彩賀の徒然なるままに…

徒然なるままに,種々様々な事を記す控帳(TB&Comenntは表紙1番目の記事をご参照を。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【ガンダム00】Counteroffensive.10「天の光」

2008-12-13 21:40:25 | ガンダムシリーズ

今週の『機動戦士ガンダム00』第10話(通算で第35話)「天の光」の感想記事です。

見所一杯,予想できない展開で,次回の放送を待つ―というのは随分久しぶりに味わった感覚なのですが,『ガンダム00』(特にセカンドシーズン)では,そんな気持ちで毎回のエピソードを見ている為と,基本的にネタバレなしで見ている為,毎回楽しく鑑賞できるのかもしれません。

尤もストーリーに目立った粗がなく,また特定のキャラクターがえこ贔屓される様な作劇ではない事も,楽しめる要素となるのですが,これに関してはここまで―。

では,本題。

前回の予告で登場した黒いガデッサ=ガラッゾですが,00ガンダムを圧倒する性能を持っているMSとして,中々面白そうな存在&機体デザインだと思います。

デザイン時でアヘッドが公開された時,否の意見が多かった(けれども,実際に映像化になった時は中々格好よく描かれていた為,そんな意見が少なくなった)とは好対照だと思うのですが,ガデッサの長距離ライフルは,ヴァーチェ&セラヴィーのGNバズーカの技術流用である事がわかりますし,ガラッゾはエクシア&00の様な近接格闘型でしかも,ビームサーベルが展開型←→収束型にモードチェンジができる代物ですし,中々面白そうです(デザインはガデッサと同じ柳瀬敬之氏なのでしょうか)。

ただガデッサもガラッゾも,どことなくパワードスーツ風なデザインの為か,『宇宙の騎士テッカマンブレイド』に登場するラダムテッカマンのデザインと似ている(特に顔の部分がそうで,テッカマンダガーや,テッカマンアックスの意匠に似ている)箇所があり,同じ場所で紛れ込ませても違和感がない様に個人的には思います。

CBの秘密基地はラグランジェ3(L3)にある設定で,今回以前にもたびたび登場していましたが,元々ファーストガンダムではサイド3のある宙域で,そこでも「(サイド3は)地球から尤も遠い」とナレーションの段階でもそういわれていましたし,本作でも位置的な理由で宇宙開発が遅れていたエリアという設定がある為か,CBの拠点としては相応しい場所だったのでしょう。

次回の予告ではどうやら壊滅される様なので,CBは文字通り「逃げ場所がなくなる」といった所でしょうか。
それがスパイの密告によるものか,そうでないかは判りませんが。
(それすらも,ミスリードの可能性だってあるわけですし…。)
それにしても,目的地を悟られない様に航路を迂回して―というのは誰も考えなかったものかと,思ってしまいます。

また,CB再編時にスカウトされた人物=リターナが登場しましたが,名前の法則性から,かのイノベイダーでリボンズが差し向けたスパイであると指摘しているのを某所の実況版で見ました。

ご周知のことでしょうが,イノベイダーは名前に”Re”から始まるネーミングのキャラがいるというもので,リボンズやリジェネ,リヴァイヴなど…がそれに合致するのですが,ヒリングやブリングはその法則に合致しないですし,リターナの場合は法則に合致するとはいえ「ラストネーム」ですし。
ただ,ファーストシーズンのラスト,リボンズのバックにいたイノベイダーは「5人」でしたから可能性としてはあるわけですしね…。

さて,ガンプラ(1/144 HG GUNDAM 00や、1/100)やHCM proで先行公開されたOライザーやGNアーチャーが遂に登場したのですが,

 ・Oライザー
  00ガンダムの支援機でもあり,ツインドライヴの動作安定―制御も兼ねる
 ・GNアーチャー
  アリオスの追加オプション兼支援機(デザインから考えて,MS形態に変形が可能か)

という位置づけになるんですね。
Oライザーは,HCM Proや1/100キットで次週発売になるので,TV公開と同時の発売になるわけですが,GNアーチャーは翌月の発売になるんですよね。
(即売も兼ねた活躍イベント―も,当然あるわけでしょう。)

