Luna's “ Life Is Beautiful ”

その時々を生きるのに必死だった。で、ふと気がついたら、世の中が変わっていた。何が起こっていたのか、記録しておこう。

「凶悪犯には死刑を!」の深層心理

2007年12月23日 | 一般
大阪府知事選に、死刑執行を急ぐ橋下弁護士(*)が立候補することになりました。橋下氏の言説と行動には共感を示す声は非常に多いことをわたしは知りました。今回は、ちょっとこの厳罰化擁護論の深層を調べてみました。

(*)光市事件弁護団最高裁欠席についての関連記事はこちら

--------------------------

ただ、ひとつだけ不思議なことがある。それは、この「被害者やその家族に配慮しよう」という動きは、なぜか「加害者の人権には配慮しないでおこう」という動きとセットになっている、ということだ。

単純に考えれば、被害者や家族の心情に思いをはせ、なんとかしたいと思う豊かな想像力や繊細さがあれば、「なぜこんなことをしたのか、今はどういう気持ちなのか」と加害者やその家族の心情にも想像が及ぶはずなのではないか。

ところがそうではなく、「被害者を思う」ということは「加害者は思わなくていい、思ってはならない」ということと連動しているのだ。




とくに少年事件の加害者に対して「厳罰化」を求める声は大きく、この動きを受けて、2000年には刑事罰を加える年齢を下げるなど、少年法の一部改正が行われた。現在(2005年)も、より厳罰化の方向へと検討が行われている。

京都医療少年院で、長く「罪と病」という二重の試練を背負った子どもたちのケアにあたってきた精神科医・岡田尊司氏は、その著書『悲しみの子どもたち-罪と病を背負って』(集英社新書、2005年)の中で、問題は決して「厳罰化」だけでは片づかない、と強調する。

大人も息を呑むような犯罪を犯し、反省のそぶりさえ見せない、こういう子どもは「回復不能の冷血モンスター」と捉えられがちだが、岡田氏は「そうした子どもに実際に会ってみると、『冷血』とは正反対の、気弱で過敏な子どもであることが多い」とした上で、こう言う。

「どうして、この子にあんな残酷なことができたのか、そんな疑問をもって、子どもの気持ちに向かい合ってゆくと、必ず浮かび上がってくるのは、その子自身が、気持ちを汲み取ってもらえずに、大きくなってきたという状況である。大人の身勝手や社会の醜さによって、傷つけられ、壊されてきた道のりである」。

そこで起きた結果だけを厳しく咎めたところで、「原因の部分に手当てを施さなければ、悲劇を本当に防ぐことにはならない」と少年犯罪現場の臨床家(香山氏もそのひとり)は訴える。


(「いまどきの『常識』」/ 香山リカ・著)

--------------------------

「その子自身が、気持ちを汲み取ってもらえずに、大きくなってきたという状況である。大人の身勝手や社会の醜さによって、傷つけられ、壊されてきた道のりである」…

一般の人々はここの点をなかなか理解しようとしません。

「そういうことはその子だけの問題じゃない、みんな多かれ少なかれ親によって傷つけられる経験はしている、子どもを傷つけてしまわない親なんて一人もいない、なのにその子は空恐ろしい犯罪を犯した、他の多くの子はそんなことをしないのに。だから問題はその子自身にある、甘えか先天的な異常か、何かその子独自の欠陥があるのだ」…というのがおおかたの感想です。

こういう人々は、その子だけがおかしいと主張する根拠として、

「むかしはそんな凶悪な事件を起こす子どもは今ほど多くはなかった」と言います。

これはウソです。

--------------------------

ここでひとつ、ある事件の記事を紹介します。



「母親から叱られたのを根に持って、夕食の雑炊に亜ヒ酸を混入して、妹ふたりを殺した三女エツ子(15)-仮名-は、12日朝大牟田市署の取調べに、犯した罪のこわさも知らぬような笑顔で次のような犯行動機を申し立てた。

…(中略)…

同女は大牟田市立新制第六中学2年生で、成績も中以上でバレーボール、卓球の選手だが、放課後練習し、帰りが遅れると、母は遊んでいたのだろうと平手でなぐって叱りつける。犯行の前々日にもなぐられたので、この上は一家みなが死んだ方がよいと決意、小屋の中に隠してあった殺虫用亜ヒ酸を5日の日曜日に探し出しておいたが、6日の朝も叱られたので、いよいよ決行しようと雑炊に混入した」(1948年12月13日付け毎日新聞西部版)。



