Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「古い機種でも結構がんばる。Windows7でも問題なし」

Windows10 Homeの不必要なサービスをまとめて殺すw

2016年11月30日 22時51分02秒 | 日記
更新:2016年11月30日
 レジストリ用語を修正(一般的な呼称に統一)


対象:Windows10 Home [RS1 1607] 32Bit/64Bit
注意:RS1 1607でのみ検証しています。
 それ以外のバージョンでは意図した通りに動作しない場合がありますのでご注意ください。

 当記事の内容を実践して発生した如何なる問題も当記事執筆者は責任を負いません。
 自己責任で実践してください。


Windows10 Homeをインストールして一般家庭で普通な使い方をするPCでは不必要と思われる
サービスを根こそぎ「停止」させるレジストリ設定ファイルを作ってみた。

利用できるPC環境は「デスクトップPC」「ノートPC」「スティックPC」向けです。
「タブレットPC」や「Windows10スマートフォン」では利用しないでください。

以下の内容は私個人のPCの設定で使用した物です。
利用する場合、みなさんの環境に合わせて「無効」にしたいサービスのレジストリキーと値、
青字」の部分をカットアンドペーストしてご利用ください。

また各機能の説明は必要最低限の物に留めていますので必要な場合はGoogleなどで
機能を調べてから組み込んでください。

実行後、要再起動
 サービスによっては起動時に副次サービスを展開しているものがあるので、再起動してそれらの実行も止める必要があります。元が停止状態なら副次サービスも実行されません。

レジストリ設定ファイルの記述
レジストリの修正により要らないサービスを無効化します。
以下にレジストリ変更に必要なヘッダーを記述します。

Windows Registry Editor Version 5.00

上の「青字」の部分を新しく作成したテキストファイルにカットアンドペーストします。

次に設定したい機能のキーを記述していきます。
ここからは設定が必要な機能(殺したい機能)の「青字」の部分を
テキストファイルにカットアンドペーストしていきます。

●AllJoyn Router Service
IoT機器の設定プロトコルをサポートするとか。不必要w

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AJRouter]
"Start"=dword:00000004


●App Readiness
ユーザーがこの PC に初めてサインインしたときや新しいアプリを追加したときにアプリを使用できるよう準備します。
この設定をするときはユーザー設定が済んでいる状態なのとストアアプリを新しく追加する予定はないので不要。
WindowsUpdateを実行するときは設定を「手動(3)」にする。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AppReadiness]
"Start"=dword:00000004


●AppX Deployment Service (AppXSVC)
ストアアプリの実行に必要。
これを殺すとストアアプリが正常に動作しない可能性がある。
特にスタートメニューでのライブタイル動作など。
ストアアプリ使わないので殺す。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AppXSvc]
"Start"=dword:00000004


●BitLocker Drive Encryption Service
BDESVC は、BitLocker ドライブ暗号化サービスをホストします。
使うとストレージのアクセス速度が落ちます。不必要

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\BDESVC]
"Start"=dword:00000004


●Block Level Backup Engine Service
WBENGINE サービスは Windows バックアップでバックアップと回復操作の実行のために使用されます。
Windowsのバックアップ機能を使わない場合は不必要です。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\wbengine]
"Start"=dword:00000004


●CDPUserSvc
説明が読み込めないw 怪しいサービスなので即停止w

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CDPUserSvc]
"Start"=dword:00000004


●Certificate Propagation
スマート カードがスマート カード リーダーに挿入されたときに検出します。
スマートカード使わない場合不必要。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CertPropSvc]
"Start"=dword:00000004


●Connected Devices Platform Service
ホローレンズ系のサービスか?使われていないので殺しますw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CDPSvc]
"Start"=dword:00000004


●Connected User Experiences and Telemetry
診断結果のMicrosoftへの送信。
テレメトリ関係を殺している環境では不必要。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DiagTrack]
"Start"=dword:00000004


●Contact Data
連絡先のインデックスを作成して、連絡先の検索を高速化します。
メールや連絡先はWindows10以外のソフトで行うので必要なし。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PimIndexMaintenanceSvc]
"Start"=dword:00000004


