無題-no title

思いついた事だけテキトーに書く。釣行ネタから日常の出来事まで毒舌満載!?本音の辛口トーク?で送ります

2010年11月30日 12時17分24秒 | 釣りネタ
お疲れモードっす。

先週もイケずじまい。

水温も下がってシーズン終了の感もただよってきたな。


さすがにボコボコには釣れてないだろー。

どれ、仲間内のレポでもとチェックを入れると…

なぬ…


一人だけ異次元の方がおられますな。


私はハイシーズンでもそんなに釣れないす。

さすがは神。


今度その秘策を聞いてみるか…


この時期よく釣れるエサは何か?って(藁)

コメント (1)

誕生日

2010年11月27日 00時48分34秒 | 日常
また一つ年をとった。

オジサンの年齢にもなるとちっともうれしくないものだ。


気がつくと徹夜死事中に誕生日がおわってるじゃないすか。

むなしいな。


明日の夜まで帰れまてん。

コメント

地デジ化

2010年11月16日 16時58分58秒 | 日常
ついに我が家も地デジにチェンジした。

世間的には遅いんすかね?


ケーブルテレビから工事の催促が来ていたのを放置していたのだが業を煮やして家に押し掛けてきたのだ。

で日曜日に工事。て言ってもチューナー代えただけですが。


ん!?


アナログの文字が消えたぜ。当たり前か…





さっそく将棋番組を視聴(藁)。


思わず身を乗り出して見てしまった。




これが地デジ効果か!?







いや、違う。



ウチはなんたって大迫力の14インチテレビだからな。

駒が小さすぎて見えねえんだよ



買うか…
コメント

庵悟@南浦和

2010年11月15日 13時46分27秒 | ラーメン
新刊ラー本に載っていた気になる店にレッツらGO。

記事にはつけめんの某有名店で修行~みたいな解説があった。


この器、ビジュアル…ただ者ではない雰囲気を感知してググってみれば私がもっとも好きな次念序@鴻巣の系列ですた。

これは期待できる。

行列を覚悟して1時前に到着すると外待ちがたったの1名。
まだ知名度が低いのかな?たまたまかもしれませんが。ラッキー

店内の券売機で辛つけめん850円をプッシュして外で待つ。
5分ほどして店内に、さらに10分弱でご対麺。


うむ!
見た目はそのまんまです。

一口箸をつける。ん?

味は次念序とほぼ同じですが、ちょっと旨みが足りないかな。

気のせいかもしれんが。

つけ汁の粘度はこちらがやや高めかな。もうちょいサラっとしてたような…
でもぬるくないのはいいですね。


とあれこれと文句を書いてもぜんぜん普通にイケるレベル。

さすが、その辺の店とは違いますな。

また行こう。
コメント (2)

讃岐うどん

2010年11月13日 12時28分36秒 | ラーメン
久々にあの讃岐うどんを食べたくなった。

ラーメン好きな私だがうどんも好きなのだ。


丸香@駿河台下。

写真は忘れますた

有名店でお昼時は絶えず行列ができてますが回転が早いからそれほど待たないです。

かけうどんにゲソ天を注文。


とにかく汁のだしの効き具合がハンパないんですよ。うまい!

それにゲソ天のボリューム…


文句なしでっせ。

コメント

つけめん

2010年11月12日 11時30分33秒 | ラーメン
男爵ブログに触発されて久々にラーメンネタ。

ラーレポが私のブログから消えてしばらく経つがその間も食べまくってました。


六厘舎に代表される濃厚系つけめんブームに乗っかって出店するつけめん屋はどこも似たりよったりで…


どれもいまいち感動がなかったっす。
特につけ汁がドロドロのやつ、あれはもう飽きた。

本に載ってるがダメな店リストもあるけど今日はやめとこ。


ま、そんな中でも印象に残ったうまい店と言えば写真のこれ!

煮干しの香るつけ汁にたべごたえのある麺が好みに合ってますな


その店とは?





さあ…どこでしょう?

て言っても反応なさそうだな。





コメント (3)

逝ってきた

2010年11月11日 00時42分59秒 | 釣りネタ
昨日逝ってきた。

正確には一昨日の深夜からだけど。


ツレねっす。

今回もショボ釣果だす

利根が復活しないとツマらなす。

てかシーズン終わりも近そうだ


デカでつりてーな
コメント (5)

ゴッチ先生敗れる

2010年11月01日 11時40分41秒 | 日常
ぱおんさんのお友達であるゴッチ先生のお好み対局を観戦した。

私は面識はないがぱおんさんのブログに登場するので親近感を感じながら応援しました。



冒頭のインタビューから緊張気味なゴッチ先生。

抱負を聞かれて「2歩をしないように…」と。

(そ、それは。)

解説の豊川七段の表情が一瞬曇る(藁)

この豊川七段、かつてNHK杯で2歩で負けた有名なお方。

スタジオは変な空気が…

この空気を読んだのか竹部女流の指し手は容赦なかった。


普段はオヤジギャグが冴える?解説の豊川節も出ずじまいだった…


敗着はこの発言か!?(笑)。



ま、冗談はさておきゴッチ先生の実力はプロも認めてました。


あの5五桂はなかなか指せないな。

見た人にしかわからんが…


ただ慎重になるあまり時間を使いすぎたのが終盤に響きました。

惜しかったです。

また挑戦してほしーっす。


コメント (2)