Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「古い機種でも結構がんばる。Windows7でも問題なし」

NEC VersaPro VK13MB-B 入手

2016年07月26日 11時31分30秒 | 日記
更新:2016年07月26日
 光学ドライブベイにHDDを追加増設
 現在記事執筆中w


本日大須へ毎度おなじみのジャンク漁りに出かけましてNECのノートを一台保護してまいりましたw 物はNEC VersaPro VB-B VK13MB-Bです。2010年10月にビジネス用12.1インチ画面の小型ノートとして売り出されていた製品のようです。


このノートのバリエーションの多さには驚きます。見た感じ皆同じw


キーボードにテカリが多少ありますが文字消えが無い分良品といえます。タッチパッドの右クリックボタンのメッキが剥げているのは愛嬌ということでw


価格は税込み9800円w 今回も例に漏れずPC-NETは嘘の情報タグを付けています。まったくしょうがないですねw

基本的なスペックは
CPU:
 Core i5 560UM 2コア 4スレッド 1.33GHz(BOOST 2.13GHz) 3Mキャッシュ 18w
 今で言うNUCクラスの省電力CPUです。
チップセット:
 Intel QM57 Express
メモリ:
 DDR3-8500(800MHz駆動) 2GB×2 4GBへ増設(最初2GBでした)
 消費電力削減の影響がこのあたりに出ていますね。
HDD:
 東芝 160GB 5400rpm HDD
 その後Apacer AST680S 128GB SSDへ乗せ買えWindows7、10のデータはこちらで撮ってます。
メモリーカード:
 SDHC/SDXC対応SDカードスロット×1
液晶パネル:
 12.1インチ 1280×800 TFT LEDバックライト 1677万色表示
グラフィックス:
 Intel Graphics Media Accelerator HD
 → HD Graphics(Gen 5) 166MHz~500MHz
PCカード:
 Type II×1
光学ドライブ:
 なし(取り付け可能)
USB:
 USB2.0×3
画像出力:
 VGA×1
有線LAN:
 1Gbps LAN
無線LAN:
 802.11b,g,n(300Mbpsで接続確認)
モデム:
 撤去w
サウンド:
 Realtek High Definition Audio
 本体スピーカー×1(モノラル)+音声出力(ステレオ)+マイク入力
ポインティングデバイス:
 タッチパッド
その他
 vPro対応、TPMチップ内臓

低消費電力版Core i5ですが周波数の低さを感じさせないサクサクした動作だと思います。しかし低消費の影響がグラフィックス能力に出ている感じがします。ですが普段使いにはまず問題の無い動作をしてくれます。

さて恒例の分解の儀と掃除を簡単に・・・(詳細な写真撮影を忘れていたとは言えませんw)

いきなりキーボードとフロントパネルが外れていますw HDDとPCカードスロットにアクセスできます。実はPCカードスロットがキーボードのある上蓋に取り付けられているのには驚きました。しかも光学ドライブ用のSATAコネクタまでも一緒に外れたのには驚きました。


裏面はメモリと無線LANにアクセスできます。


上蓋を外した所。PCカードスロットと光学ドライブ用SATAコネクタは蓋側にあります。光学ドライブが半分近くの面積を占めています。


PCカードスロットの裏側に光学ドライブ用Micro-SATAコネクタがあります。


電源スイッチ基板も蓋側にあります。

なぜ子基板を用いてスイッチだけ蓋側に配置する必要があるのかは疑問ですが・・・。


光学ドライブベイ全景。

厚さ9.5mm厚の超薄型の書き込み対応DVDドライブが内臓可能です。筐体はプラスチック製で内部に金属の粉体塗装が施されノイズ対策がなされています。


ストレージはゴムで挟んで入れ込むだけの簡単な取り付け方法です。

通常9.5mm厚のHDD/SSDを内臓できるようになっていますが7mm厚のSSDでもゴムがきっちり保持するのでガタ付く事はありません。


マザーボードです。なんか拳銃のような形ですね。CPUクーラーを取り外して分解清掃中の様子。写真上の丸いのがFANの回転子。


バックアップ電池には電荷が残っていました。


電池のある面の裏側。サウンド関係が集まっています。オプションでHDMI出力が付きそうですね。


CPUのバックプレート部。珍しく平滑、ノイズ対策用コンデンサに小さなチップコンデンサのみのシンプルな作り。左上にCPUクーラーがあります。通常はCPUに一番近い位置の基板を挟んだ裏側などに大容量コンデンサを並べてCPUの負荷の変化で生じる突発的な電流増大による電圧降下を防止したり、周囲のデバイスが発するキャリアノイズが電源電圧に乗ってしまうことへの対策にコンデンサを取り付けるのですが、多少離れた位置(写真左下あたりの黒い四角い物体w)に並んでいますね。(熱消耗のあるコンデンサを熱源であるCPUから遠ざけ、熱によるコンデンサの破損対策がなされているようです。よく考えられています)


