Chrysler PT Cruiser Limited '07 記録簿

『クライスラー・PTクルーザー』新車からの記録(2007年10月納車)

エンジンオイル(5W30)交換ほか 133,100km

2016年03月05日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
前回、オイル交換を怠り10ヶ月で14,000km走ってしまったので、前回のエンジンオイル交換時にエンジンフラッシングを兼ねている添加剤を入れたので、今回は少し早めにオイル交換です。


前回の交換から5ヶ月、4,500km走行です。


今回はモリドライブ(ルート産業)のアクトプラスというエンジンオイルを使いました。
5W-30の部分合成油です。(今回はメーカー指定粘度に戻してみました)
オートバックスの特売で1本(4リッター)2,980円でした。(通常は3,888円らしいです)
まぁ、amazonでも送料込みで同じ値段
だったので良しとしましょう。

PTクルーザーのオイルは4リッターでは足りないので、オイル添加剤(ホルツE-PLUS リファイン)も入れました。
これもオートバックスで特売と書いてあって2,480円だったのですが、amazonでは送料込みで2,554円これはオートバックスの特売の方が少しだけ安かったですね。(オートバックスでは通常は2,936円らしいです)

オイル添加剤の量は300mlですので、エンジンオイルと合わせると合計4.3Lになります。
これでオイルレベルゲージの真ん中と"L"レベルのマークの間くらいになります。

※エンジンオイルフィルターは毎回交換しています。



オイル交換ついでに、オートバックスの500円メニューというのを試してみました。
フロントガラス撥水、サイドガラス撥水、エンジンルーム艶出しが各500円で、そのうちひとつは会員サービスとかで無料なので、1,000円です。

エンジンルームはこんな感じになりました。

一瞬は綺麗に見えたんですが、よく見ると艶出し剤の液が残ってたり、見える箇所でも埃が残っていたりとかなり大雑把感がありました。
あとウインドウの撥水も、雨が降らないと効果はわかりませんが、それよりもフロントとサイド共に撥水剤の拭き残し痕が気になりました。 後から自分で拭きました。

これはプロの仕事ではないですね。
アルバイトがやっつけでやっているんでしょうか?
プロの仕上がりを期待しちゃダメでした。
これだったら自分でやったほうがマシです。

次からはめんどくさがらずに自分でやります....



で、オイル交換したあとなんですが、
添加剤の効果なのか、単にオイル交換をしたからなのかはわかりませんが、エンジン音が静かになった気がします。
あとアイドリング時の振動も減った気がするんです。
プラシーボ効果なのか?

燃費も多少は良くならないかな....
最近、乗り方も悪い(チョイ乗りやアイドリングが多い)せいか、燃費がかなり悪いんですよね。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足回りを一新!!(サスペンションとブレーキ)133,000km

2016年03月03日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
足回り一式(サスペンション、ブレーキパッド、ブレーキローターディスク)の交換をしました。


例のごとく、交換作業は埼玉県春日部市のハロウィンさんにお願いしました。
パーツは全て持ち込みで、サスペンション類はアメリカから個人輸入。ブレーキパッドとローターは国内で調達しました。

ハロウィンさんは、パーツ持ち込みでも快く引き受けてくださいます。 
もちろん、パーツを格安で取り寄せてもらう事も可能です。
都内近県のPT乗りの方は、なにかありましたらご相談やお見積もりをされてみてはいかがでしょうか?
『東京の黄色いPT乗りの人のブログを見た』と言っていただければ、ディスカウントなどのサービスをしていただける事になっています。



今回の作業内容は、

前後のブレーキパッドとローターの交換
フロントサスペンション(アッセンブリー)交換
リアのショックアブソーバー交換
リアのサスペンションインシュレーターの交換。

そのほか、クライスラーの診断機による点検、ラジエータークーラント液の補充、ドライブシャフトブーツのグリス補充、そして洗車までしていただきました!

工賃は全部で4万円ちょうど(税込)です。
作業時間は5時間ほどかかりました。
(車を預けたあと、作業が終わるまで近所で時間を潰して、その日のうちに受け取って帰りました)



サスペンションを交換したら、その差は歴然でした。
カーブや交差点を曲がるときに身体が振られていたのがかなり軽減され、走りも全体的に安定しました。
ショックアブソーバーの抜けとかはなかったようですが、それなりにヘタってたんでしょうね。
新車から8年半弱、走行距離13万3千キロまで無交換でしたから。


走行音も格段に静かになりました。
交換前と明らかにロードノイズが減りました。
今まではゴーっと鳴っていたと思われる荒れた舗装道もスーッと静かに走ります。
大げさにいえば、それこそ絨毯の上を走っているような....
おそらくインシュレーター(衝撃吸収用のゴムパーツ)も交換したからなんだと思います。
静かさが売りのコンフォートタイヤ"BRIDGESTONE REGNO GR-XI"を履いていて、もともと静かではあったのですが、さらに静かになりました。


取り外されたパーツ達。 今までご苦労様。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エアクリーナーとエアコンフィルターを交換!132,500km

2016年02月22日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
以前から車のエアコンフィルターを交換したいと思ってました。
でも、以前メカニックの人に「PTクルーザーにはエアコンフィルターはない」と言われた事があるんです。

しかし、今回アメリカからショックアブソーバーを個人輸入しようとしたときに、2007年式のPTクルーザー用のパーツリストの中に『CABIN CLEANER』というものがあるのを発見。
あれ? これってエアコンのフィルターなんじゃないの? 

やっぱPTクルーザーにはエアコンフィルターはあるんじゃないの?と思って調べてみたら、ありました!
PTクルーザーのエアコンフィルターはウインドウウォッシャータンクの後ろにあるらしいのです。(でも年式によってはエアコンフィルターはないらしい?)

なんだ、わかってたらもっと早く交換したかったのに!
8年半、一度も交換してないよ! 
しかもアメリカでは何社からも発売されていて、350円くらいのセール品から、一番高い高性能なものでも3,000円くらいで売られているんです。


なので、ショックアブソーバーを個人輸入するついでに一緒に注文しました。
ちょっとケチって、7ドル(約840円)のものを注文しました。
ついでにエンジン用のエアクリーナー(エアフィルターエレメント)も注文しました。
エアフィルターエレメントも、たったの5.5ドル(約660円)でした。
どちらもPRONTO社というメーカーの社外パーツですが、こんなに安いとは!!
エアクリーナーは、2年ちょっと前に交換しているので、まだ交換しなくてもいいとは思いますが、ここまで安ければついでに交換しておくにこしたことはないですね。


これがエアコンフィルター(キャビンクリーナー)です。

MADE IN CHINAです。


こっちはエンジン用のエアフィルターエレメント

これもMADE IN CHINAです。



ということで。
まずはエアコンフィルター(キャビンクリーナー)の交換をします。

キャビンクリーナーは、助手席側(右ハンドル車の場合)のウインドウォッシャータンクの裏にあるらしいのです。

詳しい交換方法は割愛しますが、ウォッシャータンクの上にあるカバーを外して交換するのです。

PTクルーザーの車内(エアコン)の空気は、ここから取り込まれていたのですね。


カバーを外すと、ありました!
ウォッシャータンクの奥にチラリと見えているものがエアコンフィルターです。

こんなところにあったとは!
エンジンルームからは隔離されており、普段はカバーで隠れているので、ボンネットを開けただけでは見えない場所です。

カバーを外したあと、ウォッシャータンクのボルトを外してずらせば、エアコンフィルターを取り外すスペースができます。


ご対面。

エアコンフィルターは、はめ込まれているだけなので、手で引き出せば外れます。


新車で購入してから8年半。走行距離は13万キロ強。
一度も交換したことのないエアコンフィルターがこちらです。

左のが新品。右のが今まで使っていたフィルターです。

真っ黒です!
違いは一目瞭然です。

フィルターには、ゴミや植物の胞子や種みたいなものとか虫っぽいものとかが色々ついていました。
しかし、8年半無交換なので、もっと酷く目詰まりしたりしているものかと思いきや、想像してたよりはマシでした。
だけど、こんなの見ちゃうと定期的に交換したくなります。
都心住みなので、1〜2年に一回は交換したいですね。こりゃ。



で、新しいフィルターを装着....

