Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「古い機種でも結構がんばる。Windows7でも問題なし」

メモリの少ないWindows 7 マシンはWindowsUpdateをオフラインアップデートしよう

2015年11月23日 00時08分55秒 | Windows7
 Windows 7 Starterやメインメモリ3GB程度のPCに32Bit/64BitのWindows 7をクリーンインストールした場合、WindowsUpdateでメモリ不足に陥る場合があります。
これはWindows 7 SP1に対するWindowsUpdateの更新が2015年11月現在で250個弱あり、これを一気にインストールするとWindowsUpdateがメインメモリを食いつぶし、メモリスワップが発生。HDDやSSDを頻繁にアクセスするようになり更新スピードも落ちてしまいます。しかも運悪くWindowsUpdate実行直後「シャットダウン」に!マークがある状態でシャットダウン処理をすると最悪250弱の更新が一気に行われ停止することもできなくなります。そしてこの場合約80~90個更新した辺りからメモリスワップが発生し1つの更新に5分以上かかる場合が発生します。その間ストレージは頻繁にアクセスされSSDなんかは寿命が心配になります。

WindowsUpdateのメモリリークがすべての原因
WindowsUpdateで1個や2個更新する場合は全く気になりませんが、多くの更新プログラムを一気に更新するとWindowsUpdateが実行している「svchost.exe」が段々とメモリを占有していきます。更新プログラムの KB3050265 を適応してメモリ占有問題を解決しても改善されません。(占有メモリサイズは減りますがメモリリーク自体は無くならない)

WindowsUpdateを使わないオフラインアップデート
WindowsUpdateがNETから更新プログラムをダウンロードして更新するのに対し、オフラインアップデートはあらかじめ必要な更新プログラムをすべてダウンロードしておき、バッチプログラムで順番に1つづつ更新していく方法です。そのためのソフトがWSUS Offline Updateです。

WSUS Offline Updateの入手
WSUS Offline Update - Update Microsoft Windows and Office without an Internet connection
http://www.wsusoffline.net/

上のリンクにあるページの右側の「Download area. 」をクリックし、「Most recent version」の下のバージョン番号をクリックすることでダウンロード可能です。

WSUS Offline Updateの使い方
WindowsとOfficeのオフラインアップデートディスクを作成する
http://norimaki2000.blog48.fc2.com/blog-entry-1249.html


http://norimaki2000.blog48.fc2.com/blog-entry-1250.html
上のページに詳しく説明があります。

WSUS Offline Updateを使うと・・・
簡単に言えばWindowsUpdateの更新プログラムをダウンロードの時間を待つことなく「メモリリーク無しで」インストール可能になります。これはWindows 7 Starterなどの管理メモリサイズの少ないWindows 7上ではかなり強力な味方になります。Windows 7 をクリーンインストールした際は必ずこのオフラインアップデートで更新プログラムをある程度適応し、最後にWindowsUpdateで最新の更新プログラムを適応する方が時間の節約にもなりますよ。

ただし良い事ばかりではなくて、かなり頻繁に「再起動」を要求されます。まぁ更新した結果が素早く反映されるので害はないのですが、ちと面倒ではありますw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows10のメジャーアップデート(2015年11月)

2015年11月14日 18時17分02秒 | 日記
当記事は情報が入り次第、随時更新されます。

Windows10の定期アップデート(?)であるメジャーアップデートを本日インストールしてみました。

ってかOS丸ごと入れ直しじゃんwww

そうなんです。Windows8.1からWindows10へPCのOSをアップグレードした時と全く同じ方法で、OSを丸っと入れなおしていますね。
それだけ大量な変更部分が生じたと考えてよいでしょう。

アップグレード自体は第四世代Core CPUのPentium G3220+DDR3-1600 8GBメモリ+SATA3 60G SSDなマシンで更新のダウンロードからアップグレード完了まで約1時間ちょっと。
OSだけなら更新は成功していますが、一部のソフトが「互換性がない」という理由でアンインストールされています。

私の環境でアンインストールされたソフト

 ・CPUID CPU-Z 1.73(64Bit)
 ・CPUID HWMonitor 1.28.0(64Bit)

ですが・・・両ソフト共にアップグレード完了後に再インストールすることで、

動くがやっ!(思わず名古屋弁w)

まぁどういう基準で「動かない」と判断したにか疑問ではありますがw(おそらくドライバ関連だと思います)
最後に簡潔に今回のアップグレードの結果を書きますと、

アップグレードは成功する。ただしドライバの互換性には注意。(毎度のことですねw)

