マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

「バベルの塔」を見に

2017-05-20 00:34:05 | お勧め
昨夜の夜行バス、順調に進んで、朝6時には渋谷に到着しました。
今回は何かぐっすり寝たかも…という感じ。
と言うのは、いつもはウトウトしつつ乗務員さんの交代で止まるのがわかるのですが、昨夜は気が付かなかったので。
途中目が覚めた気はしたのですが…。
7時過ぎにはマンションに到着して、そういえばごみの日だったと気が付き、さっそくゴミ出し。
10日前からのゴミがだせていなかったのでちょうど良かった。

朝食用のパンは、冷凍もありましたが、昨夜三宮での休憩の時、駅前のコンビニで買っておいたのでそれで。
何度も行き来するうちに、どこで何ができるかも覚えて来るので、要領も良くなってきました。
朝ご飯が終わってもまだ8時過ぎ、出かけるまではたっぷり時間がありましたが、荷物を片付けたり郵便物を整理したり、何だかんだしていたらけっこう時間がかかってしまっていました。
庭のわずかな花、留守の間の水やりの準備をするのを忘れていましたが、途中で次男が用事があって寄った時に水やり用のペットボトルを立てておいてもらったので、乾燥することなく花が咲いていました。

花があるのはやっぱりいいですね。
これからボチボチ増やしていきたい…。

さて、お出かけは「ブリューゲル『バベルの塔』展」に行くことでした。
大学の後輩で姫路出身のKさんと、時々美術展には一緒に行くので、今回も一緒に行きました。
見る前にランチをとるのですが、いつも話が弾んでしまって、つい長居をしてしまいます。
ランチは、会場が東京都美術館だったのでそこのレストランです。
日替わりのランチがおいしそうだったので、それを。
 
名前は忘れましたが、サーモンのチーズ焼きで、おいしかったので家でも作ってみようか…と。
これと食後のコーヒーでずいぶん粘ってしまったので、迷惑だったかも。

バベルの塔は、私は見るのは初めてだったのでとても興味深く見ました。
ただ、絵があまり大きくないし、照明が暗くしてあるので見えにくかったのは残念でした。
他の絵も、全体に小さく細かい絵が多かったので、良く見えなかったなぁ…と。
好きな時代の絵ではありませんが、その当時の風俗とか反映していて、そういうのは面白かったかな。
それに鑑賞に来ている人がどこに興味を持つのかが行動に現れていて、それもなかなか興味深かった。
その後、同じ上野公園内にある東京芸大で、バベルの塔のプロジェクションマッピングや高精細複製画の展示があるとのことだったので、そちらも見に行きました。
複製画と言うか模型というか、それは頑張って作ったなぁ…と、感動ではないですが、そんな感覚を覚えました。
全景は撮れなかったので合成ですが、模型の写真です。

その後もまた上島珈琲店に入ってひとしきり話を。
話が尽きないのですよねぇ…。

そうそう、腰の調子、少し良くなってきました。

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は移動日 | トップ | あまり乗ってないのに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。