この事件は、もし今の時代に起こったら、たいへんセンセーショナルな報道がなされるだろうことは想像にかたくありません。(旧)教育基本法を攻撃したい人が飛びつくであろう事件です。

しかし、実はこの事件が起きたのは、1948年12月6日、敗戦3年後なのです。この少女は1948年に15歳ですから、1933年生まれ、国民学校で少国民教育を受けた世代です。最近の少年犯罪が(旧)教育基本法のせいだというなら、この事件は教育勅語のせいだとでもいうのでしょうか。

要するに、こうした少年犯罪と教育そして(旧)教育基本法との相関関係は単純に言えるようなものではない、ということです。かつて起きた事件と似た事件は今でも起こりうるし、現在の事件もそうめったに「前代未聞」のものとはいえないのです。

むしろ、わたしたちが注意しなければならないのは、こうしたショッキングな事件を持ち出して教育を論じようとする人たちが、何を目的にそうしているのかということです。


(「教育と国家」/ 高橋哲哉・著)

--------------------------

この文章はすぐる一年前、強行採決によって「改正」された教育基本法を擁護する目的で書かれたものですが、今日のエントリーでは教基法のことをは棚上げします。論点は、「むかしは今より犯罪は少なかったか」ということです。この文章では特に少年による犯罪に注目しています。

1948年というと、その頃に生まれた人々は来年2008年で還暦を迎えます。死刑などの極刑によって犯罪を抑制できると主張する人々はそれよりずっと若い世代です。ですからそれらの人々がいう「むかしはもっとよかった」という時代は1948年以降のことでしょう。著者の高橋さんは、戦後の少年犯罪の発生件数のデータを紹介しておられます。

それによると、
① 少年による殺人事件は1946年から1969年まで200件以上発生していた。
② 1970年に戦後はじめて198件となり、200件を割った。
③ その後、70年代前半に激減し、75年についに100件を割り、95件に減る。
④ 75年以降現在(2004年)に至るまでほぼ100件前後で推移している。
⑤ 戦後、少年による殺人事件が多かった時代は、
  1951年が448件
  1954年が411件
  1959年が422件
  1960年が438件
  これ以降、現在に至るまで少年による殺人事件は際だって減少してきている。
⑥ 戦前については、
  1936年、153件、
  1937年、155件、
  1938年、161件、
  1939年、123件、
  1940年、146件、
  1941年、107件、
  1942年、126件、
  1943年、 94件、
  1944年、 97件、
  1945年、141件…
…とこの時期はほとんど毎年100件を越えている。戦前の日本の人口が現在の約三分の二であったことを考えれば、人口比の発生率は戦前の方がもっと高い…

…ということです。つまり、むかしはもっとひどかったのです。ではなぜ事実を確かめもせずに、短絡に「現在はむかしより悪くなっている」、というのでしょうか。それは高橋さんの言葉を使えば、「ショッキングな事件をことさらに取り上げて、何かの目的を達成しようとしている」ということです。高橋さんのこの著作では、教育基本法を反動的に改定しようとする意図を暴いていますが、このエントリーでは「刑罰を厳しくし、国民への監視を強化したい」という意図に注目します。

新自由主義を強力に批判し続けるルポライターの斉藤貴男さんが好んで引用するある小説の一節がわたしにはとても印象深く残っています。それはこういうものです。

「飛行機の速度=0なら、飛行機は飛ばない。
 人間の自由=0なら、人は罪を犯さない。
 これは明白である。
 人間を犯罪から救い出す唯一の手段は、
 人間を自由から救い出してやることである」
(「われら」/ ザミャーチン・作)

安全を求める日本人の要求は、人間から自由を奪い去ることで犯罪を減らそうとするのですが、それは経団連をはじめとする独裁的企業層の狙いとピタリ一致する、と斉藤さんは訴え続けておられます。

利益をあげるために労働者の福祉をカットする、そういう方針を法制化してスタンダードにする。その結果が国民の非正規労働化→ワーキング・プアの激増、医療厚生、福祉の大減退…とつながってきているわけです。

こういうような扱いを労働者層にさせておきながら、労働者層の不満を爆発させないようにするために、「国家・国益のため」ならよろこんで自分を犠牲にする精神の涵養を図りたい、だから教育基本法を変え、学校で国家・国益のために個人を犠牲にする生き方を美化して教えておく、という政策が実施されるにいたる。また便宜的な「モノ・道具」扱いされる国民の大多数の不満が蓄積し、それが大規模な抗議行動につながらないように共謀罪を制定させ、希望を失った国民が無軌道な行動(犯罪など)に出ないよう、厳罰化による恐怖でそれを抑えこもう、とするのです。

