亢進症な生活

甲状腺機能亢進症(バセドウ病あらため甲状腺ホルモン不応症)と膠原病(SLE&シェーグレン)を併発した働き者。のんびりと♪

心臓のホルターの結果を聞いてきました

2017-01-17 | 心臓(循環器)?
24時間心電図をつけて、日常生活を送るホルター検査の結果を聞いてきました。昨年のことですが、書けずにいました。

ともかく、頻脈は確認できました!
実は、病院ではいつも脈拍も血圧もとっても穏やかで、「横になったら脈拍は60くらいなのに、起き上がったら80-100、動けば120-150まで上がる」と言っても、またまたぁ、と笑い飛ばされてしました。
でも、言いつづけていたら、たまたま先生の気持ちにヒットしたのか、ホルターをつけて24時間見てみることになったわけです。

言っていた通り、日中は平均して100くらいの脈拍だと確認されました。あ、ほんとだ…と言われても困るけど(笑)

甲状腺ホルモンが多いと、興奮ホルモンであるアドレナリン(エピネフリンとか、カテコラミンとか、いろいろ呼ばれてますが)への感度が上がりやすくなるから、甲状腺機能亢進症や甲状腺ホルモン不応症では、頻脈は起きやすいようです。
それでも甲状腺の治療が進めば、落ち着くもの。
でも、甲状腺ホルモン不応症の場合、それが何十年もつづくこともあるので、心臓も疲れてくるわけです。やがて心不全になったり、心臓が弱った隙に固まってしまった血の塊(血栓)が脳で詰まって脳梗塞を起こしたりすることもあるようです。
私も10代からだから、かれこれ…(笑)

そんなわけで、脈拍を下げるβブロッカーのテノーミンはこれまで頓服でしたが、つづけて飲むことになりました。
ふつうはこういう時には、インデラルを飲むことが多いようですが、喘息らしい…という呼吸の問題があるから、気管支への影響が小さいテノーミンが選ばれました。
25mg ですが、大きい人だからもうちょっと飲んでもいいかなぁと様子見をしているところです。
ただ、そのための甲状腺と循環器の外来の頻度が上がるのはちょっとしんどいところです。

あとは、期外収縮がいくつかあったようです。脈がトトトと急になったり、飛んだりするのも体験してきたので、やっぱりという感じです。
ただもともと1日に年齢と同じくらいの回数は起きるものとも言われます。心室性期外収縮(PVC)も上室性期外収縮(PAC)もありましたが、連続していたわけではなさそうで、今のところ、心配しすぎないでいいよと言われました。

そういえば、前回の心エコーでは、また右心房(RA) から右心室(RV)を閉じる三尖弁(TR)がかすかに、左心房(LA)から左心室(LV)を閉じる僧帽弁(MR)がわりと逆流していたようでした。

三尖弁は、たとえば肺高血圧症の方が右心室からぎゅーっと肺動脈に血液を押し出すのが 大変で、逆流したりすることもあるようですが、私の場合は肺高血圧症の傾向は 見つかりませんでした。動脈硬化のようなことで、弁が厚く硬くなっているのか…、原因はナゾですが、こちらは、よほどでなければ見守るもののようです。

僧帽弁の逆流は、 全身へ血液を送る左心室から逆流してしまい、効率が悪くなるので、あまりいいことではありません。ただでさえ、頻脈でお疲れの心臓に負担をかけてしまいます。ずっと、かすかに、と言われてきたのですが、このところ、量が増えてきたようで、よく見ておかなくてはなりません。

そうそう、あとから思い出して受付で、甲状腺の先生がこの循環器は甲状腺のフォローだから難病指定の範囲内だとおっしゃっていました…、と確認してもらったら、甲状腺の症状じゃないと先生がおっしゃっていたそうなので、甲状腺ホルモン不応症と頻脈や心不全についてご理解されているのか、ちょっと不安に思いつつ。
心電図と診察なら費用はなんてことないんだけど、甲状腺への目配せをしててくださるとうれしいのですが。伝言では誤解があるのか、別の理由があるのか、わからないですね。

このあとの健康診断でも心電図でP-Rが狭いと指摘されたし、年齢的にもこれからいろいろ出てくるのかな。。今後のために心臓のこともよく勉強しておこうかしら。
心臓だけにドキドキです(笑)


にほんブログ村 病気ブログ←参加中!
命に直結するから気になるよね、と思ったら、クリックを♪

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます

2017-01-02 | よくわからない・・・
新年となりました!

