彩賀の徒然なるままに…

徒然なるままに,種々様々な事を記す控帳(TB&Comenntは表紙1番目の記事をご参照を。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【ニュース】戦争は発明の母である…。

2005-07-16 22:19:55 | 政治/経済/地方/海外の各ニュース

幻のB29迎撃機、45年8月完成…技術はカローラへ (読売新聞) - goo ニュース

※注釈
 1.タイトルにある幻のB29迎撃機とは,旧日本陸軍の試作機キ94のこと。

   その前に,旧大日本帝国軍=大日本帝国軍の飛行機について。
   当時の日本軍は陸軍と海軍の2軍から成り立ち,戦闘機(と言うより軍用機)は,陸軍・海軍共に使用していました。
   そこで,陸軍と海軍のそれぞれの使用機については,次のような命名になっていたと記憶しています。

  • 正式名称は種別とは別に命名される。―※2の軍用機の命名を参照。
  • 海軍は試作機の名称を和元号から命名される。―例.零戦こと零式艦上戦闘機は皇紀2600(昭和15=西暦1940)年に制式採用されていますが,試作は昭和12年から立案が始まっていますので,十二試(試=試作)艦上戦闘機 と命名されています。因みに正式名称の零戦は,制式採用された年の皇紀元号が2600年=昭和15(1940)年だったところから,2600年の下二桁=00から採られて 戦 です
  • 陸軍は連番式で,前にキやハなどの1カナがつけられている。―例.一式戦闘機・隼はキ43,二式戦闘機・鍾馗はキ44,三式戦闘機・飛燕はキ61,四式戦闘機・疾風はキ84 と命名されている。上記のキ94は試作機扱いなので,名前が連番製のままとなっています。

 2.旧大日本帝国の軍用機の命名
   基本的には,
     (a)空を印象付ける命名,(b)自然現象の文字を含むもの,
     (c)皇紀元号から取られたもの,(d)その他
   の4パターンがあります。
   (a)の場合
     ・海軍:彗星,烈風,流星,強風,月光,彩雲,銀河
     ・陸軍:隼,疾風,屠龍,飛龍
   (b)の場合
     ・海軍:雷電,紫電,紫電改,紫雲,震電,烈風,天山,晴嵐
     ・陸軍:飛燕
   (c)の場合
     ・海軍:零戦(零式艦上戦闘機),二式水上戦闘機―フロート付零戦
     ・陸軍:五式戦闘機―飛燕の改修機
   (d)の場合
     ・海軍:秋水,橘花
     ・陸軍:鍾馗

戦争は発明の母である―,この言葉を耳にするときがあります。

この言葉通り,戦争から生まれたものがあります。
例えば,いまこのBlogを見るために使っているコンピュータ。

元々は,弾道計算を行うためにその精度を高めるところから始まって,コンピュータが成立したと言う話を聞いたことがあります。
因みに,一般にコンピュータと言われるものの最も初期のものはエニアック(ENIAC)といい,1946(昭和21)年に完成したと言われています。


(左.エニアック。真空管を使い,処理中にコードの接続先を変更するなど,今の眼から見ると非常に古く感じる)

当時は真空管で制御を行い,記録媒体もCDやDVDなどなかった時代でしたから,紙媒体―など,コンピュータが一般家庭にも浸透した今から見ると技術力は雲泥の差があったと思います。

上記の記事の中で触れられている旧大日本帝国陸軍の試作機・キ94は,その目的が

   高高度から進入するB−29を撃退する

というもので, 元々試作開発していた機体から使用条件を絞り込んで開発に当たっていたということです。
因みにB−29は高度10000m位まで飛行が可能であり,当時の日本軍の飛行機には

   その高度を飛行できる飛行機が存在しなかった

ばかりか,

   もともと高度飛行に耐えうる飛行機がなく,コックビットに与圧機能が備わっていなかった

とのことらしく(それどころか太平洋戦争中期頃まで,風防は対弾ガラスではなく普通のガラスだった),その技術を組み込んだのが本機とのことでした。

キ94は結局試作1号機が完成した時点で終戦を向かえ―完成が1945年8月14日,飛行試験が同月18日―,戦後はアメリカに接収され(摂取されて運び出されるところを設計者の長谷川龍雄氏が偶然目撃した,とのこと)た後,行方不明になったとのことです(太平洋上で搭載していた輸送船が嵐に遭って,機体が破損したために海中に投棄されたといわれています)。

因みに私は未読ですが,下記の様なこういう本があるとのこと。
夏季休暇中に一度読んでみたい気がします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 【マックス】勇気と無謀の慢心(... | トップ | 【新聞コラム】字数制限のためな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。