ここでまさに、安全を希求する国民の利益と産業=官僚=軍部の連合体の意図が一致するのです。

どうしてこういう方法になるのでしょうか。

犯罪を起こらないようにしたいという願いは、人間であるなら自然な感情でしょう。ならなぜ、もっと犯罪が起こる事情を多角的に検討しようとしないのでしょう。なぜ短絡的に厳罰主義、監視社会の形成という方向へ進もうとするのでしょうか。わたしはここに、日本人の民主主義への理解と意欲の欠如がかかわっていると考えるのです。

だから個々人の事情や感情を理解しようとするよりも、規律の力によって人間の行動や思考に制限を設けようとするのです。これは全体主義→ファシズムの発想なのです。民主主義の理解の欠如は、個々人の事情を考慮しようとする粘り強い努力をするのを面倒がります。犯罪を阻止し、安全な社会を築くには、自分たちの社会、そしてその社会の成員である自分個人の考え方や行動を調整していく必要があるという事実から目をそむけようとするのです。香山さんはそのへんのことをこのように明らかにされています。

--------------------------

しかし、安易なヒューマニズムからではなくて、実際の経験の積み重ねから発せられているこの声が、どれだけの人の耳に届くだろう。

いや、もし届いても、多くの人は「聞こえないふり」をするのではないか。「少年事件の本質は、その少年にあるのではなく、大人や社会にある。間違っていたのはあなた自身なのだ」と、自分たちの方に “お鉢が回ってくる” のは、何としても避けたいからだ。

誤解を招く言い方かもしれないが、被害者に対して「気の毒に」と同情・共感している間は「やさしさを持った自分」でいられるが、加害者やその家族について想像を始めると、自分の中にもある「あやまち」や「不実」にも向き合わなければならなくなる。

それを避けるために、つまり少年犯罪という問題を、自分と切り離すために、「被害者は気の毒、加害者はモンスターだ(つまり死刑にするのがふさわしい、という考え)」と短絡的に決めつけている人はいないだろうか。


(「いまどきの『常識』」/ 香山リカ・著)

--------------------------

少年犯罪を生じさせる大きな要因として「社会の構造と家庭環境の機能不全」を無視することはできません。

でももし仮に、いいですか、「仮に」ですよ、ここでいう「社会の構造と家庭環境の機能不全」ということが、わたしたちがあたりまえのことと受けとめてきた社会規範のことだったとすると、この仮定をわたしたちはふつうどう受けとめるでしょうか。

こんな話があります。

--------------------------

ある日本の心理学者が、夫婦関係を測定する尺度(心理学の実験でふつうに行われる方法)を開発して、その(つまり、夫婦関係の)日米比較を計画した。その尺度を英語に翻訳して、アメリカ人の研究者に見せたところ、そのアメリカ人はこう質問した。

「これは何の病理の尺度ですか? 共依存ですか?」

言うまでもなく、日本文化においては “良好な夫婦関係” を意味する項目が、アメリカ人には “共依存” の病理に見えた、というお話である。


(「依存と虐待」/ 野口裕二・著)

--------------------------

日本人にとっては当たり前に見える「良好な夫婦関係」がアメリカ人には病理と受けとめられるのです。実例を挙げてみましょう。

--------------------------

由紀子(仮名)は父親がサラリーマン、母親は教師という家庭で育ちました。学校では有能な先生である母親は、テキパキした性格で、家のことをすべて取り仕切っています。

由紀子には順一(仮名)という弟がひとりいますが、喘息持ちなので、母親の注目はどうしても弟の方に向かいがちです。子どものころ、由紀子はよくこのように言われるのでした。
「順ちゃんは病気だからやさしくしてあげないといけないけど、あなたはがまんするのよ」。

由紀子がなぜかと聞くと、
「あんたはちょっとやさしくすると、すぐつけあがるからよ。根性が悪いんだから」。
そう言われると、なにも言い返せませんでした。

また、ひとりで何かをしてうれしがっていると、
「あんたはそうやって、いつも目立ちたがるんだから。少しは順ちゃんのことも考えなさい。順ちゃんはそんなふうにはしゃぎたくてもできないのよ」。

