ふんでノート ~ちいきづくり・まちづくりと日本語教育

ちいきづくり・まちづくりと日本語教育をつなぐことを,「場づくり・人づくり」から進めていきたいと思ってつらつら書くノート

別れ

2012年08月27日 00時00分43秒 | いろいろ
7年弱付き合ってきた人と別れました。

7年前って言うと,まだ,大学院生で非常勤を掛け持ちして何とか食いつないでいたとき。学費を払うので精一杯で,本当にこの先どうなるんだろうって感じのとき。ひょんなことから,とある国際交流協会の職員となり,ぼくはより実践や現場にのめり込んでいき,彼女は必死に博士論文を書いてたな。ただ,やってることは違ったけどお互いにコメント,アドバイス,注意とかしながら楽しくやっとったなぁ。

3年ぐらいたったとき,東京の役所で仕事をする話が来て,真っ先に相談したら一番背中を押してくれたのも彼女。今,このチャンスを逃してどうするって。本当はそのタイミングで自分の仕事だけでなく,彼女を強引に東京につれてきておけばよかったんかなって思うけど,できへんかったんよな。新しい仕事の準備とそれまでの仕事の整理に加え,原稿だとかがあって,本当にばたばたのまま,東京に来てしまった。もっとじっくり将来のことを話しておかんとあかんかったんやろな。

3年ちょっと前から東京に来て役所で仕事をしているけど,月1ぐらいで彼女が来てくれて。そのときは職場が荒れていたこともあって,本当に助けられた。ただ,あんまりにぼくが元気になれなかったから彼女自身しんどさを味わわせることになってしまったけど。

運良く,彼女が東京での仕事が決まり,一緒に住めばよかったのに,別々に住み。本当に一年目は大変だったということもあったけど,お金がなかったんよね。どうしようもないぐらいに。

それからちょうど3年。ちゃんと引越しもしないまま,最後はほとんど一緒に生活してたけど,でも,将来のこと,生活のこと,大事なことはちゃんと話できてなく,ぼくは仕事,仕事の毎日。最後の方は「うまく行っていない」という感覚はあったけど,長年積み上げてきた関係をどこからどう変えたらいいのかということはどうやっても分からず。生活時間の違いからも彼女が体調を崩したり。

ちょうど,その頃,同僚は連れ合いのことを考え,仕事を辞め,地元に戻ることに。何か自分の仕事でいっぱいいっぱいの自分のやってることに,どれだけの意味があるのかって思ったし,ものすごくちっぽけに見えた。何かくだらない人生だなって。ずっと積み上げてがんばってきたつもりやったけど,それって全部ちゃうかったんちゃうかって。

本当に忙しく,自分でもどうしたらええんやろってところで,もがいてきたってのが正直なところで,何もちゃんとできていないなって感覚。ぼくもそれなりの年齢になり,彼女もそれなりの年齢になり,しかも7年弱付き合ってきたから,本当に受け入れがたいと言うか,「心がえぐられるってこんな感じなんやろな」って感じだったけど。今も連絡は取ったりすることもあるし,めっちゃ引きずったけど。ここに書けないけど,感謝してること,楽しかったこと,残念だったこと,悔しいこと,寂しいこと,山のようにあるけど,もうどう書いたらええか分からんわ。いっぱい,がっくりさせたんやろうなって思うと本当に言葉がなくなる。

でも,次行かんとしゃあないんやろな。ほんまに自分の人生って何やって思うけど。
本当にもっと要領よく,器用にやれたらって思うけど,できへんことはできへん。それだけなんやろな。でも,変わろうとも思う。同じこと繰り返すんも嫌やし。

というわけで,まだまだな人間ですが,ぼちぼちとやります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この半年かな

2012年08月26日 22時54分44秒 | いろいろ
この半年ぐらいかな。

いろいろとあったというのが,一番の理由だけど。気持ちがなかなか前に向かず,前に向いているようなときも無理している感じと言うか,空回りしているって感じで,何となく易き方へずるずると行っていたんだけど。

何となく,次へ進まなきゃなって感じになってきたかな。やらんとあかんのよね。

自分の人生って何だろうなって感じて,いろいろなことがひっくり返った半年で,今も別に何かが明確につかめたわけではないけど。でも,それも自分の人生だもんね。一歩一歩進まなきゃ。ま,ちょっと進んで,ちょっと休んで,ちょっと戻っての繰り返しになるのかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加