昨年は、ついにプラケニルという免疫を調整するお薬を開始!
どうしようもない疲労感のさきに希望が出ていたのですが、あえなくお休みになってしまったなんてこともありました。
どうも甲状腺にも反応が出てきたり、呼吸と脈拍が絡み合って、酸素が低い状態がつづいたり、いろんなことがあったのですが、書ききれないまま、年が明けてしまいました。

今年は、プラケニルの再開をめざしつつ、このところのいろいろ起きていることがちょっと楽になると助かるなぁと思います。

ぼちぼちと更新してまいります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 病気ブログ←参加中!
いい年になるといいね、と思ったら、クリックを♪


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

乳ガンの検査に行ってきました

2016-12-11 | よくわからない・・・
すっかり書きそこなっていましたが、9月には、乳腺外科に行ってきました。左だけでなく、右にも腺維化しているところで異形細胞があったので、いつもの経過観察です。

予想はしていたものの、すごく混んでいました。
有名な人が乳ガンの治療をしているというと、メディアでも話題になって、みんな「私も気になる…」と病院に行きたくなりますもんね。
私が行っているクリニックも、初めての人は半年先まで予約できないようでした。

気になるしこりがあれば、検診に行くのはとっても大事。だけど、信頼できる乳腺外科の先生が無限にいるわけではないから、殺到すると、ほんとに急いで検診が必要な人がすぐに予約できなくなるのが困ったところですね。

私自身は、静かな時期にいい先生に紹介頂いて、安心して経過観察してもらえるのは、よかったのかもしれません。

今回は1年ぶりにマンモグラフィとエコーの両方の検査でした。(半年前はエコーだけ。)マンモで白くポツポツ見えていた石灰化は少し減ったのでは?というくらい。腺維化しているしこりは、大きさも形も変化なしでした!
去年、亡くなった芸能人のことで話題になった乳頭の後ろも、エコーで横からひょいっと斜めに覗いて、問題なし。ひと安心です。

実は、私の場合は、甲状腺ホルモン不応症のために、視床下部から出る刺激ホルモンTRHが多めになりがちです。多くてもストッパーがかかりにくいのです。
TRHは、甲状腺だけでなくて、乳腺を刺激するプロラクチンというホルモンもたくさん出なさいと促すので、どうなのか気になっていました。
先生によると、乳腺に水分がたまるのはふつうにあることで、それによって乳腺のなかをクリーニングしているんだそうです。それが乳ガンにつながるということは考えにくいそうです。
エコーで見た感じでは、乳腺に水分はありますが、人より特にミルクで張っているわけでもなくて、問題なさそうでした♪

次回は半年後にエコーの検査です。
しばらく1年に一度の検査でしたが、しこりが増えたり、レベルは初期とはいえ異型細胞という、もっと壊れたらガンになるかもしれないけど…というのがあるので、念のため半年後です。

しこりの部分が、時々痛くて気になりますが、細かく見てもらえているので安心です。

このまま、痛みがひどくなったり、悪いものになったり、しませんように…!このあと、首や脇のリンパが頻繁に腫れるのが、気になるので、次には忘れずに相談するのが目標です。


にほんブログ村 病気ブログ←参加中!
検診は大事だよね!、と思ったら、クリックを♪
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

プラケニル、あえなく一旦、中止!

2016-12-01 | ヒドロキシクロロキン(プラケニル)
プラケニルを使いはじめて、2ヶ月!

プラケニルを飲みはじめてから、疲労感はすっかり改善したのですが、プラケニルを飲んで数時間経つと、身体中にじんましんが出たり、、皮疹の頻度が少しずつ上がって、ほとんど毎日、身体中がチクチクするようになりました。

オフィスで座っていたら、おしりから太ももの後ろが痒くなってくるし、歩いていると、足元に出てきます。背中も肩や横腹から湧いてくるみたいに出てきます。
親指と人差し指で丸を作ったくらいの大きさから、つながって全面が真っ赤っかに盛り上がってしまって完成です。
プラケニルを飲んで、3時間くらいで出はじめるなあと思っていたら、血中濃度は4時間くらいで、ピークになると聞いて、納得です。

じんましんを抑えてくれそうな、抗ヒスタミン剤のザイザルを朝夕に1錠ずつ飲んでも、まったく関係なく、じんましんが出続けました。

振り返ると、飲みはじめる前から、夏の間、ひどい疲労感に加えて、じんましんや血管浮腫が起きていて、アナフィラキシー騒動もありました。だから、皮膚の症状は薬のせいとは限らない…と自分に言い聞かせてみて7週間。
でも、血管浮腫や多形紅斑も出るし、こういうアレルギー症状をほっとくのも怖いし、何よりひたすら続く全身のじんましんのチクチクに耐えかねて、先生に相談しました。

先生に何のせいだと思う?と聞かれて、やっぱりプラケニルっぽいね、ということで、中止が決定しました…(涙)