母親からいつもいつもこのような言動で接せられているうちに、由紀子は、子どもながらにも、できるだけ目立たないように、周囲に気をつかいながら暮らすようになっていきました。

由紀子が「バレエを習いたい」というと、母親は「バイオリンを習いなさい」と、自分が子どものころにやりたかったことを強引に押しつけました。しかも由紀子がバイオリン教室に行こうとすると、聞こえよがしにボヤくのです。
「由紀子にはほんとにお金がかかるわ。そのくせこんなにぜいたくをさせてやっているのに、ちっともありがたいと思わないんだから」。

そのたびに由紀子は罪の意識に駆られ、バイオリンを習っていても少しも楽しくありません。ときには無意識のうちに拒否反応が起きて、教室に行く時間になると頭痛がするようになりました。そこで「お稽古を休みたい」というと、「あんたは、いつもそうやって仮病をつかって怠けようとする。いったい、いくらかかっていると思うの。つべこべ言わずに、早く行きなさい」。

もちろん、こんな精神状態で習い事をしても上達するはずもなく、自分が無駄金をつかっているかと思うと(母親がいつもいつもそのようなことを言うので、子どもはこう思い込んでいる)、罪の意識はつのるばかりでした。

しかも、これまでにかかった費用のことを考えると、自分からもうやめたいと言いだすこともできず、どんどん落ち込んでゆくばかりでした。

こうした家族関係の中で成長した由紀子は、大人になっても、うつに落ち込むことが多く、自分の子どもを育てるのが重荷になってしまうまでになったので、私(著者である西村和美さん)のところに相談にやってきたのでした。

*** *** ***

由紀子の母親の言葉をひとつひとつ見ていくと、誰もが無意識のうちに口にしそうなものばかりです。しかも教師という指導力を要求される仕事をしているうえ、自己中心的で優柔不断な夫にかわって家庭も切り盛りしなければなりません。

おまけに下の子が喘息の持病を持っているという、なかなかたいへんな環境を抱えていますから、つい由紀子にきつい言葉を浴びせてしまう気持ちもわからないではありません。私も母親ですから。

由紀子の母親に限らず、どんな母親でも一度は、子どもなんて手のかかることばかりだとか、いなければいいのにと思ったことがあるのではないでしょうか。しかし、一時的にそう思ったり感じたりすることと、それを子どもの前で口にすることでは、もたらされる結果はまったく異なってきます。それが子どもに与える影響というものを、よく考えてほしいのです。


(「機能不全家族」/ 西尾和美・著)

--------------------------

みなさんがもし会社の社長で、従業員に由紀子さんを雇っているとします。由紀子さんがやってきて、これこれこういう事情で気分が沈みこんでいるので、一週間ほど休ませてください、と言ってきたら、どう反応するでしょう。

そんな人材は要らない、もう来なくていいよ、というのがふつうです。健康上の問題を抱えているのならそれは致し方ないでしょう。では、由紀子さんの事情には、みなさんはどう反応するでしょうか。甘えるな、そのくらいで心にダメージを受けるなんて、人間として未熟だ、というのが日本人の反応です。

「親にも問題はあるだろうが、それはあんたの家庭だけのことではない、おおかたの人は多かれ少なかれそういう経験はしているものだ、第一、あんたのお母さんは立派じゃないか、学校の先生という仕事を有能に務めながら、家庭の仕事も立派に切り盛りしてきた、それだから多少のきつさも出るだろう、親の大変さというものにあんたはむしろ感謝をせねばいかんのではないか!」

少年犯罪の厳罰化を支持する態度を強力にささえる思想がここにあります。子どもは親に服すべし、という考え方です。これは美徳として日本人に受け継がれてきた考え方です。いつから受け継がれてきたかというと、武家出身者では徳川時代から、しかし庶民にとっては明治時代からです。明治天皇によって「教育勅語」を「賜って」以来のことです。

教育勅語は、天皇制国家を支える思想を国民(大日本帝国憲法下では “臣民” =主権がないから)に心に刷り込んできました。その思想は、天皇は国民の父親のような神である、父親は敬わなければならない、これは儒学の教えるところでもある絶対的な道徳だ、これに逆らうのは不道徳で恥だ、人間は親には絶対に逆らってはならないのと同様に、日本臣民にとって親のような天皇にも絶対に服従しなければならない、というのが主要な要旨でした。これが日本国家の大黒柱でしたから、何が何でも徹底させられたのでした。こういう絶対的な縦の序列意識がいまだに日本人を捉えて離さないので、少年の精神医学的な事情は裁判においても、世論においても、社会一般の意識においても擁護されないのです。そしてアメリカ人の感覚からすれば、これは病理に見えたのです。
(「共依存」について書くとまた長くなるので、またの機会に譲ることにします。)