ここで重大な問題が発生!


新しいフィルターの横に隙間ができてます.... しかも両端に。

どうやらフィルターの縦の部分の長さが若干長いらしく、フィルターの両端が歪んでしまい隙間ができてしまうようなのです。
隙間が空いてしまっては、フィルターの意味がまったくありません!!

うーん、これが社外品クオリティ... MADE IN CHINA。
これじゃ使えません。

どうしようもないので、泣く泣く今まで使っていたフィルターのホコリやゴミを取り除いて再装着しました。

840円とは言え、これぞ『安物買いの銭失い』ってやつです。
こうやって人間は色々経験して揉まれながら社会というものを知り、学びながらすこしずつ大人になっていくんですね。(もう遅いよ!)
(一応、米国のパーツ屋さんには合わなかったことを伝えました。半額を返金していただく事になりました。ま、値段も安かったので、どうでもよかったんですけどね。)


しかし! あの汚れを見てしまたからには、エアコンフィルターは今すぐにでも交換したいです!
PT用の社外品エアコンフィルターは他に10社くらいからでてましたが、またわざわざアメリカから取り寄せて同じ目にあっても困ります。
ちなみに、価格は350円〜3000円なので、断然安いんですけどね。
単品で頼んだ場合の送料は900円くらいなので、送料込みで1500円程度で取り寄せられるんです。一番高い『消臭カーボンフィルター』でも送料入れて4,000円くらいなのですが、また合わなかったら嫌だし。

なので、国内で探してみることにしました。

よくよく調べてみたら、BOSCHが外車用のエアコンフィルターを出しており、ちゃんとPT用のもありました。
早速、近くの大手カー用品店に行ってみたところ、マイナーな車種用なので在庫などあるわけもなく...
注文をしようとメーカーに確認をしてもらったところ、国内に在庫がなく、取り寄せるのに1〜2ヶ月かかるyといわれました。
しかも! 価格は9,504円!!!

純正はどうなんだろうと思ってクライスラーの正規ディーラーにエアコンフィルターについて尋ねてみたところ、価格は5,400円で国内に在庫があるので数日で取り寄せられるとのこと。 
あらら、純正品の方が安いのか...しかし、品質はきっとBOSCHのほうがいいのでしょうけどね。

純正品なら間違いはないでしょうけど、BOSHのほうが品質は良さそうなので、今回はBOSCHのフィルターを使ってみる事にしました。
BOSCHならさすがにサイズが合わないなんてこともないでしょうし!

で、ネットで検索してみたところ、BOSCHのエアコンフィルターを7,130円+送料800円で販売しているところを発見。在庫を確認したところ1個だけあるらしい。
純正品よりも高くなってしまいますが、その分性能もいいだろうと思い、思い切ってBOSCHのを注文しました。


これがBOSCHのエアコンフィルターです。

800円のエアコンフィルターは枠が柔らかかったんですが、これは純正品同様にしっかりとした硬い作りになっています。
でも、こんなのが8,000円(定価では1万円くらい)というのは高すぎる気がしますけどね。

ちゃんとPTクルーザー専用の交換マニュアルが付いていました。

並行輸入品なのでしょうか? 箱にも説明書にも日本語の説明書きはありませんでした。


↑このイラストは何を意味するんでしょうか? 説明文は記載されていません。
一番右のイラストは、「古いフィルターはリサイクルしましょう」ということなんでしょうけど、左の『10 min.』と書かれたストップウォッチのイラストはなんなのでしょう? "脱着の所要時間は10分程度"という意味なんでしょうかね?
真ん中のスピードメーターのイラストも意味不明です。スピードメーターに書かれている(0 15:000)はなにを意味するんでしょうか?
説明文を書いていて欲しかった...


商品説明は8カ国語でで書かれています。(日本語はない)
これ↓は英語での説明です。

『埃、汚れ粒子、花粉、バクテリアを100%まで取り除きます』というような事が書かれています。
きっと純正品よりも品質はいいかもしれませんね。
『活性炭素フィルターは、さらに 有害ガスなどの臭気の90%を吸収します。』みたいな事も書かれていますが、この商品は活性炭素フィルターではないようなので関係ないですね。
やっぱり、臭いも吸収してくれる活性炭フィルターのほうがよかったかな。
エアコンフィルターは、車内に入ってくる空気をろ過する重要なパーツですからね。
次はやっぱり臭いも吸収してくれる活性炭フィルターをアメリカから取り寄せてみようかな?ダメもとで。


はい、ぴったりとフィットしました! さすがBOSCH製です。Made in Germanyです。

隙間もありませんね。

これで車内にきれいな空気が取り込める!
気分爽快です!

結局は高づいたけど、エアコンフィルターの交換ができてよかった!
今回の件(サスペンションの個人輸入)がなければエアコンフィルターの事は気づかなかっただろうし。




で、エンジン用エアクリーナー(エアフィルター)の交換ですが、こちらはさすがにスムーズにいきました。
エンジンルーム内のエアクリーナーのカバーを開けて交換するだけなので、数分で終わります。

左が新品で、右のが今まで使っていたやつです。

前回交換してから、2年3ヶ月経過、約3万キロ走ってます。
表側はそんなに汚れてないように見えますが....

裏返すと違いがわかります。

それほどひどくは汚れてない気もしますが、交換しておくにこしたことはないです。
660円ですしね。惜しくない!

ということで、エアクリーナーのほうは問題なく無事に交換できました。
パーツ代660円で済みました。(サスペンションを取り寄せるついでに同梱したので、送料はかかってないということにしときます。)



こんな感じで、安い社外パーツは合わない事があるので怖いですね....
著名メーカー製の社外パーツなら大丈夫なんでしょうけど。



さて、あとはお待ちかねの足回り一式の交換です!
サスペンションはMONROE社製ですし、ブレーキパッド&ローターはDIXCEL社製なので問題はないと思います。
交換作業は今月末ごろを予定しています。
楽しみです。









 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

足回りを一新する為に、パーツをアメリカから取り寄せ

2016年02月21日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
2007年式 PT Cruiser Limited
走行距離13万キロを超えましたが、まだ足回り(サスペンション)は一度も交換した事がありません。

カーブを曲がる時とかに身体も一緒に振られるようになってきたし、段差を越える時もけっこうフワフワ感があるので、ショックアブソーバーを交換する事にしました。
このまま乗ってても、まだおそらく問題はないんでしょうけど、やはり乗り心地は重視したいので。

で、ショックを前後4輪分交換するにあたって、ついでなのでブレーキパッドとブレーキローターも交換しようと思いました。
ブレーキパッドを交換したのはちょうど4年位前で走行距離7万8千kmの時。
それから約5万5千キロも走ってます。
ブレーキパッドが減ってきたらインジケータの音が鳴るはずではあるのですが、前回はブレーキパッドが片減りしてた為にインジケータの音が鳴らなかったという事もあったし、距離的にもそろそろ交換時期だと思いますので。
ちょうどいいタイミングではないかと。


という事で、今回交換するのは、
☆ブレーキパッドとブレーキローター(前後4輪分)
☆前後のショックアブソーバー(ストラットマウント、スプリングアイソレーターも)
なのですが、
これらのパーツを、とあるアメ車専門のパーツ屋さんに見積もっていただいたところ、全部で23万円かかると言われました!(パーツ代のみ。 ショック類は純正品で、ブレーキパーツは社外品での見積もり)
ちょっと高すぎないかい?


