ひゃくごじゅういち

主にポケットモンスターシリーズのレーティングバトルや、それに基づく内容について考察を行います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【第四回名大オフ準優勝・BossRush使用構築】ブルゴリ雨

2017-06-11 02:12:04 | 構築記事

 

 

個別解説

ニョロトノ

特性 あめふらし

持ち物 ミズZ

性格 控え目

力値 H204 B100 C204  

技構成 ハイドロポンプ 冷凍ビーム アンコール 滅びの歌

 

ペリッパーが弱すぎるため採用。

単体性能を高めるためミズZで採用。

耐久ガルーラさえも高乱数で落とすことができ、受けられても大きく削りを入れられるため、

雑に扱っても強かった。

 

ラグラージ

特性 しめりけ

持ち物 ラグラージナイト

性格 意地っ張り

力値 D4 AS252

技構成 滝登り 地震 冷凍パンチ 雨乞い

 

一般的なAS雨ゴリラでセルフ雨乞いを採用している。これが非常に強力で有効だった試合がいくつもあった。

雨乞いは、積み技のような感覚で扱うことが出来、トノを処理し時間稼いで雨ターンを稼ぐような立ち回りに対して安定して勝つことができた。

また、トノの選出しないという選択をとることが出来、ゲームメイキングの幅が広がった。

 

カプ・ブルル

特性 グラスメイカー

持ち物 拘りスカーフ

性格 陽気

力値 D4 AS252

技構成 ウッドハンマー 岩雪崩 目覚めるパワー(炎) 宿り木の種

 

本構築のMVP。雨パの草枠と言えばナットレイが定番だが、後述する雨とのシナジーにより採用を決定した。

火力耐久ともに申し分なく、奇襲や受け出しからの切り返しが非常に強力であった。

雨が苦手とする耐久水に強く、主導権を奪われやすいメガリザードンYも上から縛ることができる。

苦手なナットレイ、エアームド、テッカグヤは後述するジバコイルに任せる形となり、雨+グラスフィールドの

恩恵も相まって安定してジバコイルを動かすことができた。

ジバコイルでは処理できないカミツルギをどうにかする為、目覚めるパワー炎を搭載している。

下降補正無振りでも余裕の確一であり、BossRushでは遭遇した3匹のカミツルギすべてを焼き払い、勝利を掴み取った。

なお無補正ぶるるの馬鹿力を無振りカミツルギが確定耐えすることは、あまりにも有名である。

 

攻: カプ・ブルル Lv.50
防: メガゲンガー Lv.50
ダメージ: 93〜109
割合: 55.6%〜65.2%
技: ウッドハンマー
威力: 180 [グラス]
攻撃: 182 
防御: 100 
最大HP: 167 
天候: (ふつう) 
相性: ×0.5 
 
攻: カプ・ブルル Lv.50
防: メガリザードンY Lv.50
ダメージ: 212〜252
割合: 138.5%〜164.7%
回数: 確定1発
技: いわなだれ
威力: 75 
攻撃: 182 
防御: 98 
最大HP: 153 
天候: ひざしがつよい 
相性: ×4 
 
攻: カプ・ブルル Lv.50
防: カミツルギ Lv.50
ダメージ: 168〜200
割合: 125.3%〜149.2%
回数: 確定1発
技: めざめるパワー
威力: 60 
タイプ: ほのお/特殊
特攻: 94- 
特防: 51 
最大HP: 134 
天候: (ふつう) 
相性: ×4 

 

ポリゴン2

特性 アナライズ

持ち物 進化の輝石

性格 呑気

努力値 H244 B196D68

技構成 冷凍ビーム イカサマ 自己再生 トリックルーム

 

ガルーラ、ミミッキュに投げるクッション。

トノや雨の切れたラグを動かしやすくする為にトリルを搭載。

 

ジバコイル

特 じりょく

持ち物 食べ残し

性格 控え目

努力値 H236 S68 残りD

技構成 10万ボルト 目覚めるパワー(炎) 毒々 身代わり

陰キャを殺すマン。堅実に仕事をこなしてくれた。

 

 

ウルガモス

特性 虫の知らせ

持ち物 ムシZ

性格 控え目

努力値 H4 CS252

技構成 炎の舞 虫のさざめき 蝶の舞 身代わり

 

 強いと噂の知らせムシZガモス。

名大オフではガバによりステロ確定二発調整だった。

あくびステロループ最速抜け調整。

マンダが多く、技構成は一考の余地あり。

 

総括

名大オフ前日にまだ構築が決まっておらず、組みやすそうなコンセプトパから考察を始めました。

せっかくなので、新解禁のポケモンを使おうと思ったが、どう考えてもメガバンギが弱かったので、

ラグを使うことに決めました。その後、早速サンムーン メガラグラージ 構築 でググりましたが

全くヒットしなかったので一から組む羽目になりました(怒)

驚くべきことに、S1以来半年間レートに一切潜らず環境も知らない自分が、構築を組んでから試運転も調整もしていない完全机上論パーティで

ここまで勝つことが出来ました。新環境をいくラグラージ構築の叩き台としては十分な完成度を誇っていると思いますので参考にして頂ければと思います。

反省としては、予選と決勝で一敗ずつしましたが、いずれも草結びカプコケコに敗北しています。これは自身の環境調査の未熟さによるもので、立ち回りで十分カバーできると思います。

一方で雨+グラスフィールドで弱点を無くした相手のギルガルドが強すぎて泣きました。滝登り打ったらキンシされるしホンマこいつって感じです。

BossRushは二次会場で開幕7-1くらいで調子よかったのですが、三次会場駅ビルカラオケルームによる回線エラーから切断鯖送りにされました。

レートにおいて構築よりもプレイングよりも重要なものがあったのだと改めて気づかされました(泣)

 

最後に良さげなBV貼って終わりたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございましたmm

 

名大杯準々々決勝VSフィヨルドさん (ガルーラスタン)

HFKG-WWWW-WWW7-BB4B

名大杯準決勝VSてつさん(リザYスタン)

J9FW-WWWW-WWW7-BB47

BossRush VS かつかれーさん (ステロあくび展開)

RM6G-WWWW-WWW7-BB46

BossRush VS サントスさん (メガゲンスタン)

QBGW-WWWW-WWW7-BB42

BossRush VS しゃけさん (リザYツルギ)

8QNG-WWWW-WWW7-BB3T

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七世代メガガルーラの悲しみ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

構築記事」カテゴリの最新記事