そしてそういう考え方が日本では標準なので、アダルト・チルドレンとか共依存とかいうことは軽蔑すべきこととされているのであり、親や社会の側に重大な問題があるという問題提起はまじめに受けいれられないのです。ある社会学者はこういう日本の現状をこう述べています。

「共依存ということばはどこかアンビバレント(好きだけど嫌いというような、相反する態度・感情を有すること)な響きがある。つまり、何かとても本質的な問題を言い当てているようでもあり、当たり前のことをおおげさに言い立てているようでもあり、といったところである。アメリカでは1980年代後半から、一般の人々にもかなり受けいれられるようになった概念だが、日本ではまだ浸透していない。臨床家(臨床心理学者、治療家など)の中にも、この概念を使うことにためらいを示す向きが多い(「共依存の社会学」/ 野口裕二)」。

日本ではカウンセラーや精神科医、学者でも共依存という概念をつかうことにはためらい、ある時はそれ以上の「抵抗」すら示すのです。なぜなら、それは「何かとても本質的なことを言い当てているようであるが、しかし、当たり前のことをおおげさに言い立てている」ようにも感じられるからです。

「何かとても本質的なこと」というのは、日本人の深層意識に横たわる、教育勅語に由来する人間関係のありようについての標準的思考様式=親子、上下関係の縦構造への執着のことだとわたしは考えています。そしてそれを疑問視するよりはむしろ当然のこととして受容するのです。だから「当たり前のことをおおげさに言い立てているに過ぎない」ということで決着をつけたがるのです。ところがこれは実は全体主義をささえる思考でもあるのです。それなのに、それを医師や学者たちは「あたりまえのこと」と見なすのです。

そんなことだから、少年による凶悪犯罪には厳罰を持って処理してしまうべきだと考えるし、全体の前には個人の都合など取るに足りないと(教育勅語では、いったん危急の事態が起これば、自分の身を挺して天皇家の繁栄を守れと教えていたし、軍人勅諭では一兵士の命は国家=天皇にとっては鴻毛のごとく軽いものだ、と教えていた)いう考えが深層にあるので、社会が矛盾していようと、社会の仕組みが個人を軽視していようと、社会を脅威にさらす犯罪者の方を処刑してしまえ、という思考に落ち着くのです。

新聞をはじめマスコミは、被害者へ過剰に感情移入し、加害者を過剰にふてぶてしく報道します。そうして日ごろ、非行少年や暴力団のまえに窮々としており、時に彼らに公衆の面前で辱められている国民の感情的な怒りを呼び起こさせます。また国民としても、これまで自分たちが従ってきた思考・行動規範を疑問視し、自分たちのほうに重大な間違いがあるのではないかと反省するよりは、ああいう犯罪を犯す人間の方が「おかしい」のだと考える方が気がおさまるわけです。

でももし、凶悪犯罪が社会の構造にゆがみあることと家族のあり方、人間関係の捉え方に問題があるのだとしたら、犯罪者をいちいち処刑したところで、根本的な解決にはならないのではないでしょうか。わたしは、最近の傾向をみていてひしひしと感じるのは、むしろ人々は問題の本質的解決などを望んでいないのではないか、ということです。あるいはそれをじっくり考えて理解しようという気概ももてないほど心に余裕がない状態におかれているのではないかということです。とにかく短絡的に処理してしまおうという気持ちで、先ほど引用した、ザミャーチン式の思考様式、自由をなくすことで、つまり決められたとおりに心と考えと行動を動かすことで、ちょうど小学低学年の子が点線をなぞって字を書くようにして生きることで、軌道を外れた人間が出ないようにしようという方向に同意をし始めているのではないか、と感じるのです。

そして国民のこういう傾向は、経団連にとっても国家主義者にとっても、アメリカ右翼政権にとってもたいへんに都合のいいものなのです。限られたエリート層の利益のために、国民の生存権を縮小して道具のように使うことを正当化できる傾向でもあるからです。つまりは全体の前には個人の命・存在など鴻毛のごとく軽いものだという考えに国民が同意し始めていることは!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカに後押しされる日本... | トップ | 山川菊栄の視点 (下) »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB御礼 (三四郎)
2007-12-23 16:33:08
この度は拙ブログにTBいただきありがとうございます。

