マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

体力は夕方までしか持たなかった

2016-07-25 23:41:52 | 日記
朝、8時前に車で家に行き、ゴミ出し。
外に、木の枝を切ったものもあったので、ゴミ袋は合計13個!!
マンションと違って、ゴミ出しはすぐそこなので楽ではありますが、やはり数が多いとひと汗かきました。
重いものは台車で。

その後マンションに戻って朝ご飯、フランス語の準備をして出かけました。
天気予報では一日中小雨だったので、何か大丈夫そうだけどなぁ…と思いつつも、車で出かけることに。
というのは、すでにどっと疲れが出て、自転車で出かける気力がなかったから。
いつもはイーグレの駐車場も空いているのに、今日はホールでイベントがあったようで、また地下2階まで下りないといけなかった。
地下2階まではエレベーターもあるので、地下3階よりはマシですけど。

フランス語の後はランチ。
イベントのある日はイーグレの千姫茶屋は混んでいるので、辻川権兵衛へ。
ところが、こちらもイタリアからの観光客と思われる人たちが団体で13人入っていて、結局待たされました。
日替わり定食のうどんが、12時過ぎなのにすでになくなったとのことで、お蕎麦になりました。
日替わりにするなら、早々になくならないように準備しておいてほしいものです。
今日はうどんが良かったのにィ…。
 
ホントはご飯もセットで出てくるはずが、ご飯はちょっと待ってくれと言われてほかの物を先に食べていたら、すっかり食べ終わった頃にようやくご飯が出てきました。
写真をすっかり忘れて食べ始め…。
日替わりなので、これだけあって780円は、まぁいいかな。

その後いろいろ寄り道をしたのですが、コンサートのチラシをあちこちに置いてもらうために持って出ていたので、荷物が重たかった。
フランス語サークルの人達も、公民館とか置いてもらうのに持ち帰ってくれましたから、助かりましたけど。
3時を過ぎて帰り、コーヒーを飲んでひと休みすると、どっと疲れが出てダウン…。
連日だったので、夕方にはもうエネルギー切れ…でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第39回プロムナード・コンサートのお知らせ

2016-07-25 00:10:39 | ラ・プロムナード・ミュジカル
9月3日は、第39回プロムナード・コンサートです。
いつものように午前10時開演、イーグレひめじあいめっせホールです。
いつもと違うのは、今回に限り、姫路青年会議所の「HIMEJI DREAM FESTA 2016 “This is HIMEJI”~姫路をめっちゃ好きになろう~」と共催になったことです。
と言って、特に変わったことはなく…ですけど。
同じ日にこのイベントがあるので、一緒に…というお話でした。
どちらかと言えば、シニアの方のご来場が多いので、若い人たちにもコンサートのことが広がれば…と。
コンサートにご来場された方々が、あちらのイベントを見に行くとかしていただくと、相互に盛り上がっていいかな…と思います。

さて、内容はと言えば、歌とピアノです。
学校の先生をしている関係で、夏休み明けがいいと言う、私の大学時代の同級生と後輩が今年も参加してくれます。
一人予定していた人が不参加となり、私がソロをたくさん弾くことになり、伴奏もあるので、ちょっと大変…かも。
でも、振り返って見るに、たくさん弾かないと…というときの方がやる気が起きる…ような気がします。
1曲しか弾かないと、つい安心してしまうのでしょうねぇ。
危機感が足らず、のんびり…。
でも、いろいろ弾くのは楽しいですし、退屈している暇はありません。
今回メインで弾くのは、今年が没後100年になる、スペインの作曲家グラナドスの「ゴイェスカス」より「愛の言葉」です。
これは、以前にも弾いたことがあるのですが、満足のいく演奏にできなかったので、再挑戦です。
ただ、グラナドスの曲は弾きにくいのですよねぇ。
甘いメロディとは裏腹に意地悪とでも言いたくなるくらい、同じメロディでも毎回伴奏形が違っていて、しかも規則性がない…。
前回もそれで苦労しましたが、今回再演することに決めたのは失敗だったかも…と思ってしまうくらい、やっぱり大変です。
以前弾いた時はホントに暗譜力が落ちたか…と思ったのですが、この曲独特のものだったというのが、最近やっとわかりました。
何で分かったか…いずれ話題にする…かも知れません。
とにかく、弾いても弾いても覚えられないのですよねぇ。

他には、たぶん時間に余裕があるだろうと言うことで、これも再演になるのですが、スクリャービンのエチュード「悲愴」も。
バシッと決めたい…と。
片付けばかりしていると練習時間が足らなくなるので、早く片付けは終わってしまいたい。
編曲オーディションに出した、チャップリンの「スマイル」も弾きます。
他の人の曲目も、いい曲ばかりで、楽しみなプログラムです。

第39回プロムナード・コンサート>
9月3日(土)10:00~11:30
イーグレひめじ あいめっせホール
入場料無料



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も片づけ

2016-07-24 23:21:41 | 日記
朝10時に、金属ゴミを取りに来てもらうことにしていたので、家の方へ。
引き取ってもらうのはすぐ終わったのですが、その後、明日の燃えるごみの日に出すゴミを整理すべく、いろいろやっていたら、結局夕方までかかってしまいました。
カーテンを外したりピンを外したり、それぞれゴミを分類しないといけないので、小さいものは面倒ですね。
カーペットも粗大ごみに出すように片づけようとしましたが、結構しっかりしたものを敷いていたので、これがかなりの力仕事になってしまい、ピアノの部屋の分だけで断念!!
たたむのが相当大変でした。
足で踏んづけて何とか折りたたみましたけど、今度は運ぶのが重くて大変!!

捨てるのだから、汚いままです。
2階の2部屋も同じようなカーペットなので、困ったコマッタ…。

お風呂や洗面所も掃除したので、時間がかかったのです。
なので、今日は1階部分だけ。
外回りも、燃えるゴミに出すものをまとめました。
たぶん、明日出すゴミ袋は、10個くらい…かな。
朝から張り切って出しに行かないといけません。
…が、力仕事のせいか、体中が痛い!
おまけに、すごい汗をかいたので、マンションに帰って少し休憩をしてからすぐシャワーをしましたが、お風呂の鏡に映る顔を見ると、何と、鼻が日焼けしてるではないですか!!
ローソンにお昼ご飯を買いに行ったくらいで、外にいたわけではないのですけどねぇ…。
不思議??

それにしても、何と細かいものが多いことか!!
捨てようと思って置いていた物で、面倒なのは息子たちのメダルとかキーホルダーとかです。
サッカー、水泳教室、ピアノ、吹奏楽などとにかくメダル類や盾などが3人分ともなるとかなりの物です。
素材が違うので、それをケースから出したりしてゴミの分別をするのはホントに面倒!!
ペン立てなども各自揃えていて、そういうものとかまぁホントに多いです。
8月最初の粗大ごみの日までに整理してしまわないといけませんが、憂鬱…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりWindows10に

2016-07-24 00:15:10 | 日記
Windows10の無償アップグレードが、今月の29日までということで、横浜に置いているパソコンをどうしようかと散々迷いましたが、サポート期間が長くなるということやほかのことも考えて、アップグレードすることにして、先日、姫路に戻る前にやったのでした。
姫路に置いているHPのパソコンのアップの時には、画面がおかしくなったりして、ちょっと苦労しましたが、今回は何の問題もなく簡単にできました。
姫路には、Vistaもありますが、VaioとHPの2台がWindows10で使っているので、使い勝手から言えば問題はありませんし。

今日のパソコン教室で、一人だけアップしない方がいいと言っておいた人がいるのですが、今日はアップグレードを勧めようと思っていたら、何とパソコンが故障して修理に出しているとのこと…間に合わないなぁ…と。
後になればそれだけ不具合も解消されてますから、まぁやった方がいいかな…と思うのですけどね。

パソコン教室は、前回やったエクセルの続きを。
足し算、引き算、掛け算、割り算のやり方とその応用です。
エクセルは、日常的には使う機会は少ないですが、せっかくある機能は知っておいた方がいいですから。
説明をスクリーンに映し出してやっているのですが、自分のパソコンの画面に集中してしまって、説明をなかなか見てくれない人がいるのが、ちょっと困るところです。
どうしても自分の操作に集中してしまうのですね。
でも、見ないとわからないと思うのです。
ピアノを教えていても、せっかく弾いて見せているのに、それをよく観察しないのですよ。
先生が弾いてくれる時は何に注意しないといけないか、その時々で多少は違いますが、多くは先生の弾き方…だと思うのです。
音を聴きながら、どんなふうに弾くかを良く見て真似をする…これが上達の秘訣なのです。
何でも上手になろうと思ったらよく見てマネをすること…何しろ、「学ぶ」は「真似ぶ」ですから。

昨日も一日中バタバタして、夜はすっかり疲れてしまいました。
そんな中で、以前からちょっと調子が悪くなりかけていたキャノンのプリンタがとうとう壊れました。
普通に印刷する分には、エプソンとHPのプリンタがあるので困らないのですが、キャノンだけがDVDのラベル印刷ができたので、それをしようと思っていたのです。
仕方ないので、今度横浜に持って行ってやることにします。
今さら修理しても、プリンタも安くなってますから、修理代の方が高くつく。
とりあえずは、キャノンの後継機種を横浜に置いているので、何とかなる…と思います。
でも、何か通常と違うことがあるたびに余分に時間を取られてしまって、予定が狂うのですよねぇ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片付けで大汗をかいた

2016-07-23 23:40:10 | 日記
月1回のパソコン教室、今日は午前中だったので、終わってから買い物をして帰り、お昼ご飯を食べると、睡眠不足からウトウト…。
その後、今日こそは早めにピアノの練習をして、少し時間をしっかりとろう…と思っていたところへ、急に、家を見たいという人がいるという連絡が。
横浜に行ってる間もあったのですが、その時は不動産会社の人にお任せしました。
でも、せっかく見に来られても、片付け途中で掃除もしてない状態もなぁ…というのがあって、急きょ、片付け掃除をすることにして、家の方へ行きました。
郵便を取りに行ったりするときは中に入らないこともあるので、閉めきっていると臭いもこもっているし、何しろ暑い!!
雨戸をあけて風を入れると、思いのほか風が通って、意外に涼しい。
玄関は東側で、いつもここを開けると涼しくなるのに…と思いながら、開けっぱなしにできなかったし、ピアノの部屋も東南の角なのに、窓を開けるわけにはいかず、これが開けるとけっこう涼しいというのを今さらながら思いました。
電気製品の残っている物や金属ごみは、ごみ集めをしているおじさんに引き取ってもらうことになっているので、そのほかの物を、ゴミにするか持ち帰るか分類して、だいぶん片付きました。
行き先を決めかねていた物も、しばらく置いていると何となくわかってくるものなのです。
あった方がいいのかなくてもいいのか…ということが。
一部掃除機をかけるとやはり見た目も少しきれいになりました。
一応売りに出しているので、見に来る人がいた時、やはりきれいな方がいいですから。
私も横浜のマンションを決める前に散々見て回りましたが、やはりきれいな方が良かったですからね。

風が通って少し過ごしやすいとは言っても、ちょっと動けば滝のごとくの汗!!!
燃えるゴミは来週に、粗大ゴミは8月の1回目にほぼ出してしまおうと思っていますが…。
ゴミ出しも、やる気スイッチが入らないとなかなかできないのです。
結局、8時を過ぎてマンションに帰ったので、それから晩ご飯にすると、練習時間があまりとれず、若干焦りも…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また忙しい日

2016-07-22 00:13:35 | 日記
昨日は、姫路に着いて間もなくレッスン。
その後に、家の方に郵便物を取りに行きましたが、道路にはみ出た紫式部の枝が気になり、急きょカットすることにしました。
郵便物は、まだ転送届を出していなかったので…と言うより、母達の郵便物が主なので姫路に配達された方が便利なため、そのままにしていたのです。
順次、郵送先をそれぞれ替えているのですが、いろいろ思うところもあるので…。
そうそう、枝の方、庭の方はかなり茂っていますが、誰に迷惑かけるわけではないのでそのままにしているものの、外は、道路を歩く人の頭辺りにちょうど伸びているので、やっぱり切っておかないとなぁ…と。
車に枝切狭の小さいのを入れていたので、邪魔になるところだけ切りました。
夕方になって少し暑さが落ち着いていたので良かったのですけどね。

今日は朝からレッスン。
発表会の写真もまだできていないので気がかりですが、なかなか。
今朝は燃えるごみの日だったし、明日が粗大ごみの日なので、今日のうちに出しに出たり、昨日届いた、第39回プロムナード・コンサートのチラシの送付準備をしたり。
夜までレッスンでしたが、買い物も行っておかないと食料品がなかったし…で、久しぶりに肩がこってしまいました。
母のヘルパーさんから、洗濯洗剤がなくなったとの連絡もあったので、持って行かないといけないし、またおやつが欲しいというでしょうから、それも買いに行ったり、何か落ち着きません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外からの旅行者が多い

2016-07-20 14:33:06 | 日記
姫路への新幹線です。
新大阪を過ぎて、グッと人が減りました。
6月頃は、海外からの観光客が少し減った感じがありましたが、また増えましたね。
車両の8割方、といった感じです。
新大阪までに旅行の人はほとんど降りていきます。

ひかり号なので、名古屋までに、三島、静岡、浜松と止まりますが、隣の席に人がいてもたいてい浜松までに降りますから、あとはのびのびしてますね。

このところ、新横浜から乗る時のお昼は、古市庵の浪花寿司ですが、パッケージが夏仕様になってました。
 
ちょっとした心使いがいい・・・かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォーキングのつもりで

2016-07-20 01:03:08 | 日記
関東はまだ梅雨明けしてないようです。
今日も蒸し暑い日でした。
でも、ちょっと前ほど湿っぽくはなかったので、日中は窓を開けて扇風機でやり過ごせましたね。
姫路のマンションは7階だからか構造からか、とにかく暑く朝からエアコンをつけないとやってられなかったので、それに比べれば横浜のマンションはまだ過ごしやすいように思います。
たぶん構造によるもの…でしょう。
扇風機も、先日まで1台しかなかったのですが、主人の部屋にも必要なので2台に増やしました。
私用…と言うかリビング用は、ピンクのかわいらしいのにしました。

4,480円でしたが、リモコンも付いていて便利です。
リモコンも本体に取り付けるようになっていて、無くすということもない。
夜はさすがに窓を閉めますから、エアコンです。

昨日は出かけましたが、日頃は練習もしないといけないしやることが多くて、マンションに閉じこもりがちになるので、今日は、郵便局やコンビニに行くのに、ウォーキングがてら歩いていきました。
郵便局、姫路の家の時は3軒ほど隣だったのですが、今度は徒歩8分くらい。
なので、そのあたりをウロウロしてくると程よい距離になります。
日中は暑いですから、夕方になってからですけど。
何とか継続的に運動しないと…と思ってはいますが。
明日はまた移動日…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こだわりすぎは逆効果!

2016-07-19 23:09:39 | ニュース
【東京都知事選】「病み上がり、がんサバイバーへの偏見だ」 テレビ生討論で鳥越俊太郎氏が小池百合子氏に抗議 

都知事選の話題がテレビでも毎日取り上げられています。
直接関係はないけど、まぁ興味を持って見ています。
昼の番組「バイキング」で、立候補している話題の3人が直接討論をするというので見ていました。
それぞれがそれぞれに質問するという形でした。
鳥越氏、小池氏に病み上がり云々の問題を問い詰めてましたけど、正直な感想は、「醜かった」です。
討論も何も、小池氏が何かを言おうとしても、感情的になって差別だとかなんとか、同じことを言い続けてました。
これでは都知事は務まらない!…と思った瞬間でした。
人の話が聞けるのが自分の良さだとか言っていたようですが、人の話、聞いてませんでしたねぇ。
都知事は、選挙運動だけでなく、その先に続く都政運営があるわけで、これには体力は必要なわけです。
癌から立ち上がられたのは立派ですが、都政ということを考えると、果たして自分にそれをやり抜く体力気力があるかということは考えられたのでしょうか。
任期途中でリタイアということにでもなれば、また莫大な費用をかけて選挙ということになります。
人の寿命はわからないですが、様々なことを考えれば、迷惑をかけることになるかも…ということに思いを致すべきだと思いました。
おそらく、自信がないからこそ、癌サバイバーを差別するのかと、感情的になってこだわったのでは?と思われるのですよね。
東京は日本の顔ともいえる都市ですから、都民の皆さんにはホントに賢明な判断をしてほしいと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ルノワール展」へ

2016-07-19 00:08:27 | お勧め
東海地方まで梅雨明けしたそうですね。
関東はまだ…。
でも、今日は暑かったですねぇ。
カラッとしていないからよけい不快に感じるのでしょう。

そんな中、朝早くから出かけました。
六本木の国立新美術館で8/22まで開催されている「ルノワール展」へ行くため。
主人も行きたいだろうと、休みの日に出かけることにしたのです。
ネットで見ると、そう混雑はしていないようで、待ち時間なく入れるとのことで、安心して出かけました。
すぐ入れましたけど、中はやはり混雑していました。
今回のルノワール展は、ほぼオルセー美術館の所蔵品で少しオランジュリー美術館のものという構成です。
オルセーは何度も行ったし、オランジュリーも長い改装工事のあとやっと開館したちょうどその時に行って見ましたので、ほとんど見たことのある作品でした。
忘れていたものはありましたが…。
それに、ルノワール展はいろんな企画で何度も開催されているので、その時に見たのかもしれません。
なので、新鮮な感じはなかったかな。

今回は、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」の初来日が目玉!

パリの日常を描いた作品として注目されたそうです。
ミュージアムショップで、中央手前のエステル嬢が来ている服の水色のストライプ柄のポーチが売っていました。
買おうかなぁ…と思いましたが…。
ふと思い出すと、先日神戸のMさんにいただいた播州織の扇子が、この柄そっくり!


他には、「都会のダンス」と「田舎のダンス」のダンス作品が2つそろって来日するのは45年ぶりだとか。
 
これも何度も見たなぁ…です。
都会のほうのモデルは、ユトリロのお母さんの若いとき、田舎のほうは、ルノワールの奥さんになったアリーヌ・シャリゴです。

オルセーとオランジュリーのピアノを弾く若い女性が揃うのも珍しいことですね。
パリではそういうことはあり得ないですから。
 

全体としては、定番作品を安心して見た…そんな感じでしょうか。
ルノワールは人物画が多いですし、展示の最後のほうは裸婦がテーマだったので、ほんとに最後のほうに展示されていた「カーニュの風景」をみんな素通りしていたのがちょっと残念かな。
カーニュというのはカーニュ・シュル・メールという、ニースに近い町で、ルノワールの最後のアトリエがあったところで、そこの風景だと思うのですが…。
どこを切り取っても絵になりそうな場所で、たくさんの人がスケッチしていました。

ルノワール展のあとは、「ポール・ボキューズ」でランチをし、サントリー美術館の「エミール・ガレ展」を見て帰りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加