ただ現状では,この2機に誰が登場するのか―という問題があるのですが,自然な流れとしては―。

 ・GNアーチャー:マリー
 ・Oライザー:沙慈

となるのでしょう。

ただ,アレルヤと一緒に戦うという流れが自然に受け入れられるマリーとは違って,沙慈の場合は,どのような経緯でOライザーに搭乗することになるのかが,まだ判らないところがある為,次回でその経緯が描かれることになるのでしょうか。

アロウズの秘密兵器メメント・モリは,過去のガンダムシリーズで言えば,ソーラ・レイやグリプスⅡ(コロニーレーザー)と同じ位置づけになるのでしょうが,発射の際に脳粒子波が発生する為か,それに関わる人物に影響を及ぼしていた様です。
イノベイダーと関わるのあるティエリアや,超兵であるマリー(ソーマ)やアレルヤは判るのですが,発射直前にはルイスの異変も描かれていた為(第1話ではガンダムエクシアリベアに反応し,リボンズとリンクしていたシーンがあった為,脳粒子波に関する何らかの”手術”を受けたと言われていたと思います),このときの描写は,ソーラ・レイ発射時のアムロの感応と同じ様なものでしょう。

最後に―。

ファーストシーズンでJNNの特派員だったイケダがカタロンに参加していたのは,矢張り「現場」を知る=自然と地球連邦の裏の面を見る機会が多かった為かと,個人的には思います。