おそらく公衆無線用Mini-PCIeコネクタのランド(空きパターン)とSIMカードスロットのランドがあります。


裏返してモデムカード用スロット(モデムが搭載されていましたが即撤去しましたw)と無線LAN用Mini-PCIeスロット。Mini-PCIeスロット周辺に2PのDIPスイッチがあり、BIOSクリアが可能になっています。企業用PCにしてはBIOSハード的に初期化が可能なのは珍しいといえます。セキュリティ設定がクリアされる可能性があるからですが・・・。


メモリスロットは2本あります。最高8GBまでメモリ増設ができます。メモリはDDR3-8500(1066MHz)の製品を使いますが、実際の動作周波数は800MHzだそうです。おそらくは消費電力を抑えるため速度を落としているのだと思います。その右隣にはCPU。シリコングリースを切らしていたのでCPUクーラーは外しませんでした。FANを外して掃除&グリスアップしている最中なのでFANが付いていませんが。


CPUクーラーから伸びたヒートパイプはチップセットの真上を通ってヒートシンクへ。チップセットにはヒートパイプは接触していませんwチップセットはあまり熱を持たないのでしょうね。


無線LANカード。300MBpsで通信ができます。(と言いますか我が家ではそれ以上の速度のルーターがありませんw)
Windowsでは別途ドライバが必要ですがRimixOSでは自動認識しています。

Windows7 Home premium 32bit版をインストール

ドライバ類はNECのHPからダウンロードして何の不都合もなく全ドライバのインストールが完了しました。


エクスペリエンスインデックスの値。第一世代のCore i5マシンにしてはグラフィックスが寂しい結果に。しかし使っている分にはあまり不便を感じないですね。ストレージが7.0で頭打ちなのは本機がSATA2(3GBps)なので本来のSSDのスピードは出ません。それでもHDDとSSDでは体感速度にかなりの差が出ています。SSDはやはり快適ですね。

Windows7 Home Premium から Windows10 Home TH2へアップグレード
上でインストールしたWindows7をWindows10へアップグレードしてみました。今回はUSBメモリにMicrosoftからダウンロードしたWindows10のイメージを入れて作業しました。結果は何の不具合もなく全て終了。デバイスドライバも追加や再インストールなどがなく順調に終了しました。

メーカーロゴもちゃんと表示されています。

動作に関しても特に不具合もなく普通に動作w エクスペリエンスインデックスは収集しませんでした。もう少し苦労するかと予想していただけに拍子抜けです。この状態でWindows10の2回目の大型アップデートを行ってみようと思います。

ちなみに今回使用したSSDのApacer AST680S 128GB SSDのデバイススピードを計ってみました。

SATAのインターフェースが3Gbpsなので読み出しスピードはこんなものではないでしょうか。書き込みに関してはSSDの性能上限と見て良いでしょう。このクラスのノートPCではこれだけ速度が出ていれば十分早い部類だと思います。(PCの速度的に)

RemixOS 2.0.403の動作を確認(32Bit版のみテスト)
Windows7上からRemixOSをインストールし動作テストを行いました。結果は「動作する」で本機の性質上パフォーマンスのバランス的に微妙な感じです。ですが普段使いならば慣れの問題程度の些細な問題です。体感的にはCPUの動作は全く問題がありません。むしろこの周波数でよく動いていると感じます。ですがGPUが省電力用に動作クロックを抑えているため「多少マッタリ」していると言えます。この挙動はゲームプレイに微妙に影響します。ゲームプレイができない訳ではありませんがモタ付きなどが多少出ます。ですが動画再生に関しては不都合なく再生できている感じです。Radeon GPUのようにDVDプレイバックで画像抜けが起きたりはしません。

RemixOS 2.0.403 32Bit(Windows7インストール)
 Antutu 6.0:59534
  GPU:443
  UX:26809
  CPU:26413
  RAM:5689

もう少しグラフィックス性能があれば良かったのですが・・・w 省電力CPUとしては頑張って動作していると思います。

メクラのしてある光学ドライブベイにHDDを増設
本機には光学ドライブが搭載可能ですがプラスチック製のメクラ(ダミー)で蓋がされていました。ですがこのメクラをよ~く見ると光学ドライブ型HDD増設キットに改造できそうな予感がしましたので思い切ってこの光学ドライブダミーを増設HDD用に改造してみました。


