マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

マナーと言うのか…

2017-05-14 00:28:37 | コンサート
10日の菊地氏のリサイタルで、なかなかユニークな光景を見ました。
1列目左側に座っていた男性が、菊地氏がステージに出てくる直前に、ピアノの下をのぞき込んだり眺めたりしていたのですが、演奏が始まってからも、ちょっと席を立ったり演奏に合わせて大きな身振りで動いたりしていました。
私はあまりかぶりつきの席は好きではないので、後ろの方の席でしたから、ちょっと落ち着かないなぁ…とは思いましたが、音楽に感じ入っている様子なので、好きなのだなぁ…と。
でも、周りの人はやはり迷惑ですよね。
すぐ横の席の方は、1曲目が終わると後ろの方に移動されてました。
たぶん、すぐ後ろの席の人は、気が気じゃなかったと思います。
会場の係の人も注意されていましたが、休憩後に、とうとう退席させられました。
悲しそうな顔をして出ていくその男性、ちょっと気の毒に思いました。
せっかく楽しみにされていたでしょうに…と。
近くで見たかったのでしょうね。
ただ、周りの人には迷惑になるので、その辺り、どうすればよかったのでしょうね。
私もコンサートを運営する立場なので、ちょっと考えさせられました。
ステージの菊地氏からは、斜め後ろの方向だったので、直接目に入りはしなかったでしょうが、演奏に影響するようだと困りますし…。
私自身は、かしこまってじっとして演奏を聴かなければいけないとは思いません。
楽な姿勢で、多少動くのは、周りに迷惑にならない程度ならいいと思いますね。
音楽を感じることで自然に出る動きなら。

プロムナードで、12月の第40回のコンサートの時、記念コンサートで2時間になったこともありますが、楽に聴いてくださいという注意はしたものの、きっとじっとして聴いていらしたのでしょう、演奏中にめまいでも起こされたのか、ふらついて転ばれた方がいらっしゃったのです。
大事には至りませんでしたが。
なので、多少動くのはあり…だと思います。
イーグレのあいめっせホールは階段状なので、前の席の人が多少動いても、後ろの席の人に大きく影響はしませんし。

さて、その退出させられた方、細かいいきさつは知らないのですが、後ろの方の席に移動とかという対処はできなかったのか、と思いました。
まぁ難しい問題です。
咳が出そうになって慌てて飴をなめる…いいのですが、その飴の包み紙を開く音、これがまたカサカサしたり…。
ジャンル:
珍人
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うれしい知らせ | トップ | 母の日は定番以外で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。