってしまうことも大切ではないでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

第七十八回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/10/21     

2017-10-17 08:41:53 | 第71回~第80回
 納戸の大掃除を行いました。いろいろな物が「発見」されましたが、「電気火鉢」なるものには驚かされました。ワックスがかけられている木の箱には、ニクロム線がぐるぐる廻らされた電熱器が入っています。炭をおこして火鉢にくべるよりずっと簡単ですが、はたしてどれほど使われたのでしょうか。
 
 さらには、こたつ、電気ストーブ、ガスストーブ、オイルストーブ、ホットカーペット、ガスファンヒーターなどなど、暖房器具の発達の歴史を、家に居ながらしてたどることができました。

資本主義とは人々の欲望をかき立て商品を購入させるというシステムです。より便利にと新たな機能を開発し、よりモダンなデザインへと洗練させていく。さらに商品の斬新かつ高級なイメージをテレビに乗せて流布させる。

 これらの器具は高度成長期につぎつぎと購入された物です。納戸とは、より便利でモダンな物を手に入れたいと肥大化していった欲望がモノの形をなして蔵され、日常生活とは切り離され封印されている場所なのです。納戸にしまわれているのは、なにも暖房器具だけではありません。
  
不要な物を廃棄するのは「もったいない」ことではありません。使えるにもかかわらず新たな物を買い重ねるのが「もったいない」。きっと、かすかに感じている後ろめたさが、捨てずに取っておくことをうながすのでしょう。いま何が必要なのか、いま本当に買うべきなのか。衝動的に湧き起こる欲望を感じたら、一呼吸置きたいですね。

この記事をはてなブックマークに追加

第七十七回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/9/21 

2017-09-21 17:07:21 | 第71回~第80回
友人がだいぶ酔っぱらって突然こんな話をしました。「高校時代、バシリとしてパンやたばこを買いに行かされてたんですよ。同窓会があって何十年ぶりに会いましたが、みんなすっかりオヤジになっちゃって。名刺を渡したら、会社を起こしたんだ、と感心されました」と。ちょっと誇らしげですっきりした顔をしていました。心躍る楽しい会とは思わなかったはず。きっと決意を固めて家を出たのでしょう。

児童養護施設で暮らす人と話をしました。度重なる虐待のため施設に入ったそうです。その後「もう一度一緒に暮らそう」と手紙が来た。でも、「親も自分のことで精一杯だったのだろうとは思うけれど、また同じ事を繰り返すだけ」と拒否。親とはもう二度と会うことはないだろうと言っていました。

合わせて彼はこんなことも言いました。「こうしてみんなと会えるのも、美味しく食事が出来るのも、親がこの世に生んでくれたから。すばらしいことだと思う。親が生んでくれたことについては感謝している」と。今、親についてどう思うかという問いには、「死ぬまで元気でいて欲しい」と。

ひどいことをされたけれど、決して許せはしないけれど、あるところは受け入れている。何度もあの頃を思い出し、格闘し、悩んで、血をしたたらせた、そんな果ての言葉だけに重く深い。

つらい過去を抱きしめて、それを乗り越えて生きていくということ。果たして、私ならば許すことが出来るのか…。彼らの覚悟が私の身に深く染み入りました。

この記事をはてなブックマークに追加

第七十六回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/8/21  

2017-08-21 12:08:23 | 第71回~第80回
小学生の時、「私の夢」という題の作文を提出しましたが、先生にだめ出しされ、将来はお寿司屋さんになりたいと書き改めました。果たして、元々何と書いてあったのか、ぜひ知りたいです、その時感じた強い違和感に今ことばを与えたならば、なぜ他人に自らの夢を強要され、それをジャッジされなければならないのか、ということなのでしょう。

今辺りを見渡せば、夢の実現に向けて一途に打ち込み成功させたという言説が充ち満ちています。その体験を熱く語るのは、スポーツ選手、事業家、研究者…。もちろん夢をかなえた人ばかり。その立ち向かう気力、粘り強い実行力に頭がさがります。その生き様は輝いて見える。

 夢とは、困難に負けず、辛さにくじけず前へと進んでいく力を与えてくれます。でも、夢を実現させたのは、ほんの一握りの人。夢とは、まず実現できそうにない仰ぎ見るものをいいます。

ですから、夢を持っていないからといって焦ることもないし、夢は他人に強要されるものでも、ジャッジされるものでもありません。そもそもそんな簡単に見つかるものでもないし、途中で変わってもよい。

 夢とは育んでいくもの。夢とうまく折り合いをつけながら、楽しいことを探し日々をワクワク過ごすことができれば、それで最高です。

子どもたちに、「将来何になりたいの」「あなたの夢は何ですか」と軽々しくは聞けませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

第七十五回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/7/21    

2017-07-17 08:14:54 | 第71回~第80回
  愛犬モモと散歩していたときのこと。犬連れのおばさんから、「あら、雑種なのにかわいいわね。どこかでもらってきたんでしょ。お金がかからなくて良かったわね」と言われ、超イラッときました。