光学ドライブダミーにMicroSATA→SATA変換基板を乗せてHDD/SSDが載るように加工した状態。

白い筋状の跡は仕切りがついていた物をHDD/SSDのサイズに切り取った跡です。これにより取り付けた後のHDD/SSDがガタ付いたりせずに保持されます。


試しにHDDを載せてみました。いい感じにガタ付きも無く保持されています。特にねじ止めなどはしていません。


信号コネクタ部。変換基板は両面テープで固定するだけでHDD/SSDと仕切りなどで固定されています。途中で外れたりする心配は皆無です。


裏面の様子。四方と上下からHDDを保持できますので特にねじ止めは行っていません。7mm厚のSSDを載せる時のみSSDの上に2mm程度のスペーサーを入れれば問題は無いでしょう。


160GB HDDでアクセス速度を計ってみました。

デバイスマネージャでUltra DMA Mode6と表示されていましたのでほぼ本機HDD/SSDベイと同じ速度が得られるようです。BIOSからはCD/DVDとして認識しているようですが起動もできます。アクセスLEDは本機HDD/SSDのアクセスLEDと共通になっている様で特に追加でアクセスランプを追加する必要もありませんでした。
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RemixOS 2.x.x 起動可能PCメモ | トップ | RemixOS 3.0 をインストール... »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えて (わかちゃん)
2016-12-16 17:47:36
私も同じことを考えています。変換基盤のメーカーと型番を教えていただくと助かります。
ご覧いただきありがとうございます (管理人)
2016-12-16 19:54:14
>わかちゃん様

バルク製品を買ったため正確な型番はわかりかねますが、

12.5mm厚(旧スリムライン)用MicroSATA-SATA変換でしたら使えるはずです。
間違えてはいけないのがSATA-EIDEの製品を買わない事ですね。

GROOVY グルービー
GR-SLS250S [スリムドライブ型HDDマウンタ(ノートPC側スリムラインSATA/HDD側SATA)]
などが使えます。信号変換などは無くコネクタの形状だけを変換しています。
vb-b購入しましたが (k-tanabe)
2017-09-25 14:46:36
この度、中古を購入しましたが、冷却ファンが高回転になり、しばらくすると電源が落ちてしまいます。
ファンを掃除しCPUグリスも点検しようと分解しました。
CPUについている冷却バーを外すとグリスはついて無く、グレー色のシールが貼ってあります。シールは弾力が有り乾いたようでは有りませんが、グリスは付いていません。
電源落ちは、熱暴走での結果なのか?
グリスを塗れば暴走は解決できるのか?
マザーボードに原因が有るのか?

ファンは汚れていませんでした。
どう思われるのか教えてください。
ぶしつけですが宜しくお願いします。
vb-bについて (管理人)
2017-09-25 15:15:43
>k-tanabe様
電源落ちの症状でお悩みのご様子お察しいたします。

まずご確認いただきたい項目があります。

1、電源落ちが発生した時、実際にCPUは発熱しているか

2、電源落ちが発生するまで何をしていたか
  BIOS画面表示で放置しているとCPUがある程度熱を持ちます。
  この状態でCPUクーラーが浮いたり放熱不良ですと発熱保護で電源が落ちます。

3、バッテリーは搭載しているか
  バッテリーが搭載されている場合、外した状態でテストします。
  状態が同じであるか確認します。

4、電源アダプターの容量は足りているか
  本体記載電流値と同じ、またはそれ以上の容量の電源アダプタを使用します。
  稀に容量の小さい電源アダプタで駆動させると同じ現象が発生する機種があります。

5、メモリは刺さっているか
  メモリなしの状態で動作させると何が起こるかわかりません。
  念のためメモリを挿し直してみと良いかもしれません。

質問への解答

 グレーのシールは放熱パッドで定格使用ではこのパッドで十分放熱可能です。放熱力を上げるならばシリコングリスに好感すると良いでしょう。ですが今回の場合、原因は他の場所にありそうです。

故障の場合

 電源レギュレータ故障によりCPUへの電源電圧が異常になっている。素人には修理不能です。似通った症状になります。CPUがさほど発熱していないにもかかわらず電源落ちする場合怪しいです。

 バッテリ充電回路の異常。この場合基板を見ていると変色、焼け焦げ、異臭などが見つかる場合があります。あとバッテリの充電ランプが転倒しない場合があやしいです。

 根本的なこととして、電源を入れてBIOS画面は表示できますか。出来る場合原因は電源系かCPU周辺のコンデンサの容量抜けに絞れます。CPUが発熱する前に電源が落ちる場合、コンデンサも怪しくなってきます。