非常に多面的に思考を展開されており感心しております。なかなか私には咀嚼し切れない部分もありますが一点だけ私見を述べさせていただきます。

>単純に考えれば、被害者や家族の心情に思いをはせ、なんとかしたいと思う豊かな想像力や繊細さがあれば、「なぜこんなことをしたのか、今はどういう気持ちなのか」と加害者やその家族の心情にも想像が及ぶはずなのではないか。

ところがそうではなく、「被害者を思う」ということは「加害者は思わなくていい、思ってはならない」ということと連動しているのだ

冒頭引用された文章です。この書物を読んでいませんので深入りは避けますが、被害者への人権配慮が加害者への人権毀損とセットになっていると一般化している考え方には首肯しかねます。現代はそもそも被害者へのケアなどの面で被害者側の人権がともすれば軽視されているので、そこを改善するべきというのが大方の認識のように思います。

非常に重いテーマに取り組んでおられること敬服いたします。頑張ってください。
これハマるよ!きっと (milkcafe)
2007-12-23 23:32:00
この前やったのはみんなの大好きな保健の先生モノです。先生が、机の上に置いてあった工口マンガに刺激されてオナムーを始めます。そこを生徒にバッチリ見られ、秘密にするとの約束で、生徒のティンコをパックンして馬乗りになってガンガン抜いてくれちゃいました。http://campus123.net/o/804
Unknown (三四郎さんへ)
2007-12-27 05:04:56
おはようございます。貴重なご指摘に感謝いたします。

おっしゃるとおり、被害者の人権が軽視されている現状がありますね。この点を見落としていました。被害者軽視の問題については機会を改め、「報道被害」というテーマで扱います。

香山さんのこの書物の中では、人の死に対する共感がなされなくなってきている、簡単に報復として死を求める傾向に疑問を呈しておられるものでした。

わたしはまあ、素人ですので、こういうようなミスはしょっちゅう行います。でもめげずにブログを続けようと思います。ろくに考えもしないで「常識」とか当たり前に受けとめている事柄に疑問をもつことはとても大切だと考えているからです。そうすることでわたしはカルト宗教を脱出することができましたので、ね。

これからも応援していただければうれしいです。
死刑は廃止。 (東西南北)
2007-12-30 01:03:33
死刑執行は、「人殺しは殺される」という殺し合いであり、人命蹂躙を国家権力が実現するわけで、侵略戦争を同様であり、究極の人権侵害だと思います。

 無期懲役もしくは、暫定的に終身刑を導入を実現し、死刑制度をなくすべきです。その前に執行停止を実現ですが、下された判決を行政機関が実現しないというのは形式的に無理があるし、三権分立のあり方としても間違ったあり方なので、死刑執行をどんどんやるという解決の仕方ではなく、執行停止から死刑制度廃止という解決の仕方が正しい法のあり方です。

 人間が人間を殺すということが正しい法であるだとか、「わからない」というのは狂気です。正当防衛ですら違法なのであり、単に違法性が阻却されるというだけなのですから。人間が人間を殺すというのは完全に違法なのです。

 追記:犯罪者加害者は犯罪被害者との関係で見ればやはり、加害者。しかし、人間関係というのは犯罪加害者と被害者だけの関係ではない。犯罪加害者も別の人間関係でみれば被害者と言えるのです。もちろん、本文にも指摘されえいますが、みんな被害を受けながらも耐えているんだから、犯罪者も耐えればよかったんだ、という感想は多数意見でしょう。しかし、これは本末転倒です。例えば、人員不足の医療機関で医療事故が発生した。事後を発生させたのはその医師なり看護士だけだ。他の医療関係者は事故を起こしていない。ゆえに、悪いのは事故を起こした人間だ。そうでしょうか?絶えず、人員不足で事故を誘発するような圧力を加え続けていたのは誰でしょうか?そのような卑劣な圧力がありながらも必死に今まで頑張ってきたが、遂に事故を起こしてしまった。にもかかわらず、責任を追及されるのは末端の医療関係者。まったくの出鱈目だと言えます。誰が日夜、現場の医療関係者に事故が起こるような圧力を加え続けてきたのか?誰がそのような圧力と戦ってきたのか?現場の医療関係者である。それを「事故は現場の責任だ。お前らが能力不足だからだ」という糾弾はリンチであり、まったくの虐めです。誰が医療事故の原因を整えたのか?なぜ、人員を少なくしていたのか?これが事故や犯罪の原因ではないか?
Unknown (考えマン)
2007-12-31 10:13:32
なるほど~
私の意見も見てください。
http://oppainorakuen.blog16.fc2.com/blog-entry-759.html
東西南北さんへ (ルナ)
2008-01-04 23:29:49
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。わたしも東西南北さんのブログでたくさんお勉強させていただきますけど(^^)。