という事で、
自分でアメリカから取り寄せる事にしました。


調べてみたら、アメリカではPTクルーザーのブレーキローターは社外品の安いやつだと前後4輪分で50ドル(6,000円くらい)くらいから売ってるんです。
ブレーキパッドもMONROE社製のが、前後4輪分で29ドル(3,500円くらい)です。
ショックアブソーバーも、MONROE社製でスプリングとストラットマウントまで付いたアッセンブリー(一式)セットが一本65ドル(約7,800円)。
リアのショックアブソーバーもMONROE社製の物が1本26ドル(3,000円くらい)。
スプリングアイソレータも3,000円ほど...。

なんと、全部合わせても3万5千円くらい!
ただ、ローターはかなりの重量物なので送料がけっこうかかってしまいます。
送料は310ドル(3万7千円)くらいかかるのですが、それでも総額520ドル(6万円強)ほど

安い!某パーツ屋さんで見積もった値段の1/4の値段です。
しかも、某パーツ屋さんの見積もりは、フロントのサスペンションはスプリングはついてない価格ですからね。



ただ、ブレーキパッドとローターに関しては、前からDIXCELのブレーキパッドとローターを使ってみたかったのですが、アメリカでは売られてませんでした。(DIXCELは日本のメーカーなんですかね。)
アメリカの知らないメーカーのブレーキパッドとローターを買っても、ブレーキ鳴きとかでても嫌ですし、もし合わなかったらどうしようとかの心配もあるので、パッドとローターに関しては今回は日本でDIXCEL社製のパッドとローターをセットで買う事にしました。

ディクセルのブレーキパッド(プレミアムタイプ)が、前後で15,552円(送料込)
DIXCEL ( ディクセル ) ブレーキパッド【Premium type】(フロント用) CHRYSLER PTクルーザー P-1911522
DIXCEL ( ディクセル ) ブレーキパッド【Premium type】(リア用) CHRYSLER PTクルーザー P-1951515


ディクセルのブレーキローター(PDタイプ)が前後で33,265円(送料込)
DIXCEL ( ディクセル ) ブレーキローター【 PD type 】(フロント用) CHRYSLER PTクルーザー PD-1911101S
DIXCEL ( ディクセル ) ブレーキローター【 PD type 】(リア用) CHRYSLER PTクルーザー PD-1950882S

以上は国内(amazon)で購入。
ブレーキパッドとディスクローター4輪分で、合計48,817円です。



そして、アメリカからは
MONROE社のフロントサスペンションアッセンブリー 2本 22,616円
MONROE社のリアショックアブソーバー 2本 6,073円
MOPAR社のコイルスプリングシートリア用      4個 3,162円
PRONT社 キャビンエアフィルター(エアコンフィルタ)1個 843円
PRONT社 エアクリーナー 1個637円

を取り寄せました。
キャビンエアフィルターとエアクリーナーはかなり安く売られていたのでついでに購入しました。軽い物なので送料はほぼ変わらないですからね。

以上、アメリカからの送料は25,122円で、消費税と通関手数料は1,500円。 
総額59,953円でした。
日本じゃこの価格でこれだけの商品は買えないでしょうね。
フロントサスペンションは、ショックアブソーバだけではなくコイルスプリングとかマウントまで全部ついたアッセンブリーですし。


以上、今回の足回り交換一式のパーツ代の総額は108,770円になりました。
当初買う予定ではなかったエアクリーナーとエアコンフィルターも入った価格です。
ブレーキパーツ一式は国内で調達したにもかかわらず、それでもまだ某パーツ屋さんの見積もりの半額以下です。


足回りの交換作業はいつもの春日部のハロウィンさんにお願いする予定です。
ショック交換とブレーキ交換を全部合わせて4万円で作業していただけるとの事。
作業は今月末ごろの予定です。


という事で、

ブレーキとショック(4輪分)の交換費用の総額は145,790円(パーツ代工賃全て含む)
エアコンフィルターとエアクリーナは自分で交換するので、工賃は無料。

総額148,770円で、足回り交換(フロントサスペンション一式、リアショックアブソーバー、ブレーキローター、ブレーキパッド)とエアクリーナー、エアコンフィルターの交換ができる事になります。
けっこう安く済んだと思います。


これ全部をディーラーにお願いするといくらかかるんでしょうかね?








コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

エンジンオイル(10W40)交換 128,600km

2015年09月29日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
エンジンオイル交換をしました。

うっかり忘れていて、前回のオイル交換から10ヶ月経ち、14,000kmも走っていました。

最近燃費が落ちたと思ってたのはこのせいかもしれません。

エンジンオイル交換はオートバックスでお願いしました。

エンジンオイルは、前々回使って感触が良かった『モリドライブ レスキュー10W40』を使いました。

ちょっと硬めのオイルです。

さらにエンジンフラッシングも兼ねているSOD-1という添加剤も入れました。

エンジンオイルフィルターは毎回交換しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポジションランプを交換

2015年08月08日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録



ポジションランプ(車幅灯、スモールランプ)は、LED(正確にはSMDというんですかね?)のものを使っています。

2009年6月にLED化したので、6年間使っているという事になりますね。
ここ1年くらい、運転席側のポジションランプの一部が消えたりする事がありました。
完全に消えるわけではなく、沢山ある(14個くらい?)発光体のうちの一部が消えてしまうんです。
でも、ヘッドライトカバーの上から軽く叩くと直るんです。 でも気がつくとまた同じ一部が消えている。
最初、車の方のソケットの接触とかが悪いのかと思っていましたが、それだと全部一度に消えますよね。
ということはバルブのほうの不具合なわけで...。
ちなみに、助手席側は全然問題ないんですけどね。運転席側だけなんです。

その都度叩いて直すのもあまりよろしくないので、とうとう買い換える事にしました。


本当は今まで使ってたのと同じのを買おうと思ってました。
今まで使っていたのはVALENTI(ヴァレンティ) ジュエルLEDバルブ 高輝度4レイヤー17LED(SMD) T10ウェッジです。
このバルブは、何種類か買って試した中で一番光り方が気に入ったやつなんです。
6年前に買った時は、確か2個セットで1万円くらいしましたが、今は4,638円まで値下がってました。

でも、バラ売りはしてないし、それでもやっぱり高いなぁと思い、いろいろ調べた挙句に中国から安いLEDバルブを取り寄せましたよ。


これです。

SMD(発光体)の数は今までよりも少ないですが、正面側がレンズのようになっていて、明るさが期待できます。
サイドは4SMDですが、ヘッドランプ内の反射鏡に反射するので暗すぎる事はありません。

価格はなんと、2個セットで送料込みUS$3.26です。
日本円に換算すると約400円!
めっちゃ安!! 
送料合わせて1個200円ですよ。
これならすぐ切れても文句は言いませんよ(切れて欲しくはないですけど)。

中国製なので不安はありますが、でも日本で売られているLEDバルブなんてほとんど中国製ですからね!


