プロパテック・ページコラム太平間

プロパテックHPの表紙コラムの保管所です。全てを置くとは限りません。

*太平間とは中国語で安置所のこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相続税の課税価格の計算の特例(小規模宅地の特例等)

2016-10-17 09:43:29 | 相続
〔早見・相続税の課税価格の計算の特例(小規模宅地の特例等)〕



〈国税庁〉 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm 等より



相続の際、自宅や自用事業地等の土地に対し評価減できますが、



そのときの適用面積と評価減割合を、かなりざっくりですがわかりやすいように下図の表にまとめてみました。



たとえば80%の評価減(2割評価)ができるのは自宅用地、それも330㎡まで、



自己の事業用地(通常の賃貸用でない)は400㎡の部分までとわかります。



これらは併用も可で、たとえば同じ敷地に自宅用地が300㎡、



自己の店舗用地が350㎡の場合はすべて評価減できます。



下記の広大地の面積基準は三大都市圏の市街化区域内のものです。


(クリック↓)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相続税申告用の評価と遺産分... | トップ | 京町家 »

コメントを投稿

相続」カテゴリの最新記事