Chrysler PT Cruiser Limited '07 記録簿

『クライスラー・PTクルーザー』新車からの記録(2007年10月納車)

過去1年2ヶ月の燃費を振り返る。

2009年01月06日 | 装備・パーツ紹介やカー用品インプレ等
2007年10月末に納車され、1年2ヶ月が経ちました。
過去1年2ヶ月の燃費を振り返ってみます。

平均燃費は
8.8km/L
でした。

PTクルーザー2007年モデル(LIMITED)カタログ上に記載されている
10/15モード燃料消費率(国土交通省審査値)
は 8.6km/L なので、
カタログ値を上回りました!

そして、各走行条件における平均燃費は下記のとおり。
(その条件で走った時のみの燃費を元に算出)

☆都心のみ走行        7.4km/L
☆信号の少ない郊外のみ走行 10.5km/L
☆高速道路 のみ走行      13.0km/L


基本的にはエコドライビングを意識して運転しています。

1)無駄な加速はしない
2)加速時はなるべく2,000rpmを超えないように加速
3)高速道路ではなるべく2,500rpmを超えないように巡航運転。
4)無駄なアイドリングはしない。


を心がけてみました。
もちろん『なるべく』なので、周りの車に迷惑がかからないように臨機応変にです。
そして、たまにはエンジンの為にも、ちょっと高回転までまわしてあげたりもします。

さらに、
5)駐車するときはなるべくクリープ現象を使ってみたり
6)信号待ちスタート時にはいきなりペダルを踏み込むのではなくクリープ現象を利用して徐々に踏み込む。
7)坂道はアクセルオフ
8)長い坂道、急な坂道はシフトダウンしてエンジンブレーキ併用。
などと、他にもいろいろあります。
『車に余計な荷物を積まない』とか、『ガソリンは満タンにしない』(その分重くなるので燃費も悪くなる)とかもありますが、僕の場合は満タン法で燃費計算をしているので、それをやると計算できなくなってしまいます。
燃費を毎回計算する事により、さらにエコ運転の意識が高まりますし、その分は運転でカバー?

前方の信号が赤に変わろうとしているのに元気に加速をして、赤信号直前でブレーキを踏んでいる人、けっこう多く見ます。
特に都心では、そんな運転をしている人とエコ運転している僕の距離差はほとんど開かなかったりします。
がんばって加速して無謀に車線変更を繰り返して先に進んでた車が、いつの間にか同じ信号待ちをしていたり。

高速道路では結構差が出ますけどね。
単純に時速90km巡航の車と、時速130km巡航(スピード違反)の車とでは1時間に40kmも差がでます。
例えば東京〜大阪(約500km)を走るとして、時速90kmで巡航した人は5時間30分かかりますが、
時速130kmで巡航した人は3時間弱。その差2時間半強も違います。
しかし、実際は時速130km巡航は不可能でしょう。
神経もかなりすり減ると思います。(スピードが速い分、周りの交通状況や覆面パトやオービスに気をつけたりもしなきゃいけないし)
まあ、人それぞれ「燃費なんか関係ない!単にスピードを楽しみたいだけ」とか「めちゃくちゃ急いでいる」とかあるでしょうけど、無理して事故起こしちゃったらすべてパアになったりもしますから。

ゆっくり走っていると、今まで見えなかった風景が見えたり、心に余裕が出てきますし、疲れも少ないです。 
追い越しとか追い抜きとかでも神経つかいますからね。
そして何よりも燃費がいい。
先日、大阪から戻る時に、高速道路手前でガソリン満タンにして、東京で高速道路降りてから満タンにしてみたら、
35リッターしか入りませんでした。106円/Lだったので、ガソリン代3,700円です。
燃費は15km/Lでした。(まぁ、時速80〜90kmでトロトロ走りましたけどね)
ガソリン代3,700円で、高速料金がETCの深夜割引で半額の5,500円。
なんと、大阪から東京まで片道9,200円で帰ってこられた計算になります!!

高速道路で80km巡航するとかなり燃費が良くなります。
高速道路でも微妙にアップダウンがあったりするので、下り坂ではアクセルオフで惰性で走行すると、アクセル踏まないでもスピードが落ちないです。(今までは気付かずアクセル踏んでました)
もちろん下り坂の次には上り坂もあったりしますので、手前で徐々にアクセルを踏んで助走をつけたり...

エコ運転により
経済的余裕ができる(まあ、たいした額ではないでしょうが)
心に余裕ができる
安全運転にも繋がる

といいこと尽くしな感じですね。
無論、エコ運転を意識しすぎで、メーター類を気にしたりしすぎると前方不注意で危ないですので注意。


燃費についてはこのページ
このページが参考になります。
かなりマニアックです!


あとオイル添加剤ダブルエコを注入してからは、郊外や高速道路での燃費が良くなりました。
市街地走行はあまり変わらないみたいですけどね。
こういう添加剤や燃費グッズは、心理的な要素も影響してきたりすると言いますが、数々の添加剤を試してきた中では一番効果を実感しています。
値段もだいぶ下がってきましたし。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈下橋を渡ってきた!

2009年01月06日 | 雑談や画像等
去年12月に四国に行ってきました。

高知の四万十川には、欄干のない『沈下橋』というのがかかっていまして、
どうしても車で渡ってみたくて行ってきました。

画像ではずいぶん右側に寄って走ってる気がするけど....
四万十川には、このような沈下橋が沢山かかっているようですが、いやー、けっこうスリリングです。 
まぁ、普通に走る分には大丈夫ですが、よそ見運転は危ない。
狭いので、車はすれ違う事はできません。(車は通行禁止の橋もあるらしい)
自己中心的な人が運転する車が、両側から渡ってきて橋の真ん中ではちあわせたら怖いですね〜〜!
人やバイクが渡る事もあるようですが、そんな時は車は人やバイクが渡り終えるのを待つしかないでしょう。


ちなみに、今回のロングドライブは
東京〜四国4県〜東京
総走行距離約2,500km
平均燃費:11.7km/L
でした。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2009年になりました。

2009年01月01日 | 雑談や画像等
水平線から登る日の出を見てみたくて、茨城の大洗海岸に行ってきました。
初日の出ではありません。
昔、千葉の銚子に「初日の出」を見に行ったら、数キロ手前で大渋滞し、引き返した事がありましたから。
なので、空いている年末を狙って行きましたよ。

水平線からのきれいな日の出を見るなら、やはり厳冬の時期が一番いいでしょう。
狙い目は、天気予報が『晴れ』で降水確率0%で、強い西風の吹く寒い朝のようです。

大洗海岸には、海岸沿いにでかい無料駐車場があるので車の中に居ながら日の出が見られます。
まぁ、東京方面からなら、九十九里浜や銚子でも充分なんですけどね。

ところで、なんで日の出に向かって『パンパン』と手を叩いて拝む人がいるんでしょうか?
でも、夕日や日中の太陽に向かってそれをやっている人は見た事ありません。
『なぜに朝日だけ?』
と、疑問に思っていたのですが、
まぁ、確かに水平線から登ってくる朝日を見ていると太陽のありがたさがわかります。
寒い朝でも、太陽が出てくると急に太陽の熱が感じられ、暖かくなるのです。
なので、拝みたくなる気持ちもわからないこともないですね!
さすがに朝日に向かって賽銭を投げてる人は見たことありませんがね。(笑)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加