ちなみに、LEDは長寿命とか言いますが、意外とそうでもないんですよね。
テールランプもLEDにしてますが、一部が切れたりで今まで数回交換しています...。
もちろん、6年間ずっと問題なく点灯しているものありますよ。



交換前



交換後(新しいLED)



前に使っていたのは若干青白っぽい色でしたが、今回のは白みが強くなりました。
明るさも、以前のよりは明るくなった感じです。
画像ではまるでヘッドライトのように明るく写ってますが、撮影上の写り方の関係だと思います。
対向車に眩しいわけでもないですし、車幅灯としての役目はしっかり果たせると思います。




ヘッドライトも一緒に点灯して撮影してみました。

ヘッドライトの色が若干黄色っぽいので、ツートンカラーになっています。
本当はポジションランプとヘッドライトの色は合わせたいところですね。
でも、これはこれで面白いかなと。


日中に、外で撮影。




ちなみに、これが今まで使っていたLEDバルブです。

スペア用としてとっときます。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タイヤを4本とも交換! 124,300km

2015年07月03日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録

そろそろタイヤの山がなくなってきて、スリップサインが出てきたので交換することにしました。

タイヤは、PTクルーザーに乗り換えてからはずっと
ヨコハマ タイヤのADVAN db(205/55R16)
を履いています。
いわゆる"コンフォイートタイヤ"というやつで、静粛性を売りにしているタイヤです。
今はもう慣れてしまっていますが、純正のタイヤから交換した時はロードノイズが大幅に激減したのに感動したものです。
さすが高いだけあります。 
まともにカー用品店とかで買えば4本で10万円オーバーのタイヤです。
僕はネットで買って、持ち込みOKな修理工場で交換してもらったので、交換まで含めて4本で7万円弱くらいでした、。それでも高いですけどね。


走行距離が4万キロくらいの時に4本全部を純正タイヤからADVAN dBに交換してからは、4本全部を一度に交換することはありませんでした。
パンクして一本だをけ交換したりとかもあったので、4本同時に交換する事はなかったのです。

今回はタイミングよく4本一度に交換しなくてはいけない感じなので、これを機に違うメーカーのコンフォートタイヤを履いてみることにしました。

PTクルーザーの前に乗っていた車では、ブリヂストンのREGNO GR-8000というのを履いていました。
GR-8000はブリヂストンのコンフォートタイヤの最高峰です(でした?)。 ヨコハマタイヤのadvan dvと比べても、どちらも同じくらいのレベルだなとは感じていましたので、また機会があればブリヂストンを使ってみたいとは思っていましたので、今年の2月頃に発売された新しいタイヤ『BRIDGESTONEのREGNO(レグノ)GR-XI』を買う事にしました。
『GR-XI』はブリヂストンの『GR-8000』の後継タイヤなんだそうです。
ちなみに、『GR-XI』は『ジーアールエックスアイ』と読むのかと思ったら、『ジーアールクロスアイ』と読むらしいです。

静粛性が売りのコンフォートタイヤなのですが、低燃費タイヤでもあるのです。
まぁ、タイヤで燃費が劇的に変わることは期待してませんが、メーカーがそう謳っているのであれば多少の効果は期待できるかもしれませんね。体感できるほどではないでしょうけど。

⭐️メーカーのGR-XIのサイト


GR-XIは、カー用品店で買うと交換工賃を含めて10万円オーバーなので、今回もネット通販で安く購入し、タイヤ交換業者に持ち込み作業してもらいました。

タイヤが4本で58,340円、交換工賃が8千円(チッソガス含む)くらいだったので、トータル66,340円です。

久々にタイヤに窒素ガスを入れてみました。(1本500円)
窒素ガスは、今まで何度か入れたことがありますが、正直言って効果はよくわかりません(笑)
静粛性が上がるとか、抜けにくいとか、色々言われていますけどね。
はっきり言ってよくわからないです(笑)
ネットで調べても、賛否両論ありますし。
今回は、気分でなんとなく入れてみました。
多分効果はわからずじまいでしょう(笑)


で、タイヤ4本を新しく交換した感想ですが....。

静かになった!

です。


今まで履いていたタイヤも『YOKOHAMAのADVAN dB』という静粛性を売りにしていたタイヤなのですが、さすがにスリップサインが出るくらいまで使っていましたので、静音効果も落ちていたのもあるのでしょうけど、明らかに静かになりました。
道路の舗装の継ぎ目(?)を越える時の音も今までよりも静かになりました。
「うーん、静かだ」と、何度もつぶやいたほどです(笑)

僕の車自体も、色々頑張って騒音対策を施しているのですが、やはりタイヤは路面の状態をダイレクトに拾いますからね。
車内の静かさを追求するには、まずはタイヤからですね。(最初から静かな高級車を買えって話かもしれませんが)


一度コンフォートタイヤを履いてしまうと、もう安いタイヤは履けなくなります・・・。



BRIDGESTONE REGNO GR-XI 205/55R16 91V ブリヂストン レグノ GR-XI

価格:15,498円(2015/7/3 17:10時点)感想(0件)







コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

エンジンオイル(10W30)交換 114,470km

2014年11月25日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
エンジンオイルを交換しました。(オイルエレメントは毎回交換しています。)
交換時の総走行距離は114,470km


今回は10W30のオイルを入れてみました。
カストロールのEDGE TITANIUM(100%合成油)です。
少し値段は高めです。


前回のオイル交換の時に、今までずっと5W30だったエンジンオイルの粘度を10W40にあげてみたんですが、エンジン音が静かになったんです。(同時にフラッシング作業をしたせいもあるかもしれません)ただ、燃費にはあまり影響はなかった感じです。(良くも悪くもならなかった感じ)


今回、10W30を入れてみて、エンジン音が明らかに静かになるような体感はありませんでした。
カストロールEDGE PLATINUMの10W30は『省燃費』も謳われているエンジンオイルですが、今回は燃費には影響してくるかどうか、様子をみたいと思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジンオイル(10W40)交換 104,670km(エンジンフラッシングも)

2014年02月03日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録

エンジンオイルを交換しました。(オイルエレメントは毎回交換しています。)
交換時の総走行距離は104,670km




PTクルーザーのメーカー推奨エンジンオイル粘度は『5W-30』となっています。
今まではそれを守って、ずっと5W30の粘度のオイルを入れてきました。

しかし、走行距離も10万キロを超えたので、オイルの粘度を上げてみる事にしました。

『走行距離の多い車はエンジンオイルの粘度を上げると良い』という記事を、ネットでちらほら見かけたからです。
エンジンオイル の 粘度 について(エンジンオイル屋)
間違いだらけなエンジンオイルの選び方(あいぼー君)



