Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「古い機種でも結構がんばる。Windows7でも問題なし」

MSI CX640を保護

2017年01月06日 23時49分35秒 | 日記
 MSIがその昔ゲーミング仕様として販売したIntel第二世代CPU対応ノート
CX640を保護してまいりました。価格は驚きの3000円

製品仕様:こちら


3000円w

CX640はCPUにIntel 第二世代 Core-i5 2410Mと
外部GPUにnVidia Geforce GT520Mを搭載したOptimus対応ノートです。


外装はシールなどがベタベタ貼ってあった跡が・・・


掃除前でちと「きちゃない」ですがw 至って良品でした。


パームレストのシール類も剥がれもなくきれいな状態・・・

一体このノートの何処がジャンクなのだろうと考えてみたら、
本体裏の拡張用ハッチの蓋の一部が強引に取り外そうとして変形破損
しています。(壊れてはいないが変形して割れそうw)
1箇所だけ日本では普及していない特殊ネジが使われていたと推測。

それ以外はメモリなし、ストレージなしの状態で
不足部品を追加して通電してみたところ何の不具合もなく起動します。
裏蓋が破損してるだけで第二世代が3000円 しかもi5は安いなぁ~
年明け早々よい品物をGETできたと喜んでおります。

今回は分解清掃が必要ないくらい内部も綺麗な状態でした。
CPUクーラーのFANと排気口の堆積埃を取り除くだけで
高負荷時でも静かに動作しています。

性能面では
 CPUが第二世代のCore i5なので普段使いには十分でしょう。
GPUはGeForce GT520Mですがお世辞にも昨今のオンラインゲームが
快適に動作するものではありません。(かなり低い部類です)

PSO2を全画面でプレイする場合、最低設定でないと満足にプレイできないほどw
できなくはないけどパフォーマンスは低いです。
その後の調べでPSO2をプレイする場合、
 テクスチャ品質:標準
 シェーダー品質:簡易
 フレームレート:60fps
 画面解像度:推奨全画面
この設定でヌルヌル快適にプレイできました。
ま~画面表示はキャラクタやエフェクトなどがかなり簡素になりますがw

対応OSは・・・
・Windows10 RS1 1607が動作しました。
 GPUもIntel、nVidia Optimusも問題なく動作。
 さすがは自社でマザーボードを開発するだけあってDiginnosとは違いますねw
 グラフィックス,タッチパッドとBluetoothは
 WindowsUpdateからドライバを取得する事で動作します。

 起動後画面が真っ暗のまま・・・
  本機をWindows10で起動すると画面が真っ黒のまま(バックライトは点灯)
 一度スリープにして復帰すると画面表示する現象を確認。
 推測になりますがACPIもしくはグラフィックスの初期化ミスがあるものと推測。
 どうもIntel HD Graphics 3000のドライバが原因のようです。
 ACPIに関してはBIOS画面に設定項目も無くBIOSも最新であるため打つ手無しw
 グラフィックスに関しては出力先変更もしくはドライバ更新でも現象変わらず。
  実際に使用する分には蓋を閉じて電源ON。起動後にスリープに入るので
 蓋を開けてスリープから復帰させれば正常に画面表示されます。
 あとは電源を落とさず、使用しないときはスリープさせるようにすると良いかも
 しれません。


 ACPI絡みでキーボードのホットキーの一部が動作していません。
 WiFiは本体のLED表示とは関係なく動作し、自動調光は動いていません。
 輝度調整の反応が遅く、ECOモードやカメラスイッチも動作していないようです。
 ま~この辺は使わない機能なので必要な場合は「設定」で操作します。

・Windows7は普通に動作します。GPUも問題なく動作します。
 ただしGeForce GPUドライバをインストールするタイミングに癖があり
 認識しないときもあります。

・RemixOSはIntel CPU内臓GPUで動作。ソーシャルアプリも問題なく
 動いていますがBlurtoothが認識していないようです。
 タッチパッドを使うかUSB無線マウスを使うと良いでしょう。

ドライバインストールについて
 以下の手順でドライバインストールを行わないと
 GPU Optimusと無線LANの干渉によりドライバインストールがうまくいきません。

 1、起動後、無線LANをOffにします。
 2、Intel HD Graphics 3000ドライバをインストールし再起動します。
 3、起動後、無線LANをOffにします。
 4、nVidia GeForve GT520Mドライバをインストールし再起動します。
 5、再起動後無線LANをOnにします。
 6、無線LAN(Bluetooth)ドライバをインストールし再起動します。

最終的に
 不足していたメモリ、DDR3-1333(PC3-10600) 4GB×2枚 8GBに増設し
120GB SSDを内蔵してWindows7 Home Premium SP1 64Bitを
インストールして現在細かな動作テストをしています。

実はメモリですがDDR3-1600(PC3-12800)が普通に認識して動作しますw
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows10 サービスを殺す(バ... | トップ | Intel第二世代ノートPCにWind... »

コメントを投稿