●Cortana
音声アシストCortana
音声を無差別採取しテキスト変換できる内容はMicrosoftへ送信されるので殺す。
Cortanaの内部DLLはWindows10の様々なサービスで使用されていて厳密には
Cortanaを殺したことにはならない。一番有効な方法はPC本体の内臓マイクを破壊すればよい。
そうすれば音声を採取されMicrosoftに送信される心配はなくなる。


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search]
"AllowCortana"=dword:00000000


●Data Sharing Service
アプリケーション間でデータのやり取りを処理します。
一見必要そうに感じて実は不要。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DsSvc]
"Start"=dword:00000004


●DataCollectionPublishingService
The DCP (Data Collection and Publishing) service supports first party apps to upload data to cloud.
なんでこれだけ説明英語やねんw クラウドへデータを転送するそうです。不必要
OneDriveやOffice365を使うユーザー様は設定しないでください。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DcpSvc]
"Start"=dword:00000004


●Delivery Optimization
コンテンツ配信の最適化タスクを実行します。
コンテンツ配信しませんw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DoSvc]
"Start"=dword:00000004


★Diagnostic Policy Service/Diagnostic Service Host/Diagnostic System Host
診断ポリシー サービスを使用すると、問題を検出、トラブルシューティング、および解決できます。
PCが正常なのを確認後、無効にする。
どうしてもエラーとなる場合はレジストリエディタから操作すると良いです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DPS]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WdiServiceHost]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WdiSystemHost]
"Start"=dword:00000004


★Distributed Link Tracking Client
ネットワーク内またはコンピューターの NTFS ボリューム間のリンクを管理します。
ドメインに参加していない場合は不要。
どうしてもエラーとなる場合はレジストリエディタから操作すると良いです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TrkWks]
"Start"=dword:00000004


●Distributed Transaction Coordinator/
KtmRm for Distributed Transaction Coordinator

分散トランザクションを調整。
普通の一般家庭のPCではまず使わない機能。不必要

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSDTC]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\KtmRm]
"Start"=dword:00000004


●Downloaded Maps Manager
Microsoftから地図データをダウンロード。
デスクトップとノートなので地図は利用しないので不要。GPSがある機種は必要かも。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MapsBroker]
"Start"=dword:00000004


●Fax
FAX を送信したり受信したりできます。
使いませんw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Fax]
"Start"=dword:00000004


●Geolocation Service
位置情報の提供。GPSやIPアドレスから位置情報を知りたい場合は必要。
GPS無いし、固定PCなので必要なしw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lfsvc]
"Start"=dword:00000004


●HomeGroup Listener/HomeGroup Provider
ホームグループの構成とメンテナンスに必要。
ホームグループ使わないので不要。
これを行うとエクスプローラからホームグループを消せます。
副作用:エクスプローラやファイルダイアログでドラッグアンドドロップできなくなる。(ねんでやねんw)

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\HomeGroupListener]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\HomeGroupProvider]
"Start"=dword:00000004


●HV ホスト サービス/Hyper-V Data Exchange Service/
Hyper-V Guest Service Interface/Hyper-V Guest Shutdown Service/
Hyper-V Heartbeat Service/Hyper-V PowerShell Direct Service/
Hyper-V Time Synchronization Service/
Hyper-V ボリューム シャドウ コピー リクエスター/
Hyper-V リモート デスクトップ仮想化サービス

仮想マシンHyper-V環境の提供。
どうでもいいけど数多すぎ、名前長すぎ、こういうものこそ纏めろよと言いたいですw
使わないのでまとめて殺すw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\HvHost]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmickvpexchange]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmicguestinterface]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmicshutdown]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmicheartbeat]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmicvmsession]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmictimesync]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmicvss]
"Start"=dword:00000004
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\vmicrdv]
"Start"=dword:00000004


●Infrared monitor service
範囲内にある他の赤外線デバイスを検出し、ファイル転送アプリケーションを起動します。
赤外線はリモコン以外使いません。よって不必要。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\irmon]
"Start"=dword:00000004


●MessagingService
テキスト メッセージと関連する機能をサポートしているサービスです。
用途不明。ストアアプリ関連か?意味不明なので不必要w

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MessagingService]
"Start"=dword:00000004


●Microsoft (R) 診断ハブ標準コレクター サービス
診断機能を使う場合に必要。
診断使うよりGoogle先生で探した方が早くてわかりやすい回答が得られるので不要。
こんなものをストアアプリでまで提供するなと言いたいです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\diagnosticshub.standardcollector.service]
"Start"=dword:00000004