ということで、今回は10W-40のオイルを入れてみました。

選んだオイルは、『モリドライブ レスキュー SN 10W40』です。
『疲れたエンジンが生まれ変わる』というキャッチコピーの全合成油(100%化学合成オイル)です。
特殊モリブデン+エステルを配合したオイルで、『オイルの減り気味な車や5万km以上走行した車などにお薦め』という事です。

以前は、このシリーズはSMランクで部分合成油だったはずです。(前から、このシリーズは気になっていましたが、部分合成油なので買わなかったのです)
しかし、今回あらたに、最上位のSNランクの全合成油になって新発売されたようです。
僕は全合成油派なので、迷わず飛びつきました。
ちなみに、オートバックスで、5リットルで4,960円でした。(4L缶3,780円、1L缶1,180円)
全合成油にしては安い方だと思います。

ついでに、BARDAHL(バーダル)の『Galaxy Engine Flushing』オイルライン洗浄(フラッシング)も同時にお願いしました。

その結果...
オイル交換後に、明らかにエンジン音が小さくなりました!
最近、加速時のエンジンのうなりもかなり気になっていたのですが、それも見事になくなりました。

前回のエンジンオイル交換から9ヶ月で8,200km走っているので、ただ単にエンジンオイルが新しくなったからなのかもしれませんし、
エンジンフラッシングをした事や、10W40の粘度のエンジンオイルに変えたせいなのかもしれません。

ただ、僕の今までの経験では、オイル交換やフラッシングでここまでハッキリした体感をした事はありません。
添加剤等も色々なものを試したりしてきましたが、添加剤でさえもここまでハッキリ体感した事はありませんでした。
やはり、10万キロ以上走っているような車はエンジンオイルの粘度を上げると良い、というのは間違いではないのだと思いました。


燃費にはどう影響するのかは、これからしばらく観察してみないとわかりませんね。
これで燃費に特に影響がなければ、次回も『モリドライブ レスキュー SN 10W40』を使おうと思っています。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミッションマウント、IACモーター交換(102,600km)

2013年12月03日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
タイベル&エンジンマウント交換後に、アイドリング時の振動が増えた問題』対策の為に、ミッションマウントとIACモーターを交換しました。(PCMリセットもしてもらいました)


写真ではわかりにくいですが、ミッションマウントには切れがあったようです。
(通常は手で触っても動かないはずの部分が、動く程でした)



エンジンマウント交換時に、同時に交換しておくべきでしたね。


IACモーターを交換したおかげか、アイドリングも少し落ち着いた感じです。
アイドリング時の振動も、以前よりは減りました。
完全に以前と同じ状態に戻った感じではないですが、なんとか許容範囲までにはなったと思います。
エアコンをつけると若干振動は増えますが、それでも交換前程はひどくはありません。
しかし、寒冷時には振動が増えます。
気温によって振動が変わるとは、これいかに?

マウントの馴染みとかもあるかもしれませんので、もう少し様子を見てみようかと思います。


あと、アイドリング時の『エアコンのスイッチが入った時にたまに息つきする現象』は直ってないようです。
エアコンのスイッチが入った時に、アイドリングの回転数が一瞬100〜200rpmくらい下がり、同時にブルブルっと車体が震えます。(エアコンON時だけです)  
ディーラーによると、「テスターにかけてみないとわかりませんが、ファンモジュールの交換になるかもしれませんねぇ」との事でした。
ファンモジュールは、アッセンブリー交換となるので、パーツ代だけで6万くらいかかるそうです....。
(でも、調べてみたら、社外部品で、モーター部分だけで6千円くらいで売っているみたいです。)

冬なので、エアコンはあまり使いませんので、もう暫く様子を見てみます。
でも、来年の5月前(暑くなる前)には直さなきゃいけませんね。




今回かかった費用:


アイドルエアーコントロールモーター 17,010円
ミッションマウント 5,040円
工賃 8,400円
===========================
合計 30,450円












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LEDテールランプバルブ交換

2013年12月02日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録


テールランプのバルブはLEDにしています。


先日、テールランプの点検をしたところ、点いていない列を発見しました。

しかも、左右のテールライト共にです。

どうやら一部が切れているようです。

それでも、光量は充分あるのですが、念のため交換しておく事にしました。

テールライトをLED化してからちょうど丸4年です。

意外に寿命短かったなぁ。まぁ、一部が点かないだけで、完全に切れたわけではないですけどね。

ちなみに、ほぼ同時期にLED化した、ポジションランプ、ウインカー、ライセンスプレートランプ、ルームランプ、カーゴルームランプ、ハイマウントストップランプは、特に切れてませんし、今のところ問題ないみたいです。 
テールライトはストップランプも兼ねてますし、一番酷使しているので、切れるのも早いのかもしれませんね。

LEDバルブは、前回と同じくエール電子さんで『赤FLUX LED18連 3157ダブル球』を購入しました。
2個セットで3,900円(送料無料)です。
交換したバルブは、一応使えるので、完全に切れてしまったときの応急用の予備バルブとして車に積んでおこうかと思います。(ノーマルのバルブも積んでますが...)


これで、完璧!!!



いや、まて。
ブレーキを踏んだ時に明るくならないぞ?

運転席側だけのようだ。助手席側はちゃんと反応する。 

しかし、助手席側はウインカーが点かなくなった!!!
いったいどうした???


配線をちょっといじったら点くようになった。
どうやら、配線の接触が悪いのかもしれない。

どうにかすると点かなくなるし、どうにかすると点く。
しかし、その『どうにか』がよくわからない。

とりあえず配線を色々いじって、なんとか全部点灯するようになった。
しかし、これは応急処置でしかない。
このままじゃ、走行中の振動で、いつのまにか点かなくなる事もありそうだ。
しかも、PTクルーザーには球切れ警告灯なんて気の効いたものはない!!

さすがにブレーキランプやウインカーが点灯しないのは危険だからなぁ....
困ったぞ。
暫く、様子見るか?
それとも、すぐにディーラーでみてもらうしかないか?
テールランプの配線を一新すると、工賃を含めてどれくらいかかるものなのだろうか?
さすがに、そんなにべらぼーに高くないよね?

最近、色々と整備しているので、さすがに出費がきつい.....
かんべんしてくれー


==12月5日追記==
ディーラーでみてもらいました。
電球用のソケットと電源コードをつなぐカプラーの部分の端子がくすんでいたようで、そこを清掃することで直りました。(しかし、なんでそんなとこが!)
あまりにも単純作業だったので、無料でやってくれました。

とりあえず、一安心です。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スパークプラグとプラグコード、インマニガスケットを交換 101,840km

2013年11月11日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
交換時の走行距離 101,840km

===================


先日、タイベルとエアクリーナー交換等をしたので、ついでにスパークプラグの交換をする事にしました。
本当はタイベル交換の時についでにお願いしておけば良かったのですが、すっかり忘れていました。


ちなみに、前回スパークプラグの交換をしたのは 2009年11月(走行距離45,500km)。
ディーラーで交換して、部品代7,140円+工賃4,200円、合計11,340円かかっています。
スパークプラグは、前回何の種類に交換されたのかもわかりませんので、交換しておくにこした事はありません。もし、使われているのが標準プラグだとしたら、そろそろ交換時期ですしね。
その時はプラグコードは交換されていませんので、プラグコードも交換しておこうと思います。