ああっそうそう、
Windows10インストールメディア作成ツールでダウンロードできるWindows10のイメージも今回のアップグレードと同じビルドのISOに置き換わっているようなので、Windows10インストールUSBメモリなどを作成されている方はMicrosoftから再度ISOファイルやUSBメモリイメージをダウンロードすることをお勧めします。

Windows 10インストールメディア作成ツールのダウンロードページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

但し今回のアップグレードを適応してみて、不具合がないことを確認した後で行うことを強く推奨します。だって元に戻せなくなったら困りますものねw


Windows10メジャーアップグレードのお話でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Endeavor ST110-i3に側板とバックパネルらしきものを作ったw

2015年11月02日 16時16分25秒 | 改造
追記:
 写真追加


側板とバックパネル
NUC(マザーボード)と電源を内蔵したEndeavor ST110-i3(以下本機)を先回動作するところまで作りこみましたが、側板とバックパネルの製作が止まっていました。側板に関しては本機に元から付いていた筐体パネルを使用すれば楽チンなんでしょうが、マザーボードから出た熱が籠りそうだったので思い切って通気性の良い素材で新たに作りましょうという考えに至りましたw


↑新たに加工した側板。この時点では見栄えは悪くないw

側板に使用したのは毎度おなじみアルミパンチング板。300mm×400mmで1300~1800円程度。


↑側板を延長して折り曲げることでバックパネルも兼用しようと考えたのが運の尽きwww

写真が小さいのでまだ見栄えは悪くなさげですが、ニッパー一本ですべてを加工したので仕上がりが汚いw


↑マザーボードのI/O部分。

バックパネルのI/O部分の開口もニッパーで無理やりこじ開けw ま~この辺は使えれば問題なしということでw


↑電源コネクタ部。

決まったサイズの穴が規則正しく空いているパンチング板ではやはり取り付け穴などが寸法的にうまく合わず、なかば無理やり曲げたりして加工する羽目に・・・
筐体の大部分が「穴だらけ」なのでマザーボードやドライブ類の発熱の心配も不要で「ある意味理想的なケース?」になったように感じますw

調子に乗ってインシュレーターw

↑TeraTower-i3筐体から外したインシュレーターを取り付け

ゴム足を買いに行くのが面倒だったので何か良い足になる物はないかとパーツを漁っていたら、TeraTower-i3の筐体にインシュレーターがあるのを発見。もう使わない筐体なので外してしまえと本機に移植w 本機に使うのは若干勿体ないような気もしますが、他に使うあてもないのでまぁいいかw
縦置き用にはゴム足、平置きにはインシュレーター・・・なぜこうなった!?www
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EPSON Endeavor ST110-i3制作(まだ途中だけどなw)

2015年11月02日 02時21分13秒 | 改造
更新:
 誤字修正w
 暫定スペック表追加
 写真追加


EPSON Endeavor ST110(以下本機)
の筐体のみが転がっていたので、Windows10のアップデートで不調を起こしたTeraTower-i3を解体して出てきたNUC基板とUSBアダプタなどの資材を使い本器を小型PCとして復活させてみましょう。本器は元々CPUにCore2Duoと電源アダプターで給電するMini-ITX規格(EPSON独自規格の電源供給方式)のマザーボードを搭載し、メモリはDDR2-533で動作していました。ですがま~パフォーマンスの割に発熱が半端なく、電源アダプターが嫌いな私としては「どうにかして電源内蔵型の小型PC」にしたいと考えていました。先に述べましたがTeratower-i3解体時に出たCore-i3搭載のNUC基板がありましたのでこれと、内蔵用スイッチング電源(別機器から取り出した品w)を一緒に内蔵し、さらに本器に搭載していた光学ドライブやHDDベイも有効活用してみましょう。

こうなったよw(内部写真)

↑基板側を斜め前から。


↑NUC基板(真ん中)。写真左側の真四角の基板は4ポートUSB 2.0 HUB。


↑スイッチング電源。珍しくPC電源ソケット付です。

電源は+12Vと+5Vが出るデュアルラインスイッチング電源です。+12VはNUC基板に、+5Vは後で述べます光学ドライブやオプションベイ(HDD/SSDドライブ用)に供給します。


↑光学ドライブとオプションドライブ(SSD/HDD)の電源をスイッチするパワーリレー。(中央辺りの黒い四角いの)

