Chrysler PT Cruiser Limited '07 記録簿

『クライスラー・PTクルーザー』新車からの記録(2007年10月納車)

ウインドウウォッシャーのノズル破損→交換

2017年03月30日 | 不具合や修理の記録
先日、突然運転席側のウインドウォッシャーが出なくなってしまいました。

ウォッシャーノズルの穴が詰まってしまったのかと思って調べてみたら、そうではなくて、ノズルのゴムパイプとの連結部分が折れていてパイプが外れてしまっていたのでした。

なので、ウォッシャーノズルだけ交換すればいいのですが、
ディーラーに依頼すると「ノズルだけの部品というのがなく、パイプも含めたアッセンブリーでの供給になります」とか言われそう・・・。 
いや、あくまでも推測ですよ。

なので、アメリカから社外品(DORMAN社製)を取り寄せました。
パーツ代は、ノズル2個で1,900円。送料が1,900円。
合計で3,800円でした。

ウォッシャー液が出なくなったのは片方だけだったので、1個だけ買えばいいと思ったんですけど、2個セットでの販売でした。

でも、これって、ディーラーで純正品を買ったら一体いくらだったんでしょうか?



ウォッシャーノズルはボンネットにはめ込まれているだけなのですが、外そうと思ってペンチでつまんだら粉々に割れてしまいました!
力入れてないのに。
どうやら完全にが劣化していたようです。 要は劣化によってパイプの連結部分も折れたわけですね。




ボンネットにパチンとはめ込んで、ゴムパイプをはめるだけ。


作業的には簡単です。


どうせ2個セットなので、もう片方も交換しとこうかと思って外そうとしたら、もう片方のノズルも劣化していたらしく粉々に砕けてしまいました。

いや、確かに新車で買って10年近いですが、ここまで劣化するもの???
野ざらしの屋外駐車ならまだわかるんですが、うちは地下駐車場保管なのに・・・。
他にも劣化しているプラスティックパーツがあったらどうしよう・・・・・。



ともあれ、ウインドウウォッシャーノズルは左右とも新品になりました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイヤローテーション 148,100km | トップ | 低速走行時に足周りから異音... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。