スパークプラグは、ネットでDENDO(デンソー)のイリジウムパワープラグ(ITL16)を購入しました。
価格は1本788円です。
4本で3,152円、送料を入れても3,932円です。

プラグコードについては、DENSO製のプラグコードが3,980円で売られているのを見つけましたが、どうせなら性能のいいプラグコードを着けて少しでも燃費が良くなればと思い、奮発して『永井電子 ブルーポイントパワープラグコード ID/12438』というのを買う事にしました。
このプラグコード、定価は23,305円らしいのですが、ネットで色々調べたところ、送料込みで12,437円で売っているサイトを見つけたので、注文しようとしたんですが、どうもサイトの様子がおかしいんです。
サイト自体の作りは一見しっかりしているのですが、取って付けたようなサイト名とURLだし、たまにおかしな日本語が記載されていたり、会社概要のページには会社名も書いてないし、電話での受付時間帯が書かれているくせに、電話番号さえも掲載されていません。
住所も一応は存在しそうな住所ですが、該当する住所は見つかりませんし、その業者名も出てきません。
商品代金は先払いのみで、代引きもクレジットカードも利用できません。
色々不審な点が多く、よくある某国の怪しい詐欺サイトの匂いがしたので、色々ググって調べてみた結果、やはり詐欺サイトである事が判明。 
安さに釣られて、ついつい注文してしまうところでした。あぶねーあぶねー!
某国人の詐欺サイトは、ブランド品だけかと思っていたら、自転車用品、自動車用品、ガーデニング用品、食品まで、多岐にわたっているようですね。
サイトの造りが一見しっかりしているように見えるのは、実在するサイトから画像や文面をまるまるコピーしているからみたいです。
少しでも怪しいと思ったら、警戒して調べた方が懸命ですね。特に、支払い方法が先払いのみで、振込先が外国人名義になっていたらアウトと考えてもいいでしょう。
振り込んだら最後、連絡もつかず、品物は届かないと思います。
用心深い僕でさえも注文しそうになったくらいなので、おそらく被害者はかなり多いのではないかと思われます。
皆さん、お気をつけ下さい。



話がそれましたが....
という事で、プラグコードはamazonのマーケットプレイスに出品している業者に注文しました。
商品代金14,150円+送料800円で、14,950円でした。
DENSOのプラグコードよりも3.7倍の値段ですが、奮発しましたよ。
まあ、長く乗るつもりですし。


さて、PTクルーザーのスパークプラグ交換はけっこう面倒な感じです。(慣れていれば簡単でしょうけど)
エンジンの上に覆い被さっているインテークマニフォールドを外さないと、プラグ交換ができないのです。
スパークプラグ交換の時にはインテークマニホールドを外すので、その際にインマニのガスケットも交換しておいた方がいいという事を聞いたので、ついでにそれも交換もする事にしました。
(インマニガスケットを再利用すると、その部分からエアーを吸ってしまいエンジン不調になってしまったり、ガソリンと空気の空燃比が狂ってしまい触媒が割れてしまう恐れがあるらしいのです。)

ネット上には、PTのプラグ交換の方法が書いてあるページがいくつかありまして、自分でもできそうな感じもしましたが、トルクレンチも持ってないし、下手にいじるのも怖いと思ったので、今回はディーラーでお願いする事にしました。

ディーラーにプラグ交換の工賃の見積もりをとったら、工賃は4,200円と言われました。
さらに、インマニのガスケット交換も同時にお願いすると工賃はいくらか聞いた所、8,400円と言われました。
え? インマニガスケットの交換なんて、プラグ交換のついでに数分もあればできる作業なのに、なんで急に工賃が倍に跳ね上がるの? と疑問に思いました。
まあ僕の方も、正規ディーラーに社外部品を持ち込んで交換してもうらおうとしているので、それくらいは割り増しでとられても仕方ないですかね....。



おそらく1時間もあれば作業は終わるはず。
その間、待っているのも暇なので、作業を見せてもらう事にしました。
ウザいですねー。メカニックの人からすれば、やりづらいだろうなぁ。
でも、快く立ち会わせてくれましたよ。



ボンネットを開けた瞬間、メカニックの人が『あれ? この車、購入されたばかりですか?』なんて尋ねてきました。

エンジンルームがあまりにも綺麗だったので、最近新車で購入したばかりなのだと思ったそうです。
さらに、僕の車は新車時にガラスコーティングをしてあり、保管駐車場も地下なので、新車で購入してから6年経った今でも車体はけっこう光沢があってキレイに見えるからかもしれません。
「先日、タイベル交換したときにエンジンルームを掃除してもらったんですよ」と言ったら、納得してました。



プラグ交換は、インテークマニフォールドを外して上にあげて固定し、作業します。


木槌でインマニを支えてました。

この状態で、プラグ交換の作業をします。


スパークプラグは、前回の交換から5万6千キロ(4年)走ってますが、プラグの状態(焼け方)はいい感じで、まだ使えそうな感じでした。

前回、スパークプラグはディーラーで交換しているのですが、CHAMPIONのRE16MCという標準プラグを使っていたようです。
前回の交換時に、プラグ代として7,140円もとられてるので、てっきりイリジウムとか白金プラグが使われてると思ってました。

これと同じプラグは、日本では市販されていないようです。(ネット検索では国内ではひっかからなかった)
ディーラーがPT用純正品として輸入している物なのでしょうね。
ちなみにアメリカのamazonでは、同じ物が1本2ドル29セント(約230円)で売ってました。



プラグコードも交換。
純正のプラグコードは黒色なので、青色にすると、ちょっとだけ映えます(笑)

新しいプラグコードの赤い矢印の部分がちょっと鋭角になっているのを、メカニックの人はちょっと気にかけてましたが、「まぁ、(純正より)太いですし、大丈夫でしょう」との事でした。



次に、インマニガスケットの交換です。

赤い矢印の部分の、オレンジのパーツがインテークマニフォールドのガスケットです。

これが劣化しているとあまりよろしくないらしいのですが、素人目に見た感じでは、劣化はしてなさそうでまだまだ使えそうでした。


これが新品のインマニガスケット。(純正品)

これ、1個1,995円もするんです。 ただのゴムパーツです。これが4個で7,980円。高いなー。
ちなみに、海外のサイトで1個2ドル95セント(約300円)で売ってました。
まぁ、海外から通販で買ったとしても、送料や手間を考えるとそんなに変わらなくなりますか...。
ディーラーも利益をとらなきゃ、やっていけないわけですしね!



交換は簡単。 古いのを抜いて、新しいのをはめ込むだけです。
この作業で工賃4,200円増しは、やっぱ高すぎだよなー。


これで作業終了!(まだ、エアクリのカバーが付いてませんが)


洗車もしてくれて、洗車の時間込みで1時間ほどで終わりました。



結局、トータルでかかった金額は....