 そもそも犬の純血種とは何なのか。『日本犬の誕生』(勉誠出版)を読んでみました。

 洋犬の純血種とは、優れた資質を際だたせようと犬を選別し繁殖させて作出されたもの。「ダックスフンド」は、穴に潜り込んでアナグマを狩るため、地低く足が短い体型であり、猟犬「ポインター」は、獲物の前に立ち片足をあげるポーズである「ポインティング」をすることによってついた名前です。警察犬や盲導犬として活躍するドーベルマンは、税金徴収を仕事としていたドーベルマン氏が警護のための犬種を生み出したため名付けられたとのこと。

 日本犬の純血種とは、明治になり犬種の交配が進む中、はるか古より「日本人」によって飼育されてきた「日本犬」がいるに違いないと考えられ、性質が「勇敢」で「忍耐強く」、純潔であると思われる犬を山間部の猟犬の中に探し歩き、そうして「日本犬」が見出されました。改良を重ねることで作出された洋犬に対し、日本犬は「雑種」を引き算することにより作り出されたのです。

純血種の犬が高級で有能で壮健であるという物語は、社会が共有することで「価値」となりました。でも、それぞれの犬が交換不可能な固有の存在として「いま/ここ」にある。それが貴いこと。モモは、「ブランドもの」ではなく「ブレンドもの」です。「モモ」という固有の犬種です。


この記事をはてなブックマークに追加

第七十四回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/6/21     

2017-06-21 14:29:48 | 第71回~第80回
食事とは舌で味わうだけではありません。器や盛りつけを眼で楽しみ、出汁のよい香りを味わい…。また、高価なものだと聞いた途端、よりおいしく感じてしまいますよね。そうそう、食事には雰囲気も大切です。気のあった仲間とワイワイ楽しく食べればおいしいこと請け合いです。

 6月6日「じょうじゅいんモグモグ食堂」がオープンしました。お年寄りが多く子どもが少ない東上野において、「子ども食堂を必要としている人」とは誰なのか。各所に足を運んだ結果、社会福祉法人「結ふる」さんとつながりました。

当日、ちょっと緊張した面持ちで寺にやってきました。車いすの子もいましたがスタッフの方がフォローしてくれ無事着席。興味深そうに畳の部屋を見渡しています。この日のメニューは、煮込みハンバーグ、にんじんのグラッセ、コールスロー、わかめとタマネギの味噌汁でした。みんな完食。この日は総勢子ども13名、大人10名、スタッフ8名。33個作ったハンバーグがすべて無くなりました。

 子どもたちは楽しみにしてくれていた様子。おやつを食べないでお代わりをしてくれた子、いつもは食べないブロッコリーを食べた子、普段残してしまうのに完食した子、最後に小さい声で「楽しかった」と伝えてくれた子…。しぐさや表情など全身で喜びを表してくれました。施設に帰ってから「どうしてみんなと食べるとおいしいんだろう」と喜んでくれた子がいたと聞きました。

 スタッフにも、その喜びの波動が感染し、感激の面持ちです。来てくれた子どもたちに「ありがとう」と感謝の言葉を贈っていました。みなさんやる気まんまんです。

 訪れる人も迎える人も、互いに「ありがとう」と言える空間は素敵ですね。「子ども食堂」は何も子どもたちだけのためにある食堂ではありません。


この記事をはてなブックマークに追加

第七十三回「やすらぎ修行会」プチ法話 2017/5/21    

2017-05-22 10:43:23 | 第71回~第80回
本山での修行中、起床は3時半。法衣に着替え、懐中電灯で足元を照らしながら道場へ向かいます。京都の冬はまさにキーンと底冷えで、快晴でも雪がちらちら、「東山しぐれ」というそうです。

行法を修していると、戸がすっと引かれ人の気配がします。しばらくすると再び戸を引く幽かな音が…。ご指導いただいている佐藤良盛阿闍梨は、毎日欠かさずそっと様子を見に来てくれました。後に聞いた話では、道場に入るや行者に礼拝して着座されたとか。誠に畏れ多い、もったいない。

佐藤阿闍梨は、毎朝不動堂でのお護摩の祈祷を行っていました。行者は交代で護摩壇の脇に座り、修法、所作を学ばせて頂きました。御護摩の炎に照らされる佐藤阿闍梨のお顔は、低い声で唱える御真言と相まって、神々しく仰ぎ見られました。

そんな佐藤阿闍梨に一度だけ叱られたことがあります。朝の勤行で職衆のお経がどんどん早くなってしまったことがありました。足もしびれるし、早く終えてしまいたいといういいかげんな心からだったのでしょう。勤行後の食堂にて、「みなさんに一言申し上げておきます。お経を急ぐということは、死に急ぐということ」と一喝。シーンと水を打ったように静まりかえりました。

まだ暗いうち佐藤阿闍梨の部屋からは、「チーン、チーン」という鈴の音が聞こえてくると聞きました。起きた後、一座修して勤行に望んでいるのでしょう。

 法の伝授のみならず、その「背中」で「お坊さんとして生きていくということ」をお教え頂きました。ありがたい師でした。修行成満を記念して頂いた飴色に光る数珠をつまぐる度に佐藤阿闍梨の慈愛に満ちたまなざしを思い出します。

この記事をはてなブックマークに追加