goo

★「キリストの幕屋」最高指導者が死去

2カ月たっても公式発表や報道がないので、当ブログでお知らせします。

      ▲手島千代子さん          ▲キリストの幕屋(東京都世田谷区玉堤)
 
「原始福音・キリストの幕屋」の前代表、手島千代子さんが2月19日、肺炎のため昇天されました。84歳でした。千代子さんはキリストの幕屋創始者、手島郁郎先生(昭和48年死去)の奥様で、手島先生死去後の49年2月から35年間にわたって教団を指導してきました(千代子さんが入院中の昨年5月12日付で後任代表に長原眞氏が就任していました)。
 
キリストの幕屋の宗教法人としての名称は「キリスト聖書塾」で、文部科学省所管の単立宗教法人として熊本市辛島町を本部として届け出が行われていますが、事実上の本部は東京都世田谷区玉堤の施設です。
 
今月8日、千代子さんを偲ぶ行事が限られた関係者だけで行われました。「一部宗教団体をウオッチする公務員」によると、「新しい歴史教科書をつくる会」の西尾幹二元会長と藤岡信勝会長、それに世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関係者も参列しました(これはあくまで宗教団体同士の付き合いであって、ネット上に書かれているようなキリストの幕屋と統一教会の組織的なつながりはありません)。
 
なぜ西尾、藤岡両氏が手島千代子さんを偲ぶ行事に参加したのか。なぜ「つくる会」の会員が激減したのか。『国民の歴史』は大ベストセラーになったのに、なぜ自由社版教科書の市販本『日本人の歴史教科書』はさっぱり売れないのか―について説明します。
 
手島千代子さんは教団内で「奥様」とか「千代奥様」と呼ばれています。とても愛国的な方で、教団の民族主義路線を強化しました。「つくる会」を設立当初から全面的に支援し、最盛期には約1万人の会員のうち5000人近くがキリストの幕屋の信者でした。これは「奥様」の指令によるもので、赤ん坊まで会員になっていました。「つくる会」から入会状況が教団に送られ、入会を継続していない信者には「奥様」が「○○さん、『つくる会』の会費払ってませんね」と叱責しました(「つくる会」事務局員には複数のキリストの幕屋信者がいましたが、分裂後に全員退職しました)。信者たちが『国民の歴史』を大量に買い、中には無差別に郵便受けに投げ込んだケースもあったことはよく知られています(今や『国民の歴史』は全国のブックオフでダブつき、店員泣かせです)。西尾氏はそのおかげで莫大な印税や講演料を稼ぎました。3400万円の住宅ローンを繰り上げ返済で7年で返した「つくる会」首脳もいます。
 
ところがこの数年「奥様」の病状が悪化すると、たがが緩み、「つくる会」を退会する信者が相次いで会員は激減しました(もちろん「つくる会」の分裂で日本教育再生機構ができたことも大きな要因です)。「奥様」が意思表示できない状態になると、当然「指令」もストップしました。
 
キリストの幕屋には複雑なお家の事情があります。「奥様」は後妻で、先妻の長男・手島寛郎氏は病弱で指導者にはなれません。次男の手島佑郎氏は支持者とともに脱会し、別の活動をしています。長女の虹子さんは神藤燿氏(日本・イスラエル親善協会会長)の妻で、夫婦ともに幕屋信者です。「奥様」の子・手島勲矢(いざや)氏はユダヤ思想学者になりました。前述の通り、昨年5月の段階で、手島郁郎氏の血を引かない長原眞氏が新代表に就任。「奥様」が敷いた民族主義路線は後退するとみられています。
 
キリストの幕屋は現在、今夏の参院選に向けて山谷えり子さんの後援会活動に取り組んでいます。山谷さんを当選させることができるかどうかが、キリストの幕屋の動員力が健在かどうかを示すといえるでしょう。
  
「『国民の歴史』ブーム」「『つくる会』ブーム」は、手島千代子さんという偉大な宗教指導者が作った「幻」だったのですが、西尾幹二氏、藤岡信勝氏は自分の実力だと勘違いしたようです。いや、ある程度は分かっていて、西尾氏は著書『保守の怒り』←クリック で日本会議を「カルト」と中傷しながら、キリストの幕屋については全く言及していません。そういうところが、この人のインチキなところです。
 
保守国民運動は「指令」で動員される人やカネに頼ってはいけません。キリストの幕屋の信者の方のうち、「指令」に関係なく教育正常化に献身する人たちが日本教育再生機構の行事に参加しています。当ブログにも連絡いただいています。これらの方々や日本会議、日本政策研究センター、神社本庁といった正統保守勢力、そして産経新聞、扶桑社、全日本教職員連盟、日本青年会議所やPTA団体の人たち、どの団体にも属していない人たち…などによる幅広い「ゆるやかなネットワーク」が必要です。
 
当ブログが西尾、藤岡両氏とその付属物の引退を勧告し、日本教育再生機構に期待する理由はそこにあります。
トラックバック ( 0 ) この記事をはてなブックマークに追加