Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「古い機種でも結構がんばる。Windows7でも問題なし」

Android x86 6.0 r3をちらっと触ってみた

2017年04月29日 12時21分52秒 | Remix OS・Android
 WindowsPC(Intel CPU)で動作可能なAndroidとして移植が進められているAndroid x86。その最新ビルドのAndroid x86 6.0 r3をダウンロードしたので使ってみた。

使用機材は第二世代Core i5のスタンダード構成でメモリ2GBのノートPC
 Android x86 6.0 r3 32Bit版をインストールしテスト

使ってみた感想
・第二世代でも動作は軽く不具合は感じない

・アプリ起動モードがランドスケープに固定できない。
 さすがにタブレットを意識しているだけあってデスクトップやノートパソコンで使用する場合横画面(ランドスケープ)対応アプリかどうかインストールするユーザーが判断しなければなりません。

・ストアからダウンロードした一部のアプリが起動後、画面が真っ黒のまま動作しない
 特にソーシャルゲームなど
 ベースがAndroid 6.0のRemixOSで動作してなぜにオリジナルのAndroid x86で動作しないのかは不明。

・RemixOSで動作を確認しているアプリがストアからダウンロードできない
 PC版AndroidなのだからRemixOS同様プレイストアの機種チェックは外したほうがいいと思う。
 「お使いの端末ではつかえないよん」と言われるw

・マウスオペレーションが大幅に改善
 以前はストアからダウンロードしたアプリはマウスで操作できない物が多かった。
 現在は試した限りではすべてのアプリをマウスで操作可能でした。

・HDDにAndroidをインストールした場合・・・
 キャッシュの少ないHDDを使用すると常時「カリカリコリコリ」とアクセスしている状態が続きます。これは非常によろしくないと思います。SSDより書き換え寿命があるHDDですがアクセス状態が続くということは振動や衝撃に非常に無防備で保存されているデータにクリティカルな物理的ダメージを与える可能性が高くなります。

現状Windows PCでAndroidを動作させるにはRemixOSを使用するのが使用上の不便が少ないようです。
『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PhoenixOSをちらっと触ってみた | トップ | RemixOS 3.x.x 動作確認ハー... »

コメントを投稿