Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「古い機種でも結構がんばる。Windows7でも問題なし」

Windows10 をカスタムすると言うことは

2017年06月17日 15時53分03秒 | Windows10
Windows10をカスタムするならWindowsUpdateは諦める
 最近WindowsUpdateで更新の適用に失敗することが多くなっていますが、その原因はWindowsUpdateの更新ファイルの構造とインストール手法によるトラブルが多く、簡単に言えばたくさんの更新ファイルを内包した総合アップデートの中で1つでもエラーがあった場合、全ての更新が一括して「失敗」扱いになり「ロールバック」されてしまう。

その「失敗」の原因は・・・
 ・Cortanaのフォルダを削除しCortana本体を消してしまっている
 ・Windows Defenderを停止し自動アップデート機能が失われている
 ・UWPプラットフォームのアプリインストーラを停止している
 ・依存関係先が存在しない又は停止状態で参照できない
 ・テレメトリ対策で適用作業が邪魔された

などが考えられます。最近のWindows10でのWindowsUpdateは「複数の更新を1回で行うタイプ」に変更され回数こそ減るが、実質的に更新の総量は過去のOSと総大差ないのが現状です。

そこにきて1つの更新失敗で全体が「失敗」扱いされる事で、いつまでたっても最新にはならない。

ならばいっその事、更新しなければいい

我慢の期間は大型アップデートまでの間の最大で半年程度

それまでにメディアに取り上げられるようなクリティカルな「脆弱性更新」以外は、無くてもアプリさえちゃんと動いてくれれば「正直どうでもいい」はずです。

なのでWindows10からCortanaの機能を消したり、邪魔なUWPを全て排除したり、ファイル操作の妨げになるWindows Defenderを停止したりする場合は、潔く次期大型アップデートが来るまでWindowsUpdateは行わないようサービス自体を殺しておくと良いでしょう。

Windows10をカスタムすると言うことは、
大型アップデートの度にクリーンインストールし直すことを覚悟する
WindowsUpdateが失敗するのに大型アップデートが成功する訳が無いではあ~りませんかw

OSの入れ直しに躊躇が無いユーザーの方のみ突っ込んだカスタムができると理解された方がよろしいようです。

まぁ私はWindows10は触りたくも無いですがw
『OS』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows 7 の WindowsUpdate... | トップ | ASUS X200CA でRemixOS 3.0.2... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんなカスタマイズも (窓ぎわ7)
2017-06-21 18:12:07
Win10の大型アップデートは春と秋の年2回やるようですね(運動会じゃあるまいし)
これを楽しみとするには、パソコンが複数台あるならテレメトリー関係とかフィードバック、データの提供などの設定をすべてONにする(単なるイヤミ)
で、ネットには一切接続しない。
新しいバージョンのWin10は有り難くいただく。
こんな使い方はどうでしょう。
ISOだけは頂きます (管理人)
2017-06-21 21:40:10
>窓ぎわ7様
Windows10のISOだけはちゃっかりダウンロードさせてもらって

ダミーの無修正Windows10のストレージを用意して1度アップグレードします。

失敗、成功問わず一度起動すればプロダクト系は継承されますので用済みストレージを外して、元のOSに戻します。

我が家ではプロダクト継承の為、ストレージだけWindows10用の物を用意しています。

まさに付け替えるだけ〜

という有様ですw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。