Chrysler PT Cruiser Limited '07 記録簿

『クライスラー・PTクルーザー』新車からの記録(2007年10月納車)

ブレーキフルード、パワステオイル交換 78,600km

2012年02月18日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
ブレーキパッドを交換したので、ブレーキフルードとパワステフルードも交換しておく事にした。

オートバックスにて交換。

ブレーキフルードは交換工賃を入れて6,300円(DOT4)

パワステフルードは、『飛燕』というちょっとグレードの高いのを入れたので、工賃込みで4,500円



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前後ブレーキパッド交換、フロントブレーキローター交換 78,600km

2012年02月17日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
ブレーキパッドを、やっと交換しました。

新車から乗り始めて、すでに 78,600km
初めてのブレーキパッド交換です。 
いやー、ずいぶん長持ちしたなぁ。

ブレーキパッドを交換する時は、社外品のDIXCELのプレミアムタイプのパッドを使おうと、以前から考えていました。

DIXCEL(ディクセル)
ブレーキパッド プレミアムタイプ リア用 04/10~ クライスラー PTクルーザー 2.4 (PT24)
6,720円

DIXCEL(ディクセル)
ブレーキパッド プレミアムタイプ フロント用 04/10~ クライスラー PTクルーザー 2.4 (PT24)
8,400円

前後合わせて15,120円です。

しかし、とあるルートから、純正品のブレーキパッドを1台分で11,000円で入手する事ができたので、今回は純正品を使用です!
純正品の定価は フロントが10,710円、リアが11,235円らしいので、本来は1台分だと、21,945円。
半額で入手できた事になりますね。 しかも社外品よりも安く。
ラッキー!

DIXCELのパッドは、ブレーキダストが少ないらしいので、使ってみたかったんですが、今回は値段重視で!
まぁ、純正品なので、なんの問題もありません。
ということで、DIXCELのパッドは次の機会に!

前の車(ローバー)のときにさんざんお世話になっていた、墨田区の東京自動車エンジンさんにお願いしようと思っていたら、なんと閉店していた....。
もともと社長さんの体調がよろしくないという事は伺っていたのですが、震災の影響で建物や設備に大きなダメージがあり営業再開の見込みがたたなくなったらしいのです...。
残念...。

しょうがないので、持ち込みパーツ歓迎で工賃最安値が売りの『Tオート』さん(仮名)に持ち込んだところ、

フロントのブレーキローターがイッてしまっている事が判明!!

そろそろ交換だというのはわかっていたので、ブレーキパッドは車に積んで持ち歩いてたんですが、
ブレーキパッドの減りを知らせるウェアインジケーターが鳴るものだと思って、それをあてにしていたのがいけなかった!!!
インジケーターの音が鳴ったら即交換のつもりでいたのです。 なぜ鳴らなかったのだ?

Tオートのメカニックさん曰く「ローターがイッちゃってるんで交換した方がいいっすよ」だって。
研磨するだけじゃだめなのでしょうか? でもメカニックさんが言ってるんだからそうなんだろうな....
ということで、ブレーキローターを交換するハメに.....。
高く付いてしまった。

とりあえず、パーツがないので、リアのパッドだけを交換してもらいました。 
リアのパッドの交換工賃、8,400円。

フロントのパッドはそのままにして、その日はエンブレを使用しながらソフトブレーキでゆっくり家まで帰ってきました。

で、ローターは早急にネットで注文
DIXCEL(ディクセル) フロントディスクローター PDタイプ 04/10~ クライスラー PTクルーザー 2.4 フロント左右セット送料込みで16,905円でした。。
翌々日には届いたので、早速交換してもらうことにした。
ちなみに、Tオートさんでフロントのブレーキパッドとローターを交換した場合、交換工賃のみで21,000円らしい。
外車は工賃2倍なんでと言われた。
なんでなんでしょうかね? 国産車と外車はなにが違うんでしょうか? いくらなんでも高すぎないか?

どうしようか悩んでいたところに、知り合いの元メカニックさんが交換してくれるというので、その人の家で交換してもらう事ができました。
もちろん、タダでは悪いのでちゃんとお礼しましたよ。

これがブレーキパッド。パッド部分は完全になくなっていました。

なぜ、ウェアインジケーター(パッドセンサー)の音が鳴らなかったという問題は、2枚あるパッドのうちのインジケーターの付いているほう(内側)はまだパッドが残っていてインジケーターまで達していなかったのでした。 外側のインジケーターの付いていない方だけが完全になくなってたみたい。片減り?

なので、ローターは、こんな感じで傷になってました。

でも、その知り合いのメカニックさんによると「このローターは研磨すればまだ使えますよ」だって.....


これがウェアインジケーターです。  ブレーキパッドの残りが少なくなってきたときに、ブレーキを踏むたびに『キー』という嫌な音が出るようになっているんです。この音がしはじめたら即パッド交換です。 でも次回からはあまりあてにしないようにして、ちゃんと目視でも確認します。



新品パッドと新品ロータ、取り付け完了。



作業は1時間ちょっとで終わりました。
個人のガレージでのサンデーメカニック的な作業でも1時間ちょっとでできる作業を21,000円とは、Tオートさん高すぎ。正規ディーラーより高いかも。



ということで、無事に4輪ともパッドを交換する事ができました!!













コメント
この記事をはてなブックマークに追加