ジャスミンのひとりごと

甘い香りにつつまれて、気のむくままに

エツ!狼だツ!

2006-04-30 11:51:22 | パソコン教室
作品展は天気にも恵まれて、盛況裡に終わっておめでとうございます。
遠足に続いての作品展で先生方,PCマスターの皆さんお疲れ様です。

こんどの作品展は体験コーナーがあり、ご主人は動物占いに挑戦したら
「クリエイティブ狼」だったそうです。

”エエツ!こんなに優しい(?)男が狼なの!"とご主人はぼやいています。
皆さんはどう思いますか?

実は以前に占った歴史占いでは
「浜の真砂はつきるとも世に盗人の種はつきまじ」と嘯いて
釜茹でになった、天下の大泥棒「石川五右衛門」だったのですヨ。

「笑点」の楽太郎のようにやはり"腹黒い”のでしょうかネ。
エツ! イエ!イエ!私は何も存じませんです。ハイ!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お疲れ様!

2006-04-24 19:57:30 | パソコン教室
今日はご主人がデジカメ遠足にでかけた。

お昼のジャンボ寿司が大変美味しく、大満足だったそうですが、
残念なのは全部は食べきれなかったことだそうです。
とにかくネタがジャンボなんです。
シャリは恥ずかしそうに隠れているそうです。

シャリの上に薄いネタがのっている宅配寿司ばかり食べている
ご主人には久し振りのご馳走だったようですよ。

ご馳走と言えば「ソーセージ作り体験」でつくった
できたてのソーセージをさかなに飲んだビールが
これまたうまかったそうです。

タクシーで帰ってきたご主人の車のとまる音を聞くと
ミミーちゃんが待ちかねたように庭から走ってきて甘えていました。

いま、ご主人はリクライニングチェアの上で心地よい眠りについています。
ミミーちゃんもいつものように、脚の間に入り込んで熟睡しております。

先生方には本当にお疲れ様でした。天気にも恵まれよかったですね。
主人に成り代わりまして厚くお礼申しあげます。
有難うございました。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

えツ!通路が無いツ?

2006-04-20 19:23:58 | 趣味
そうなんです 金丸座の平場桟敷席には通路と言えるものは無かったそうです ご主人が苦労したお話はご本人から披露して貰います。

『イヤーなんとも驚きましたネ。紺絣の着物に赤い前掛けをした案内係りの娘さんの後をついて行くと、桟敷の境の幅10センチ余りの仕切り板を渡りだしたのです。

弁当と靴を入れた二つのビニール袋に折りたたみ傘と、荷物は全部持ってくれているので空身とはいえ、ちょっと待ってくださいヨ!

身体のバランスが取りにくくなっている我が身にとっては、平均台をスイスイ渡るような芸当はとてもじゃないが出来ませんヨ 

図面がないと分かりづらいと思いますが、舞台上手に通じる50センチ幅位の仮花道を通路として使い、本花道との間に渡された幅10センチ余りの仕切り板を渡って各自の席に着くようになっているンですネ。

「フラフラして落ちそうで駄目だよ」と言ったら、屈強な男の人を連れてきました。「しっかり私に捕まってゆっくり付いて来て下さいよ」と言うので腕につかまり、後ろから娘さんに支えられながらエッチラ、オッチラ一寸刻みに進んでやっと自分の席に辿り着きました。ヤレヤレ

私の席は本花道の直ぐ脇でしたので一番長い距離を渡ったことになりますネ。
写真のように若い人はスイスイと、中年の人は少しモタモタしながら渡っています。

さて、席に着いたのはいいのですが、自力で出入りできないと言うことは終演まで席を動けないわけで、これが問題でした。

えツ、何が問題かってツ、長くなったのでそれはお会いしたときにお話しましょう。』
と申しておりますのでお楽しみに。







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

意外な金丸座の場所

2006-04-18 12:05:17 | 趣味
ご主人は昨日も葬式にでかけた。さすがに今回は疲れたようで、
アルバム作りにも手が付かないでいる。

ところで皆さんはあの有名な「こんぴら歌舞伎の金丸座」は
どんな所にあるとおもいますか

ご主人は写真から判断して町外れだろうと思っていました。
ところが町外れには違いないのですが、山裾の小高い場所でした。
よく神社が祀られているような所です。

客を呼び込まなければならない芝居小屋が、坂や階段を登って
辿り着くような場所に建てられているのは意外ですね。

写真の中央、石垣の階段を登った所が入口です。 
コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

こんぴら歌舞伎

2006-04-16 16:46:12 | 趣味
ご主人が1泊2日の「こんぴら歌舞伎観賞ツアー」に行ってきました。

この週は用事が多かった上に義姉さんの葬式があり、毎日のようにお出かけでしたので、丈夫だとはいえいささか心配でしたが無事帰ってきました。
楽しみにしているパソコン教室を休んでまで行くのですから、相当の思い入れがあるのでしょう。

出発当日は朝が早かったのですが、いつもはなかなか布団から離れないミミーちゃんが置いて行かれるのを察したのか、ウロウロとご主人にまつわり付いていて可哀そうでした。

羽田空港では濃霧のため1時間遅れの出発となったため、スケジュールがつまって
忙しかったようです。楽しみにされていた観劇でしたがシンドイ思いをされたようですヨ。
いずれお話があるでしょうからお楽しみに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミミーちゃんデビュー

2006-04-10 10:50:52 | 暮らし
お待たせしました! これが話題のミミーちゃんの艶姿?です。
ちょっと緊張しています。どうぞよろしくお願いいたします。 

花子さんちの「ちび丸」君と「ロン」君可愛いですね。
しっかり寄り添ってとても仲良さそう。 
ミミー姉さんとも仲良くしてくださいネ。よろしくお願いします。 

dream様へ
コメントを頂き有難うございました。嬉しかったです!
コメントを入れる方法がわからず遅れてしまいました。
今からでは読んで頂けないと思いますので、
ここでお礼申しあげます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ミミーちゃん(2)

2006-04-08 16:04:16 | 暮らし
昨日ミミーちゃんはご主人ベッタリだとお話しましたが、これは若い時からでして「ウチのミミーはメス猫だからお父さんとばかり寝ているのよ。私のところへ入ってきても直ぐにいっちゃうんだから!」と奥さんがよくこぼしていました。

ご主人にしてみれば冬の寒いときに、出たり入ったり、腕の上に重い身体を乗せて痺れさしたりで、いくら好かれているといっても猫ちゃんとの添い寝ではネー。味気ないことだと思いますよ。ウッフ、フー!! 

おばあちゃんと言って叱られましたので、近いうちに姥桜の艶姿の写真をご紹介しましょう。乞うご期待。

”ジャスミンの内緒のひとりごと”

早速見ていましたヨツ! 高度のテクニック二ただただ驚くばかりだそうです。
ホントカネ?
"男も幾つになっても男"だネツ!  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミミーちゃん

2006-04-07 19:40:35 | 暮らし
私が自己紹介を怠ったために皆さんに勘違いをさせてしまってすみません。
でも、それだけ皆さんの印象に深く残ったことでしょうから、私の初舞台
としてはよかったかナ? ナ~ンテおもってます。

ところで、間違われた当の猫チャンですが、名前は”ミミー"と申します。
確か14歳ぐらいになるおばあちゃんです。
私と同じように、亡くなられた奥さんが息子さんのところから貰ってきたのです。

私は動けないので見ているだけですが、年取ってからの”ミミーちゃん”は
ご主人ベッタリで、今日もご主人がパソコン教室から帰ってくるのを
待ちかねたようにまつわりついて、”早く座って寝かしてよ!”としゃがれ声
で鳴いているんです。

ご主人がパソコンの前に座ると待ちかねたようにあぐらの上に乗り
丸くなって眠りだし夕方迄起きませんでした。猫は1日の3分の2は
寝ているのだそうですが、”ミミーちゃん"は大分多くなったように思います。

”ミミーちゃん"についてはまた折々にお話したいと思います。









コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

私はダーレ?

2006-04-05 14:46:20 | 暮らし
ブログを始めて5日目です。
私の自己紹介を忘れていました。ゴメンナサイ

私の名前は"ハゴロモジャスミン”、性別不詳、出身地不詳、年齢は推定30歳
ご主人の亡くなられた奥さんが、信仰していた深川のお不動さんの縁日で
売られていた私を求めて、庭に植えられたのがご主人との出会いでした。

私は吊る木で独り立ちは出来ないので、そばの「ライラック」さんの
幹に絡み付いて行きました。それを見たご主人が「あんどん仕立て」の
鉢植えにしてくれ、すくすく育ちました。

何度か大きな鉢に植え替えられましたが間に合わなくなり、
玄関脇に生垣として植えら定住の地を得て現在に至っています。

もう少しすると全身を小さな白い花で飾り、甘い香りを振りまいて
皆さんを喜ばせます。その時はご主人にデジカメで撮って紹介して
貰いますのでお楽しみに。

ところで、ご主人は最初から私をタイトルにする積りではなかったようで
そのいきさつについては、後日お話したいと思います。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜満開(画像)

2006-04-03 15:44:08 | Weblog
どうも内の主人は慣れないもので失礼しました。
画像が入っていませんでしたね。

改めて画像をおくります。「いたち川」に
枝垂れている桜です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加