Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「古い機種でも結構がんばる。Windows7でも問題なし」

DG-D08IW2 Windows10 Creators Update(RS2・RS3)のアップデートを回避する方法

2017年10月13日 10時13分53秒 | 日記
更新:
 謎の更新プログラムKB4023057追記
 2017年秋登場のFall Creators Update(RS3)にも応用可能


対象:Windows10 1511

Windows10 Creators Update(RS2)のアップデートを回避する方法
http://windowsfaq.net/windowsupdate/avoid-updating-rs2/#block
上のURLで紹介されている方法でKBをインストールされないように出来るようです。

Fall Creators Update(RS3)に関して
 上記記事で問題にされている更新プログラム
(Windows10 Creators Updateのプライバシー設定(KB4013214))で
最新OSへ更新する意味では現時点Fall Creators Update(RS3)へ
直接アップデートされる可能性があります。
Intel公式発表でドライバレベルでの対応が否定されたAtom Z2760搭載の
PCやタブレットは十分注意する必要があります。


環境によってインストールされるKB4023057も削除する。
「プログラムのアンインストールまたは変更」のリストに現れる方です。
KB4023057は「何者か?」の質問が多数されているにも拘らず公式見解が
返されていない謎の更新です。必ず削除しましょう。
Microsoftに関するものは「疑わしくは排除」が基本です。

更新の表示/非表示の回避策パッケージを用いてKBを非表示にする方法です。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3183922/how-to-temporarily-prevent-a-windows-update-from-reinstalling-in-windo

コントロールパネルの「プログラムのアンインストールまたは変更」から
 ・Windows10 Creators Updateのプライバシー設定(KB4013214)
 ・KB4023057
をアンインストールし、上記URLからダウンロードした
「更新の表示/非表示」回避策パッケージ
を実行してアンインストールした2つのKBを非表示(Hidden)設定します。

面倒な場合WindowsUpdateのサービスを停止してしまうのも手です。
セキュリティはユーザー自身が対策しなくてはいけませんが
Windows10をこれ以上アップデートしたくない場合は有効です。

WindowsUpdateの停止
 バッチファイルを作って以下の青字の部分を貼り付け、
管理権限で実行します。(自動的に再起動します)

set servicereg=HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
: 遅延自動
set service_delayauto=/v "Start" /t REG_DWORD /d 1 /f
: 自動
set service_auto=/v "Start" /t REG_DWORD /d 2 /f
: 手動
set service_manual=/v "Start" /t REG_DWORD /d 3 /f
: 停止
set service_disable=/v "Start" /t REG_DWORD /d 4 /f
: WindowsUpdate
reg add "%servicereg%\wuauserv" %service_disable%
shutdown /r /t 0


注意:
 停止後Windows10が更新されない。
 再開するとWindows10 Creators Update(RS2・RS3)の更新が
 行われる可能性があるので上記の内容とあわせて対策が必要。
 メディアで取り上げられるようなクリティカルな「バグ」以外
 更新できなくしておく。
 WindowsDefenderの定義更新はDefender本体から行えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加