gazelle

kamoshika

280ZX作製記録 2

2016年10月12日 19時03分12秒 | 1/20 280ZX...

拝啓、ナベさん(仮) 今回はエンジンルームのレポートです。

エンジンは上げ底タイプってヤツなんですがタービンなんかも再現されており、それなりにリアルです。

ですがまずはエンジンよりもスカスカのフェンダー内やラジエターコアサポートを作らにゃぁなりませんな。

それとストラットタワーが低すぎる、これも修正しなきゃイカンですな。


と、その前にボンネットとFウインドウ下のスリットを開口してみました。

方法はおもいっきり「模型電動士さん」のパクリです、いつも勉強させていただいてまーすm(_ _)m

実は初挑戦だったのでちょっとビビリながらの作業です、この後バリの処理中に何本か折ってしまったぁ~要修行です。


エンジンルームはまずバルクヘッド上部の手直しです。

当初はブレーキマスターの位置を逆にして、おしまい!って思っていたんだけど・・・。

見ているうちに気になり始めてしまい、新規に作り直してもーた。。。

これだけでもそこそこ時間が掛かっているので、今後はあんまり気にしないようにしよーっと。


ボディに取り付けてみると中々いいーんでないかな。

フェンダー内側やライトベゼル付近もそれっぽく見えるようチマチマと作業しております。


ストラットタワーは切り離して高さを調整します。

それとナベさん(仮)Zは車高調なのでピロアッパーが付いてます、ここも一応やっておくべきかなぁと・・・、いうわけでそれらしく作りました。

こんなもんで十分でしょ!どーせ、ナベさん(仮)も老眼だからあんまり見えないしね。


シャーシ側も出来上がりました、雰囲気が伝わればいいかなぁ~程度で仕上げてます。

なので、でっち上げ部分が結構あるけどいいよね~ナベさん(仮)!!


ボディと合わせてみるとスカスカ感はなくなり、エンジンルームらしくなったかな。


ボンネットの裏側はスリットを開口したのはいいが、真っ平なのが気になる。。。

気にしちゃイカーン!って分かっているのにまた気になってしまう性、嗚呼・・・。

けどあまり凝ったことはしたくないので、PCでお絵描きしたモノを切抜いて貼り付けようかと、これだけでも見栄えは良くなるでしょう。


でもね・・・、ボンネットっちゅーのは湾曲してるし、NACAダクトの裏側は盛り上がってるので単純に切り抜いただけではダメなんだと気づいたよ・・・。

なので結局、実車と同様に立体感を出す方向で作るハメに。。。

それにしても妙~に複雑な造形してるよねぇ・・・、うぅ、メンドくさーい!


ここまできたらトーションバー部分も作りますかね、ついでにテンションかけてスプリング効果を・・・、さすがにそれは無理(^^;

それとこの時点でタワーバーも作っておきます、ボンネットを閉めたときに干渉しそうな部品なので事前調整が必要なんです。


ヒンジを取り付け開閉式にしましたが、塗装と今後の作業性を考慮して取り外し可能になってます。

案の定、タワーバーが干渉しちゃいましたー。なので大胆にもボンネット側を加工しましたー。

パッと見、分からないからいーんです、心の広~いナベさん(仮)なら許してくれるよね。

まかりなりにも「実車と違げぇーじゃん!」なんて言おうものならば、責任もって実車にも同じ加工しにいきます、ハイ!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 280ZX作製記録 1 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

1/20 280ZX...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL