マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

しくみを理解しても…

2016-10-08 23:58:56 | 日記
昨日の菊地氏の講座、日ごろ弾くときには多分ほとんど考えもしない話だったので、なるほど!!…という感じではありました。
「タッチの基本」だったのですが、ピアノがどういう仕組みで音を鳴らすのか、鍵盤を押さえるとその動きがハンマーに伝わって弦をたたくのですが、そのハンマーを直接動かすつもりで弾けるのがいいそうです。
どの程度の力や動きで鍵盤が戻ってくるのかとか…。
ホントになるほどなるほどなのですが、現実には、そういう次元に行くまでのところで一生懸命…なのですよねぇ。
まずは譜読みをして、どういう風に仕上げるか考えて暗譜をして、まぁその間に音作りも当然考えながら弾きますが、じっくりタッチのことを吟味する余裕はなかなかです。
若いころは、音作りというか音色づくりというか、あーでもないこーでもないと相当時間を費やしたものですが、最近は、こんな感じの音で…と思って弾くと、何となく思ったような感じに弾けるようになって、少し突っ込みが足らなくなっているかも…と、昨日の話を聞いて反省です。

さて、このピアノテクニック講座はあと2回あります。
次回は10/21(金)19:00~20:30で「フィンガリングの奥義」。
第3回は11/18(金)19:00~20:30で「ペダリングの魔法」です。
11/4(金)19:00~20:30はレクチャーコンサート「誰もが弾きたいショパンの人気曲」です。
この2か月、金曜日隔週で菊地氏の講座があるというわけです。
会場は、朝日カルチャーセンター新宿教室です。

ピアノのアクションの動きについて知るには、下記のサイトがいいそうです。
株式会社ピアノ工房杉浦 アクションの動き http://pianolabo-sugiura.com/?p=1386

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菊地裕介氏のピアノテクニッ... | トップ | ザ・シンフォニーホール、チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。