医療事故の話、ほんとうにそうらしいですね。私もその問題を書くつもりです。犯罪も医療事故と同様、社会のありように根本的な原因があるんです。

東西南北さんがおっしゃるように、末端の事件・事故だけを裁いて終わりにするのでは、同じような出来事はまた起こるでしょう。政府が国民の方を向いて政治を行わない限り、国民は荒廃するでしょうね。

信じられないのはわたしたち国民の反応です。だれも声をあげようとしませんし、マスコミの書く絵空事の未来図にコロリと騙されたまま、自分には何事も起こらないと疑わないんですから。

わたしも地元の議員宛に抗議の手紙やら書いたりしますが、もっと国民が団結して大きな声をあげないと議員たちは動いてくれないですよね。団結すれば、わたしたちは国政に影響を与えることができると、沖縄の人たちや、薬害肝炎の訴訟団の方々はお手本を示してくれました。そういう意味では勇気づけられた一年でもありましたね、2007年は。
あけましておめでとうございます。 (東西南北)
2008-01-05 08:09:08
 こちらこそ今年もよろしくです。

 東西はいろいろと自分のブログ記事やあちこちでコメントしたりしていますが、実はお寺の住職のいう発言内容が一番、感覚的に「なるほどなー」って染み込むタイプです。法律学者、憲法学者などの学者のいうことは自分で解釈しなおさないと理解できないのでかなりの理解力というかが要ります。法律や学問は人間のためにあるのにおかしいなって考えています。お寺の住職みたいにならへんかいなって思います。

 ルナさんの話はお寺の住職系でわかりやすくてよいと思います。結局は、専門用語ではなくて、「団結すれば、わたしたちは国政に影響を与えることができると、沖縄の人たちや、薬害肝炎の訴訟団の方々はお手本を示してくれました。」ですし。

 それにしても、経済と法律の専門用語だけはなんとかする「専門家」がたくさん出てきて欲しいって他力本願はあかんからボチボチと専門用語の法律、経済、財政の学習もしていく必要もあるんでしょうが、大学の専門家・学者は専門用語を止めてほしい運動は無理かな?

 9条の会でも、お寺の住職の話はわかりやすいです。専門用語が労働運動、住民運動、国民運動の壁ですね。

 
Unknown (ナーランダファン)
2008-01-08 21:16:01
死刑廃止論の同志の皆さんこんにちは。
ついに死刑廃止運動、極悪犯罪被害者撲滅運動の同志である
水葉さんのサイトが、本村洋の狂信的支持者と見られる
天皇主義ファシスト右翼によって閉鎖に追い込まれました!
http://aqualeafree.blog70.fc2.com/

私はこの暴挙を絶対に許せません!
このファシストどもの邪悪を打ち破るには
犯罪被害者どもへの徹底的な攻撃以外にありません!
死刑を唱える犯罪被害者は人間と思わずに攻撃を!

死刑廃止勝利!
Unknown (かた)
2008-09-03 20:04:06
死刑賛成論者はこの世の中から凶悪犯罪をなくしたいのか?自らの殺人願望のストレスのはけ口を死刑にぶつけてるのか?すなわち投影してるのか?
疑問です

何か後者のふしが伺えます!

本当に凶悪犯罪をなくしたいなら加害者の人格や精神や動機を分析して なぜに人は人を殺さなければならないのか?と言う様々なケースを解明しなくてはならないのでは?

原因を徹底究明せずに死刑して終わりとは短絡すぎます

最近血液型はシュタイナー式だけの四種類だけでなく人の数ほど種類があると知りました

精神や人格の病理も人の数だけあるのでは?