こういう過敏症が出るのは5%程度らしいので、また珍しいところを引いちゃったかもしれません。

ただ、飲みはじめて、疲労感がだいぶ楽になったという話をして残念がっていたら、しばらく止めて、しっかりじんましんを抑えたら、また2日に1錠くらいで再開してみることもできるから、まずは、じんましんを止めましょう、となりました。心配なら、アレルギーの検査をしてみたり、再開のときには、病院で1錠飲んでみて、様子をみてから帰ってもいいよ、とのこと。
アレルギーの食べ物に慣らす脱感作みたい(笑)

プラケニルを止めたら、じんましんはほとんど止まったけれど、2日目には疲労感が少しだけ戻ってきました。どうなるかなぁ。

少なくともプラケニルで改善したということは、自己免疫に対応することで疲労感がコントロールできそうだという見極めができたのが前進でしょうか。


にほんブログ村 病気ブログ←参加中!
プラケニル中止は残念!、と思ったら、クリックを♪
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

プラケニルを飲みはじめて1ヶ月

2016-11-10 | ヒドロキシクロロキン(プラケニル)
プラケニルを飲みはじめて、1ヶ月ちょっとが経ちました。
見回すと、最近、飲みはじめました!というお声をよく耳にして、うれしくなります。

私のプラケニルの最初の1ヶ月は、お腹をくだすところから始まりました。まずは飲みはじめた初日から、お腹がとっても緩くなりました。これからウォシュレットなしには生きていけないかも…と心配になるくらいの激しさです。
薬の効果はゆっくり出ると聞いてきたし、あまりにいきなりだったので、初日は、偶然?とも思ったのですが、薬を飲む時間をいろいろ変えてみても、プラケニルを飲んで数時間すると、お腹の緩さに拍車がかかる感じ。でも、私の場合は少しずつ、激しさが穏やかになって、1週間くらい経つと、ちょっと緩い…くらいに落ち着きました。
下痢の症状は、初期からよくあることのようです。

1週間くらい経つと、今度は喉が痛くなってきて、やがて泥のような疲労感が押し寄せてきました。あれ? 風邪?
免疫が抑制されるには早すぎる気もします。もしかして稀に、新しい薬を始めたときに起きる、無顆粒球症? …それなら骨髄の働きが悪くなって、白血球の中で菌と戦う顆粒球がごっそり足りなくなるから、なんてことない菌にやられてしまうことがあるのです。
熱が上がりはじめて、ゾクゾクします。うーん、まずいかも。
ただ、なんとなくただの風邪かインフルエンザのような気もしてきました。
職場の仲間も、何はともあれ、休んでください、とフォローしてくれた言葉に従って、おとなしく1週間寝込んでたら、元気になりました。
あとから先生に話したら、「無顆粒球症を疑ったのに、え、そこで自己判断!?またそんな危険な…」と嘆かれました。プラケニルで無顆粒球症が起きる可能性はとっても低いものの、よい子は先生に相談しましょう!

熱が引いたら、6月からつづいていた終わりのない疲労感が脱皮したみたいに抜けていました。プラケニルを飲みはじめて、2週間のこと。
寝込んだあとの力が入らない時期を過ぎたら、数ヶ月、どんなに寝ても抜けなかった疲れがどっかに行きました。

プラケニルは、効いてくるのに数ヶ月かかる…と聞いてきたので、なんとも言えませんが、もしかしてプラケニルの効果なら、万歳プラケニルです!

1ヶ月経って、先生にお会いしたのですが、ともかく元気になっているのを喜んでくれました。
ほんとは、身長からすると、1日に1錠飲む日と2錠飲む日とを交互にするのですが、今の量で調子がいいなら、しばらくこのままにしてみましょうか、ということに。

そういえば、9月からはプラケニルを長期処方できるようになったと思ったのですが、それでも上限が90日までで切られていたのですね。最初はともかく、半年とか1年とか処方できそうなお薬にみえるだけに、驚きました。
私としては、3ヵ月ごとに先生とお話できてうれしいですが、先生は、状態が落ち着いている患者さんとも頻繁に会うことになりますから、忙しくなりますそうです。

右腕のザリザリした皮疹は相変わらず、脱毛もしっかりあるし、指の関節もまだ痛みが出ます。
あとは、このところの慢性的なじんましんが、関係するのか、プラケニルの前からあった呼吸や血管浮腫のようなアレルギー反応なのか、様子を見ておくのがよさそうです。

でも、プラケニルを始める強い動機になった疲労感が消えて、ほんとによかったです!
これから、風邪の季節。もらわないように気をつけながら、様子をみてみたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ←参加中!
プラケニルの効果は未知数だね、と思ったら、クリックを♪
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加