●Microsoft Account Sign-in Assistant
Microsoftアカウントでログインする場合に必要。
ローカルアカウントを使うので不要。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\wlidsvc]
"Start"=dword:00000004


●Microsoft Windows SMS ルーター サービス。 <= サービス名に「。」とか付いてるしw
規則に基づいてメッセージを適切なクライアントにルーティングします。
詳細不明。殺しても支障なしなので殺すw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SmsRouter]
"Start"=dword:00000004


●Net.Tcp Port Sharing Service
net.tcp プロトコル経由で TCP ポートを共有する機能を提供します。
TCPポートは共有しません。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetTcpPortSharing]
"Start"=dword:00000004


●Netlogon
このコンピューターとドメイン コントローラー間でセキュリティで保護されたチャネルを管理します。
ドメインに参加しない場合は不要。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon]
"Start"=dword:00000004


●Network Connected Devices Auto-Setup
対象となるネットワークに接続される対象のデバイスを監視してインストールします。
勝手なことをされないために殺すw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NcdAutoSetup]
"Start"=dword:00000004


●Network Connection Broker
Windows ストア アプリがインターネットから通知を受信できるようにするブローカー接続。
ストアアプリを使用しない場合は必要なし。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NcbService]
"Start"=dword:00000004


●Peer Name Resolution Protocol/
Peer Networking Grouping/
Peer Networking Identity Manager/
PNRP Machine Name Publication Service

P2Pアプリケーション関連のサービス
P2P接続を使用するアプリケーションは使わないので不必要。
ちなみにこの設定を行ってもTorrentクライアントは動くようです。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PNRPsvc]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\p2psvc]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\p2pimsvc]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PNRPAutoReg]
"Start"=dword:00000004

●Performance Logs & Alerts
定期的なシステムログ収集を行うようです。
ログ見ないので必要なし。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\pla]
"Start"=dword:00000004


●Phone Service
デバイスのテレフォニー状態を管理します。
PCで電話とか掛けないしw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PhoneSvc]
"Start"=dword:00000004


●Portable Device Enumerator Service
Windows Media Player やイメージ インポート ウィザードなどのアプリケーションにより、
リムーバブル大容量記憶装置を使用してコンテンツを転送または同期できるようにします。
必要なし。通常はファイル共有で十分です。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WPDBusEnum]
"Start"=dword:00000004


●Print Spooler/Printer Extensions and Notifications
プリンタでの印刷管理。
プリンター持ってないからいらないもんw

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Spooler]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PrintNotify]
"Start"=dword:00000004


●Problem Reports and Solutions Control Panel Support
[問題の報告と解決策] コントロール パネルで、システムレベルの問題レポートの表示、
送信、および削除のサポートを提供します。
自力解決の努力をしましょうw というわけで必要なしw(送信される内容に疑問があるため)

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\wercplsupport]
"Start"=dword:00000004


●Program Compatibility Assistant Service
ユーザーによって実行されるプログラムを監視し、既知の互換性の問題を検出します。
これがなくてもプログラム互換性ウィザードが使えるので問題なし。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PcaSvc]
"Start"=dword:00000004


●Quality Windows Audio Video Experience
高品質な Windows オーディオ ビデオ エクスペリエンスを提供します。
使わないので不要。これなくても音も映像も出る。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\QWAVE]
"Start"=dword:00000004

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\QWAVEdrv]
"Start"=dword:00000004


●Remote Registry
リモート ユーザーがこのコンピューターのレジストリ設定を変更できるようにします。
勝手にいじくらないでぇ~www

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RemoteRegistry]
"Start"=dword:00000004


●Routing and Remote Access
企業ユーザーのために、ローカル エリア ネットワークと
ワイド エリア ネットワーク環境でのルーティング サービスを提供します。
個人では必要ないですね。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RemoteAccess]
"Start"=dword:00000004


Windows10 Homeの不必要なサービスをまとめて殺すw その2」へ続きます・・・項目多すぎw
『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows10のCortana無効化へ... | トップ | RemixOS 3.0.207のインストー... »

コメントを投稿

関連するみんなの記事