☆スパークプラグ 3,932円DENDOイリジウムパワープラグ4本、送料込
☆プラグコード 14,950円永井電子 ULTRAブルーポイントプラグコード
☆インマニガスケット 7,980円(クライスラー純正品)
☆工賃:8,400円

合計で、なんと35,262円


うーん。 タイベル交換に引き続き、けっこうな出費だな...。



さて、これでタイベル、ウォーターポンプ、エンジンマウント、エアクリーナー、スパークプラグ、プラグコード等の交換をほぼ同時に行ったわけですが、今後の燃費に多少の影響はあったりするんでしょうか?
最近は、以前と比べて燃費も落ちてきていたので、ちょっと期待しましょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアフィルターの交換 101,700km

2013年11月03日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
エアフィルター(エアクリーナー)のエレメント交換をしました。

前回点検した時は、見た目はそれほど汚れていませんでした。(何度か、掃除で済ませています。)
ちなみに、前回のエアクリーナーの交換は新車購入から2年目(2009年11月)の走行距離45,500kmの時 に、ディーラーで交換しています。
それから4年経過して、6万キロ弱走っているので、いい加減に交換しといた方がいいと思い、交換する事にしました。

なんと、エアフィルターのエレメントは、ネットで送料込みで1,995円で売ってました。(社外品)
PRO GAUGE エアーフィルター PTクルーザー 2006-2010年モデル

ちなみに、PTクルーザー2001年~2005年モデル用のエアーフィルターはこちらです。


こんなに安いなら、もっと早く交換しても良かったですね。

もちろん、交換作業は簡単なので、自分でします。
数分で終わります。


表↑


裏↑

左が新品で、右が今まで使っていたフィルターです。
まぁ、黒くなってますが、そこまでひどい感じではないとは思うんですけど。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイパーのゴムを交換

2013年11月02日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
PTクルーザー、ワイパーのゴムを交換

前回のワイパーのゴムの交換は、去年の6月でしたので、1年4ヶ月ぶりになります。
最近、拭き取りが悪いなと思いながらも、延ばし延ばしにしていました。


今回も、替えゴム CHAMPION/チャンピオン エアロバンテージ専用[AR700]のみの交換です。
ここのお店は、送料込みなので、換えゴム2本で1,398円で済みます。
しかも、速達のメール便で送ってくれるので、翌日には届くのが嬉しいですね。

ゴムの交換はめちゃくちゃ簡単です。
こんなに簡単で安いなら半年ごとに交換してもいいんですが、ついつい先延ばしにしてしまいます。

しかし、そろそろブレード自体も交換時期なのでしょうかね?
ちなみに、ワイパーブレードはフラットタイプに交換してから4年半くらい使っています。
ずっとゴム交換だけで済ませてきました。
問題なく使えているようではありますが、密着性とかが弱くなってきていたりするのでしょうかね?
次回はブレードごと交換かな?

ちなみに、ブレードごと交換する場合は、2本で4,760円(送料込み)です。


CHAMPION エアロバンテージ PT Cruiser ワイパーブレード2本セット

(※サイトには"適合車種:ミレーニア"と書いてありますが、PTクルーザーにも合います)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイミングベルト、ウォータポンプ、エンジンマウント、LLC交換。101,500km

2013年10月28日 | 定期整備・点検、消耗品交換の記録
新車より6年。走行距離が10万キロを超えたので、タイミングベルトを交換する事にしました。
アメリカでのPTクルーザーのタイミングベルト交換の推奨距離は16万キロと聞いているので、もうちょいひっぱってもいいかな?と思ったりもしましたが、日本とアメリカでは環境も違いますし、切れてからでは手遅れですから、交換する事にしました。


PTクルーザーのタイミングベルト交換は、作業が大変なので、作業工賃が高額になると聞いていました。
トータルで20万くらいかかるという話も聞いた事があります。
なので、少しでも安く交換できないかと思い、ネットで色々探して、埼玉にあるアメ車専門の整備工場を発見。
工場のブログをみると、PTクルーザーのタイベル交換の経験もあるようでしたので、早速見積もりをとりました。

すると、全部で13万円前後でできそうな感じだったので、そこにお願いする事にしました。
タイミングベルトよりも先にウォーターポンプが逝ってしまう事が多いらしいので、タイミングベルト交換の時にウォーターポンプとエンジンマウントとLLCを交換しておくのは定番らしいですので、それも含めての金額です。



車を預けてから、引き取りまでちょうど1週間かかりました。
一人で切り盛りされている整備工場の為、他の車や他の仕事と並行作業になるので、時間がかかるのは仕方ないですね。

内訳は下記のとおり。



作業工賃         68,000円
タイミングベルト      5,198円
ウォーターポンプ      7,999円
プーリーセット      22,980円
エンジンマウント右ロアー  6,999円
エンジンマウント右アッパー 4,599円
エンジンマウントFアンダー  4,599円
冷却水           2,400円
パーツ送料          600円
パーツ代引き手数料      600円
==================================
合計          130,173円(税込み)



パーツは、僕が自分で安いパーツ屋さんをネットで探して、それを整備屋さんから直接ネットで購入してもらいました。(パーツは社外品です)
こちらのお店です。
なので、送料と代引き手数料がかかっています。



これが交換したパーツ達。

左側の3つがエンジンマウントで、右側のがタイミングベルトやウォーターポンプ、プーリー等

タイミングベルトは、見た感じは亀裂もなく、山もあって、まだイケそうな感じではありました。
ウォーターポンプも漏れ等はありませんでしたが、そろそろ怪しいかな?という感じです。

エンジンマウントのブッシュ部分は、若干亀裂が入っている程度でした。

でも、交換しておくにこした事はありません。

『エンジンマウントを交換したら、エンジンの振動が減るかも?』と期待していたのですが、以前より振動が大きくなった感じです。
心なしか、エンジン音も大きくなった気が....
エンジンをかけてすぐ(エンジンが冷えている間)は、間違いなく以前よりも振動が大きくなっているのがわかるのです。ハンドルにも振動が伝わる程です。
しかし、エンジンが暖まって(走り出して10分くらい)しまえば、振動は徐々におさまり、気にならない程度になります。
それでも、以前よりは振動があります。
おそらく、車外品のエンジンマウントを使ったからではないかと推測しています。 なにせ、純正品よりも半額以下の値段らしいですからね。
エンジンマウントのブッシュ部分に、振動対策を無視した安い素材を使っているのかもしれません。
せめてエンジンマウントは純正を使えば良かったと、後悔しています。
こういうところに純正品との差が出るのかもしれません。
それとも、時間が経つにつれて、エンジンマウントのブッシュ部分がこなれてきて、振動もだんだん減っていくのでしょうかね?
それに期待しましょう。


家に帰って、エンジンルームを開けてみてびっくり!

エンジンを新品に載せ変えたんじゃないか?と思ったくらい、ピカピカになってました!
掃除しておいてくれたんでしょうね。 

エンジンルームは、どうせすぐ汚れるんでしょうけど、こういう心配りは嬉しいです!
自分で掃除してもここまでキレイにできないですしね。


ということで、タイベル交換、終わり!


