ふんでノート ~ちいきづくり・まちづくりと日本語教育

ちいきづくり・まちづくりと日本語教育をつなぐことを,「場づくり・人づくり」から進めていきたいと思ってつらつら書くノート

忙殺、ずれ

2017年10月11日 22時09分06秒 | いろいろ
ふだん、仕事に忙殺される。みんな、一生懸命仕事をして、何とかこなしている。
そんな中だから、研修で外に出て何かを学ぶ、だれかに話を聞いて学ぶのではなく、いつもは取れない時間をたくさん取って。じっくりと振り返る。じっくりと話をする。

もちろん、それだけで何かが解決するわけではないんだけど、それをすることで少し見える範囲が広がり、深くなり、つっかえていたものが少し取れ、言えなかったことが少し言えそうな気持ちになり、もう少しがんばろうって気持ちになれるのかもしれないな、何かできるかもなって思えるのかもなって思った。

ものすごく単純なことで、しかけらしいしかけはない。どストレートにやる。でも、それは企画する側からするとちょっと不安もあるけど、それでやろうってのは信じようってこと。

そこからしか始まらない、深まらないことがあるのかもなぁって思った。具体的にだれに何をってことはないんやけど、でも、ありがとうございましたって気持ちや。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職員研修 | トップ | 想いがあればこそ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL