マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

第39回プロムナード・コンサート

2016-09-03 10:00:00 | ラ・プロムナード・ミュジカル
パソコン版では、トップにコンサート案内を掲載していましたが、スマホ版では表示されないので、記事にしておきます。
9月3日(土)10:00~11:30
イーグレひめじ あいめっせホール
入場料無料

出演 松尾益民 田村明子 秋山真理子 青木智子
曲目 グラナドス:ゴイェスカスより「愛の言葉」、スクリャービン:練習曲作品8-12「悲愴」、中田義直:小さい秋見つけた、小林秀雄:落葉松 他

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトの幻想曲ニ短調

2016-08-28 00:13:44 | ラ・プロムナード・ミュジカル
9月3日のプロムナード・コンサートで弾く曲について、順番に書いていきたいともいます。
まずは、モーツァルトの幻想曲ニ短調K.397について。
この曲は、モーツァルト自身の自筆楽譜が残っていないそうで、わからないことが多い。
現在一般的に演奏される曲の終わり10小節部分は、モーツァルト自身の作ではないのです。
97小節の属和音で終わっているので、幻想曲と○○…という形にしようと思っていたのか??
幻想曲とは、幻想的な曲ということではなく、自由な形式で作られた曲…というくらいの意味です。
バロック時代にも幻想曲とフーガ…といった曲があります。
ロマン派時代の幻想曲と言えば、シューマンの「幻想曲ハ長調」、ショパンの「幻想曲ヘ短調」、シューベルトの「さすらい人幻想曲」ですね。
どれも難しいですがいい曲です。
ロマン派になると、「幻想的な」という意味も加わっているかもしれません。

曲は、分散和音で前奏的に始まり、アダージョのメインテーマが始まります。
このメロディーは、ちょっとしたドラマの音楽にもふさわしい…という雰囲気があります。
でも、すぐに迫ってくるようなフレーズからプレストの駆け巡るパッセージなどが出てきて、また戻る…。
アダージョとプレストが繰り返されると、突然、ニ長調のアレグレットに。
まるで違う曲想ですが、不思議と自然に聞こえるのですよね。
終わりの10小節が加えられて、しっかり「終わり!」という感じで締めくくられます。

今年は、モーツァルトの生誕260年。
まぁ、100年とか150年とかという切りのいい年数ではありませんが…。
モーツァルトの小品を何か弾こうかなぁと考えて、考えてみたこともなかったこの曲を弾くことにしたのですけど、ニ長調というのはモーツァルトの、たぶん好きな調性だと思うので、終わりがニ長調になっているこの曲に、何かピタッとはまる…みたいな感覚を覚えて、弾くことにしたわけです。
ニ長調という調性、ピアノ・ソナタにも全18曲のうち3曲で使われているし、ピアノ協奏曲26番「戴冠式」も、ロンドニ長調も、2台のピアノのためのソナタもデュポールのメヌエットによる9つの変奏曲もニ長調。
主要な曲によく使われているのは、きっと好きだったからなのかなと勝手に思っていますし、私自身も、これらの曲が好きなのです。

ニ短調からニ長調への変化、曲想の変化など、表現するという部分ではとても難しいものがあります。
特にゆっくりの部分は神経を使いますね。
なかなかCDもないのですが、近々ピリス(マリア=ジョアオ)のモーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番&第10番&第11番「トルコ行進曲付」、幻想曲ニ短調K397 が発売されるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

比較的涼しい日

2016-08-27 23:29:31 | 日記
天気予報通り、比較的過ごしやすい日でした。
でも、小雨が降ったりもして、快適とはいかず、エアコンは欠かせません。
腰の痛みがあまり良くなく、やはり疲労がたまっているのか…。
ここ最近、忙しさについストレッチをさぼることが多くなって、それも関係あるかなぁ…と思っているところですが、ピアノを弾くのにも若干支障が出つつあるので…音域によって重心を左右に動かすのがしづらい…何とかしないと…。
休むのがいいのか動くのがいいのか、悩むところですが、とりあえず睡眠不足を解消しようかと。
ぎっくり腰ではないのですけどね。
一日8時間くらいは練習したいと思うのですが、体がモタナイ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホールで練習

2016-08-27 00:41:09 | ラ・プロムナード・ミュジカル
朝、9時前の新幹線で横浜へ。
昨日は夜までレッスンがあったし、いろいろ準備するもの片付けるものがあって、寝るのが遅くなり、新幹線の中はいい睡眠時間になりました。

留守にするのに一番困るのはゴミですね。
食事をするわけですから必ず生ごみが出るわけで、それをどうするか…です。
野菜くずとかちょっとした生ごみは、袋を二重にして野菜室に入れておきます。
他のごみは、ベランダに置いたごみ用のストッカーに入れておきます。
すると、戻った時も部屋に変なにおいがしないのです。
先日姫路に戻った時も、まずは部屋の臭いをチェック!!
大丈夫でした。
というわけで、しっかり片付けて出ないといけないので、いろいろ忙しかったのです。

新幹線、朝ごはんも軽くフルグラで済ませて出かけたので、乗ってからまずはサンドイッチでしっかり朝ごはんです。
すると…やっぱり睡魔に襲われましたね。
ウトウトしていると、周りはけっこう賑やかでしたねぇ。
子供連れの人、最近は小さい声で話すというしつけをしない人ばかり!!
親自身も結構大声で話してますからね。
子供でも、公共のところでは声のトーンを落とすということをしっかり教えればできますけど、そういうことに無頓着な人が増えたのでしょうか。
乗り物自身の騒音以上の音や声を不快に思う人もいることを、やはり想像してほしいと思いますね。
もちろん、子供連れ以外でもシニアの人たちも結構うるさいです。
年を重ねた人が大声になるのは、自分自身が少し耳が鈍感になってるせいかと思いますけど…。
…で、眠りから覚めてからはウォークマンで音楽を鳴らして紛らせることに。

さて、今日は夕方ホールで練習できることになっていたので、朝早く出かけたのでした。
鶴見区のサルビアホールでピアノが弾けるという企画です。
抽選ということでしたが、希望の時間に弾けることになり、夕方出かけました。
1時間ですが、500人くらいのホールでスタインウェイのフルコンで練習できるので、思いっきり弾けました。
コンサートまで残り1週間になり、暗譜が未完成ですが、曲作りを完成する時期ですからホールでどう聞こえるかチェックできるのはよかったですね。
ビデオ撮影もしたので弾き方とかもチェックできたし。

狭い部屋で弾くのと広いホールで弾くのはやはり違いますね。
月曜日には別のホールで弾けるので、この2日間でもう少し練り上げて、再チェックしようと思ってます。

それにしても腰も痛いし、疲労も抜けない…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さすがに疲労が…

2016-08-26 00:26:47 | 日記
今日も朝からレッスンに伴奏合わせに夜までレッスンでした。
夕方は大急ぎで母のところにお菓子と果物を持って行って、他にも職員さんに連絡やお願いすることがあったので、それも何とか済ませました。
合間に少しは練習をしましたが、さすがに疲れが溜まっているようで、自分の音がストレートに入ってこない…感じですね。
体調を回復したいものです。
珍しく、腰が重いのですよねぇ。
最近腰が痛いとかはめったにないのですが…。
ピアノの練習をすれば座っていることが多いし、移動でもやっぱり座ってますからねぇ。

それにしても、姫路は暑い!!
ホントに蒸し暑いのですよ。
夜になってベランダに出ても、ムッとする。
また台風が変な方向に行きそうで、困ったものです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝からフル回転

2016-08-24 23:47:54 | 日記
午後は伴奏合わせとレッスンがある予定だったので、午前中のうちに他の用事を済ませるべく、朝からフル回転でした。
母のお金の管理で、駅南の合銀に行く必要があったし、他にもあちこちで、自転車で出かけました。
あちこち行くには自転車が一番ですから。
平地ばかりですから、わりと楽ですけどね。
横浜は、マンションの周りは平地でいいのですが、ショッピングセンターに行こうとすると、ちょっとした坂道があって、それから比べるとホントに楽だと思います。
自転車で出かけて困ることは、日焼けですね。
日焼け止めスプレーをたっぷりふりかけて出かけました。
私が利用しているのは、KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー 無香料(SPF50+ PA++++) 90g
スプレーだと手がベタベタしなくていいですね。

コンサートが近いですから、腕などあまり日焼けするとみっともない…。
用事がたくさんあったので、やり残すことなく大急ぎでしたから、お昼過ぎに帰った時はホントに疲れました。
暑かったですし。

秋山さんとの伴奏合わせは2回目。
私自身の調子は今一つでしたが、ブラームスの曲の感じがだいぶんつかめてきたかな…というところです。
いい曲ばかりだし、ブラームスはもともと好きな作曲家で、特に今回の曲は気持ち的にもしっくりくるので、いい感じに仕上げたいものです。
レッスンは、ピティナコンペの連弾で、本選に進んだ生徒のレッスンもあり、本選時の演奏を聴かせてもらいましたが、講評が予想外によかったのでどんな演奏したかな…と思っていたところ、これも予想外と言っちゃぁ何ですけど、いい演奏をしていて、ホッとしました。
技術的には未完成の部分はあっても、いい音楽を作る、曲にふさわしい表現をするということを徹底して言っていたので、その部分では少し進歩があったように思いました。
それでもやはり技術を上げることは不可欠ですけどね。
でも、成果を実感したようで、やる気が増したのが一番でしょうか。

夜は、疲れていましたがやはり練習を。
26日と29日には、横浜で、ホールでピアノを弾く機会があるので、コンサートのリハーサルにちょうどいいのですが、やはりホールで弾くからにはある程度仕上げておきたいし…と。
そのリハーサルもどきの翌日には、菊地先生のレッスンを受ける予定です。
グラナドスのゴイェスカスは、菊地先生が5月のリサイタルで演奏されたばかりの曲なので、充実したレッスンになるようにしたいものだ…と。

8月30日の「演Academia」神戸会場は、時間にまだ余裕があるようですので、受講してみたい方は是非どうぞ!
本質を突いた厳しいレッスンですが、必ず何かヒントがありますし。
http://ykpianoforte.com/academia.php?page=2
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姫路への新幹線です

2016-08-23 19:54:48 | 日記
今回の横浜滞在は長めでした。
息子達が3人とも顔を出しましたが、やはり親が近くにいるのは何かといいようです。
レッスンやら伴奏合わせやら諸々の用事があるので、姫路へ。
練習時間が取れるか···ですが···。
ピアノは横浜に置いてる方が、ハンマーを交換してあるので、弾いた感じも良く、気分が乗るのです。
姫路の方も、いずれハンマー交換したいとは思ってますけど。

さて、今日の新幹線は晩ご飯タイムなので、ちょっとだけ豪華に、北海ちらしです。
サーモン、いくら、ホタテがしっかりのって、おいしかった❗

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風は東寄りに通過

2016-08-22 22:53:18 | ニュース
台風9号、東日本を縦断…23日朝には北海道へ

台風9号が直撃かと思っていたら、思ったよりも東側を通り、あまり実感がなかった。
庭は確かに風が強い感じがありましたが、マンションの立地のせいか、さほど強くもなく、雨も時々強くなったくらい。
住宅地で家が建て込んでいるので、けっこう遮ってくれるのでしょうか。
バス通りからも少し入っているので、車の音が聞こえることもなく、まぁ若干隔絶された感じもあります。
テレビで、鶴見川の水位が上がっているとか言っていたので、ネットで見てみましたが、排水施設がしっかりしてるとかで、思ったほどでもなく…。
姫路で雨が続いた時の市川のほうが、増水してる感じがありましたね。

テレビで見ると、あちこちで増水したり木が倒れたり、大変なようでした。
小田急線も、川崎のマンションの最寄り駅近くで木が倒れて、一時運休になっていましたし、山手線も運休のようです。
自分の周りは大丈夫だったけど、台風はホント困りますね。

こういう日は、外出することは初めから考えていないので、籠ってピアノの練習です。
結構落ち着くのですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆっくりと

2016-08-21 23:49:02 | 日記
お昼過ぎまで、次男がゆっくりしていきました。
いろいろやるべきことはたくさんあるようですが、この夏、仕事であちこち行って忙しかったらしく、そんな話もしつつ、ゆっくりしたかったのかな…と。
親の家に来ると、ご飯をしたりということから解放されるので、私なども、両親がまだ比較的若い間は息子たちを連れて行って、ゆっくりしたものです。
ただ、それもあまり長くは続けられませんでしたね、結局こっちが実家の掃除をしたり食事の準備をしないといけなくなって。
次男も、久しぶりに「母親の味」を楽しんで帰ったようです。

夕方になってやっとピアノの練習に集中することができました。
いつもは夕方になるとやはり食事の準備をしないといけないので、思うように時間が取れないのですが、今日は主人が準備してくれたので、、何とか…です。
9月3日のプロムナードは、ソロだけでも30分くらい弾くことになるし、伴奏もあるのでさらに30分…一通り弾くだけで1時間かかるわけで、そうすると練習時間もかなり必要なのです。
まぁ毎日全曲を練習できるわけではないのですけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見川花火でした

2016-08-21 00:47:35 | 日記
今日は鶴見川サマーフェスティバルの日で、夜は花火がありました。
お天気が不安定で、昼間は時々雨が降ったのですが、夜はパラパラ程度で予定通り開催されました。
マンションは鶴見川のすぐ近くなので、花火が上がる会場は少し南の方ですが、土手に上がれば見えるので、晩ご飯を早めに食べて見に行きました。
花火は久しぶりです。
息子たちが小さいときは、実家近くの斐伊川の花火や神戸川の花火など、日程が合えば連れて行ったこともありますが、ここ最近はなかったですね。
今日は多摩川も花火が上がりましたが、大きいマンションの陰になり、かすかにやってるなぁとわかる程度でした。
近くから見れば、もう少し下の方も見えたかもしれませんが、我が家の近くからでは若干建物の陰になる部分もあり、ちょっと見えなかったかな。
今年は我が家にとっては初めてなので、そんな感じか、まぁ様子見でした。
反対側の土手のほうがよく見えたようで、人も多かったですね。
でも、そこそこ楽しめました。

写真ではうまく撮れないので、動画撮影して写真に。
いくつかアップします。
  
最後のほうは華やかになるかな…と思いましたが、見えなかったのか、ちょっと拍子抜け…かな。
 

今日は次男が花火に合わせて泊りに来たので、3人で長々飲んだり食べたり…。
すっかり遅くなってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加