このリレーはスイッチング電源から出力された+5VをUSBバスパワーの+5Vを使ってON/OFFするためのリレーで、100Vコンセントをつないだら即電圧を出力するスイッチング電源に、NUC連動の周辺機器を内蔵するための苦肉の策というやつですw
NUCの電源が入るとUSBへバスパワーが出力されるので、そのタイミングでNUCに搭載されているUSBバスパワーの+5VでリレーをONして、USB接続の光学ドライブとオプションベイに搭載したSSDやHDDに給電する仕組みです。
このパワーリレーは接点容量24V8Aあるので本器程度のUSB機器なら余裕で動作させられます。


↑4ポートUSB2.0 HUB。元は九十九電機で単発販売されたケース内蔵用キット。

このUSB2.0 HUBは10ピンヘッダがハンダ付けでき、マザーと同じようにUSB2.0ヘッダコネクタを接続できるので採用しました。ケースの配線をできるだけ壊したくなかったので。基板(写真下側)から出ているコネクタはパワーリレーのコイルへつながっています。なのでこのUSB2.0 HUBにNUCから+5Vの通電があればパワーリレーが動作する仕組みです。USBの補助電源コネクタをパワーリレーの電源に逆利用した形になりますw

内臓拡張ドライブ

↑光学ドライブ(下)と光学ドライブが被さるようにオプションドライブ(赤いラベルがちょっと見えている部分)。

光学ドライブは元は9.5mm厚スリムラインなスロットローディングDVDドライブを強引に12.5mm厚用のベイに取り付け。SATA光学ドライブをUSB接続で利用する外付けケースからUSB-SATA信号変換基板を取り出して利用しています。元はATAPI(IDE)方式の光学ドライブが載っていましたが、信号変換基板の仕様がSATA用しか販売されていなかったので急遽ドライブを変更しました。


↑USB-SATA信号変換基板を流用した外付け光学ドライブケース。価格は約2000円。


↑SATA-USB2.0信号変換基板を付けた光学ドライブ。

オプションベイのSSDに信号変換基板が干渉しましたが、SSD側のSATA-USB2.0変換基板には接触しなかったので助かりましたw



↑オプションベイに搭載されたSATA規格のSSD/HDDをUSB接続に変換する変換基板。

SATAのSSD/HDDをUSB2.0の外付けドライブ化するケースから信号変換基板を流用。写真の基板はTeraTower-i3から取り出した基板。
上の2つのドライブから出たUSB2.0信号はNUCの内部USB2.0ヘッダに繋いでいます。こちらはHUBを挟んでいないので転送速度は秒間30MB/s程度出ます。TeraTower-i3に搭載していた時にはHUBで分岐しまくって秒間17MB/s程度まで速度が落ちてしまってましたが・・・w

光学ドライブとオプションベイのSSDにはNUC基板側からはUSBヘッダの+5Vを配線していません。リレーからスイッチング電源の+5V供給しますのでUSBバスパワーは必要ないと判断したからです。

現在、基板側面ケースパネル(側板)とバックプレートがまだない状態ですが、通電して動作する状態になっています。また、本体のヘッドホン端子には信号が出ていませんので今後USB接続のサウンドアダプタを増設してヘッドホン端子を使えるようにするかもしれません。現在はHDMIから出力される音声信号で音を鳴らしています。

スペック
と言っても大したことはないのですが・・・

NUC型番:
 Intel® NUC DC3217BY

CPU:
 Intel® Core™ i3-3217U Processor (3M Cache, 1.80 GHz)

メモリ:
 DDR3-12800 4GB × 1(暫定)

チップセット:
 Mobile Intel® QS77 Express Chipset (Intel® BD82QS77 PCH)

GPU:
 Intel® HD Graphics 4000(CPU内臓)

映像出力:
 HDMI、Thunderbolt

サウンド出力:
 HDMI出力
 後日USBサウンドアダプタ増設の予定あり

ストレージ:
 SAMSNG MZMPC128HBFU-00000 128GB mSATA SSD
 A-DATA SSD 32G USB2.0接続(動作チェック用)

光学ドライブ:
 MATSHITA DVD-RAM UJ8A7AS USB2.0接続

無線LAN:
 Intel Centrino Advanced-N 6200

I/O:
 フロント
  USB2.0 × 2
  ヘッドホン端子(USBサウンドアダプタ増設後接続予定)

 リア
  Thunderbolt
  HDMI
  USB2.0 × 2

Core-i3搭載の結構動作の軽い普段使いの小型PCが完成間近です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加