交換時の走行距離は、101,500kmでした。



===2013年11月11日追記===
タイベルを交換してから350km走りました。
現時点では、アイドリング時のエンジンの振動に変化はありません。
相変わらず、エンジンをかけてから暫くはアイドリング時の振動が大きいです。
明らかに以前よりも大きいです。
ただし、走り始めて20分くらい経つと、エンジンの振動はかなりおさまります。それでも以前よりはちょっと大きいかなという感じです。

同時期にタイベルとエンジンマウントを交換した方からコメントをいただきましたが、その方もエンジンの振動が増えたそうです。
その方は、エンジンマウントは純正品を使っているらしいので、僕のが社外品だからという事もなさそうです。
その方からの情報にによると、『PTのマウントは遊びがあるらしく、ある程度調整できるらしい』との事でした。調整したらだいぶマシになったそうです。
しかし、ディーラーのメカニック担当に、エンジンマウントの調整について聞いてみたのですが『調整はできないと思いますよ?』との事でした
でも、実際に調整した人がいるので、調整はできるのかもしれませんね。 どうすればいいのか....。
まだエンジンマウント交換してから350kmしか走ってませんし、もしかするとマウントの馴染みとかもあるかもしれないので、もうちょっと様子をみてみようとは思ってます。
だって、走り出して暫くすると、エンジンの振動が減ってくるという事は、やはり馴染みとかの影響もあるということでしょうからね。エンジンが完全に暖まると、ゴムも暖まって柔らかくなるんでしょうかね? 最近は気温が下がってきたので、尚更かもしれませんね。



===2013年11月13日追記===
上の追記から、さらに350km走りました。
まだ、エンジンの振動はおさまりません。以前にも増して気になるようになりました。特にひどいのは、気温1℃〜7℃くらいの低温時の走行です。気温が低いとエンジンが暖まってもアイドリング時の振動はおさまりません。信号待ちでハンドルや身体にブルブル振動が伝わる感じで、不快になるくらいです。
それでも、日中温かくなると(気温15℃くらい)は、振動はそこまでひどくないので、気温もけっこう関係している感じもします。
そして、やはりエンジンの音自体も今までより大きくなった感じもあります。エンジンが震える分、音も大きくなるのでしょうか?加速する時に「今まではこんなに煩くなかった」と感じるくらい煩いです。 ちょっと前に車内の静音対策をしたので、特に気になるんです。
エンジンマウントを交換するまでは、静音対策の効果にとても満足していましたから....。
なんにしても、かなり気になるので、どうにか対策をしたいと思っています。


===2013年11月14日追記===
PTクルーザーのエンジンマウントについて色々調べてみました。
やはり、コメントで情報を頂いたとおり、エンジンマウントの取り付け位置には多少の遊びがあるようです。
(ディーラーのメカニックは「調整できない」って言ってたのに!!)

『右エンジン・マウント取付穴は、製造上の誤差を吸収するために、少し大き目になっている。マウントはパワートレインのアライメントが正しくなるよう、メーカの工場でセットされてある。従って、取付ボルトを緩める前に取付位置にマークを付ける必要がある。』

という情報を得る事ができました。おそらくこの事でしょうかね?
要は、『メーカーからの出荷時に、エンジンマウント最適な位置に調整されているので、エンジンマウントを外す際には位置をマーキングしておき、取り付ける時には元の位置に取り付けないといけない』という事だと思います。
簡単にできる作業なのかどうかは不明ですが、まずはエンジンマウントを交換した整備工場に相談してみます。


===2013年11月24日追記===
エンジンマウントの再調整をしてもらいました。(無料)
結果は.... なにも変わらず。
整備工場の方は、「何度でも調整しますので」と言って下さっており。
また再調整していただく事になっているのですが.....
なんどもやっていただくのは申し訳ないし、僕もめんどくさいです。

もしかして、エンジンマウントが原因ではないのではないかとも思い始めました。
ミッションマウントが原因とかも考えられるのでしょうか?
エンジンマウントだけを新品にしたので、ミッションマウントとのバランス(そんなのあるのか?)が崩れたとか?

振動は、アイドリング時にひどく、特に気になるのはエンジンの回転数が700以下になったときです。
気温が低い時や、エアコンをかけると特にひどくなります。
エンジン音も以前よりは大きくなっていると思います。(特に加速時)
ただ、アイドリング時でも回転数が高め(800rpm以上)になった時は振動は気にならなくなります。
もしかしてIACモーター、O2センサー等の不良も考えられるかもしれません。
そういえば、PTクルーザーのアイドリング時のエンジン回転数の基準は、いくつなんでしょうかね?

振動問題、暫く解決しそうにありません....
妥協して、我慢しようかとも思いましたが、やはりかなり不快なので、どうにかしたいですね。



===2013年11月25日追記===
知り合いの元クライスラーのメカニックの人に、症状を話して相談したところ、
ミッション側のマウント交換と、IACモーターの交換及びPCMのリセットを提案されました。
なので、まずはエンジンマウントを再再調整する前に、その2つを試してみる事にしました。
来週あたりに実施予定です。 それで改善されるといいなぁ。
今日も相変わらず振動がひどかったです。
特に、エンジンを始動してしばらくはかなりひどいです。早く改善したい!



===2013年12月3日追記===
ミッション側のマウント交換と、IACモーターの交換及びPCMのリセットをしました。
ミッションマウントには切れがあったようです。
結果、アイドリング時の振動はだいぶ落ち着きました。
完全に以前と同じ状態に戻った感じではありませんが、なんとか許容範囲までにはなったと思います。
エアコンをつけると若干振動は増えますが、それでも交換前程はひどくありません。
しかし、寒冷時にはまだ若干振動が気になります。

馴染みとかもあるかもしれませんので、もう少し様子を見てみようかと思います。

あと、アイドリング時の『エアコンのスイッチが入った時にたまに息つきをする現象』は、直ってないようです。
たまにですが、エアコンのスイッチが入った時に、アイドリングが一瞬100〜200rpmくらい下がり、同時にブルブルっと車体が震えます。(エアコンON時だけです)  
IACモーターでは直らなかったか.... 
ディーラーによると、「ファンモジュールの交換になるかもしれない」との事。
交換となれば、パーツ代だけで6万くらいかかります。
(でも、社外品で、モーターだけで6千円くらいで売っているらしい)

冬なので、エアコンの使用頻度はそれほど多くないし、これはもう少し様子を見ようと思います。
でも、春までには直さないとなぁ。


===2014年2月3日追記===
相変わらず、アイドリング時の振動がおさまらない(特に寒冷時)ので、エンジンマウントの不具合がないか、タイミングベルトの張りは正常かなどを、全て点検してもらいました。(無料でやっていただいています)
エンジンマウント交換から、すでに3,000km走っていますので、"馴染みの問題"とかではないようです。

結果、特に異常はないとの事です。
そのついでに電動ファンモーターの交換もしてもらいましたので、エアコン使用時のアイドリングの息つきはなくなりました。(これも、工賃無料でやってくれました。親切な工場です...)

そして、エンジンオイルの交換をし、エンジンオイルの粘度を5W30から10W40に上げてみました。
するとエンジンのノイズが減り、気になっていた加速時の唸りはなくなりました。(車内での体感です)
相変わらず、アイドリング時の振動はありますが、エンジンオイルを変えてからは少しだけ低減された気もします。

アイドリング時の振動は、ずっとではなく、消える時もあるのです。
気温が暖かいときや、エンジンが完全に暖まった時などには、アイドリング時の振動が落ち着く傾向にある感じもします。
やはり、低い気温などによるエンジンマウントのゴムの硬化などの影響もあるのでしょうか?
特に、気温が一桁台前半(4℃以下)くらいの時は、エンジンが暖まっても長時間走行してもアイドリングの振動は変わりませんので、やはり気温などの影響も大きいようではあります。


ひとまず、夏くらいまでしばらく様子をみる事にしました。



===2015年2月2日追記===

エンジン振動問題。 やっと解決しました。

社外品のエンジンマウントを使ったのが一番の原因だったようです。
詳しくはこちらの記事を。






コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加