進学塾プログレス南中山校 ――新しい個別指導がここにある――

仙台で個別指導をメインに行っている学習塾です

調査書用評定出る

2017-11-16 | 日記
3年生で調査書用評定が出た学校があり、さっそく報告を受けました。
中には1年次からトータルで14も評定をあげた生徒もいます!
これは当塾歴代最高記録です。
国語、社会、英語は5に、数学と理科は4に。
数学は5を目指していたのですが、最後の考査で点数が伸びず、残念でした。
この生徒は定期考査の伸びも歴代1位。
取り組む姿勢に関しても、日に日に質問は鋭さを増し、2年弱の通塾で、学ぶということがどういうことかきちんと身に着きました。
非常に嬉しく思います。
努力を継続させ、入試も乗り切ってほしいです。
そして塾では、そのためのサポートを全力で行います!

杉山
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい自己ベスト達成!

2017-11-14 | 日記
中間テストの結果が返されてきています。
まだ全員分はそろっていませんが、自己ベスト達成の生徒が何名かおりますので紹介します。

入塾前 → 今回(自己ベスト)

・187点→432点(245点アップ)
・206点→363点(157点アップ)
・245点→360点(115点アップ)
・176点→276点(100点アップ)
・338点→403点(65点アップ)

今回自己ベストはならなかったものの、入塾から100点前後上げている生徒もおります。

今週、来週あたりで、中3の調査書評定が出ます。
私立一般や公立前期まで、あと2か月半、公立後期まで4ヶ月を切っています。
すでにエンジン全開で頑張っている生徒もいれば、ようやく温まってきた生徒もいますし、やっと走り始めた生徒もいます。
やらないという選択肢はない中で、どう行動するかです。
今の行動が自身の未来を少しだけ変えます。
塾としても、最大限のサポートをして送り出すつもりです。

中3は募集を締め切っておりますが、その他の学年は若干名、受け付けております。
中間考査が終わって、学習塾をご検討なら、一度ご相談ください。

杉山
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育の重要性

2017-11-09 | 日記

昨日で中学生のほとんどがテストを終え、私も一息ついています。
考査は終わりましたが、今度は受験に向けていろいろとやることが出てきます。
高校生向けに大学受験のガイダンスのようなものもやろうかと思っています。

調査書の評定を考えると、定期考査の対策は学習塾の務めです。
しかし本音を言えば、定期考査に縛られない勉強をしたいとも思っています。
よく、「できないところばかり見るのではなく、できるところを見つけてそれを伸ばそう」ということが言われます。
もうそれは本当にその通りだと思います。
しかし、現状の受験という制度や高学歴を是とする社会を考えると、苦手をいかになくすか、苦手を、得意とはいかないまでも、なんとか底上げすることも必要です。
得意を伸ばすというのなら、生徒任意で選んだ科目は入試の際に2倍できるような仕組みがあってもいいはずです。
科目間の平均点という問題もあるので、なかなか難しいでしょうが。

また、最近思うのは、これからの教育というのは、その子その子の能力や適性を早くから見極め、将来ふさわしい職種や業種を見越して教育を受けさせるような形がいいのではと思っています(もちろん職業選択の自由は認めます)。
抽象的な概念を扱うのが苦手な子が、大学全入時代だからと、特に学びの意欲もなく、なんとなく大学進学してアルバイトに没頭するより、早めに自分の能力を生かした仕事をして、社会の一員として確かな自信を持って生きていく方が、1人1人の力を活かせるだろうと思います。
人口が減り始め、人工知能も幅広い分野で活躍してきている日本社会において、1人1人の能力を上げるため、経済も大事ですが、教育に力を入れることが、それこそ国難突破になるんじゃないかと思っています。

杉山
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数学の指導に自信あり!

2017-11-07 | 日記


今日は長命ヶ丘中学校で、明日は南中山中学校で、中間考査です。
さすがに昨日は大人数で、画像は記録ノートの山です。
(※記録ノート…毎回学習の終わりに、その日の取り組みとそれに対する感想・反省などを簡単に記入してもらうノートで、コメントを付けて返します)

中学生のほとんどが上記2校ですが、少し前に吉成中の2年生が入塾しました。
1人入塾した後、お友達も入塾で、計2人です。
そのうちの一人が、数学の1次関数単元テスト93点でした。
入塾前は、計算中心の比較的易しい1学期中間の数学は平均以下だったにもかかわらずです。
約3ヶ月の当塾での指導と本人の頑張りの結果です。
吉成中の考査は来週なので、引き続き頑張ってほしいです。

吉成中の生徒といえば、昨年までも1人在籍していて、卒業と同時に塾も終了しましたが、その子の数学の評定は入塾時(中1終わり)3→中2で4→中3で5になり卒業していきました。
本人自身、数学の力が上がったことを実感してくれていました。

数学のできない子は、論理的に考えない子が多いです。
計算のルールや考え方を無視して、なんとなく答えてしまいます。
本当に、なぜそんなことをしてしまうのか、なぜそれをおかしいと思えないかという子が、本当に多いです。
勉強のおもしろさは論理的に考えることでもあると思います。
旧帝大は、文系でも個別試験で数学を課しているところが多いです。
やはり論理的思考力を見ているのだと思います。

数学に限らず、お子様の今の現状にお悩みなら、一度ご相談ください。

杉山
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自立型個別指導

2017-11-02 | 日記


当塾ですが、中高生は自立型個別指導という形式をとっており、通い放題です。
月~金まで、毎日通っていただいてかまいません。
全員一律の同一料金で、月額指導料19,500円(税別)です(高校受験や大学受験の場合は別途受験指導料あり)。

『授業』という形式はとっておりません。
最低週2回(90分×月8回)は『必修日』として、特定の曜日と時間帯に必ず来て学習するという形態をとっております。
必修日指導の際は、生徒の学習状況の確認、単語テストや確認テストの実施、学習する科目の指示出し、問題をやった後のチェックなどなど、こちらから積極的に関わって指導します。
必修日ではない日も、自習に来てかまいませんし、何時間いてもかまいません。
生徒からの質問は受け付けたり、おかしなやり方で勉強している場合などは声がけしたりすることもあります。
このシステムのおかげで、多くの生徒が学力アップを達成し、志望校合格を果たしております。

秋も深まり、中3生の数名は毎日塾に来るようになりました。
学習時間の絶対量が増えてきて、良い傾向です。
来週の中間が終われば、いよいよ入試に向けて突っ走ることになります。
塾で指導する科目も英数にとらわれることなく、その生徒にとって一番に必要な学習を進めます。

明日から3連休ですが、当塾は中間考査のテスト対策です。
引き続き準備に勤しみます。

杉山
コメント
この記事をはてなブックマークに追加