同じく凶悪犯罪を犯す動機も人の数だけあると思っています

それらの種類を把握して凶悪犯罪モデル精神ケースにして予防にしなくてはと思っています

よって死刑制度は廃止すべきで治療刑か教育刑に切替えるべきと思っています

ネットを見ると死刑賛成論者のほうが何か狂暴で攻撃的なふしが伺えます

狂暴な殺人・凶悪犯罪者と過激な死刑賛成論者!
ベクトルは対極で違えど本質は同じような感じがしないでもありません
Unknown (かた)
2008-09-03 20:18:13
人は誰でも背景や生い立ち感性等で、ちょっとした事で精神が歪んでいく可能性もあるのに。

死刑賛成してる人もそうならざる得ない可能性はなきにしもあらず

あと昔に比べ今は怖いみたいな誤った認識は、人は新しいものや未知のものに恐怖を抱くからでは?

過去の恐怖より今の恐怖のほうが鮮明で残念と言う認識があるからそういう偏見を抱かせてるのでは?と思います
かたさんへ (ルナ)
2008-09-14 22:58:35
かたさん、はじめまして。ルナのブログを訪問してくださってありがとうございます。

> 本当に凶悪犯罪をなくしたいなら加害者の人格や精神や動機を分析して なぜに人は人を殺さなければならないのか?と言う様々なケースを解明しなくてはならないのでは?
原因を徹底究明せずに死刑して終わりとは短絡すぎます
最近血液型はシュタイナー式だけの四種類だけでなく人の数ほど種類があると知りました
精神や人格の病理も人の数だけあるのでは?
同じく凶悪犯罪を犯す動機も人の数だけあると思っています
それらの種類を把握して凶悪犯罪モデル精神ケースにして予防にしなくてはと思っています

このご意見は、わたしのいいたいことを簡潔明瞭に言ってくださってます。わたしは要するにこういうことを訴えたいのです。かたさんは考えをまとめるのがお上手ですね。

あと、「人は誰でも背景や生い立ち感性等で、ちょっとした事で精神が歪んでいく可能性もあるのに」…ということ、これはとても重要なご指摘だと思います。

マスコミの人たちや、死刑存置派の人たちのうち一部の人たちには、凶悪な犯罪者は特別に異常で、自分たちとは全く異質な人間だという受けとめ方があるように見受けられます。この認識は間違いです。凶悪犯罪を犯した少年たちに接した人たちはみな、それら少年たちは決して悪の権化のような人物ではなく、むしろ気弱で自信に欠けた、ナイーブな人たちだったと感想を述べておられます。彼らは決して「特別な」人間ではないのです。わたしたちと同じような普通の人々なのです。わたしもかたさんとおなじく、こういうふつうの人々がなぜ凶悪犯罪に走ったのか、それに正面から取り組む必要があると思います。かたさんのおっしゃるように、事情によってはわたしたちも彼らのような犯罪者になっていたかもしれないのです。少なくともそういうふうに考えることのできる冷静さを失わないように努めるつもりです、わたしは。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人妻・熟女を楽しもう (熟女はいいぞ,「凶悪犯には死刑を!」の)
人妻・熟女・・・は勿論 めがねやタイトスカート大好き
「通りすがり」のコメントを再考する (弱い文明)
 これは12/11にアップした死刑執行:氏名を公表~そんなの関係ねえという文章に対する、「通りすがりの人」とのコメントのやりとりに端を発する考察だ。ごく短い、単純な文のやりとりだったのだけど、そこから意外なまでに社会の実相が透けて見えた(僕にとっては)やり...
国連総会-死刑執行の一時停止を求める決議案を賛成百四、反対五十四、棄権二十九で採択- (未来を信じ、未来に生きる。)
国連総会 死刑停止を初決議 日米中は反対 廃止世論は加速 --------------------------------------------------------------------------------  【ワシントン=山崎伸治】第六十二回国連総会は十八日の本会議で、欧州連合(EU)諸国など八十七カ国が共同提案し、加...
経済の民主化とは何か?-その基本理論ー (未来を信じ、未来に生きる。)
 諸企業において経営の決定権を持っている人々を経営者・出資者・株主といいます。他方、経営の決定権を持っていない人々を労働者といいます。民主主義とは決定権の所在がどこにあるかの問題です。政治においては最終決定権としての主権が住民・国民にあります。しかし、...
死刑についての最近のブログ記事から (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
死刑について触れている最近のブログ記事を、自分自身のためのメモにすることも兼ねて、いくつか紹介します。 初めてこのブログ「秘書課広報室」を読む方は、私が死刑制度に反...
ホームページ (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ 誤った認識により日本の現行の無期懲役刑が著しく過小評価されている現状を憂い、正確な情報を広めるべく立ち上げたホームページです。是非ご覧ください。 また、ホームページまたはブログをお持ちの方で...