こういった,一見モブキャラでもしっかりとその後の行動が描かれるのは,連続ものの作品で見ていると面白く感じる点といってもいいのかもしれませんね。

○次回予告
 ダブルオーライザーで 真に目覚めた ツインドライヴが
 
 刹那を 未知の領域へと誘う
 
 次回 「ダブルオーの声」
 
 それは 新たな世界が放つ 産声か―

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【雑記】記事更新とTBのご連絡 | トップ | 【Blog情報】お知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第10話『天の光』の感想レビュー (gurimoeの内輪ネタ日記(準備中))
『メメントモリを?・・・そうですか、リボンズはついに・・・。』 破壊の光が地上を焦がす! オーライザーを得たダブルオーから放たれる光は、世界の歪みを照らし出せるのでしょうか? 『スイールの国境線に連邦軍が部隊を駐留させた。スイールに対する牽制と見て良いだ...
機動戦士ガンダム00 2nd #10「天の光」 (White wing)
カテキンはスメラギの目標とする戦術予報士だったんですね。 互いに最も敵にしたくない戦術予報士が、敵になっているのを知って、二人の胸が裂かれる思いが、ジャンジャンバリバリ伝わって来たな。
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第10話「天の光」 (電撃JAP)
博士「反則づくしの回www」 助手「まぁ人それぞれですwww」
ワイはガンダムや!プロゴルファー00や! 第10話 (【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式)
 いやですね、本当はオートマトンの事とか00弱っちいですとかそういうネタを予定していたんですが、数日前の朝目覚める直前に見た夢が凄...
「機動戦士ガンダム002ndseason」第10話 (日々“是”精進!)
#10「天の光」連邦の強引な再生計画に反対する中東諸国の中でも最大の国力を持つスイール王国。スイールの蜂起と、それによる中東諸国の追随を懸念する連邦はスイールへのアロウズ派遣を決定し、正規軍のセルゲイにスイール国境付近の状況監視の命を下す。一方、スイー...
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) #10 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
「天の光」 脚本:黒田洋介 キャラクター作画監督:森下博光 メカニック作画監督:松田寛 絵コンテ・演出:うえだしげる 「量子がこっちに向かって加速してきやがる。ったく、おちおち寝てもいらんねぇぜ」 連邦による中東の再編。カタロンはそれを阻むためにスイール...
機動戦士ガンダム00 2nd season第10話「天の光」 (獄ツナBlog5927)
アニメガンダム00感想。 7つもの紛争がある世界に絶望したい。 スメラギとカタギリは5つ違いか。 なんかスメラギさんは容姿のせいか、小娘に見えない……。 スメラギ的にはカティ>>>>(略)>>>>カタギリだったんだね、昔から。 ってことは
TBS「機動戦士ガンダム00(ダブルオー) セカンドシーズン」第10話:天の光 (伊達でございます!)
メメント・モリの使用、しかも、スイールが行動を起こす前の使用は、批判を受けて当然の作戦に映りますが、情報統制の名のもと、捏造された真実が世界に流れるのでしょうね。
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第10話 閃光 (レベル999のマニアな講義)
『天の光』内容中東一の軍備を持つスイール王国へのアロウズ派遣を決めた連邦。それに対応して、カタロンは、王室との接触を試みる。一方、宇宙にあがったプトレマイオス2は、ラグランジュ3に向かう中、所属不明の機体と遭遇する。その機体性能から明らかに、連邦サイド...
機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #10「天の光」 (無限回廊幻想記譚)
14年前の ユニオン領・国際大学に所属していたリーサ・クジョウ。『無人機戦闘における戦術理論と予想被害規模』という卒業論文を書いたというクジョウ。クジョウは戦術予報士としての道を進み、ビリー・カタギリは大学に残ってエイフマン教授と共にモビルスーツの研究を...
『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第10話 「天の光」 (★一喜一遊★)
若い頃の… カティがイイ女過ぎます(><){/star/} 高山みなみさんの色っぽい声がたまらんですね{/face_heart/} カティさんの部屋に勝手に入るコーラサワーが最高です{/usagi/}{/3hearts/} 凄い速さで近づいてくるイノベイター!!! しかも単体でwww GNフィ...
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #10 「天の光」 (ゼロから)
戦術予\報の天才、カティ・マネキン。当時、スメラギ・李・ノリエガは、足元にも及ばなかったのね。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #10「天の光」 (超特撮艦隊3バるカんX~GOLD LUSH~)
ハレルヤああああ!! てか大佐あああああ!! ああ、なんだか今日は話が進んでんだかどーなんだかわかりづらくて、感想書きづらいなーとか思ってたらラスト数分でリアルに叫んじゃったよw まさか大佐、ああいう形で死んじゃうとは… いや、00のことだから、仮面...
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第10話 「天の光」 (「ミギーの右手」のアニメと映画)
貴子「ナギ様!知ってます!?」 ナギ「何だ!?貴子そんな笑顔は!」 ナギ「ま、まさか貴子がわらはのママだったってことに萌え~~てことか?」 貴子「ま~~確かにこのキャスティングは最高よ!」 貴子「でも、そんな中身の人の話じゃないの!!」 貴子「な...
機動戦士ガンダム00 2nd season 10話「天の光」 (Spare Time)
『連邦の強引な再生計画に反対する中東諸国の中でも最大の国力を持つスイール王国。 スイールの蜂起と逸れによる中東諸国の追随を懸念する連...
天の光 (オザワstyle)
天の雷
ガンダム00-2nd#10  天の裁きを騙る者たち (CrazyQuailLogNote:くれーじーくえいるの雑記帳)
 今回も例によって遅すぎるチェックです(苦笑)《#10  天の光》 14年前、リーサ・クジョウはユニオン領の国際大学に在籍し、弱冠17歳で卒業を果たすことになった若き秀才であった。そして、ビリーも彼女と同じ大学に属し、エイフマン教授と共にモビルスーツの研究に....
ガンダム00『天の光』 (烏飛兎走)
   「あははははは」 「・・・・・アハハハ」 「良かったな、これでまさに身も心も空気となったわけだな!アレルヤ!」 「いや☆ ハレルヤ」 「いや☆ 被検体E57」 「みんな、そこまでハレルヤの復活を楽しみにしてたんだね。僕自身消えたと思ってたよ」 「....
機動戦士ガンダムOO 2nd. 第10話 『天の光』 感想 (メガネ男子は別腹☆)
[ガンダム00] ブログ村キーワード スメラギさんの過去エピきたー! ポニテは昔からポニテっとφ(`・ω´・ ●)メモメモ スメラギさん17歳で大学卒業みたいですが、あのカッコは17歳という若気の至りなのか? SだよS!胸はSじゃないけどさw