Chrysler PT Cruiser Limited '07 記録簿

『クライスラー・PTクルーザー』新車からの記録(2007年10月納車)

『静粛な室内空間を追求』するエンジンオイル添加剤!?

2014年02月06日 | 装備・パーツ紹介やカー用品インプレ等
先日、エンジンオイル交換で、エンジンオイルの粘度を上げてみました。
すると、エンジンの音が静かになったのです。(今まで、オイル交換でそこまでハッキリした体感をした事はなかった)

「おぉ!」と感動していたところに、新しいオイル添加剤を見つけました。

SUMICO [ スミコー ] ONGS [ オングス ] Quiet [ クワイエ ] [ ガソリン車用 ] 高品質オイル添加剤 [ 品番 ] 690829 [ HTRC 3]

『静粛な室内空間を追求』と謳い文句が書いてあって、静粛性/省燃費性を改善するオイル添加剤らしいのです。
静かにする事を前面に出して売りにしている添加剤もめずらしいですね。
潤滑剤を専門に作っている、住友グループの住友金属株式会社の関連会社『SUMICO』の製品なので、メーカーとしては信頼できそうですし。

同じシリーズで、『経年車(多走行車)のエンジンを復活させる』と謳われているONGS Re-birth(オングス・リバース)と、どっちにするか悩んだのですが、今回はエンジンを静かにするという『クワイエ』の方を選びました。


エンジンオイル交換をして、エンジンはかなり静かになったばかりなのですが、
僕は、静音グッズを装着する等、車内の静かさに拘る人なので、この商品が気になってしまい、結局買ってしまいました。
さらに静かになる事を期待して!

みんカラでの評価はけっこういいようです。

amazonのレビューでも、レビューは2件だけ(記事執筆時)ですが、2件とも『確かに静かになった』という評価でした。



さっそく入れてみる事にしました。


青っぽい液体で、かなり粘度は高いです。
缶の上面が大きく全部開くタイプのプルタブ缶なので、エンジンオイルの注入口から入れづらいのが難点でした。


添加後、指定通りに5分間アイドリング.....。

うーん、静かになった気がします。
しかし、『気がする』程度では評価はできませんね。プラシーボ効果という事もありますから。
この添加剤を入れる直前に、エンジンオイル交換をして、エンジンオイルの粘度を上げる事によってエンジン音はかなり静かになっていたので、この商品の体感は薄い感じはあります。

そして、それから暫く走行後....。
まあ、確実にエンジン音は静かになっています。
人間の感覚は、あまりあてにならないので、「気がする」程度じゃだめだと思いますが、間違いなく静かにはなっています。
これが、オイル粘度を上げた(5W30→10W40)事によるものなのか、オングス・クワイエのおかげなのか、はたまた相乗効果によるものなのかはわかりません。
いずれにしろ、エンジンオイルは重要な鍵を握っているという事ですよね。
 
次のオイル交換時には、ONGS Re-birthの方を使ってみようかと思ったりもしてます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンジンオイル(10W40)交換 104,... | トップ | 車用芳香剤(GONESH No.8を色々... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マーティー)
2015-11-13 19:51:12
静音性の高いエンジンオイルなら「ロイヤルパープル」というアメリカ製のオイルものすごく効果がありますよ。プロケーブルというオーディオ用機材の販売サイトでこのオイルが販売されています。最初は半信半疑でしたが、13年落ちの国産車で実際に使用して驚くほど効果がありました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。