 最後に基板汚いですか。部品面に埃が多いと電源リークなどで誤動作する場合があります。

以上の項目のご確認をされてはいかがでしょうか。

私も以前Core i7搭載の同機種でCPUコンデンサ不良で同じような現象の中古を引いた事があります。このときは5秒~10秒で電源スタンバイに入っていたように思います。
vb-b 状態報告 (k-tanabe)
2017-09-25 21:31:37
早速の御回答、ありがとう御座います。
暗中に光を得た気持ちです。

さて我が家に二月前に来た当初(一月くらい)は何事も無く快適な様子でしたが、突然にファンが高回転となり落ち、しばらく(10分くらい)してスイッチを入れると立ち上がりますが、また落ちるの繰り返しでした。
それから、電池を外しノートPC用台に裏面を浮かせて使用してみたら2週間くらいは何事も無く、来た当初の状態で動いてくれました。
今は会社のPCで投稿しておりますので、明日帰宅しましたら助言の中の実行できる事を試して、報告します。
今後とも宜しくお願いいたします。
vb-b 分解掃除、、 (k-tanabe)
2017-10-10 17:39:22
遅くなりました。
分解掃除を実施し、マザーボードを外しました。そして、CPUに付いていた冷却用ユニットも外し、放熱性電磁波ノイズ吸収シートなる物を、古いCPUシートを指で擦り取りまして貼り付けました. そして放熱シートが余りましたので、グラフィックカードにも貼り付けました所、見事に起動しました。嬉しさで一杯です。
そのシートはワイドーワークの製品です。
厚さ2mmで50mm X 50mmの製品です。ご指導有難うございます。
CPUに付いていた古いシートは剥がす時に
ボロボロと細かくなりバラバラに成りました。これが原因だったら良いのにと思っています。
おめでとうございます (管理人)
2017-10-10 20:02:32
>k-tanabe様
無事復活されたとの事、お喜び申し上げます。

CPUが熱損する前に復旧できたこと、大変喜ばしく思います。

CPUクーラーなどの俗に言うCPU放熱グリスなるものも半年から1年で塗りなおすのが一番冷却効果を保てるらしいです。

今後また負荷の割りにFANの回転が高いなと感じられたとき、CPUの放熱を疑ったほうが良いかもしれません。
BIOSについて (山田 一郎)
2017-11-12 21:19:57
はじめましてよろしくお願いいたします。
私も同じ機種を使っています。

1.DIOSにパスワードが掛かっていて、解除できません。
記事の中に”Mini-PCIeスロット周辺に2PのDIPスイッチがあり、
BIOSクリアが可能になっています。”と書いてありました。

基盤を見ると次のように書いています。
  ON:CREAR
  OFF:NORMAL
具体的にON OFFは、どのようにするのでしょうか。
細い電線で、1と4 2と3 を短絡させればいいのでしょうか。
具体的なやり方を教えていただけると大変ありがたく思います。

2.無線ランカードがありませんでしたので、Mini-PCIeスロットに
取り付けました。

ところが、ドライバーも適正にあたっていますが
無線ランの診断をしたところ、スイッチが入っていないと診断されました。
スイッチを入れる方法を教えてください。

よろしくお願いいたします。

ご覧いただきありがとうございます (管理人)
2017-11-12 22:21:40
>山田 一郎様

BIOSパスワードにより初期化できないご様子、お察しいたします。

通常BIOSクリアのシークエンスはDIPスイッチを(DIPスイッチの印があるほうがON=CLEAR)1,2共にCLEAR側に設定し、一度電源をOFFにします。再度電源をONにしてBIOS画面に入ります。スーパーバイザパスワードが設定されていない状態ですとこの時点でBIOSの設定値は初期常態になっているはずです。

尚も設定がクリアされない場合、スーパーバイザパスワードによりクリア禁止になっているかもしれません。

私が試したときにはパスワードが設定されていない時でした。

次に無線LANですが「無線LAN未搭載機種」は本体に無線ON/OFFのスイッチが無い場合があります。

この場合BIOSで一々設定しないといけない様です。(OS側で設定できるのでスイッチ操作は必要としていませんでしたが)

BIOS画面に入れない場合、設定できない場合があります。

他の機種でのお話ですが、
邪道ですが本体を分解し、マザーボードの正面、左手側にスイッチのランド(部品未実装パターン)がある場合はON側にジャンパーしてやると動作した機種もありましたが・・・。

最後にこれも分解の話になりますが、CMOSバックアップ電池を外して24時間ほど放置するとBIOS内容を保持できず規定値に戻るという荒業もあります。

古い機種ですとこれでスーパーバイザパスワードも消えますがTPMチップを搭載している当機種では通用するかわかりません。

以上が参考になりますと幸いです。

コメントを投稿

関連するみんなの記事